【車の状態別】いくらかかる?廃車引取り業者を活用してお得に処分

廃車の引取りとなるとお金がかかるイメージがありますが、実はそうとも限りません。廃車買取業者に依頼すれば、引取り手数料がかからない場合もあります。

お得に廃車引取りをするにはどうしたらいいか、廃車買取業者に依頼するメリットなどをご紹介します。

廃車を引き取ってもらうのに必ずお金はかかる?


廃車の引取りには、ディーラーや中古車買取業者に代行してもらう方が多いです。しかし、こうした業者に代行してもらうと、引取り費用や手数料がかかります。

個人で手続きをすればコストを抑えることもできますが、廃車の状態によっては費用がかさみます。なにより、個人で廃車手続きをするのは手間がかかるのが難点です。

そこでおすすめなのが、廃車買取業者です。廃車買取業者を利用すれば、引取りにかかる費用が無料になる可能性が高く、場合によってはプラスになることもあります。

廃車の引き取りが無料になる理由


ディーラーなどでは引取り費用がかかる廃車が、どうして廃車買取業者では無料になるのでしょうか。

その理由は、廃車買取業者は、廃車を【車両】ではなく【パーツ】として扱っているからです。

自動車としては価値が付かない車でも、パーツとしては十分利用価値があることが多いです。

廃車買取業者は以下のような方法で利益を得るため、引取り費用が無料になります。

分解したパーツを再販している

ディーラーや中古車販売業者は、車両をそのまま中古車として販売することで利益を得ます。それに対して、廃車買取業者は、車両を分解してパーツを再販します。

中古車として価値が付かない車両や、自走しなくなった車両でも、分解すれば使える部品はたくさんあります。

タイヤ、ホイール、バンパー、エンジンなど、まだまだ使えると判断されたパーツは洗浄、メンテナンス、検査を経て中古部品として蘇ります。こうしたパーツを再販することで利益が出ます。

鉄スクラップを鋼鉄へリサイクルしている

廃車のボディなどの金属部分は分解されて鉄スクラップとなります。鉄スクラップは、鋼鉄の原料となる貴重な素材です。

鋼鉄の年間生産量の約4割は鉄スクラップから生産されているものです。鋼鉄の生産には、鉄スクラップが欠かせません。

廃車買取業者は鉄スクラップを原料にした鋼鉄にリサイクルします。そのため、中古車市場では無価値な車でも、貴重な資源として再利用することができるのです。

買取業者が海外ルートをもっている

廃車というと、車を解体してスクラップにしてしまうイメージがあります。実際にディーラーなどでは、走行距離が10万kmを超えると査定額が大幅に下がり、場合によっては処分費用がかかることも多いです。

しかし、海外は日本車の需要が高く、日本で過走行とされる走行距離でも十分現役で活躍できます。廃車買取業者は海外ルートを持っていることが多いため、買取した廃車を海外に輸出します。

海外では車が走る限り使い続けるので、走行距離が50万kmを超える車というのも普通に走っています。

特に人気の高い車種などは需要が高いため、オークションでも高値で取引されます。そのため、国内では廃車となる車でも、廃車買取業者にとっては大きな価値があるのです。

引取りが無料にならないことがある車両の状態


廃車買取業者を利用しても、全てのケースで引取りが無料になるわけではありません。車両の状態が悪いと価値が付かないので、引取りが有料になることもあります。

以下のようなケースに該当する場合、無料で引き取ってもらえるかは確認が必要です。

海水や泥水に水没した状態

海水や泥水に水没した状態の車を【水没車】といいます。巨大台風やゲリラ豪雨などの被害が毎年のように起こるようになり、冠水歴のある水没車が増加しています。

車のどの高さまで水没したかによって水没車の価値は変わります。シート上まで水没し、エンジンが水に浸かった車はディーラーや中古車買取業者ではまず買取されません。

廃車買取業者はパーツや素材を販売して利益を得るため、全てのパーツが水没して全く動かない状態の車でも、素材として買い取ることは可能です。

しかし、そこまでの状態になると自走しないことが多く、レッカー移動などが必要になります。そのため、鉄スクラップとしての買取価格が手数料を下回ってしまえば、有料となることがあります。

車両火災に見舞われたもの

車両火災で炎上した車も水没車と同様に、廃車買取業者で買取が可能です。しかし、炎上した車は水没車以上に使えるパーツが取りにくく、大きく価値が下がります。

もちろん車両火災に見舞われた車は自走しないことも多いため、スクラップ代だけで費用を相殺するのが難しい場合があります。

タイヤがない

廃車買取業者は、タイヤがない車両でも買取が可能です。しかし、タイヤがない車は当然自走できないため、レッカー移動の費用がかかります。

次に使う車の予備として廃車にする車のタイヤやホイールを外してから売却しようと考える方もいますが、あまりおすすめできません。

引取り料金とタイヤがない車の買取価格の差を考えると、場合によっては引取り費用の方が上回ってしまう可能性もあるからです。

しかも、自宅の駐車場など狭い場所でタイヤを外してしまった場合、レッカー車やユニック車を使った引取り自体ができなくなってしまうこともあります。

もしもタイヤを外してからの廃車を考えている場合は、実際にタイヤを取り外す前に廃車買取業者に確認するのがおすすめです。

まずは廃車買取業者で査定がおすすめ

水没車、事故車、タイヤの無い車など、廃車となる車の状態はさまざまです。実際に廃車にかかる費用がどれくらいになるかは、廃車買取業者に査定してもらうのが一番確実です。

愛車の廃車を検討しているなら、まずは廃車買取業者で査定をしてもらいましょう。

廃車買取業者に引き取ってもらうメリット


廃車買取業者に車両を引き取ってもらうメリットは、費用面だけではありません。廃車買取業者に依頼することで、ディーラーや個人にはないメリットがあります。

廃車手続きを簡略化

廃車買取業者は、廃車に必要な手続きを個人に代わって代行してくれます。個人で廃車手続きをすると、運輸支局に自分で出向いたりと、何かと面倒な手続きが必要です。

ディーラーに依頼すれば手続きは代行してもらえますが、代行手数料が数万円発生します。

廃車買取業者に依頼すれば、費用をかけずに手続きを簡略化できるため大きなメリットとなります。

廃車の査定額に加えて税の還付金もある

廃車手続きを行うと、自動車税、重量税、自賠責保険といった各種税の還付金が受けられます。多くの場合、残りの自動車税などの還付金は、廃車の買取額に上乗せされます。

そのため、廃車買取業者を利用すれば、買取価格がほとんどつかないような車両でも、税の還付金分だけは確実に受け取れるのが普通です。

もしも買取時に還付金に関する説明がない場合、その業者には注意した方がいいでしょう。

無料引き取りでも避けたいガソリンスタンドでの廃車


廃車手続きはガソリンスタンドでも取り扱っていることが多いです。身近な存在のガソリンスタンドで廃車手続きを考える人もいるかもしれませんが、たとえ無料でもガソリンスタンドでの廃車は避けましょう。

ガソリンスタンドでは「どんな車でも買い取ります」としていることが多く、一見お得なように思えます。

しかし、ガソリンスタンドは、買い取った廃車のスクラップやパーツから利益を得るため、まだまだ価値がある車を安く買い叩くケースが多いのです。

しかも、ガソリンスタンドでは税の還付金の説明がなく、還付金が受け取れないこともあります。このように、廃車に関する知識がないままガソリンスタンドに持ち込むと、大きな損をしてしまいます。

無料引取りであってもガソリンスタンドへの持ち込みは避け、廃車専門の買取業者を利用する方が間違いなくお得です。

オススメの廃車買取業者


中古車として価値が付かない車両なら、廃車買取業者に持ち込むのが最もお得で手間もかかりません。数ある廃車買取業者の中から、特にオススメの廃車買取業者を紹介します。

ハイシャル

ハイシャルの魅力は、何と言っても【0円以上での買取保証】があることです。

全国に1000社以上の協力業者を持っているため、どんな車でも最も適した販売ルートを見つけられます。

そのため、普通なら値段が付かずに処分費用が発生してしまうような車でも、0円以上で買い取ってもらえます。

しかも、レッカー代や書類代行手数料などを含め、手続き費用は完全無料です。

車検証を紛失してしまったり、遺産相続などのケースでは追加費用がかかる業者が多いのですが、ハイシャルならそういった特殊ケースでも追加費用は掛かりません。

廃車ドットコム

廃車ドットコムは、利用者満足度90%という高い買取実績を持つ廃車買取業者です。廃車にかかる手続き費用は無料ですが、車検証の紛失などの特殊ケースは追加料金が発生することもあります。

廃車ドットコムでは、独自の方式でパーツごとのリサイクル処理を可能にしました。そのため、車体のパーツを限りなく有効に使えるため、高価買取が可能です。

カーセンサー

中古車買取業者で有名なカーセンサーでも、廃車の買取査定が可能です。約1000社の中から最大30社の一括査定ができるので、自分の車の価値がしっかりわかります。

廃車買取業者だけでなく、全国のさまざまな中古車買取業者が参加しているのがカーセンサーの強みです。

状態の悪い車や事故車でも、中古車としての価値があれば、思いがけない高値で買取できる可能性があります。

みんなの廃車工場

みんなの廃車工場は、認可済みの廃車工場を自社で持っています。中間マージンを省いて、車の買取価格に還元することができるから、高価買取が期待できるのが強みです。

また、中古部品や金属素材の相場データをリアルタイムで買取価格に反映しているので、その時に最も高い値段で買取可能です。解体実績も多く、信頼のおける廃車専門買取業者です。

まとめ


廃車引取りには費用がかかるというのは、完全な勘違いです。廃車買取業者を利用すれば、手数料は無料のことが多く、税の還付も受けられます。

使えるパーツが多ければプラス査定になることもあり、ディーラーやガソリンスタンドで廃車にするより絶対にお得です。

廃車の引取りを検討しているなら、廃車買取業者で査定を受けるのがおすすめです。