【車の下取りと買取の違い】高額査定が狙える売却方法はコレ!

車の売却について調べていると、<下取り>と<買取>の2つのキーワードが登場します。これら2つには、どのような違いがあるのでしょう。また、少しでも高額査定を目指すのであれば、どちらがいいのか気になりますよね。そこで、下取りと買取の違いについて、メリットやデメリットなどを交えて紹介します。

高額査定を狙う際に、参考にしてみてください。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報

車には下取りと買取がある

売却には、下取りと買取の2種類の方法があります。これらの2つにはそれぞれ違った特徴があり、自分に合った方法を選ぶことで高値での売却が可能です。少しでも高く売却できるよう、下取りと買取の違いについて詳しく知っておきましょう。

下取りってどんなもの?

車の下取りは、次に購入する車を販売するディーラーに車を売却することをいいます。次に乗りたい車がある人のみが利用できるサービスであり、車の所有を完全にやめてしまう場合には、下取りはできません。

買取ってなに?

車の買取とは、買取を専門的に行っている業者に車を売却する方法です。買取られた車は後に中古車として販売されますので、商品としての取引が行われます。次に乗りたい車のあるなしにかかわらず買取はでき、完全に車を手放す場合でも売却が可能です。

下取りにも買取にもメリットはある

車の下取りや買取はそれぞれ違った売却方法です。そのため、異なったメリットもあるといえるでしょう。ここからは、下取りと買取のメリットを説明します。

下取りのメリット

車の下取りには

  • 手間が省ける
  • 新車の値引き交渉が可能
  • 新車購入まで車を使い続けられる

といった3つのメリットがあります。では、それぞれについて詳しく紹介していきましょう。

手間が省ける

下取りのメリットとしてまず挙げられるのは、手間が省けるといった点です。買取の場合には、いくつかの手続きや書類が必要となり、高く買取をしてくれる買取店を探す必要があります。

一方で、下取りには新しい車を購入するという前提があり、車を購入するための手続きによって身元が保証されているのです。そのため、面倒な手続きがいりません。

さらに、下取りは新しい車を購入するディーラーに依頼することから、下取りをしてくれるお店を探す必要もないでしょう。

新車の値引き交渉が可能

下取り価格は、新しく購入する車の購入金額にあわせて交渉が可能です。金額の高い車を購入する場合には、ディーラーとの交渉によって下取り価格を高くできます。

ただし、下取りで高い金額がついても、ディーラーからお金が支払われることはありません。下取り価格は新車価格からの値引きという形で反映されます。そういった理由から、下取り価格の交渉に成功すると、新車の値引きが可能となるのです。

新車購入まで車を使い続けられる

人気のモデルの新車を購入する場合には、ディーラーと契約を済ませてから納品までに数カ月かかることがあります。納車までに半年かかることもめずらしくなく、新車を購入してもなかなか手元には届かないことが多いでしょう。

買取の場合には、車を売却すると、車はその場で買取店に渡ります。しかし、下取りの場合には納車まで乗り続けることが可能です。そのため、車を所有していない期間が発生しないのがメリットでしょう。

ディーラーによっては、下取り車が必要なため、納品前であっても下取り車の引渡しを求められることがあります。そういった場合でも、納車までの間、ディーラーが代車を用意してくれるので安心です。

買取のメリット

車買取のメリットは以下の3つが挙げられます。

  • 高値がつきやすい
  • 現金が手に入れられる
  • 出張査定がある

ここからは、それぞれについて詳しく解説します。

高値がつきやすい

車を買取に出すと、査定額が高くなりやすいといえます。なぜなら、車買取業者は売却ルートを持っていることが多く、高値を付けても転売によって利益が出せるからです。

また、買取業者は、買取を専門的に行っていることから、中古車に対する知識も豊富なことも理由でしょう。車の需要や相場なが細かくデータ化されていることで、車の価値に合った査定価格がつけられます。そういった理由により、車の高価買取を可能にしているのです。

現金が手に入れられる

下取りに出した場合は、ついた値段は新車価格から値引きされます。一方、買取では後日自分の口座に現金が振り込まれるスタイルです。車が現金に変えられますので、急にお金が必要な時にも安心ですよね。

買取で手にした現金は、次の車の購入費用にあてるだけでなく、旅行や趣味にも使えます。

出張査定がある

多くの買取業者には出張査定のサービスがあります。そのため、自宅にいながらにして車の査定が可能です。仕事などで忙しく、なかなか車を持ち込めないという人でも、簡単に査定を受けることができます。

デメリットにも注意を!

下取りや買取にはメリットだけでなくデメリットもあります。それぞれのデメリットを知ることで、どちらの方法が自分に合っているのかがわかるでしょう。

下取りのデメリット

下取りのデメリットには金額的な要素が大きく反映されています。これから紹介する3つが下取りのデメリットです。

  • 下取り額の交渉は難しい
  • プラス査定になりにく
  • 現金が手に入らない

ここからは、それぞれのデメリットについて解説します。

下取り額の交渉は難しい

下取り査定でもある程度の交渉は可能です。しかし、相手はディーラーであり、車の下取りを専門的に行っているわけではありません。そういった理由から、下取り価格の交渉には応じてもらいにくいといえるでしょう。

プラス査定になりにくい

下取りの一番のデメリットは売却額が低いことです。これは、下取りの基準と大きく関係があります。下取りではオークションの底値を基準として査定をしているのです。

さらに、オプションなどでプラス査定になることも少なく、安い値段で売却することが多いでしょう。

現金が手に入らない

下取りでついた価格は、新車価格から値引きされます。そのため、どれだけ高い下取り価格がついても、現金を手にすることはありません。新車から値引きされるので儲かったと感じる人も多くみられますが、現金が必要な人の場合には買取を選ぶのがいいでしょう。

買取のデメリット

下取りと同じように、買取にもデメリットがあります。

  • 手間がかかる
  • 車をすぐに手放す必要がある
  • 価格がつかない可能性がある

ここからは、買取のデメリットについて説明していきましょう。

手間がかかる

車の乗り換えのために車を手放すことを考えているのであれば、新しい車を購入する販売店やディーラーとは別に買取店に行く必要があります。少なくとも2つの業者とやり取りをしなくてはならないため、手間がかかるでしょう。

また、査定を依頼した買取店の買取り価格に納得がいかないケースでは、別の買取店を探す必要もあり、さらなる手間がかかります。

車をすぐに手放す必要がある

買取価格に納得がいき、必要な書類がすべてそろっている場合には、車はその場で買取られます。そのため、買取が成立した時点で車を手放すことになるでしょう。

次に購入する車の納品までに時間があった場合でも、買取の成立時に車を手放す必要があります。そういった理由から、車を所有していない期間が発生してしまうこともあるといった点もデメリットです。

価格がつかない可能性も

まだまだ動くという車であっても、買取に出すと査定額がつかないこともあります。なぜなら、古い車は転売が難しいからです。買取店は買取った車を転売して利益を出していますので、売れない車を買取ることはありません。

  • 年式が10年以上
  • 走行距離が10万kmをこえている
  • 事故車
  • 故障者

これらの車は中古車としての人気が低いため、買取価格がつきにくいといえるでしょう。

どのような手順で進む?

下取りや買取はどのような手順で進められていくのでしょうか。手順や必要となる書類などを知っていると、スムーズに車を売却できるでしょう。ここからは、下取りや買取の手順や必要となるものを紹介します。

下取りの手順

下取りを行う際には、まず、次に乗る車を購入する予定の販売店やディーラーに行きましょう。次に購入する車が決まると、下取りに出す車の査定を依頼します。査定を受けると、査定額が提示されますので、査定額に納得がいかない場合には交渉をしましょう。

査定額が決定すると、新しく購入する車と下取りの車の両方の必要書類を集めます。その後、新しい車の納車の際に、下取り出した車を引き渡して終了です。

下取りに必要なもの

車の下取りでは、普通自動車か軽自動車かによって必要となる書類が異なります。普通自動車を下取りに出す際には以下の書類が必要です。

  • 自動車検査証
  • 印鑑登録証明書(発行後1カ月以内のものを2通)
  • 自動車納税証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 実印
  • リサイクル券(預託済みの場合)

軽自動車を下取りに出す場合に必要なのは以下の書類です。

  • 自動車検査証
  • 軽自動車納税証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 印鑑
  • リサイクル券(預託済みの場合)

普通自動車と軽自動車では印鑑登録証明書が必要かどうかが異なります。また、納税証明書に関しては、名前が違いますので気をつけましょう。

軽自動車の場合には実印でなくても手続きが可能なケースが多くみられます。ただし、万が一に備えて実印も持っていくと安心です。

買取の手順

車を買取に出す際には、まず、買取店を探します。近所に買取店がない場合には、インターネットなどで探してみるのもいいでしょう。

買取店が見つかれば、車を査定に持ち込みます。査定価格に納得がいくとそのまま車が買取られますので、必要な書類やスペアキーなども必ず持参しましょう。

査定価格に同意すると、買取の手続きが進められる流れです。書類などの用意ができていない場合には、後日、書類を持って改めて買取店を訪問します。

支払いは、後日指定の銀行口座に振り込まれるスタイルです。その場で現金を支払う買取店は少ないといえるでしょう。どうしても現金が必要だという人は、現金での支払いが可能な買取店かどうかを確認しておくと安心です。

買取に必要なもの

買取に必要な書類は下取りの場合とほとんど変わりません。下取りと異なる点は振込口座情報が必要となることでしょう。また、普通自動車の自動車検査証と印鑑登録証明書の住所が違う場合には住民票も必要です。

車買取に必要な書類は?スムーズな買取のためのチェックリスト

下取りや買取はどんな人におすすめ?

車の売却方法には下取りと買取がありますが、それぞれにはメリットやデメリットがあり、向いている人も異なります。ここから、どんな人が下取りに向き、どのようなケースであれば買取を選ぶのがいいのかについて紹介しましょう。

下取りに向いている人

下取りに向いているは、車の売却に手間や時間をかけたくない人です。また、ディーラーとの長い付き合いがあり、担当者との関係を重視したい人も下取りを選ぶのがいいでしょう。

買取金額にこだわらない人は下取りが向いているかもしれませんね。

買取に向いている人

少しでも高額で車を手放したい人は、車の買取に向いています。また、車の改造をしている場合にも、買取を選ぶのがいいでしょう。改造車の場合には下取りでは価格がつきにくくなりますが、買取には独自の販売ルートがありますので、改造車でも高額で売却できます。

時間や手間をかけてでもお気に入りの愛車を高く売却したいという人は、買取を選ぶのがいいでしょう。

下取りや買取査定ができるサイト

下取りや買取は、インターネットからでも依頼が可能です。インターネットで依頼すると、おおよその買取価格がわかりますので、実際の査定でも安心だといえるでしょう。

ここからは、下取りや買取におけるおすすめのサイトを3つ紹介していきます。

1.日産下取り参考価格シミュレーション

下取り価格を調べるサイトとして知られているのは<日産下取り参考価格シミュレーション>です。下取りしたい車のメーカーや年式などを入力すると、下取りの参考価格がわかります。

個人情報を登録する必要はなく、大手自動車メーカーの日産が提供しているため、安心感が得られるサイトです。ただし、データ量が少ないため、年式やグレードが近いものを選択する必要があります。

また、国産車のみに対応していますので、輸入車の下取り価格はわかりません。さらに、下取り参考価格では、それほど高い金額は表示されないともいえるでしょう。

2.トヨタ下取り参考情報

下取り価格が調べられるサイトには、トヨタが提供している<トヨタ下取り参考情報>もあります。こちらのサイトでも個人情報の入力が必要ないため、安心して利用できるでしょう。

トヨタ車だけでなく、日産やマツダなど他のメーカーにも対応しています。ただし、トヨタ下取り参考情報の場合にも、輸入車は対象外です。

3.ビットナウ車買取

買取サイトでおすすめなのは<ビットナウ車買取>です。ビットナウ車買取は、LINE上で必要事項を入力するだけで車の一括査定を行い、車小売業者とつながるシステムを採用しています。中間業者が入ることがありませんので、車の高価買取も可能です。

さらに、LINEでの対応であるため、家にいる時だけでなく外出中も利用できるのが魅力でしょう。そのほかにも、ユーザー査定によくみられる、業者からの電話がしつこくかかってくるといった問題もありません。

一括査定で気に入った業者と連絡を取り合うだけですので、複数の業者と連絡を取りあう必要がないのも魅力でしょう。わずらわしさを感じずに車の買取ができます。

ビットナウ車買取は、これまでの買取にあった問題を解決し、ユーザー目線で車の売却ができる買取サイトです。

車をより高く売却する方法は?

一括査定を利用する

買取業者は人気の車の高く販売して利益を得ていますので、欲しい車があるとどこよりも高値をつけたいと考えています。そのため、一括査定を利用すると、業者が競い合って価格をつけてくるのです。

また、買取業者のなかには改造車などの限られたファンを専門的に扱っているところもあります。そういった業者は、一般的な買取業者では高値がつきにくい車に高額査定をつけてくることもめずらしくありません。

一括査定を利用することで、そういった買取業者に出会うことも可能です。自分では見つけ出せなかった買取業者に出会えることから、車の高価買取のチャンスも広がるといえるでしょう。

【最新2019年版】車の買取業者オススメ12社を徹底比較!

車の見た目をよくする

車を査定に出す際には、車をきれいに洗車し少しでも見た目をよくしておくと高値がつきやすくなります。将来的に高値で売却することも視野に入れ、普段から頻繁に洗車をしておくことも大切です。

査定額を交渉する

査定額に納得がいかない場合には、査定額を交渉してみましょう。業者によっては交渉に応じてくれることもあります。ただし、強引な値下げ交渉は印象を悪くしてしまうでしょう。あくまでも気持ちよく話し合うことが大切です。

車を高く売るコツ!車売却で覚えておくべき5項目って?

まとめ

車の買取方法には下取りと買取の2種類があります。これら2つにはそれぞれメリットやデメリットがありますので、自分に合った売却方法を選ぶのがいいでしょう。

ただし、買取であれば車の高価買取も期待できます。また、一括査定ができる買取サイトの利用でも、高値での売却が可能になるのです。なかでも、ビットナウ車買取は、これまでの買取にあったわずらわしさから解放される買取サイトだといえるでしょう。

ビットナウ車買取は車の売却を考えるユーザーの強い味方となってくれる買取サイトです。ビットナウ車買取を上手に利用し、少しでも高くお気に入りの愛車を売却しましょう。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報