【知らないと損?】車が高く買取られるポイントを元ディーラーが教えます!

「車を査定してもらう適切な時期や相場を知らないと損をしてしまう」
こんなことがよく言われていますし、私も同感です。

とはいえ、
・価格が上がる時期なんてあるの?
・車の相場を知るにはどうすればいいの?
という方も多いと思います。

そこでこの記事では、そんな車の買取査定に関するお悩みを、ディーラーで働いた経験のある私の観点から解決します。

具体的には、

  • 車の買取査定額をあげるポイント
  • 下取りと買取、どちらがいいのか
  • 一括査定サイトの活用方法
  • オススメの一括査定サイトの紹介
  • より高く買取ってもらうポイント
  • 買取査定に出す適切な時期
  • 値段がつかないなら廃車買取へ
  • まとめ

の順番にご紹介していきます。

車の買取査定額を引き上げるには?

一番気になるところは、どうやったら自分の車が高く売れるかではないでしょうか?
答えを言うと、買取業者同士を競わせて値段を上げることです。

実際、ディーラーで働いていた経験から言うと、買取業社は、できるだけ安く仕入れ高く売り利益を大きくしたいのです。でも、売る車がないと利益が出なくなるので、いくらか高くても仕入れたいという気持ちもあります。そこをうまく利用し、高く買取ってもらいましょう。

例えば、家電を買うときに、インターネットで調べたり、家電量販店を何店舗かまわり値下げ交渉をしたりしますよね。それと同じようなことを、ご自身の車でもするイメージです。なので、少なくとも3社は、買取査定してもらいましょう。

また、車のタイプや、下取りか買取かでも値段が変わってくる場合があるので次で紹介していきます。

高く買い取られる車のタイプ

ここで大切なのが、自分の車のタイプと買取業者の得意な車のタイプをマッチさせることです。これが、より高く買ってもらえるポイントになります。ここは、車業界の仕組みが関係しているので、これから少し説明していきます。

買取業者は、車をお客様から買ったら、それを別のお客様か業者専用のカーオークションで売ります。そこで一番利益が上がるのが、自社での再販売です。

買取業者にも、得意不得意があって、スポーツカー専門店に、軽自動車を売りに行っても、その店の客層に合わず高く買取ってもらえないことがあります。それは、自社で売らずにカーオークションに出すからです。

つまり、その買取業者が自社で販売できる得意なタイプの車であれば、ほかの業者より高く買ってもらえる可能性が上がるということです。ただ例外的に、軽自動車は買取価格が下がりづらいと言われています。

また、ボディーカラーの関係があり、基本的には、白や黒、シルバーの車は、不人気色の車に比べると査定額が高くなる傾向があります。特に、セダンはこの傾向が強く、サンルーフがついているかも高額査定の大きなポイントになります。

SUVやステーションワゴンなどのアウトドア使用を考えられている車は、2WDより4WDのほうが人気があるので、高くなりやすいです。スポーティーな雰囲気の車も、パワーを求められるため、そのような傾向が強いですね。

車を売るなら下取りは損


事実、新車ディーラーは車を売ることが仕事なので、買取業者に比べると査定価格は低くなりがちです。ただ、注意してほしいことがあります。それは、新車でも中古車でも、あなたが車の乗り換えを考えている場合です。この場合、乗り換えにかかった費用をトータルで考えないと損をすることがあります。

どういうことかというとA社で買取をしてもらいB社で新たに車を購入する場合より、B社で下取りして乗り換える場合のほうがお得な場合があります。加えて、下取りの場合は、書類の手続きが一度で済み手間がかからないというメリットもあります。下の例を見てみましょう。

  • A社で20万円で買い取ってもらい、B社で新たに100万円で購入
  • B社で100万円で購入するから、下取りを25万にしてもらった

上記であると、下取りのほうがお得になりますよね。私の経験でも「次の車をわが社で買ってくれるのであれば、下取り価格を少し引き上げますよ」という交渉をしたことがあります。

またこれはケースバイケースになるので、常に相場をチェックしておく必要があります。ではどうやって相場チェックをするのか。簡単な方法が一括査定サイトの利用です。

車を売るなら一括査定がオススメ

ネットで一括査定するほうが、ひとつひとつ店舗を回るより査定額が高くなりやすいのでオススメです。その特徴やメリット・デメリットをこれから見ていきましょう。

一括査定の特徴

一括査定の特徴は、家に居ながらスマホ1つで簡単に自分の車の情報を得られる点です。加えて複数の買取業者に、一度に買取査定の依頼を送ることもできます。

一括査定のメリット

一括査定のメリットは、2つあります。

1つ目は、車を高く売ることができる。これは、先ほど言った自分の車のタイプとそのタイプの買取を得意としている業者をマッチさせることができるためです。その上、買取業者同士を競わせて買取額を引きあげることができます。

2つ目は、自分で店舗に行かず、家に来てもらえる。査定してもらうために何社も回るのは、時間とガソリン代がかかります。一括査定サイトを利用すると、自宅に来てもらうことができるので、時間もお金も節約できますよね。また、来てくれる業社は、買いたいと思ってきているので、さらなる値上げ交渉ができる場合もあります。

一括査定のデメリット

ただ、デメリットも2つあります。

1つ目は、買取業者から一度にたくさん電話がかかってくる

2つ目は、自分で、出張査定のスケジュールを決めなければならない

一度にたくさん電話がかかってくることがものすごく嫌で一括査定サイトを利用しない。というのは、とてももったいない。なぜなら、電話の数を減らすことができるからです。

その方法を次のオススメの一括査定でサイト紹介します。

オススメの一括査定サイト

オススメの一括査定サイトは、以下の3つです。

・カーセンサー・かんたん車査定ガイド
・ユーカーパック

もしも電話がかかってくるのに抵抗があるなら、カーセンサーとユーカーパックの2つの併用がオススメです。その理由と、それぞれの特徴を紹介します。

カーセンサーは、高い知名度と提携買取業者の数が多く大手の買取業者とも連携しているなどの特徴があります。また、同時に最大30社まで一括査定を申し込める点も大きな特徴です。そのうえ、個人情報の入力画面の下に、「任意項目」があり、ここで、「メールのみで連絡希望」などと入力すると、電話をかなり減らすことができます。

かんたん車査定ガイドは、知名度や提携業者では、カーセンサーには及びません。ではなぜ、おすすめなのか。それは、査定依頼と同時に、現在の愛車の相場価格をWeb上で見ることができるからです。自分で買取業者をまわるときの参考にもできますよね。

ユーカーパックは、厳密には、一括査定サイトではなく、オークションサイトに近いです。しかし、仕組みは一括査定サイトに近く、電話もユーカーパックからしかかかってこないという特徴があります。

査定も自宅か提携のガソリンスタンドのどちらかで、一度で済むというメリットも。買取業者も5000社と提携しており、提携業者数も多いです。

しかし、デメリットが2つあります。

それは、大手の買取業者とは、提携していないことと、オークション形式なので値段がつくまでに時間がかかるということ。

つまり、カーセンサーとユーカーパックの併用が電話の数も最小限に抑えられ、大手にも査定してもらえるので、高価買取の可能性を高めてくれます。

車をより高額で買い取ってもらう際のポイント

ほかにも、車を高く買ってもらえるポイントがあります。それは、日々のメンテナンスです。
すぐに売りたい人と、何か月後かに売りたい人で、メンテナンスが変わってくるので、下記を見てください。

○すぐに売りたい人
・洗車(ワックスかけ) → しない
・傷の修復 → しない
・車内清掃 → 絶対する

○売るのはまだ先の人
・洗車(ワックスかけ) → 定期的に実施
・傷の修復 → 定期的に実施
・車内清掃 → 定期的に実施

これは、私の体験談も含まれますが、すぐに売りたい人は、洗車や傷の修復はしない方が良い。理由は、車が汚れていると、傷を見落としたりします。そうなると、査定額が高くなることがあるからです。

また、傷に関しては、下手に修理するとマイナスになることがあります。それは、大手の買取業者は、修理する設備も持っていて、自社で安く修理できるからです。

一方、売るのがまだ先の方は、洗車も修理も気づいたときにしてください。汚れや傷をそのままにしていると、錆びや塗装の劣化につながり、車の価値を著しく下げてしまいます。

最後に車内清掃ですが、においも含めてきれいにすることをオススメします。出張査定で車を査定した際に、車内に私物が散らかっていると、営業担当者は「すぐ売る気がないんだな」と思ってしまい、値上げ交渉でも不利に。

ですから、車内をきれいにして、値段が良ければすぐに売りますよと強気に交渉するのが、少しでも高く買取ってもらうポイントになります。

車を査定に出す時期

ではどの時期が一番高く売れるのかですが、それは間違いなく1月~3月です。これには明確な理由があり、進学や就職に伴い1月~3月に車を買う人が増えるから。

この時期は車がよく売れるので、多少高くても買取業者は、車を買いたがっています。そこを利用しない手はないです。私の経験上、3月と4月では、まったく同じ車種で同じ条件でも、査定額が10万円違うこともありました。

また、夏であれば、家族で遠出したりアウトドアを楽しむ目的で、ミニバンやSUVなどの需要が高まります。そのため、そのような車種の買取価格が、上昇する可能性があります。

一方、我が家の車は、どこで査定しても値段つかないよ、ということもあると思います。
でも、ご安心ください。そういう場合は、廃車買取という手段。

査定で値段がつかない車は廃車買取へ


査定で値段がつかなくても諦めるのは、まだ早いです。廃車を買取してくれる業者もあります。場合によっては、値段がついたり、廃車にかかる費用が、無料で済む場合もあります。
では、なぜ値段がつくのか、気になりますよね。

それは、買取った車の使用目的が違うから。廃車買取業者は、買取った車を、解体して中古パーツとして販売するのです。そのため、ボロボロの車や水没車でも買取ってもらえます。登録から10年以上経過している車や10万㎞走っている車は、一度廃車買取業者で査定してもらいましょう。買取業者で査定してもらうより高い査定額が提示されるかもしれません。

売るのであれば早い方がお得

車を売るのであれば、断然早い方がお得になります。

なぜなら、基本的に車は購入直後から右肩下がりで価値が下がっていくからです。新車とほとんど変わらない1000㎞しか走ってない新古車が、50万円以上安かったりするのを目にしたことはないですか?これには、そういう理由があったのです。

また一般的に、車の価値は、年間で約30%づつ下落していくと言われています。中には、クラシックカーなどの例外もありますが、日々車の価値は減少していきます。

私の体験談ですが、買取業者でも一緒で、買取った車を在庫として抱えているだけで、どんどん再販価格が落ちていき損をしてしまいます。

ですので、間違いなく早く売る方がお得なのです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

車の買取査定には明確なポイントが6つありました。

  • 売りたい車のタイプが得意な買取業者に売る
  • 下取りと買取をうまく利用する
  • 一括査定サイトを利用し競争させる
  • より高く買取ってもらうには、車内清掃が大事
  • 廃車買取という手もある
  • とにかく早く売る

手間は少しかかりますが、これらのポイントをうまく利用し、高額査定を目指しましょう。