【2019年最新版】世界トップクラスの美しさを持つCX-5!最新買取相場は?

CX-5は、マツダの新世代技術【SKYACTIV TECHNOLOGY】を初めて全面的に採用した車種で、2012年2月から発売されているマツダの中核を担う人気SUVです。CX-5は躍動感のある美しい流れるようなエクステリアデザインが魅力で、海外からも高い評価を得ています。今回は、CX-5の買取について紹介します。

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

CX-5の特徴

現在販売されているCX-5は、初代から僅か5年足らずでフルモデルチェンジが行われたモデルで2代目CX-5になります。マツダのSUVシリーズには、【CX-3】【CX-5】【CX-8】がありますが、CX-5はちょうど中間にあたり、CXシリーズの中でも1番人気のあるモデルです。CX-5に採用されているボディ塗装は【匠塗】と呼ばれ、ボディーカラーの美しさは世界トップクラスとも言われています。

また、流れるようなデザインも人気が高く、購入者のほとんどがエクステリアのデザインが購入の決め手になっています。CX-5のエンジンは、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンが用意されていますが、特にスカイアクティブテクノロジーと呼ばれる【SKYACTIVエンジン】は、最先端技術として世界でも注目を集めています。

スカイアクティブ技術には、軽量化が施された高機能プラットフォーム【SKYACTIVシャシー】と、操作性や衝突安全性能を向上させた軽量高剛性ボディ【SKYACTIVボディ】が採用されています。CX-5の各スペックなどを簡単に紹介していきます。

サイズスペック

  • 全長     :4,545mm
  • 全幅     :1,840mm
  • 全高     :1,690mm
  • ホイールベース:2,700mm
  • 室内長さ   :1,890mm
  • 室内幅    :1,540mm
  • 室内高さ   :1,215mm~1,265mm
  • 車両重量   :1,520kg~1,710kg

CX-5のサイズスペックは、全タイプ基本的には同じサイズになっています。サイズ的には、ミドルサイズのSUVの位置付けですが、全幅のサイズが1,840mmなので大きく感じるかもしれません。

エンジンスペック・燃費

●2,000cc 水冷直列4気筒DOHC16Vエンジン

  • グレード :20S/20S PROACTIVE
  • 最高出力 :156ps
  • 最大トルク:20.3kgm
  • 変速機  :6EC-AT
  • 駆動方式 :2WD
  • 燃費   :14.6km/L(WLTCモード)

●2,500cc 水冷直列4気筒DOHC16Vエンジン

  • グレード :25S/25S PROACTIVE/25S L Package
  • 最高出力 :188ps~190ps
  • 最大トルク:25.5kgm~25.7kgm
  • 変速機  :6EC-AT
  • 駆動方式 :2WD/4WD
  • 燃費   :13.0km/L~13.8km/L(WLTCモード)

●2,500cc 水冷直列4気筒DOHC16V直噴ターボエンジン

  • グレード :25T L Package
  • 最高出力 :230ps
  • 最大トルク:42.8kgm
  • 変速機  :6EC-AT
  • 駆動方式 :2WD/4WD
  • 燃費   :12.2km/L~12.6km/L(WLTCモード)

●2,200cc 水冷直列4気筒DOHC16V直噴ディーゼルターボエンジン

  • グレード :XD全グレード
  • 最高出力 :190ps
  • 最大トルク:45.9kgm
  • 変速機  :6EC-AT/6MT
  • 駆動方式 :2WD/4WD
  • 燃費   :16.6km/L~19.4km/L(WLTCモード)

CX-5のエンジンは、CX-8と同じものが流用されていますが、CX-5は車両重量が軽いため、CX-8よりも走行性能が高く感じます。比較的車格があるCX-5は、2,000cc 水冷直列4気筒DOHC16Vガソリンエンジンだとパワー的に少し頼りないかもしれませんが、CX-9に搭載されている2,500cc 水冷直列4気筒DOHC16V直噴ターボエンジンがラインナップに追加されたことで、ガソリン車の走行性能を求めるユーザーからは高い評価を得ています。

日本ではあまりディーゼルエンジン自体の評価が高くありませんが、海外ではクリーンディーゼル車の需要がガソリン車よりも多く、CX-5のディーゼルエンジンも注目を浴びています。ガソリン車では味わうことができないビッグトルクに加えて、燃費性能でもガソリン車を上回る数値を出しています。CX-5もある程度の車格があるので、走行性能と経済性を考慮すると、ディーゼルエンジン車に軍配が上がります。

グレードとボディカラー

●CX-5のグレード

CX-5に用意されているグレードは、ガソリン車が2,000ccエンジンを搭載した【20S 2WD】【20S PROACTIVE 2WD】の2種類と、2,500ccエンジンを搭載した【25S 4WD】【25S PROACTIVE 4WD】【25S L Package 2WD/4WD】の3種類と、2,500ccターボエンジンを搭載した【25T L Package】を加えた全6種類です。

クリーンディーゼルエンジン車のグレードは、2,200ccディーゼルターボエンジンを搭載した【XD 2WD/4WD】【XD PROACTIVE 2WD/4WD】【XD L Package 2WD/4WD】の3グレードです。

●CX-5の人気グレード

  • XD PROACTIVE
  • XD LPackage
  • 20S PROACTIVE

CX-5を購入する約70%のユーザーが、ディーゼル車の【XD PROACTIVE】と【XD LPackage】を選択するほどディーゼル車の人気がガソリン車を圧倒しています。20S PROACTIVEもガソリン車の中では1番人気がありますが、CX-5全体の中では10%ほどのシェアしかありません。

●CX-5のボディカラー

CX-5のボディカラーは、標準カラーが5色と有料カラーが3色の合計8色が用意されています。

  • ジェットブラックマイカ
  • ジェットブラックマイカ
  • エターナルブルーマイカ
  • チタニウムフラッシュマイカ
  • ディープクリスタルブルーマイカ
  • スノーフレイクホワイトパールマイカ
  • ソウルレッドクリスタルメタリック
  • マシーングレープレミアムメタリック

●CX-5の人気ボディカラー

  • スノーフレイクホワイトパールマイカ
  • ジェットブラックマイカ
  • ソウルレッドクリスタルメタリック

CX-5で人気のボディカラーも他車と同じで、パールホワイトとブラックが上位を占めています。一般的には3番目に人気があるボディカラーはシルバーが多いのですが、CX-5はコーポレートカラーでもあるレッドメタリックの方が人気があります。ホワイトパールやブラックは買取査定でも高価買取のポイントとなるボディカラーですが、CX-5の美しいボディラインを際立たせるレッドメタリックでも高価買取を狙うことができます。

CX-5の最新中古車相場

商品改良が行われた平成30年式のガソリン車とクリーンディーゼル車の主要グレードを中心に、最新中古車相場を紹介します。

  • 平成30年 20S PROACTIVE:¥2,221,296-~¥2,479,630-
  • 平成30年 25S L Package:¥2,627,778-~¥2,683,333-
  • 平成30年 XD PROACTIVE :¥2,221,296-~¥3,159,370-
  • 平成30年 XD L Package :¥2,581,482-~¥3,083,333-

※上記の価格には消費税は含まれておりません。

中古車市場では、クリーンディーゼル車の台数が豊富で、それだけ需要を示していることが分かります。逆にガソリン車は2,500ccエンジンの流通量が圧倒的に少なく、希少性では2,500ccエンジンが良いのですが、高価買取のことを考えると需要の高い2,000ccガソリンエンジンの方が安定しています。

CX-5の最新買取相場

CX-5は初代が発売されてから、まだ7年ほどしか経っていません。比較的新しい車種のため、買取市場でも活気のある車両が多く流通しています。今回は、初代CX-5最終型で最も新しい平成27年式~現在販売されている2代目CX-5までの、最新買取相場を主要グレードを中心に調べてみました。

2代目CX-5の買取相場

●平成30年式 20S PROACTIVE

  • 型式      :6BA-KFEP
  • 当時新車価格  :¥2,489,815-
  • 最新買取相場  :¥1,909,500-~¥2,565,000-
  • リセールバリュー:76.7%~103%

●平成30年式 25S L Package

  • 型式      :6BA-KF5P
  • 当時新車価格  :¥2,764,815-
  • 最新買取相場  :¥2,099,500-~¥2,536,500-
  • リセールバリュー:75.9%~91.7%

●平成30年式 XD PROACTIVE

  • 型式      :3DA-KF2P
  • 当時新車価格  :¥2,779,630-
  • 最新買取相場  :¥2,099,500-~¥2,688,500-
  • リセールバリュー:75.5%~96.7%

※上記の価格には消費税は含まれておりません。
※オークション相場情報の価格が、一般的な相場よりも5%ほど高く設定されているため、5%ほど価格を下げて最新買取相場を記載しています。
※車両の状態は、業者オークション査定で標準評価点でもある4点以上を対象にしています。

2代目CX-5は、新車とほとんど変わらない状態の良い車両も多く、オプション装備が充実している車では、新車車両本体価格よりも中古車が高い車もあります。どのグレードも買取相場に大きな差はなく、リセールバリューも平均で90%前後はあります。高い位置での買取価格を維持するのは、2,000ccガソリン車かクリーンディーゼル車です。

初代CX-5の買取相場

●平成27年式 20S PROACTIVE

  • 型式      :DBA-KEEFW
  • 当時新車価格  :¥2,360,185-
  • 最新買取相場  :¥1,187,500-~¥1,719,500-
  • リセールバリュー:50.3%~72.9%

●平成27年式 25S L Package

  • 型式      :DBA-KE5FW
  • 当時新車価格  :¥2,660,185-
  • 最新買取相場  :¥1,406,000-~¥1,871,500-
  • リセールバリュー:52.9%~70.4%

●平成27年式 XD PROACTIVE

  • 型式      :LDA-KE2FW
  • 当時新車価格  :¥2,720,370-
  • 最新買取相場  :¥1,121,000-~¥1,928,500-
  • リセールバリュー:41.2%~70.9%

※上記の価格には消費税は含まれておりません。
※オークション相場情報の価格が、一般的な相場よりも5%ほど高く設定されているため、5%ほど価格を下げて最新買取相場を記載しています。
※車両の状態は、業者オークション査定で標準評価点でもある4点以上を対象にしています。

初代最終型のCX-5は、新車購入後はじめての車検を迎えた車が多く、初代とは言え全く古さを感じさせず、買取価格も高いのが特徴です。初代CX-5では、2,000ccガソリンエンジンが最もリセールバリューが高いのですが、日本でもクリーンディーゼル車の人気が高まってきているので、今後の買取相場には注意が必要です。

CX-5の買取相場の分析

マツダは、他車が続々とハイブリッド車を開発・販売する中で、クリーンディーゼル車をエコカーの中心車両としています。アメリカではハイブリッド車をエコカーとして認識をしていないため、海外での需要はクリーンディーゼル車の方が現時点では勝っている状況です。そのような理由から、マツダは世界でもクリーンディーゼル車で成功を収めていますので、国内でもクリーンディーゼル車の需要がハイブリッド車を超える現象が訪れるかもしれません。

間違いなくガソリン車の需要は減少するので、CX-5の買取相場としてはクリーンディーゼル車が今後も中心に動いていきます。ディーゼルエンジンは、ガソリンエンジンよりも【維持費が安い】【故障が少ない】【耐久性に優れている】【環境規制が厳しい海外でもOK】のため、低年式・過走行車でも高価買取の期待が持てます。

CX-5を高く売る方法

CX-5を高く売る方法として【売却先の店舗探し】と【売却するタイミング】が代表的な方法です。CX-5を高く買い取ってくれる車買取専門店と、売却のタイミングについて紹介します。

売却先の店舗探し

●SUV専門店 Brat

SUV専門店 Bratは、日本最大の車買取専門店であるガリバー系列のSUV専門店で、全国に8店舗展開しています。ガリバーは、通常の買取専門店との差別化に力を注いでいますが、Bratもその中の1つで、SUVに特化した専門店になります。車を単なる足として使うのではなく、趣味やアウトドアなどを楽しむために使用するユーザーも増えています。Bratは、ただ車を展示して販売するだけではなく、遊び心を取り入れたお店作りを行っています。

Bratは既存のガリバーとは異なり、SUV車だけを取り扱っていますが、高い専門知識を持ったスタッフ常駐しているため、SUV車の複雑なパーツでも的確な査定を行い、通常の買取価格に付加価値を加えたプラス査定を行うことが可能です。

修復歴車は業者オークションにて売却して、修復歴の無い綺麗な車のみを直接自社の店舗で小売りを行います。ユーザーから買い取ったSUVを直接販売するため、節約した経費を買取価格へ還元する仕組みを取り入れているので高価買取を行うことができます。

  • Brat郡山  : 福島県郡山市桑野3-19-19
  • Brat開成  : 福島県郡山市開成5-5-5
  • Brat旭川  : 北海道旭川市永山2条7-1-37
  • Brat釧路  : 北海道釧路市鳥取大通5-15-15
  • Brat仙台  : 宮城県仙台市若林区かすみ町7-5
  • Brat盛岡  : 岩手県盛岡市東仙北2-9-30
  • Brat苫小牧 : 北海道苫小牧市日の出町2-12-22
  • Brat宇都宮 : 栃木県宇都宮市城東2-26-23
  • 営業時間  :10:00~19:30(日曜日10:00~19:00)
  • 定休日   :水曜日
  • お問い合わせ:https://brat-suv.com/search

●SUV専門店 Full House サテライト店

東京都足立区に本社を構えるマスダオートが、SUV専門店として営業を行っているのがSUV専門店 Full House サテライト店です。Full House サテライト店では、SUVを中心に自社店舗にて直接販売を行っています。埼玉県では数少ないSUV専門店なので、CX-5も高価買取が期待できます。

●SUV専門店 C.L.LINK

C.L.LINKは、10年以上オフロード車やSUV車を数多く取り扱っているSUV専門店です。買い取った車を自社の高い販売力で小売りを行うため、極限まで経費を抑えることで高価買取を実現します。また、マニアックなパーツでも目利きのある査定員が、1つ1つのパーツをしっかりと買取査定を行うので、付加価値を付けて適切な価格で買取が行えます。

  • 店舗住所  :広島県東広島市西条町馬木564-1
  • 電話    :082-490-0602
  • 営業時間  :10:00~19:00
  • 定休日   :火曜日
  • お問い合わせ:http://www.cl-link.com/contact/

売却するタイミング

CX-5を売却するタイミングは、アウトドアの季節やウィンタースポーツが到来する前に買取査定を行うことです。気候の良いお花見シーズン前の【2月~3月】や、秋の行楽シーズン前の【8月~9月】また、ウィンタースポーツが活発になる前の【11月】などがCX-5の売却するタイミングとしてはBESTです。

CX-5は、どの年式・グレードでも買取相場が安定している人気車種なので、1年を通していつでも売却することは可能ですが、高価買取を狙う場合は更に売却するタイミングを絞ることが大切です。どの販売店も繁忙期は不思議と同じ時期なので、繁忙期にはどの販売店でも人気車種ばかりが売れるため、全体的に在庫が偏ってしまい売れ筋の車が在庫不足に陥ります。

多少仕入れ価格が高くても、購入希望者の方が多いため、買取市場が活発になります。ユーザーから直接買取ることが、自動車業界では1番評価の高い仕入れ先と言われていますので、程度の良い人気車種は自然と高値で買取が行われます。

CX-5の輸出事情

ディーゼル車や4WD車は、国内での買取価値がない車でも輸出用に買取ができると良く耳にしますが、実際にはどのような経路で輸出を行うのでしょうか?CX-5は海外でも人気の高い車ですが、実際に輸出に出すことは可能なのでしょうか?CX-5にも関わる輸出について少し紹介します。

日本車のCX-5は性能も良く海外でも高い評価を得ていますが、海外では国によって様々な厳しい規制があり、CX-5を輸入すること自体が禁止されている国も多数あります。

例えば、中国では商業目的での中古車の輸入は禁じられていますし、パキスタンでも商業目的での中古車の輸入は禁じられています。また、チリ以外の中南米やインドネシアは中古車自体の輸入が禁じられています。中古車の輸入が認められていてもインドやベトナムのように高額な関税が課せられる国もあります。

また、国内で生産されたCX-5は全て右ハンドルですが、右ハンドルの車を輸入することができない国も多くあります。近いところでは中国やベトナムも個人で使用する車は輸入できますが、右ハンドルの車は輸入することができません。カンボジアや中南米の国々では右ハンドル全ての中古車の輸入を禁じています。

このようにCX-5が高性能で環境性能に優れている日本車とは言え、輸出すること自体が大変難しいのが実情です。その理由として色々と考えられますが、高性能な安い日本車が国内で増えてしまうと、自国で生産・販売を行っている車が売れなくなってしまう恐れがあるからです。日本国内では安価な中古車でも、海外に行けば高級輸入車として扱われるため、海外では安い日本車でも気軽に庶民が乗れる価格では取引されていません。

日本からの輸出で多い国は南アフリカですが、南アフリカ自体は中古車の輸入が禁じられています。実際には、南アフリカへ輸出している訳ではなく、南アフリカを経由して他のアフリカ諸国へ販売が行われいる形をとっています。

CX-5を輸出用として高価買取を行っても、海外へ輸出する流通経路を持っていなければ簡単には海外でCX-5を販売することができません。CX-5を一般の車買取専門店ではなく、幅広い流通経路を持ったSUV専門店で買取査定を依頼することを勧めるのは、このような理由があるからです。

個人で流通経路を持った専門店を探すことは難しいため、低年式・過走行・修復歴車などのCX-5を売却するときは、複数の買取業者が競り合う形で買取査定を行う【無料一括査定】を利用して、通常の買取相場よりも高く売却することが必須となります。

CX-5のモデルチェンジ情報

CX-5のモデルチェンジは、2年~3年周期でマイナーチェンジやフルモデルチェンジが定期的に行われています。前回のモデルチェンジは、2017年にフルモデルチェンジが行われたため、2020年もしくは遅くとも2021年にはモデルチェンジが行われると予測することができます。CX-5は、初代から完成度の高いデザインのため、ボディラインは大きな変更を行わずにマイナーチェンジやフルモデルチェンジが行われます。

マツダは、積極的に新技術を採用する自動車メーカーですから、主力であるクリーンディーゼルエンジンを改良することで、現在よりも更に【低排出ガス】【低燃費】【走行性能UP】が行われ、安全性能のシステム強化も行われる予定です。世界的にも注目度の高いCX-5ですから、東京オリンピックが開催される2020年に合わせてモデルチェンジが行われるのではないでしょうか。

まとめ

デザイン性の高さが注目されているマツダ車の中でも、特に人気があるのがCX-5です。マツダのフラッシングモデルとも言われていますから、中古車市場や買取市場でも年式に関わらず、高値で取引が行われています。特に注目されているのが、マツダの主力エンジンでもあるディーゼルエンジンを搭載したモデルで、国内での需要も今後は大幅に伸びる可能性を秘めています。

CX-5のディーゼル車は、輸出にも出される車両なので買取査定を行う場合には、流通経路を数多く持っている業者へ売却することが高価買取にも繋がります。流通経路を数多く持っている業者を探すのは難しいので、複数の買取業者で買取査定が一括で行える【一括査定サイト】を利用して、高価買取を狙って下さい。

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます