【2019年最新版】フリードの買取相場と高く売却するポイントまとめ

フリードは、2008年にモビリオの後継車として室内空間が広く、運転がしやすいコンパクトカーを求めているユーザー向けに販売を開始したコンパクトミニバンです。運転に不慣れな方でも小回りが利いて、取り回しがしやすいように全長が抑えられたボディサイズにフリードは設計されています。

今回は、フリードの最新買取相場情報を紹介します。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報

フリードの特徴

フリードは、2代目フィットの前方部分のプラットフォームと新開発プラットフォームを組み合わせたコンパクトタイプのミニバンになります。

「すべての人にちょうどいい」のキャッチフレーズ通り、全長が短い割には広い室内空間が確保され、小さなお子様のいるファミリーでも使い勝手の良いサイズ感になっています。

フリードには、セカンドシートがキャプテンシートの6人乗りと、セカンドシートはベンチシートの7人乗り2種類のタイプが用意されています。

また、後部座席のシートアレンジも豊富で、折りたたむこともできますし、スライドも可能なため大きな荷物積み込むときにも便利ですし、キャンプやアウトドアへ出掛けた際にはテントが無くても車中泊することもできます。

安全性能では、ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせたホンダ先進技術「Honda SENSING」も選択することができます。フリードは、一般社団法人・日本マザーズ協会が主催する「マザーズセレクション大賞」を受賞しました。

この賞は、子育て期のママさん達が愛用している物などに贈られる賞で、一般のママたちの投票によって決められます。フリードが、ママさん達にとって「便利」で「子育てに役だった」と言う証になる賞なので信頼できる賞と言えます。

サイズスペック

・全長     :4,265mm~4,295mm
・全幅     :1,695mm
・全高     :1,710mm~1,735mm
・ホイールベース:2,740mm
・室内長さ   :3,045mm
・室内幅    :1,455mm
・室内高さ   :1,275mm~1,285mm
・車両重量   :1,340kg~1,490kg

フリードは、フィットをベースに作られていますが、フィットで採用されている燃料タンクを前席の下に設置する「センタータンクレイアウト」は採用せず、燃料タンクはセカンドシートの下へ設置しています。

セカンドシートの下へ燃料タンクを設置することによって、前席の下に空間ができることでセカンドシートの足元のスペースを広くとることができるのと、室内天井の高さも十分なため、定員一杯で乗車しても快適に移動することが可能です。

初代フリードと比べて、全幅やホイールベースは変わりませんが、全長を長くしたことによって室内空間を広くとることができています。

子育て期のママさんに喜ばれるのが、開口部がタテ&ヨコに広く、ラゲッジルームの床と地面との高さが低いため、ベビーカーや三輪車など重たい荷物などを積み込むときもあまり持ち上げなくて済みます。

また、サードシートを畳んで左右へ跳ね上げれば、更に広いラゲッジスペースを確保することが可能で、6人乗りのフリードの場合はセカンドシートをアレンジする必要もなく、長い荷物を積み込むことができます。

エンジンスペック・燃費

●1,500cc i-VTEC

・エンジン種類   :水冷直列4気筒DOHC16V直噴
・最高出力     :131ps
・最大トルク    :15.8kgm
・変速機      :CVT
・駆動方式     :2WD/4WD
・燃費       :16.4km/L~19.0km/L(JC08モード)

●1,500cc i-VTEC+電気モーター

・エンジン種類   :水冷直列4気筒DOHC16V
・HYBRIDシステム  :SPORT HYBRID i-DCD
・最高出力     :110ps
・最大トルク    :13.7kgm
・モーター最高出力 :29.5ps
・モーター最大トルク:16.3kgm
・変速機      :7速AT
・駆動方式     :2WD/4WD
・燃費       :25.2km/L~27.2km/L(JC08モード)

2016年のフルモデルチェンジで、フリードのエンジンもホンダで主流となっている直噴エンジン「L15B型 」がガソリン車に搭載されています。

また、ガソリン車はATを廃止し、全タイプにCVTやアイドリングストップ機能を標準装備したことで、初代フリードよりも最高出力&最大トルク、そして燃費も3.0km/L前後向上しています。ハイブリッド車に搭載されているエンジンは、排気量や基本構造はガソリンエンジンと同じですが、直噴エンジンではありません。

1,500cc i-VTEC+電気モーター7速デュアルクラッチトランスミッションを搭載した「SPORT HYBRID i-DCD」が採用され、モーターだけでも走行が可能になったことで、燃費や加速性能も向上しています。フリードのハイブリッド車には、コンパクトミニバンでは初となる4WDの設定を「HYBRID B」「HYBRID G」で採用しています。

グレードとボディカラー

フリードにはガソリン車とハイブリッド車、それぞれ3種類のグレードが用意されています。また、ボディカラーとしては「スタンダードカラー」が2色、「メタリックカラー」が7色、「スペシャルカラー」が1色の合計10色のボディカラーが用意されています。フリードのグレードとボディカラーについて紹介します。

●フリードのグレード

・B (6人/2WD・4WD)
・G (6人・7人/2WD・4WD)
・G Honda SENSING (6人・7人/2WD・4WD)
・HYBRID B (6人/2WD・4WD)
・HYBRID G Honda SENSING (6人・7人/2WD・4WD)
・HYBRID EX (6人/2WD)

「B」は、基本的な装備はほとんど揃っていますが、機能的な装備は乏しく、フリードのエントリーモデルです。「G」は、リア左側パワースライドドア・木目調インパネミドルエリア・センターテーブルなど、機能的な装備がBよりも充実して、インテリアに手が加わった標準グレードです。

「G Honda SENSING」は、Gに安全性能技術が搭載される他、マルチインフォメーションディスプレイや両側パワースライドドアが搭載されるガソリン車の最上級グレードです。

「HYBRID B」は、ガソリン車のBと同じで、最低限の装備を備えたハイブリッド車のエントリーモデルです。「HYBRID G Honda SENSING」は、ハイブリッド車の標準グレードで、ガソリン車のG Honda SENSINGのハイブリッドバージョンです。「HYBRID EX」は、内外装の装備を更に充実させて、インテリアなど高級感を増したフリード最上級グレードです。

●フリードの人気グレード

・G Honda SENSING
・HYBRID G Honda SENSING
・HYBRID EX

フリードで1番人気があって売れているグレードは、標準グレードのGに先進運転支援システム機能を搭載した「G Honda SENSING」です。2番目に人気があるグレードは、静粛性と低燃費が魅力の「HYBRID G Honda SENSING」で、ハイブリッド車の中では60%ほどのシェアを占めています。

3番目に人気があるグレードは、申し分のない装備でフリードの中で最も高い価格の最上級グレード「HYBRID EX」で、ハイブリッド車の中では30%ほど占めています。

静粛性や年間の維持費を節約したい人にはハイブリッドモデルがオススメですが、ガソリン車と比べて車両価格が高いため長い期間乗り続けなければ損をするため、総合的に考えてガソリン車「G Honda SENSING」を選択する人が多いのが人気の理由になっています。

●フリードのボディカラー

・コバルトブルー・パール
・ホワイトオーキッド・パール
・プレミアムスパークルブラック・パール
・ブルーホライゾン・メタリック
・シトロンドロップ
・ルナシルバー・メタリック
・モダンスティール・メタリック
・フォレストグリーン・パール
・プレミアムクリスタルレッド・メタリック

●フリードの人気ボディカラー

・プレミアムスパークルブラック・パール
・ホワイトオーキッド・パール
・ルナシルバー・メタリック
・ブルーホライゾン・メタリック

フリードには、全部で9色のボディカラーが用意されていますが、人気上位はフリードでも「ブラックパール」と「ホワイトパール」が選ばれています。プレミアムスパークルブラック・パールは、ボディメンテナンスさえ怠らなければ鏡のように周りの景色を取り込みますし、車が引き締まって見えます。

これ以上にないほど輝きますが、手入れを怠ってしまうと1番汚くもなってしまう取扱いの難しいカラーでもあります。2番目に人気のあるボディカラーのホワイトオーキッド・パールは、どの角度から見ても美しく高級感が漂うホワイトパールが魅力です。

1位のプレミアムスパークルブラック・パールと人気での差はほとんどありませんが、ホワイトオーキッド・パールはボディメンテナンスがしやすいため、老若男女年齢も問わず人気があります。

買取や下取り査定でも高い評価を得ることができるため、ボディカラーで迷った時には、迷わずホワイトオーキッド・パールを選択することをオススメします。3位のルナシルバー・メタリックも三大人気カラーの1つで、北欧や欧州ではホワイトパールと人気を2分するほど高い人気を誇っています。

4位のブルーホライゾン・メタリックは、フリードのイメージカラーとしてテレビCMや広告の影響からか、ファミリー層や若い女性からの支持が高く、ルナシルバー・メタリックと変わらないほど人気を集めています。

フリードの最新中古車相場

初代から2代目フリードにモデルチェンジが行われた【2016年式】の最新中古車相場を各グレード別に調べてみました。尚、2016年式は新車購入から3年が経過する車のため、1年間で走る走行距離を10,000kmと想定して、30,000kmまでの車を対象に調べています。

・2016年 G           :¥1,555,556-~¥1,898,148-
2016年 G Honda SENSING    :¥1,664,815-~¥2,220,370-
・2016年 HYBRID G        :¥1,754,630-~¥1,990,741-
2016年 HYBRID G Honda SENSING:¥1,898,148-~¥2,296,296-
2016年 HYBRID EX       :¥2,035,185-~¥2,313,889-
※上記の価格には消費税は含まれておりません。

フリードの最新買取相場

フリードのフルモデルチェンジが行われて新車購入後、2019年が初めての継続検査となる【2016年式】、初代フリード最終型にあたる【2014年式】、フリードの販売が開始され、流通量が増えた時期にあたる【2009年式】の、最新買取相場を人気グレードを中心に調べてみましたので紹介します。尚、1年間で走る走行距離を10,000kmと仮定して調べています。

3年落ち買取相場

●2016年 G

・型式      :DBA-GB5
・当時新車価格  :¥1,833,333-~¥1,853,704-
・最新買取相場  :¥1,197,000-~¥1,814,500-
リセールバリュー:65.3%~97.9%

●2016年 G Honda SENSING

・型式      :DBA-GB5
・当時新車価格  :¥1,944,444-~¥1,964,815-
・最新買取相場  :¥1,320,500-~¥1,890,500-
・リセールバリュー:67.9%~96.2%

●2016年 HYBRID G

・型式      :DAA-GB7
・当時新車価格  :¥1,944,444-~2,220,370-
・最新買取相場  :¥1,415,500-~¥1,995,000-
・リセールバリュー:72.8%~89.9%

●HYBRID G Honda SENSING

・型式      :DAA-GB7
・当時新車価格  :¥2,311,111-~¥2,331,482-
・最新買取相場  :¥1,463,000-~¥1,976,000-
・リセールバリュー:63.3%~84.8%

●2016年 HYBRID EX

・型式      :DAA-GB7
・当時新車価格  :¥2,459,259-
最新買取相場  :¥1,795,500-~¥2,194,500-
・リセールバリュー:73.0%~89.2%

※上記の価格には消費税は含まれておりません。
※オークション相場情報の価格が、一般的な相場よりも5%ほど高く設定されているため、5%ほど価格を下げて最新買取相場を記載しています。
※車両の状態は、業者オークション査定で標準評価点でもある4点以上を対象にしています。

5年落ち買取相場

●2014年 G ジャストセレクション

・型式      :DBA-GB3
・当時新車価格  :¥1,833,333-~¥1,862,963-
・最新買取相場  :¥646,000-~¥1,301,500-
・リセールバリュー:35.2%~69.9%

●2014年 G ジャストセレクション+

・型式      :DBA-GB3
・当時新車価格  :¥1,837,037-~¥1,867,593-
・最新買取相場  :¥693,500-~¥1,349,000-
リセールバリュー:37.8%~72.2%

●2014年 G エアロ

・型式      :DBA-GB3
・当時新車価格  :¥2,000,000-~¥2,029,630-
・最新買取相場  :¥712,500-~¥1,396,500-
・リセールバリュー:35.6%~68.8%

●2014年 G エアロ クールエディション

・型式      :DBA-GB3
・当時新車価格  :¥2,000,000-~¥2,029,630-
最新買取相場  :¥1,035,500-~¥1,406,000-
・リセールバリュー:51.8%~69.3%

※上記の価格には消費税は含まれておりません。
※オークション相場情報の価格が、一般的な相場よりも5%ほど高く設定されているため、5%ほど価格を下げて最新買取相場を記載しています。
※車両の状態は、業者オークション査定で標準評価点でもある4点以上を対象にしています。

10年落ち買取相場

●2009年 G

・型式      :DBA-GB3
・当時新車価格  :¥1,610,185-
・最新買取相場  :¥85,500-~¥199,500-
・リセールバリュー:5.3%~12.4%

●2009年 G Lパッケージ

・型式      :DBA-GB3
・当時新車価格  :¥1,700,000-~¥1,720,370-
・最新買取相場  :¥47,500-~¥551,000-
・リセールバリュー:2.8%~32.0%

●2009年 G エアロ

・型式      :DBA-GB3
・当時新車価格  :¥1,770,370-
・最新買取相場  :¥256,500-~¥323,000-
・リセールバリュー:14.5%~18.3%

●2009年 G エアロ Lパッケージ

・型式      :DBA-GB3
・当時新車価格  :¥1,870,370-~¥1,889,815-
・最新買取相場  :¥152,000-~¥684,000-
・リセールバリュー:8.1%~36.2%

●2009年 Gi エアロ

・型式      :DBA-GB3
・当時新車価格  :¥2,150,000-
最新買取相場  :¥133,000-~¥864,500-
リセールバリュー:6.2%~40.2%

※上記の価格には消費税は含まれておりません。
※オークション相場情報の価格が、一般的な相場よりも5%ほど高く設定されているため、5%ほど価格を下げて最新買取相場を記載しています。
※車両の状態は、業者オークション査定で標準評価点でもある4点以上を対象にしています。

フリードの買取相場の分析

2016年は、フリードが2代目として販売が開始された車両のため、流通量としてはかなり多くなっています。マザーズセレクション大賞を受賞するなど、ユーザー層が子育て期のママさん世代に集中していて、財布の紐も固いためか初期投資の金額が高いハイブリッド車よりも初期投資を抑えて、できる限り年間の維持費を抑えることができるガソリン車のリセールバリューが高くなっています。

ハイブリッド車は、新車車両価格も高く、ガソリン車と比べて流通量も少ないことも影響して、買取価格だけを見ると高く見えるのですが、買取相場自体には安定感はありません。2016年式のフリードでは「ガソリン車」「Honda SENSING装備車」「新車の様な内外装」の条件が揃うと高価買取が狙えます。2014年式は、初代フリードの最終型で旧モデルになります。

フルモデルチェンジが行われたことで、通常の値落ちよりもリセールバリューが10%ほど余分に下落しています。一般的なミニバンやワンボックスでは、標準ボディよりもエアロボディのグレードが買取価格もリセールバリューも高くなりがちですが、フリードの場合はママさん世代のユーザーが多いこともあり、エクステリアの見た目よりも、機能的な装備が充実していて価格の安いグレードの人気が高くなっています。

子育て期のママさんをターゲットにしているフリードは、小さなお子様のいる家庭では衛生的な面を注意しているので、中古車を販売する側にとっては販売しやすい綺麗な車を買い取りたいと言うのが本音なので、「標準ボディ」「内外装が綺麗な車両」「低走行距離車」が2014年式フリードで高価買取を狙うポイントになります。

フリードの販売が開始されて、中古車市場で最も流通量が増えた時期の2009年式の買取相場ですが、高年式車では標準ボディが安定した相場で推移していましたが、10年落ちになるとエアロボディや特別仕様車のリセールバリューが高くなっています。

しかし、10年落ちで走行距離も100,000kmに近い車なので、1番小さな値のリセールバリューを見ても1ケタがほとんどで、実際には数万円の価値しかありません。初期タイプの低年式フリードで高価買取を狙うことは基本的には厳しく、新車車両価格の20%前後の買取価格が出れば高価買取と言える程度です。

全体的にフリードは、ガソリン車で安全装備や機能的な装備が充実しているグレードが流通量としても多く、買取相場も安定しています。全年式に言えることですが、「ガソリン車」「標準的なグレード」「低走行距離車」「状態の良い車両」「ホワイトパール」の条件さえクリアすれば、ある程度の買取価格が期待できます。

フリードを高く売却する方法

フリードを高く売却する方法として最も良い方法は、フリードのようなコンパクトカーやミニバンに特化して取り扱っている専門店で売却することで、通常の買取価格よりも高価買取の期待ができます。フリードは、女性ユーザーが多いため、コンパクトカーやミニバンの販売力に自信のある専門店だと家族連れが多く来店するため、フリードの需要も多く良質な車に限ると即販売が行える即戦力になります。フリードで高価買取を狙うことができる全国で唯一のフリード専門店を紹介します。

●フリード専門店 カーショップ RIP PAP

カーショップ RIP PAPは、ファミリカーとして人気が高い全国でも唯一のフリード専門店です。フリード専門店としての豊富な知識を持ったスタッフが、フリードに装備されているパーツを1つ1つ査定を行い、買取価格へ付加価値として上乗せ致します。全国でもフリード専門店は「カーショップ RIP PAP」しかないため、高価買取の期待が持てる唯一のフリード専門店です。

住所  :神奈川県相模原市南区麻溝台4-1667-1
電話  :042-705-9490
営業時間:10:00~19:00
定休日 :年中無休
お問合せ:0066-9707-9167

フリードのモデルチェンジ情報

フリードは、2016年にフルモデルチェンジしたばかりですが、2019年10月にマイナーチェンジを行うことになっています。

●マイナーチェンジによる後期型フリードの変更点

・ジュエルアイLEDヘッドライトの採用。
・パワートレイン1部改良。
・Honda SENSING 全グレードに標準装備。

2019年10月のマイナーチェンジで、フロント&リアのデザインが変更されると共に、ヘッドライトがキラキラしている「ジュエルアイLEDヘッドライト」に変更されます。全タイプには搭載されず、上級グレードへLEDフォグランプと共に標準装備される予定です。後期型フリードのパワートレインは、ガソリン車が「1,000cc i-VTECターボエンジン」が搭載される予定です。

また、ハイブリッドは現在採用されている1モーター式「i-DCD」から、ステップワゴンなどにも採用されている2モーター式「i-MMD」と「1,500cc i-VTECエンジン」が組み合わさる予定です。2モーターになることで、2,500cc NA並みのパワフルな加速を実現することができます。ホンダ先進安全技術「Honda SENSING」のバージョンアップ版を全グレードに標準装備します。

バージョンアップの内容は定かではありませんが、現在フリードに搭載されていない「オートハイビーム」「後方誤発進抑制機能」「クルーズコントロールの渋滞追従機能」のいずれかが追加される予定です。

後期型フリードのモデルチェンジ情報を紹介してきましたが、ライバル車との対抗処置としてコンパクトSUV「フリードクロス」がラインナップに加わると言う噂があります。

ラインナップに加わる可能性は高いのですが、2019年10月のマイナーチェンジに間に合うかどうかは微妙で、遅くとも2019年末~2020年春までにはラインナップに設定されると思われます。もし、マイナーチェンジでフリードクロスがラインナップに加われば、年末商戦にも間に合うため、ライバル車から販売台数で遅れをとっているフリードの起爆剤になることでしょう。

まとめ

コンパクトSUVとして大ヒットをしたフリードですが、ここ最近の販売台数は芳しくなく2019年10月にマイナーチェンジを行い、年末商戦で挽回する見込みです。コンパクトなサイズにも関わらず、3列シートを採用していることから、フリードは若いファミリー層から高い支持を受けています。この利便性から若い子育て世代の女性を中心にシェアを拡大してきましたが、人気車種のためフリードで高価買取を十分に狙うことができます。

フリードで高価買取を目指すためには、中古車市場の動向に注意しなければいけません。中古車の売れ行きが悪くなれば、買取相場も必然的に鈍るため、高価買取が行える売却先の選定が大切な作業になります。1番的確な方法として今回紹介した「フリードを高く売却する方法」を参考にして頂き、高い査定価格を引き出すようにして下さい。

また、他の方法としてはインターネットによる「一括査定」を利用する方法もあります。複数の車買取専門業者や優良中古車業者による査定を一括で行うサイトなので、一般的な買取相場以上の価格が提示されることも少なくありません。全国にはフリードを探している業者も多数存在しますので、積極的に一括査定へ依頼をしてみるのも良い方法と言えます。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報