【2019年最新版】トヨタクラウンの買取相場情報は?高く売る方法も分析!

「いつかはクラウン」。このキャッチフレーズを耳にした人は多いのではないでしょうか?クラウンは、60年を超える歴史をもつ日本を代表する高級セダンで、2018年6月にフルモデルチェンジが行われて、現在販売されているクラウンで15代目になります。

今回は日本で最も有名な高級車・クラウンの最新買取相場情報を紹介します。

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

クラウンの特徴

クラウンは1955年から純国産に拘り続けて、現在まで販売されている日本で最も有名な高級セダンです。セルシオやレクサスが高級セダンとして販売されるまでの間、トヨタ量産車の最上級モデルとして君臨していました。

ここ最近ではクラウンを購入するユーザーも高齢化してきているため、購入層のターゲットを下げる目的も兼ねて2018年6月にフルモデルチェンジが行われました。

このフルモデルチェンジによって、高級車としての品格とスポーティーなフロントマスクが印象的で、エクステリアが大幅に若返ってことでラグジュアリースポーツセダンへと進化することに成功しました。15代目クラウンには、トヨタでは初となる車載通信機DCMを全車に標準装備したことで、ドライバーは様々な情報やサービスを受けることができます。

クラウンのプラットフォームは、車の基本動作の「走る・曲がる・止まる」を高めるため、レクサスLS/LCをベースにした新TNGAプラットフォームを採用しています。高級車で大切な乗り心地を決める足回りは、レクサスLS/LCと同じ4輪とも独立式マルチリンクを採用しています。安全性能では、夜間歩行者と昼間自転車運転者の検知機能を追加した自動ブレーキや、第2世代「Toyota Safety Sense」のトヨタ先進安全装備を採用しています。

サイズスペック

・全長     :4,910mm
・全幅     :1,800mm
・全高     :1,455mm~1,465mm
・ホイールベース:2,920mm
・最小回転半径 :5.3m
・室内長さ   :1,980mm
・室内幅    :1,500mm
・室内高さ   :1,185mm
・車両重量   :1,690kg~1,900kg

若返りを図ったエクステリアはスポーティになりましたが、先代のクラウンと比べて全幅こそ日本の道路環境に配慮してサイズ変更は行われていませんが、全長と全高はわずかに拡大され、ホイールベースも70mm延長されています。

エンジンスペック・燃費

●2,000cc 直列4気筒DOHCインタークーラーターボ

・最高出力     :245ps
・最大トルク    :35.7kgm
・変速機      :8速AT
・駆動方式     :2WD(FR)
・燃費       :12.4km/L(WLTCモード)

●2,500cc 直列4気筒DOHC+電気モーター

・最高出力     :184ps
・最大トルク    :22.5kgm
・モーター最高出力 :143ps
・モーター最大トルク:30.6kgm
・変速機      :CVT
・駆動方式     :2WD/4WD
・燃費       :18.2km/L~20.0km/L(WLTCモード)

●3,500cc V型6気筒DOHC+電気モーター

・最高出力     :299ps
・最大トルク    :36.3kgm
・モーター最高出力 :180ps
・モーター最大トルク:30.6kgm
・変速機      :10段変速制御CVT
・駆動方式     :2WD(FR)
・燃費       :16.0km/L(WLTCモード)

クラウンに搭載されているエンジンは、ガソリン車に「2,000cc 直列4気筒DOHCインタークーラーターボエンジン」ハイブリッド車には「2,500cc 直列4気筒DOHCガソリンエンジン+電気モーター」「3,500cc V型6気筒DOHCガソリンエンジン+電気モーター」の2種類から選択することができます。

ガソリン車には、スーパーインテリジェント8速オートマチックの「8 Super ECT」との組み合わせで、ターボエンジンにも関わらずカタログ燃費値でWLTCモード・12.4km/Lを実現するとともに、最高出力・245ps&最大トルク・35.7kgmで3,500cc並みのハイパワーになっています。

2,500ccのハイブリッド車には、先代まで搭載されていた2,500ccエンジン「2AR-FSE型」から、カムリに搭載されている2,500ccエンジン「A25A-FXS型」を縦置きに変更して搭載されています。

また、3,500ccのハイブリッド車も先代まで搭載されていた「2GR-FSE型」から「8GR-FXS型」へ変更され、トヨタブランドとしては初となる「マルチステージハイブリッドシステム」を採用しています。マルチステージハイブリッドシステムを採用することによって、4,500cc並みの走行性能と低燃費の両方を実現しています。

グレードとボディカラー

15代目クラウンのグレードは、これまでのロイヤル系が標準モデルの「B」「S」「G」アスリート系がスポーティ「RS系」へと変更になっています。また、クラウンの最上級モデルのマジェスタが廃止となり、3,500cc ハイブリッドモデルは継続されています。クラウンに用意されているボディカラーは全部で13色です。クラウンの各グレードとボディカラーを紹介します。

●クラウンのグレード

・2,000cc ガソリン :「B」「S」「S C package」「G」「RS-B」「RS」「RS Advance」
・2,500cc HYBRID 2WD:「S」「S C package」「G」「RS」「RS Advance」
・2,500cc HYBRID 4WD:「S Four」「S Four C package」「G Four」「G-Executive Four」「RS Four」「RS Advance Four」
・3,500cc HYBRID :「S」「G-Executive」「RS Advance」

●クラウンの人気グレード

・2.5 RS Advance
・2.0 RS
・2.0 G

2,000ccターボ車専用グレードとして「B」「RS-B」、ハイブリッド車専用グレードとして「G-Executive」(2,500cc 2WD以外)が用意されています。「S」には3,500ccを除いて「C package」の設定があるのと、「S」「G」「G-Executive」「RS」「RS Advance」に4WDが設定されています。クラウンで人気のある売れ筋グレードは、ハイブリッド車の「2.5 RS Advance」で、2位&3位はともにガソリン車の「2.0 RS」「2.0 G」になっています。

中古車市場では、高級セダンでサンルーフ装着車の人気が高いのですが、「2.0 B」「2.0 RS-B」はオプション設定がないため、装着することができません。買取査定でも査定価格に大きな影響がでるため、サンルーフが装着できるグレードを新車では購入するようにして下さい。

●クラウンのボディカラー

・ホワイトパールクリスタルシャイン
・シルバーメタリック
・プレシャスシルバー
・プレシャスガレナ
・ブラック
・プレシャスブラックパール
・ダークブルーマイカ
・ボルドーマイカメタリック
・リッチレッドクリスタルシャインガラスフレーク
・オレンジメタリック
・アルミナジェイドメタリック
・ダークブルーマイカメタリック
・ピュアブルーメタリック

●クラウンの人気ボディカラー

・ホワイトパールクリスタルシャイン
・ブラック
・プレシャスブラックパール

クラウンで人気があるボディカラーは、どの車種でも人気のある「ホワイト系」と「ブラック系」になっています。先代までは、クラウン購入者の平均年齢が60歳だったこともあり、落ち着いたカラーで手入れがしやすいことでシルバーの人気も高かったのですが、15代目クラウンではシルバーが上位に入っていません。

スポーティなエクステリアで若返りをはかったため、人気のボディカラーだけを見ても購入層に変化が起こっています。中古車市場でも買取市場でも「ホワイトパールクリスタルシャイン」「ブラック」「プレシャスブラックパール」の人気が高いため、後々のリセールバリューを考えても人気上位のボディカラーを選択することで買取査定でも高い評価を得ることができます。

クラウンの最新中古車相場

クラウンを新車で購入してから2019年に初めての継続検査となる、2016年式の人気グレードを中心に最新の中古車相場を調べてみました。尚、2016年式は新車購入から3年が経過するため、1年間の走行距離を10,000kmと想定して、30,000kmまでの車両を対象にしています。

・2016年 ロイヤルサルーン        :¥2,254,630-~¥2,675,926-
・2016年 アスリート S-T       :¥2,527,778-~¥3,693,519-
・2016年 HYBRID アスリート S    :¥2,759,259-~¥3,693,519-
・2016年 HYBRID ロイヤルサルーン :¥2,400,000-~¥3,509,259-
・2016年 HYBRID ロイヤルサルーン G:¥2,935,185-~¥3,424,074-
・2016年 HYBRID アスリート G   :¥3,240,741-~¥4,208,333-

※上記の価格には消費税は含まれておりません。

2016年式のクラウンも、地味なロイヤル系よりもスポーティーなアスリート系の中古車相場が高くなっています。

クラウンの最新買取相場

現在販売されているクラウンは15代目になりますが、2018年6月にフルモデルチェンジが行われた影響で、買取相場にも多少のバラつきがでています。

新車を購入してから2019年が初めての継続検査の時期にあたる【3年落ち】、2回目の継続検査を受ける時期の【5年落ち】、新車を購入してから10年が経過する【10年落ち】の、クラウン最新買取相場を人気グレードを中心に調べてみましたので紹介します。

3年落ち買取相場

●2016年 2.5 ロイヤルサルーン

・型式      :DBA-GRS210
・当時新車価格  :¥4,148,148-
・最新買取相場  :¥1,776,500-~¥2,650,500-
・リセールバリュー:42.8%~63.9%

●2016年 2.0 アスリート S-T

・型式      :DBA-ARS210
・当時新車価格  :¥4,240,741-
・最新買取相場  :¥1,966,500-~¥3,068,500-
・リセールバリュー:46.4%~72.4%

●2016年 HYBRID ロイヤルサルーン

・型式      :DAA-AWS210
・当時新車価格  :¥4,648,148-
・最新買取相場  :¥1,890,500-~¥2,869,000-
・リセールバリュー:40.7%~61.7%

●2016年 HYBRID ロイヤルサルーン G

・型式      :DAA-AWS210
・当時新車価格  :¥5,342,593-
・最新買取相場  :¥2,175,500-~¥3,249,000-
・リセールバリュー:40.8%~60.8%

●2016年 HYBRID アスリート S

・型式      :DAA-AWS210
・当時新車価格  :¥4,657,407-
・最新買取相場  :¥2,375,000-~¥3,515,000-
・リセールバリュー:51.0%~75.5%

●2016年 HYBRID アスリート G

・型式      :DAA-AWS210
・当時新車価格  :¥5,416,667-
・最新買取相場  :¥2,479,500-~¥4,028,000-
・リセールバリュー:45.8%~74.4%

※上記の価格には消費税は含まれておりません。
※オークション相場情報の価格が、一般的な相場よりも5%ほど高く設定されているため、5%ほど価格を下げて最新買取相場を記載しています。
※車両の状態は、業者オークション査定で標準評価点でもある4点以上を対象にしています。

5年落ち買取相場

●2014年 2.5 ロイヤルサルーン

・型式      :DBA-GRS210
・当時新車価格  :¥3,898,148-
・最新買取相場  :¥1,187,500-~¥1,881,000-
・リセールバリュー:30.5%~48.3%

●2014年 2.5 アスリート S

・型式      :DBA-GRS210
・当時新車価格  :¥3,935,185-
・最新買取相場  :¥1,444,000-~¥2,660,000-
・リセールバリュー:36.7%~67.6%

●2014年 HYBRID ロイヤルサルーン

・型式      :DAA-AWS210
・当時新車価格  :¥4,462,963-
・最新買取相場  :¥1,311,000-~¥2,185,000-
・リセールバリュー:29.4%~49.0%

●2014年 HYBRID アスリート S

・型式      :DAA-AWS210
・当時新車価格  :¥4,462,963-
・最新買取相場  :¥1,577,000-~¥2,574,500-
・リセールバリュー:35.3%~57.7%

●2014年 HYBRID アスリート S ブラックスタイル

・型式      :DAA-AWS210
・当時新車価格  :¥4,638,889-
・最新買取相場  :¥1,672,000-~¥2,574,500-
・リセールバリュー:36.0%~55,5%

●2014年 HYBRID アスリート G

・型式      :DAA-AWS210
・当時新車価格  :¥5,175,926-
・最新買取相場  :¥1,862,000-~¥3,182,500-
・リセールバリュー:36.0%~61.5%

※上記の価格には消費税は含まれておりません。
※オークション相場情報の価格が、一般的な相場よりも5%ほど高く設定されているため、5%ほど価格を下げて最新買取相場を記載しています。
※車両の状態は、業者オークション査定で標準評価点でもある4点以上を対象にしています。

10年落ち買取相場

●2009年 3.0 ロイヤルサルーン アニバーサリーエディション

・型式      :DBA-GRS202
・当時新車価格  :¥4,287,037-
・最新買取相場  :¥275,500-~¥1,111,500-
・リセールバリュー:6.4%~25.9%

●2009年 2.5 アスリート アニバーサリーエディション

・型式      :DBA-GRS200
・当時新車価格  :¥4,000,000-
・最新買取相場  :¥247,000-~¥1,444,000-
・リセールバリュー:6.2%~36.1%

●2009年 3.5 アスリート アニバーサリーエディション

・型式      :DBA-GRS204
・当時新車価格  :¥4,509,259-
・最新買取相場  :¥351,500-~¥1,216,000-
・リセールバリュー:7.8%~27.0%

●2009年 3.5 HYBRID ベースグレード

・型式      :DAA-GWS204
・当時新車価格  :¥5,731,482-
・最新買取相場  :¥427,500-~¥1,149,500-
・リセールバリュー:7.5%~20.1%

※上記の価格には消費税は含まれておりません。
※オークション相場情報の価格が、一般的な相場よりも5%ほど高く設定されているため、5%ほど価格を下げて最新買取相場を記載しています。
※車両の状態は、業者オークション査定で標準評価点でもある4点以上を対象にしています。

クラウンの買取相場の分析

新車から3年落ちのクラウンは、ガソリン車もハイブリッド車もアスリート系の人気が高くロイヤル系は買取価格も安くリセールバリューも高年式にも関わらず60%程度とあまり良くありません。買取データでも流通量は圧倒的にアスリート系が多くロイヤル系はほとんど流通していないと言って良いほどです。

高級車らしく、ガソリン車よりもハイブリッド車の人気が高いのもクラウンの特徴です。新車から3年落ちのクラウンで高価買取を狙う場合は、「ハイブリッド」「アスリート系」「ホワイトパールorぶっラック系」が条件になります。新車から5年が経過したクラウンも、ハイブリッドのアスリート系が買取相場もリセールバリューも高くなっています。

しかし、クラウン自体が人気がないため、ハイブリッドのアスリート系でもリセールバリューが50%~60%ほどしかありませんし、ロイヤル系になるとリセールバリューが50%を切ってしまっています。

これは、新車のクラウンを¥4,000,000-で購入しても、5年後には¥2,000,000-にも満たない価値しかないと言うことになります。高級車を購入して5年後には半分以下の価値しかないのはちょっと厳しいように感じます。

新車から10年が経過したクラウンは、それまでのクラウンとは異なり、ハイブリッド車よりもガソリン車の方が買取相場もリセールバリューも高くなります。これは、ハイブリッドの最大の欠点でもあるバッテリーの寿命も大きく関係しています。

スマートフォンと同じで、経年劣化の影響などでバッテリーへ充電しにくくなりますし、バッテリーが長時間持たなくなるため、燃費も悪くなりますしメリットよりもデメリットの方が強くなることも影響しています。

最近のハイブリッド車は、バッテリーの性能も良くなっていますし、バッテリーの保証もしっかりしているので問題はないのですが、新車から10年が経過したクラウンを中古車で購入するときはガソリン車を選択しなければいけません。

クラウンを高く売却する方法

クラウンを高く売却する方法としては、複数の車買取専門業者で競わせて買取価格を限界まで吊り上げてから売却することをオススメします。クラウンは、あまり人気がある車種ではないため、一般的な買取査定では買い取る側も損をしないように低めの買取価格でしか査定が行われない可能性があります。

少しでも高く売却をしたい場合は、クラウンを欲しがっている車買取専門業者や中古車販売店に買取価格を競わせる方法が1番良いのではないでしょうか。一括査定サイトを利用すると、クラウンを欲しがっている複数の業者で買取価格を競うため、通常では出せない買取価格が提示されることがあります。

クラウンのような人気車種とは言えない高級車は、車両価格の高い豪華装備のため、一括査定を使うと想像以上の買取価格で取引が行われることが良くあります。是非、状態の良いクラウンを売却しようと考えている人は、一括査定を使って高価買取を狙ってみて下さい。

クラウンのモデルチェンジ情報

クラウンのモデルチェンジ情報は、2018年6月にフルモデルチェンジが行われたばかりです。今回のフルモデルチェンジでクラウン伝統の豪華グレード「ロイヤル」の名前が無くなり、人気グレードの「アスリート」もグレード名としてはなくなりました。また、クラウンの上級モデルだった「マジェスタ」も廃止となり、1種類のタイプに統一される形になりました。

グレードとしては、実用性の高い装備の「S」、豪華装備の「G」、スポーツタイプの「GS」が15代目のクラウンの基本ベースとなっています。エンジンも2,500ccと3,500ccのノンターボエンジンは廃止されて、先代とは違う「2,000cc」「2,500cc」「3,500cc」の3種類のエンジンがそれぞれ搭載されています。

2019年7月には、より上質でエレガントな特別仕様車として、Sグレードをベースにした「S ELEGANCE STYLE」がラインナップに追加されています。現在のところ、クラウンのモデルチェンジ情報はありませんが、ラインナップの追加やマイナーチェンジは2020年までには行われる予定ですので、今後のモデルチェンジ情報に注目して下さい。

まとめ

日本が誇る高級セダン・クラウンの最新買取相場情報を紹介してきましたが、2018年6月にフルモデルチェンジが行わてたばかりで市場の動きもまだ分からない状態です。

今回のフルモデルチェンジでクラウンは大きく変貌を遂げたので、ハイブリッド車・RS系を中心に中古車市場でも今後、どんどん流通量が増えてきます。

環境問題などや低燃費で静粛性に優れた車両を好むクラウンユーザーが多いため、「ハイブリッド車」「RS系」「ホワイト系orブラック系」の状態が良い車両だと高価買取のチャンスがあります。

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます