【2019年最新版】ミラクルオープンドアが魅力!タントの買取相場に迫る

「親子にピッタント」のキャッチフレーズで2003年に国内で販売が開始されたダイハツ・タント。キャッチフレーズ通り、子育て世代の女性から今もなお高い支持を受け続けているダイハツの顔とも言える軽トールワゴンです。

小さなお子様が居るファミリーからの人気が特に高いダイハツ・タントの最新買取相場情報を紹介します!

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

タントの特徴

2003年の発売当初から、小さなお子様の居るファミリーからの高い支持を受け続けているダイハツ・タント。タントの最大の特徴は、助手席と後部の間の柱を無くして、助手席と後部座席が大きく開く「ミラクルオープンドア」を採用していることです。

柱がないため、チャイルドシートの取り付けや、お子様を抱っこしたまま乗降するのも容易で、室内の高さが高く、後部座席の足元も広いため、ベビーカーもそのまま載せることができます。

4代目タントには、最大540mmスライドすることができる「運転席ロングスライドシート」を組み合わせた「ミラクルウォークスルーパッケージ」を採用すると、運転席に座ったままの状態で後部座席にいるお子様の世話などをすることができます。

また、燃料を給油する際に通常では運転席にフューエルオープナーレバーが付いていますが、4代目タントではオープナーレバーを廃止し、ワンプッシュで開閉が可能なドアロック連動型を採用しています。

安全性能では、「自動ブレーキ」「車線逸脱警報の予防安全機能」「駐車支援等のアシスト機能」が追加された【次世代スマートアシスト】を搭載しています。

現在販売されているタントは4代目で、更に使い勝手が良くなり軽自動車では初となる新機能が多数採用されていますので紹介します。

パワースライドドア・ウェルカムオープン機能

タントを降りたときにインパネスイッチで予約することで、次に乗車する際に電子カードキーを所持してタントに近づくだけで、助手席側スライドドアが自動で解錠&オープンします。この機能は軽自動車初採用で、お子様を抱っこしたままでも、キーを取り出すことなくスムーズにタントへ乗り込むことができます。

スライドドアイージークローザー機能

スライドドアを手動で半ドアの位置までスライドさせると、後は自動でドアが閉まります。特に力の弱いご年配の人や小さなお子様でも簡単にドアを閉めることができますし、スライドドアには挟み込み防止機能が付いているので、安全に使用することもできます。スライドドアイージークローザーの搭載は、軽自動車では初となります。

パワースライドドア・タッチ&ゴーロック機能

この機能は、急いでいるときにパワースライドドアが閉まり切らなくても、タントから離れた後に自動で施錠してくれる便利機能です。フロントドアのリクエストスイッチに触れるだけで、ドアが閉まった後にロックを予約することができます。左右のスライドドアが対象で、この機能も軽自動車ではタントが初の採用となります。

運転席ロングスライドシート

運転席ロングスライドを行うときは、インパネスイッチとシート下のハンドル又は、シートバックスイッチをレバーを操作することで、最大540mmスライドすることができます。

また、助手席ロングスライドは、最大380mm可動可能で、ウェルカムシートリフト全車を除く全車に標準装備されています。運転席ロングスライドシートは、世界初の新機能で「Xターボ」「X」「カスタムRS」「カスタムX」に標準装備されています。

サイズスペック

・全長     :3,395mm
・全幅     :1,475mm
・全高     :1,755mm~1,775mm
・ホイールベース:2,460mm
・室内長さ   :2,060mm~2,180mm
・室内幅    :1,350mm
・室内高さ   :1,370mm
・車両重量   :880kg~970kg

タントのサイズは、軽自動車規格の全長・3,400㎜以下×全幅・1,480㎜以下×全高・2,000㎜以下をフルに活用しているため、室内空間もかなり広くなっています。

しかし、全高・1,755mm~1,775mmもあるため街中の機械式立体駐車場は駐車できない所も多くあるため、駐車する際には必ず駐車できるサイズか確認する必要があります。

エンジンスペック・燃費

●660cc 水冷直列3気筒DOHC12Vガソリンエンジン

・グレード     :L/X/カスタムL/カスタムX
・最高出力     :52ps
・最大トルク    :6.1kgm
・変速機      :CVT
・駆動方式     :2WD/4WD
・燃費       :25.4km/L~27.2km/L(JC08モード)

●660cc 水冷直列3気筒DOHC12Vインタークーラーターボ

・グレード     :Xターボ/カスタムRS
・最高出力     :64ps
・最大トルク    :10.2kgm
・変速機      :CVT
・駆動方式     :2WD/4WD
・燃費       :23.8km/L~25.2km/L(JC08モード)

タントに搭載されているエンジンは、基本的には従来のエンジンの改良版ですが、全てのパーツを見直すことで全く違ったエンジンに生まれ変わっています。

日本では初となる複数点火のマルチスパークを採用したことによって、ノッキングを抑制するとともに、燃焼速度を早めたことで燃費性能・環境性能・走行性能の全ての性能が向上することに成功。NAエンジンではストレスとなっていたゼロ発進や高速道路での追い越し時の加速なども、従来のエンジンよりはアクセルの反応も良く、スムーズに加速することができます。

グレードとボディカラー

タントは、標準ボディの「タント」と、エアロボディに包まれ洗練されたスタイルが印象的な「カスタム」の2タイプに分かれています。ボディカラーは、2トーンカラーも含めて全部で14色が用意されています。タントのグレードとボディカラーについて紹介します。

●タントに用意されているグレード

・L CVT 2WD/4WD(スマートアシスト非装着車)
・L CVT 2WD/4WD
・X CVT 2WD/4WD
・Xターボ CVT 2WD/4WD
・カスタムL CVT 2WD/4WD
・カスタムX CVT 2WD/4WD
・カスタムRS CVT 2WD/4WD

●タントの人気グレード

・X CVT 2WD
・L CVT 2WD
・カスタムX CVT 2WD

タントのグレードの中で、最も売れている人気グレードは【X CVT 2WD】です。X CVT 2WDは、標準ボディのNAエンジンを搭載した中間グレードで、必要な装備が揃っている上に車両価格が安いのが魅力の1つになっています。

タントの購入層は、小さなお子様の居る女性からの支持も高く、走行性能よりも装備が充実していて、経済的にも優しいグレードに人気が集まります。標準ボディは、ご年配の方にも選択しやすいため、X CVT 2WDが1番人気なのは納得のいく結果だと言えます。

2位の【L CVT 2WD】は、タントのエントリーグレードで最低限の装備しかなく、1番価格の安いグレードです。細々とした装備は不要で、ただ単に日常使いの足に利用する人には十分な装備で、特にご年配の方からの指示が高いグレードと言えます。

3位の【カスタムX CVT 2WD】は、カスタムボディのNAエンジンでスタイルが標準ボディとは全く異なるのと、男女問わず若い方に人気のあるグレードです。

●タントに用意されているボディカラー

・マスタードイエローマイカメタリック
・アイスグリーン
・ブルーミングピンクメタリック
・シャイニングホワイトパール
・ホワイト
・ブラックマイカメタリック
・ブライトシルバーメタリック
・レーザーブルークリスタルシャイン
・ファイアークォーツレッドメタリック
・パールブラック
・プラムブラウンクリスタルマイカ
・ブラックマイカメタリック×シャイニングホワイトパール
・ブラックマイカメタリック×レーザーブルークリスタルシャイン
・ブラックマイカメタリック×ファイアークォーツレッドメタリック

●タントの人気ボディカラー

・シャイニングホワイトパール
・ブラックマイカメタリック
・ファイヤークォーツレッドメタリック

タントで人気のあるボディカラーは、一般的な車と同じでホワイトパールとブラックパールが圧倒的に人気があります。定番とも言えるボディカラーですが、ファミリー層も多いため軽自動車は無難なカラーに人気が集中する傾向があります。

ホワイトパールやブラックパールは、買取に出すときにも有利なカラーなので、先々を見据えてる人は、迷わうことなく選ぶカラーです。

3位にはファイヤークォーツレッドメタリックが入りましたが、シャイニングホワイトパールとブラックマイカメタリックが50%以上占めている状況なので、人気のボディカラーは上位2色と考えるのが良いかもしれません。

タントの最新中古車相場

タントは、2019年7月にモデルチェンジが行われたばかりなので、最新中古車相場情報としては3代目最終型を中心に紹介します。

・2018年 X SAⅢ 2WD              :¥ 998,148-~¥1,527,778-
・2018年 X SAⅢ 4WD              :¥1,201,852-~¥1,424,074-
・2018年 カスタムX トップエディション SAⅢ 2WD :¥1,194,444-~¥1,620,370-
・2018年 カスタムX トップエディション SAⅢ 4WD :¥1,379,630-~¥1,614,815-
・2018年 カスタムRS トップエディション SAⅢ 2WD:¥1,173,148-~¥1,666,667-
・2018年 カスタムRS トップエディション SAⅢ 4WD:¥1,387,037-~¥1,704,630-

※上記の価格には消費税は含まれておりません。

3代目タント最終型は、標準ボディもカスタムボディもそれほどグレード間での価格には大きな差がありません。新型タントが発売されたばかりなので、今後全体的に大きく相場が動くかもしれません。

タントの最新買取相場

新車を購入してから初めての継続検査を受ける時期の【3年落ち】、2回目の継続検査を受ける時期の【5年落ち】、買取としては最後とも言える【10年落ち】での、タント最新買取相場を人気グレードを中心に調べてみましたので紹介します。

3年落ち買取相場

●2016年 X SAⅢ 2WD

・型式      :DBA-LA600S
・当時新車価格  :¥1,314,815-
・最新買取相場  :¥760,000-~¥1,045,000-
・リセールバリュー:57.8%~79.5%

●2016年 カスタムX トップエディション SAⅢ 2WD

・型式      :DBA-LA600S
・当時新車価格  :¥1,529,630-
・最新買取相場  :¥912,000-~¥1,254,000-
・リセールバリュー:59.6%~82.0%

●2016年 カスタムRS トップエディション SAⅢ 2WD

・型式      :DBA-LA600S
・当時新車価格  :¥1,620,370-
最新買取相場  :¥845,500-~¥1,339,500-
リセールバリュー:52.2%~82.7%

※上記の価格には消費税は含まれておりません。
※オークション相場情報の価格が、一般的な相場よりも5%ほど高く設定されているため、5%ほど価格を下げて最新買取相場を記載しています。
※車両の状態は、業者オークション査定で標準評価点でもある4点以上を対象にしています。

5年落ち買取相場

●2014年 X スマートセレクション SA&SN 2WD

・型式      :DBA-LA600S
・当時新車価格  :¥1,355,556-
・最新買取相場  :¥579,500-~¥940,500-
・リセールバリュー:42.8%~69.4%

●2014年 カスタムX トップエディション SA 2WD

・型式      :DBA-LA600S
・当時新車価格  :¥1,505,556-
・最新買取相場  :¥665,000-~¥1,007,000-
・リセールバリュー:44.2%~66.9%

●2014年 カスタムRS トップエディション SA 2WD

・型式      :DBA-LA600S
・当時新車価格  :¥1,600,000-
最新買取相場  :¥741,000-~¥1,244,500-
リセールバリュー:46.3%~77.8%

※上記の価格には消費税は含まれておりません。
※オークション相場情報の価格が、一般的な相場よりも5%ほど高く設定されているため、5%ほど価格を下げて最新買取相場を記載しています。
※車両の状態は、業者オークション査定で標準評価点でもある4点以上を対象にしています。

10年落ち買取相場

●2009年 X リミテッドD 2WD

・型式      :CBA-L375S
・当時新車価格  :¥1,260,185-
・最新買取相場  :¥133,000-~¥427,500-
・リセールバリュー:10.6%~33.9%

●2009年 カスタムV セレクション ターボ 2WD

・型式      :CBA-L375S
・当時新車価格  :¥1,542,593-
・最新買取相場  :¥133,000-~¥598,500-
・リセールバリュー:8.6%~38.8%

●2009年 カスタムX リミテッド 2WD

・型式      :CBA-L375S
・当時新車価格  :¥1,400,000-
・最新買取相場  :¥123,500-~¥503,500-
・リセールバリュー:8.8%~36.0%

●2009年 カスタムRS 2WD

・型式      :CBA-L375S
・当時新車価格  :¥1,539,815-
最新買取相場  :¥123,500-~¥722,000-
リセールバリュー:8.0%~46.9%

※上記の価格には消費税は含まれておりません。
※オークション相場情報の価格が、一般的な相場よりも5%ほど高く設定されているため、5%ほど価格を下げて最新買取相場を記載しています。
※車両の状態は、業者オークション査定で標準評価点でもある4点以上を対象にしています。

タントの買取相場の分析

タントは、4代目がフルモデルチェンジして7月に販売が開始されたばかりで、今後買取相場も大きく変わる可能性があります。機能的にも4代目には最新機能が多数採用されたため、旧モデルにとっては厳しくなる恐れがあります。

新車から3年が経過したタントの最新買取相場ですが、リセールバリューの傾向としては、【カスタムX トップエディション SAⅢ】と【カスタムRS トップエディション SAⅢ】のリセールバリューが80%を超えています。

カスタムRS トップエディション SAⅢは、販売台数がそれほど多くないため、正確なデータとは言えませんが、買取相場も高いので高価買取が狙えるグレードではあります。

標準ボディのX SAⅢ 2WDは、新車の価格から見ても安定したリセールバリューで、流通量もかなり多いため大きく相場が下落することはありません。カスタムは、購入層が限られるため買取相場も標準ボディと比べて不安定なので、カスタムで高価買取を狙う場合は上級グレードに限ります。

5年落ちの2014年式の買取相場は、トップグレードの【カスタムRS トップエディション SA】は、中古車で買いやすい価格になったきているため、5年が経過しても買取相場は安定しています。

中間グレードの【X】は、標準ボディもカスタムボディもそれほど大きな差がないため、万人受けする標準ボディの方がリセールバリューが高いのも頷けます。新車から5年以上経過すると、急激に買取相場が下がるため、カスタムの上級グレードか標準グレードで装備が充実しているXなどが買取相場も安定するかもしれません。

新車から10年経過したタントは、さすがに買取相場としては厳しい状況になります。しかし、軽自動車で尚且つ人気車種のタントなので【低走行距離】【車体の状態】【ホワイトパールorシルバーメタリック】ならリセールバリューも50%を狙えるかもしれません。

ブラックパールが人気色とは言え、10年も経過したタントのブラックパールは小傷が目立ちますし、経年劣化のボディの色褪せも出てくる頃です。

外装状態を良く見せることができるのは、ホワイトパールかシルバーメタリックのように、傷や汚れが目立ちにくい人気のボディカラーになります。また、10万kmを超える軽自動車は、いくらグレードが良くてもターボ車の過走行車はNAエンジン車と比べて急激に相場が下がります。

10万kmを超えたターボ車は、タービンが故障する可能性が高く、白煙が出ている車は買取査定もほとんど値段が付きません。

古い年式や過走行車の場合は、ノンターボエンジンしか高価買取を狙うことができないことは覚えておいて下さい。タントの買取相場の分析をまとめると、高年式ではカスタムの上級グレードがオススメで、低年式や過走行車はノンターボエンジンで装備が充実しているグレードで、高価買取を狙うことができます。

タントを高く売る方法

タントを高く売る方法としては、タントのような軽トールワゴンばかりを取り扱っている専門店で売却するのが1番良い方法です。現在の軽自動車の主流は、タントのような背の高い軽トールワゴンで、顧客層もターゲットが絞りやすい車種のため、顧客が集まる軽トールワゴン専門店で買取査定を行うことが高価買取の第一歩です。

●タント専門店 TANT’S(タントス)

TANT’Sは、国内でも珍しいタントだけを専門に取り扱っているタント専門の中古車販売店です。オーナーのブログを拝見しても「タント大好き、タント大好き・・・」と、タントをこよなく愛していることが良く分かります。

これだけタントを愛しているので、大切なタントを買取に出す場合は1度、TANT’S(タントス)で買取査定を行って下さい。他店よりもタント愛が違うため、親身になって相談にも応じてくれます。

・店舗住所  :千葉県市川市曽谷1-23-14
・電話    :0066-9705-8198
・店舗営業時間:10:00~19:00
・店舗定休日 :火曜日
・お問い合わせ:0066-9705-8198

●タント・ワゴンR専門店 SAM Auto Produce

SAM Auto Produceは、ワゴンRとタントを専門に取り扱っている軽トールワゴン専門店です。お店の口コミの評判も良く、ワゴンRとタントについては絶対の自信を持っています。買取の車は、良質なタントであれば基本的には直接店頭にて販売を行います。

展示場がいくつもある訳ではないので、在庫金利も大型店と比べて掛かりませんから、節約した経費を買取価格へ惜しみなく還元することで高価買取を実現しています。

・店舗住所  :大阪府門真市北巣本町29
・電話    :0066-9711-217291
・店舗営業時間:10:00~20:00
・店舗定休日 :水曜日
・お問い合わせ:0066-9711-217291

タントのモデルチェンジ情報

タントのフルモデルチェンジは、今月(2019年7月9日)発売されました。従来と比べて大きな変更点は、最新プラットフォーム「DNGA」が採用されたことで、全体的な重量が80kgも軽量化されています。エンジンには、日本初の複数回点火のマルチスパークの搭載や、最新技術トランスミッション「D-CVT」が採用されたことです。

冒頭の「タントの特徴」でも紹介しましたが、世界初や軽自動車初となる新機能も多数採用されて、全く新しいタントとして販売されています。今後は、特別仕様車の追加やちょっとした変更は行われるかもしれませんが、タントのモデルチェンジは当分行われません。

まとめ

タントの最新買取相場情報を紹介してきましたが、フルモデルチェンジが行われたばかりで正直、新型タントの販売状況によっては、買取相場は大きく動きます。

モデルチェンジごとに新車の車両価格が上がる傾向にあるため、新型タントは高くて手が届かないユーザーが、旧モデルの3代目タントの購入を視野に入れるかもしれません。

そうなると旧モデルの買取相場が一時的に上がる可能性っもあるので、タントの売却を考えているユーザーは、新型タントの人気や販売状況を細目にチェックするようにして下さい。

軽自動車は、基本的に乗用車ほど値落ちはしないため、あまり売却することを焦らずしっかりと情報を取りながら売却のタイミングを計って下さい。もし、どうしても早めに売却をしないといけない場合は、一括査定を上手に利用して複数の車買取専門店と競合させながら、少しでも買取価格を吊り上げて高価買取を狙うのも良い方法です。

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます