【2019年最新版】軽オフロード唯一無二の存在・ジムニーの買取り情報

ジムニーは、1970年から販売されている日本を代表するパートタイム4WDを搭載した軽オフロード車です。振動面や重量面を無視して、強度と耐久性を重視したラダーフレームを採用し続けている貴重ば車です。軽自動車でありながら唯一無二の存在として、世界中のオフロードファンから高い評価を得ているジムニー。

今回はジムニーの買取について紹介します。

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

ジムニーの特徴

ジムニーは今から約50年前にスズキが、誰にでも気軽に本格的なオフロード走行を楽しむことができるように開発売された軽自動車です。ジムニーは軽自動車のため、運転に不慣れな女性や高齢者の方でも市街地走行から雪道など、悪路走行でも難なく走破できるので、幅広い世代から高い支持を受けています。

ジムニーだと小回りも効きますし、狭い駐車場でも全く苦にしませんし、座面が高いため視認性が良く、背の低い人でも運転しやすいように設計されています。モノコックボディが主流の現代で、本格オフロード車にしか採用されていない強度と耐久性を重視したラダーフレームをジムニーは今もなお採用し続けています。

安全性能でも、事故そのものを未然に防ぐ予防安全技術【スズキ セーフティ・サポート】もジムニーにも用意されています。内外装も飽きがこないシンプルなデザインで、世界中から愛される魅力の1つとなっています。ジムニーの各スペックなどを簡単に紹介していきます。

サイズスペック

  • 全長     :3,395mm
  • 全幅     :1,475mm
  • 全高     :1,725mm
  • ホイールベース:2,250mm
  • 室内長さ   :1,795mm
  • 室内幅    :1,300mm
  • 室内高さ   :1,200mm
  • 荷室容量   :352L
  • 車両重量   :1,030kg(5MT)/1,040kg(4AT)

全グレード同じサイズスペックですが、車両重量が4ATと5MTによって異なります。ラゲッジスペースは、リアシートを倒すことで最大352Lもの荷室スペースが確保できますし、フロアもフルフラットになるため、大きな荷物も難なく積み込むことができます。

エンジンスペック・燃費

●水冷4サイクル直列3気筒DOHC12Vインタークーラーターボ

  • グレード :全グレード
  • 総排気量 :660cc
  • 最高出力 :64ps
  • 最大トルク:9.8kgm
  • 変速機  :5MT/4AT
  • 駆動方式 :4WD
  • 燃費   :13.2km/L~16.2km/L(WLTCモード)

ジムニーに搭載されているエンジンは、全グレード【水冷4サイクル直列3気筒DOHC12Vインタークーラーターボエンジン】で、最高出力は軽自動車規格限界の64psを発揮しますが、4ATと5MTによって燃費が異なります。

グレードとボディカラー

現在販売されているジムニーは、2018年7月に約20年ぶりにフルモデルチェンジが行われたモデルで4代目になります。ジムニーに用意されているグレードは、ベースとなる下位グレードに【XG】標準グレードの【XL】、装備が充実した上級グレードの【XC】の3グレードです。下位グレードのXGでも走行面に関しては一切性能が落ちることがないのも、ジムニーが優れている特徴と言えます。

●ジムニーのグレード

  • XG:パワーステアリング、エアコン、パワーウィンドウなど最低限の装備。
  • XL:電動格納式リモコンドアミラー、オートエアコン、キーレスプッシュスタートシステム、ヒーテッドドアミラー、分割可倒式リアシート、シートヒーター、撥水ファブリックシートなど。
  • XC:XLの装備に加えて本革巻ステアリング、16インチアルミホイール、LEDヘッドランプ、クルーズコントロール機能、スズキ セーフティ・サポートなど。

ジムニーで人気のあるグレードは、完全なオフロード走行を楽しむためのベースカーとしては無駄な装備が付いていないXGですが、日常使いをメインにする人に人気のあるグレードは装備が充実しているXCです。

XLは、中間グレードなので1番人気がありそうですが、ジムニーの場合はコアなファンも多く、何も付いていないか全部付いているかに分かれます。XLの装備は中途半端で、XLを購入しても後から色々と装備することを考えると、初めからXCを購入するのがBESTです。

●ジムニーのボディカラー

  • スペリアホワイト(全グレード)
  • ブルーイッシュブラックパール3(全グレード)
  • ジャングルグリーン(全グレード)
  • シルキーシルバーメタリック(全グレード)
  • キネティックイエロー(XL/XC)
  • シフォンアイボリーメタリック(XL/XC)
  • ブリスクブルーメタリック(XL/XC)
  • ミディアムグレー(XL/XC)
  • キネティックイエロー・ブラック2トーンルーフ(XC)
  • シフォンアイボリーメタリック・ブラック2トーンルーフ(XC)
  • ブリスクブルーメタリック・ブラック2トーンルーフ(XC)
  • キネティックイエロー・ブラックトップ2トーン(XC)

下位グレードのXGでは、ボディカラーも4種類しか選択することができません。中間グレードのXLでは、ツートンカラー以外の8種類を選択することができて、上級グレードのXCは全てのカラーを選択することが可能です。必然的にツートンカラーが欲しい場合はXCを購入しなければいけません。

12色あるジムニーのボディカラーの中で、人気のあるカラーは【ジャングルグリーン】【ブルーイッシュブラックパール】【シルキーシルバーメタリック】です。日本では殆どの車でホワイト系が1番人気なのですが、ジムニーは特殊でホワイト系は思ったほど人気がありません。1番人気のジャングルグリーンは、4代目ジムニーから採用された新色で、オフロード感の強いカラーです。

また、ホワイト系を抑えて上位に食い込んだシルキーシルバーメタリックですが、実は日本ではホワイト系が1番人気があるカラーですが、シルバー系は海外で1番人気のあるカラーです。ジムニーは海外でも非常に人気のある車なので、シルキーシルバーメタリックの人気が高いのも頷ける結果かもしれません。

ジムニーの最新中古車相場

2018年7月に4代目ジムニーが発売されてから、約1年が経ちました。新車で納車待ちがでるほど発売当初は人気の高かったジムニーですが、中古車市場での4代目ジムニーは出回っているのでしょうか?4代目ジムニーの最新中古車相場を調べてみましたので紹介します。

  • 平成30年式 XG AT:¥1,472,222-~¥2,203,703-
  • 平成30年式 XL AT:¥1,509,259-~¥2,203,704-
  • 平成30年式 XC AT:¥1,759,259-~¥2,453,704-
  • 平成30年式 XG MT:¥1,648,148-~¥1,712,963-
  • 平成30年式 XL MT:¥1,850,926-~¥2,203,704-
  • 平成30年式 XC MT:¥2,036,111-~¥2,759,259-

※上記の価格には消費税は含まれておりません。

ジムニーは、改造している車も多く、一般的な中古車相場が分かりにくい車種ではあります。カスタムカーも多いため、新車価格よりも中古車の価格が高くなることも、ジムニーでは珍しくありません。

基本的には、新車の車両本体価格がMT車よりもAT車の方が高いのですが、ジムニーの場合はMT車の価値が高く、中古車相場でもそれが顕著に表れています。中古車市場では上級グレードのXCの台数が多く、特にMT車のXCは中古車でも1番高い価格で販売されています。

ジムニーの最新買取相場

初代ジムニーは、最終型を除いて水冷2サイクルエンジンでした。ジープのような外観で、幌タイプとバンタイプがありましたが現在ではあまり見かけることがありません。初代ジムニーはプレミアが付くタイプの車両で、買取相場としても調べることが困難なため、今回は2代目最終型~現在までの最新買取相場を紹介します。

4代目ジムニーの買取相場

●平成30年式 JB64W 4AT

  • 駆動方式    :4WD
  • 当時新車価格  :¥1,440,000-~¥1,705,000-
  • 最新買取相場  :¥1,690,000-~¥2,260,000-
  • リセールバリュー:117.4%~132.6%

●平成30年式 JB64W 5MT

  • 駆動方式    :4WD
  • 当時新車価格  :¥1,350,000-~¥1,615,000-
  • 最新買取相場  :¥1,610,000-~¥2,190,000-
  • リセールバリュー:119.3%~135.6%

※上記の価格には消費税は含まれておりません。
※オークション相場情報の価格が、一般的な相場よりも5%ほど高く設定されているため、5%ほど価格を下げて最新買取相場を記載しています。
※車両の状態は、業者オークション査定で標準評価点でもある4点以上を対象にしています。

4代目ジムニーは、販売開始からまだ1年ほどしか経過していません。中古車市場でも数が少ない4代目ジムニーですが、新車で待ちが出るほどの人気車種で、変速機の種類に関係なく新車よりも高い価格で取引が行われています。中古車の場合は、オプション装備が充実している車も多いため、一概に新車価格よりも買取が高いとは判断できませんが、それを踏まえても4代目ジムニーは高額で取引が行われています。

3代目ジムニーの買取相場

●平成27年式~平成28年式 JB23W 4AT

  • 駆動方式    :4WD
  • 当時新車価格  :¥1,302,778-~¥1,565,741-
  • 最新買取相場  :¥540,000-~¥1,450,000-
  • リセールバリュー:41.5%~92.6%

●平成27年式~平成28年式 JB23W 5MT

  • 駆動方式    :4WD
  • 当時新車価格  :¥1,200,000-~¥1,462,963-
  • 最新買取相場  :¥780,000-~¥1,460,000-
  • リセールバリュー:65.0%~99.8%

※上記の価格には消費税は含まれておりません。
※オークション相場情報の価格が、一般的な相場よりも5%ほど高く設定されているため、5%ほど価格を下げて最新買取相場を記載しています。
※車両の状態は、業者オークション査定で標準評価点でもある4点以上を対象にしています。

3代目ジムニーは旧モデルにも関わらず、特にMT車のリセールバリューが60%を超える人気車種です。変速機の種類に関係なく、リセールバリューが90%を超える車両もありますが、その多くは改造が施された車なので、一般的な買取相場ではありません。

2代目最終型ジムニーの買取相場

●平成8年式~平成9年式 JA12W 4AT

  • 駆動方式    :4WD
  • 当時新車価格  :¥1,255,556-~¥1,338,889-
  • 最新買取相場  :¥230,000-~¥640,000-
  • リセールバリュー:18.3%~47.8%

●平成8年式~平成9年式 JA12W 5MT

  • 駆動方式    :4WD
  • 当時新車価格  :¥1,162,963-~¥1,242,593-
  • 最新買取相場  :¥440,000-~¥740,000-
  • リセールバリュー:37.8%~59.6%

●平成8年式~平成9年式 JA22W 4AT

  • 駆動方式    :4WD
  • 当時新車価格  :¥1,338,889-~¥~¥1,450,000-
  • 最新買取相場  :¥150,000-~¥550,000-
  • リセールバリュー:11.2%~37.9%

●平成8年式~平成9年式 JA22W 5MT

  • 駆動方式    :4WD
  • 当時新車価格  :¥1,246,296-~¥1,357,407-
  • 最新買取相場  :¥120,000-~¥660,000-
  • リセールバリュー:9.6%~48.6%

※上記の価格には消費税は含まれておりません。
※オークション相場情報の価格が、一般的な相場よりも5%ほど高く設定されているため、5%ほど価格を下げて最新買取相場を記載しています。
※車両の状態は、業者オークション査定で標準評価点でもある4点以上を対象にしています。

2代目ジムニーは、F6AエンジンとK6Aエンジンの2種類が用意されていました。この当時のスズキは、タイミングベルトを使用したF6Aエンジンから、タイミングチェーンを使用したK6Aエンジンへ切り替わる時期で、多くの車種で2種類のエンジンが用意されていました。

一般的にはF6Aエンジン搭載車よりも、K6Aエンジンを搭載した車の買取相場が高くなるのですが、2代目ジムニーに限っては旧型エンジンのF6Aエンジンの方が買取相場が高くなっています。

理由として考えられるのは、初期型K6Aエンジンは構造が悪くオーバーヒートを起こすことがあるのと、F6AエンジンはK6Aエンジンと比べて低トルクがあるため、オフロード走行に向いているからと言われています。10年以上経過した中古車で、リセールバリューが50%前後あるのはジムニーならではの現象です。

ジムニーの買取相場の分析

軽自動車でパートタイム4WDを搭載した本格的なオフロード車は、ジムニーしか存在しません。ハッキリとしたライバル車が居ない強味で、どんなに古い年式でも高価買取を狙うことができる希少性の高い車種です。

特にマニア向けに改造しているジムニーは、破格の金額で取引が行われているため、一般的な買取相場の考えが通用しません。他の車と違ってジムニーの場合は、人気のボディカラーなどはあまり関係なく、MT車で車両の程度と装備が充実しているだけで高価買取が期待できます。

ジムニーを高く売る方法

ジムニーは、特殊な車種にあたるため、どんなに古い年式の車でも高価買取が期待できます。ジムニーを少しでも高く売る方法を紹介します。

カスタム車両

ジムニーは、ちょっとしたことで買取査定が大きく変動する特別な車種と言えます。ジムニーを高く売るためには、まず車両本体が綺麗でしっかりしていることが重要です。特に古いジムニーは、荒く乗っている車が多く、まともな車両が少ないため、年式に関係なく内外装が綺麗な車は通常の買取相場以上で取引が行われています。

また、リフトアップなどの改造車も、改造の程度によっては年式を問わず高価買取が行われていますが、注意点として車検に通る範囲のライトチューニングや、過度な改造を行っていても公認手続きが確実に行われていることなどが条件となります。

公認車検を受けていない改造車は、次の買い手が見つかりにくいことや、公認手続きに多大な費用と手間が掛かるため、買取査定でも逆に評価を大きく落とすことになります。基本的なことですが改造車両ついては、車検対応パーツがある場合には保安基準適合証を、また他のパーツについても取扱説明書や保証書などを大切に保管しておいて下さい。

ジムニー専門店

ジムニーだけを専門に取り扱っている専門店が全国各地にあります。ジムニーは特殊な車両のため、一般的な車買取専門店で売却するのではなく、ジムニー専門店で売却することで高価買取を狙うことができます。

ジムニー専門店の場合は、ライトチューニングから過度な改造車に至るまで、非常に精度の高い買取査定が期待できます。高価買取の期待が持てるジムニー専門店をいくつか紹介します。

●ジムニー専門 SEVEN AND SEVEN

全てのジムニーを専門に取り扱うSEVEN AND SEVEN。コンプリートカーやカスタムカーなどを得意としているため、リフトアップ・ジムニーなどは高価買取が期待できます。

●ジムニー専門店 JIMKEN TAC

ジムニーのプロショップとして20年以上の実績を誇るJIMKEN TAC。JIMKEN TACオリジナルパーツブランを立ち上げているため、ドレスアップのジムニーの取扱を得意としています。ジムニー専門の中古車展示場も完備。在庫の仕入れ感覚で買取査定を行うのもJIMKEN TACの特徴です。

  • 店舗住所  :大阪府羽曳野市西浦2-1957-4
  • 電話    :072-957-2211
  • 営業時間  :9:00~19:00
  • 定休日   :年中無休
  • お問い合わせ:http://jimkentac.com/buy_up.html

●ジムニー専門店 ジムニーランド

販売&買取からカスタムオーダー制作やパーツ販売まで、ジムニーを専門に取り扱っているジムニーランド。低年式車、全塗装、改造車でも高価買取。特にJA22Wは、ジムニーランドが主に取り扱っているため、高額査定が期待できます。

  • 店舗住所  :福岡県大野城市横峰2-3-8
  • 電話    :0120-1177-49
  • 営業時間  :10:00~19:00
  • 定休日   :水曜日
  • お問い合わせ:jimnyland.jp@gmail.com

ジムニーのモデルチェンジ情報

ジムニーは、2018年7月にフルモデルチェンジが行われたばかりです。スズキの公式ホームページでも掲載されていますが、ロングボディの5ドアやJB23型まで販売されていたオープンタイプなどのモデル追加が行われるかもしれません。

特にロングボディ・5ドアの市販化を要望する声も多く、実際にタイを中心に東南アジアで展開予定との噂もあり、市販化の可能性が高まっています。

タイ工場で準備が進んでいるとの噂があるので、実現するなら早くて2020年頃ではないでしょうか。また、オープンタイプやピックアップは、海外の雑誌でも取り上げられるほどで、世界中のジムニーファンが発売を熱望しています。3代目ジムニーまでは幌タイプのジムニーが販売されていましたが、幌は遮音性や安全面やセキュリティ面など、数多くの課題があって姿を消したのではないか?とも言われています。

オープンタイプは需要がない訳ではなく、非常に人気のあるモデルなので、ハードトップ型のオープンやピックアップ系にすることで販売が可能との声もあります。3代目ジムニーまで販売されていた人気モデルなので、東京オリンピックで海外からの観光客も多く来日する2020年を目標に発表される可能性があります。

まとめ

ジムニーは、日本国内はもちろんですが、世界でも類を見ないタイプの小型オフロード車で、海外でも高い人気を誇っています。ノーマルで普通に乗るのも良し、様々なパーツを装着することで自分好みのジムニーを作ることもできます。

他の車種では長い年数乗り続けた場合には、買取査定の価値が無くなってしまうのですが、ジムニーは長い年数乗り続けても買取査定が下がりにくく、高価買取が期待できる貴重な車です。ジムニーのようなタイプの車は、ジムニー専門店やオフロード専門などで査定を行うことでも高価買取が狙えます。

また、一括査定サイトを利用することでも、複数の車買取専門業者が競り合うことで、通常では考えられないような高価買取が実現することでしょう。

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます