【輸入車ユーザー必見!】どうして買取に出すと安い?特徴とオススメの業者

輸入車は、乗っているだけでお金持ちに見えるほど、日本ではセレブが乗る車の代名詞となっています。
国産車と比べてステータスにもなりますが、どうして輸入車は購入する時は高いのに、買取に出す時は安くなってしまうのでしょうか?そこで今回は、輸入車の買取について調べてみましたので、紹介していきますね!

買取前に輸入車を知る

輸入車と聞けば左にハンドルが付いている車とか、お金持ちの方が乗る車など、勝手なイメージが先走っている印象が強いですよね。知っているようで知らない輸入車について解説していきます。

見た目だけではない輸入車の特徴

国産車と輸入車の違いは、外観の見た目や左にハンドルが付いているからと言って、輸入車だと決めつけてはいけません。輸入車ならではの特徴を少し紹介しておきます。

必ず左ハンドルではない

輸入車のイメージとして強いのは、左ハンドルの車が輸入車だと思っている人が多いのは事実ですが、最初から右にハンドルが付いている輸入車もあります。

何故、輸入車は左にハンドルが付いているのかと言うと、海外では右側通行の国が多いので、左側にハンドルが付いています。しかし、海外でも国によっては左側通行の国もあるので、そういう国では日本と同じで右にハンドルが付いています。

ウインカーとワイパーの操作が逆

日本では、左側通行のなので運転がしやすい右ハンドルで、シフトレバーが左にある為、JIS規格によって空いている右手で操作しやすいように「ウィンカーは右、ワイパーは左」と定められています。

海外では世界基準のISO規格を採用しているのと、右側通行の国が多いの為、日本とは逆でシフトレバーが右にあるので、空いている左手で操作しやすいように「ウィンカーは左、ワイパーは右」と国際基準で定められているからです。

バッグブザーがない

日本ではAT車が多いのですが、海外ではMT車が多い国がある為、誤発進の心配は日本ほどは無いと言うことでバックブザー音は付いていない車が多いです。

車を運転する意識が日本よりも高い海外では、メーカー側も警告音を付けるほどコストを掛ける必要がないと判断しているからですが、最近では少なからず輸入車でもバックブザー付の車が増えてきています。

ガソリンはハイオクで

ガソリンのノッキングを起こしにくい性質を示す指数としてオクタン価と言う値があるのですが、日本ではレギュラーガソリンのオクタン価89以上 、ハイオクガソリンがオクタン価96以上とJIS規格で定められています。

ガソリンスタンドで売られているガソリンのオクタン価は、石油会社によって違いますが、概ねレギュラーガソリンがオクタン価91、ハイオクガソリンがオクタン価99と言われています。

海外のガソリンは日本よりも質が良い為、海外でのレギュラーガソリンは、日本のハイオクガソリンのオクタン価と同じレベルなので、輸入車のほとんどが本国ではレギュラーガソリンで良いのに対して、日本ではハイオクガソリン仕様とされています。

国ごとの特徴

輸入車を見ていると、お国柄が見えてくるようにも思えますから面白いですよね。私の勝手な感想になりますが、輸入車メーカーで有名な主な国の特徴を紹介しますね。

アメリカ

アメリカは、とにかく土地も道路も含めて、何もかもスケールが大きいイメージがありますよね。アメ車と聞けば「大きい!」と答える人がほとんどではないでしょうか。

確かにアメ車の特徴としては、国産車の倍ほどある大排気量車や、日本の駐車場では駐車することが出来ないほどの大きさの車が普通に販売されています。最近でこそ国産車並みの大きさになりつつありますが、ビッグな車が多いのは間違いありません。

ドイツ

ドイツは自動車先進国で、ベンツやBMWなど日本では富裕層が乗る高級車メーカーが多いイメージがありますね。各メーカーが最先端技術を競い合っているのもあって、安全性能やエンジン性能は世界屈指と言って良いでしょう。

ただ、正直なところ日本でのドイツ車は故障も多く、アフターサービス面が良いとは感じられず、同じところが何度も壊れると言ったことも少なくありません。

日本では高級車と思われていますが、欧州ではベンツと言えども大衆車で、価格の高い日本車の方が高級車と呼ばれていることは知っておいて下さい。

フランス

フランスと言えば、ルノーやプジョー、シトロエンなどコンパクトな庶民的な車が多い印象が強いですね。フランスの車は、見栄を張る車ではなく、実用性の高い車を販売する傾向にあります。

デザインは大変個性的で魅力のある車種が多いのですが、全体的に耐久性が悪く長期間維持するのは難しいかもしれません。ただし、日本人の体形にあったサイズの車が多いのと、日本の道路事情には合っている車だと言えます。

イタリア

イタリアは、ランボルギーニやフェラーリなど世界のセレブ達を魅了するスーパーカーでお馴染みの国です。実用性に乏しい車が多く、ランボルギーニやフェラーリもそうですが、マセラティやランチアにしてもとにかくマフラーの音がうるさいですよね。

荷物を載せるスペースがなく、運転席からの視認性や運転のしやすさも良くない、音はうるさいけど価格は数千万円もするなど、庶民には理解しがたい車が多いイメージが強いですね。

イギリス

イギリスは、ミニクーパーのようにコンパクトで可愛い車からロールスロイスやベントレーのように超が付くほどの高級車があります。多種多様な自動車メーカーがイギリスにはありますが、年式が古くなっても古さを感じさせない車が多く、落ち着いたデザインがそうさせているのでしょう。

ただ、ロールスロイスやジャガーが他国の企業に買収されたりと、自動車業界自体に勢いが感じられない国になってしまっています。

輸入車ならではのブランドや品質に注目

輸入車の最大の特徴として、フェラーリやランボルギーニなどベンツやBMWなどと違って、国内でもそこまで台数がない車ですが、車に興味がない人でも「凄い高い車!」と認識されていることです。

ブランドの力が強く、スーパーカーと呼ばれる輸入車のほどんどが受注生産で、その中でも1台1台手作りの車まであるほど品質にこだわって作られています。

輸入車の買取でよく聞くこと

輸入車の買取で良く耳にする疑問を、いくつか紹介しますね。

買取価格が安い

輸入車に乗っていた人や、下取や買取に出されたことのある人はご存知だと思いますが、輸入車の買取査定額は想像以上に相場が低いのは確かです。

例えば、「新車でベンツを¥10,000,000-で購入したのに、5年間乗って買取の査定に出したら¥3,000,000-でしか売れなかった」など極端ですが、想像以上に輸入車の買取相場が低いのが現実です。

その理由として輸入車は、壊れるイメージが強いと思うのですが、

故障する原因の1つが日本特有の四季に関係している

と言われています。

日本は世界的に見ても湿気が多い国で、輸入車がその湿気などに対応出来ないため、エアコンや電気系統の故障が多いとされています。

ボルボは、寒い国で有名な北欧スウェーデンの車ですが、エアコンを使用する頻度が日本と比べて少ないのですが、日本でボルボを使用する場合、夏場はエアコンをガンガンで使用しますし、気温が40度を越える日が連続する為、ラジエターが本来の働きが出来ない場合が出てきます。

このように、スウェーデンでは考えられない故障が日本では頻繁に起きてしまうので、ボルボはすぐにオーバーヒートするとかラジエターが弱いとか言われてしまう理由の一つです。

日本国内で輸入車を販売する場合、納車後のアフターサービスに国産車よりも費用が掛かるので、国産車と同じような販売の仕方をしていては、会社が潰れてしまいます。

修理に必要な部品代も国産車よりも高額ですし、特殊な工具を要する修理も珍しくない為、国内で輸入車をメンテナンスするだけでもかなりの費用が掛かってきます。

輸入車は壊れて当たり前と思って販売するので、仕入れ価格にアフターサービス代を余分に乗せる工夫をしている会社もあります。販売価格はそれなりに高いのに、売る時は安いと言った現象が、こうした理由から起こっています。

年数経過による価格相場が下がりやすい

国産車でも年数経過による買取価格の下落は起こっていますが、輸入車の場合は部品の耐久性も国産車ほど良くないので、年式が経てば経つほど壊れやすくなっていきます。

当然、年式が経てば経つほど走行距離も伸びますし、故障するリスクが増えていきますから、買取相場も国産車以上に下がる傾向があります。

また、輸入車の保証自体も国産車ほど手厚くないので、故障した時は国産車よりも多額の修理費用が掛かる場合が良く見られます。輸入車は、国産車以上に部品の耐久性が悪い為、年数経過による故障を恐れて、販売する側とユーザーの両方から信用がなくなってしまい、中古車としての相場が下がる一方になってしまいます。

中古の輸入車は人気がない

やはり輸入中古車は壊れるイメージが強いので、人気があるとは言い難いかもしれませんね。ただ、輸入車には一度は乗ってみたいと思っている人は結構いるのですが、実際に買うとなると世間体を気にする人も多いようです。例えば、輸入車=お金持ちと思っている人も多く、外車に乗ることを敬遠する人も中には居ます。

遠方へドライブに行った先で、車が故障して動かなくなるのが怖くて、輸入車を買う勇気がないと言う人も良く耳にします。やはり故障やトラブルを恐れる人が多いので、人気が有るか無いかで言うと「無い!」と言った方が、正解かもしれませんね。

国産車の方が人気

壊れるリスクや、後々のメンテナンスや維持費を考えると結局、国産車に乗っている方が楽なのは確かですね。国産車の場合は、修理をする時でも純正部品が高くて買えない場合でも、リビルト部品が輸入車と比べて多いのと、車種やメーカーが違っても整備や修理で特殊な技術が必要でない場合がほとんどです。

そう考えると、高いお金を払って輸入車を買うリスクよりも、無難に国産車を買った方がリスクも少ないですから、国産車の方が人気が高いのも頷けます。

輸入車を高く買取してもらうには

中古車相場が厳しい輸入車を、高く買い取ってもらうにはどうしたら良いのか?少しでも高く買い取ってもらう為の方法を紹介しますので、輸入車を買取に出す予定のある人は、参考にしてみて下さい。

外車専門業者に依頼する

輸入車を高く買い取ってもらうには、当然のことですが輸入車を専門に取り扱っている外車専門業者に依頼するのが得策ですね。ただ、輸入車の種類にもよるので、外車専門業者なら何処でも良いと言うわけではありません。

人間でも同じですが、頭が痛くて病院に行くとしたら皮膚科には行きませんよね?それと同じで輸入車の場合も、メーカーに特化した専門店も多く存在しているので、乗っている輸入車を専門に取り扱っている外車専門店へ査定依頼をすることをオススメします。

特定のメーカーや車種を専門に取り扱っている外車専門業者は、独自の販売ルートも確立しているので、小売りが出来る車だと判断した場合は、予想以上の査定額を出してくれる場合があります。

その時のコツとしては、輸入車全般を取り扱っている外車専門業者を中心に査定を依頼して、これ以上の査定金額が出ないと言うところまで金額を吊り上げてから、最後に車種やメーカーに特化した外車専門業者へ査定に行くと殆どの場合は、更にプラスの査定を行ってくれるケースが多いので是非、試してください。

大手一括査定サイトを利用

1番高い査定額を出すなら1社だけに依頼するよりも、何十社で愛車を査定してもらった方が高値が付きますよね。そんな時に便利なのが、一括査定サイトです。

一括査定サイトなら、1回の登録で最大10社へ査定を依頼することが出来るから、わざわざ何十社もお店を回る必要がないのが助かりますよね。

輸入車なら、大手一括査定サイトの<ズバット車買取比較>はいかがでしょうか?
登録している全国150社の中から最大10社の車買取専門業者が競合してくれるので、輸入車に強い買取専門店がきっと納得する金額を提示してくれるはずです。また、見積依頼を申し込みした後で、おおよその査定金額も確認出来るので、愛車の価値を確認することが出来るので安心です。

輸入車買取してくれるおすすめ大手買取業者

輸入車は、自動車の中でも特殊な車種になる為、買い取ってくれる優良な車買取専門業者を探すところから始めないといけません。

外車王

外車王は、買取実績が5,000件以上で、Fastask調べによると外車の買取価格納得度No.1に輝いています。そんな外車王の魅力の秘密は、仕様や装備品を付加価値としてプラス評価してくれることや、査定後の減額などが一切ないことが理由となっています。

外車専門で18年間以上の実績があるのも信頼の証となっている理由と言えます。買取査定で良くある査定後の営業電話も外車王では一切ないのも魅力の1つです。

ソッキン王

株式会社オートスピリットが運営する自動車販売会社で、中古車販売・買取から輸出業務など幅広く運営している企業です。Goo-netサービス内において査定価格、連絡や対応、車両引渡し、おすすめ度の4項目の評価で、3期連続で顧客満足度No.1に輝いた実績があります。

ソッキン王の最大の魅力は、会社名にもあるように必要書類確認後、ソッキンで買取金額を支払ってくれると言う点ですね。

ガリバー

ガリバーは、47都道府県で約550店舗を展開する国内最大規模を誇る自動車販売会社で、年間取引台数がなんと28万台という信じられない台数を買い取っています。

株式会社日本能率協会総合研究所の調べでは、中古車販売台数と中古車買取台数の両方でNo.1に輝いています。これだけの規模を誇る企業なので、信頼度も納得度も非常に高く、輸入車でも安心して査定を任せられますね。

アップル

筧美和子さんがイメージキャラクターを務めるアップルは、全国に約240店舗を展開する大手車買取専門業者です。

オリコンが行っている顧客満足度調査で、2014年から5年連続で顧客満足度No.1に選ばれる実績がありますが、その中でも注目すべきは担当者の接客力No.1は初めて買取査定を依頼しようと考えている人にとって心強いことですね。ここまで満足度が高いと査定金額にも期待が持てるので、高値が付きにくい輸入車でもきっと高額査定を出してくれることでしょう!

まとめ

輸入車の買取について色々述べてきましたが、国産車に比べて輸入車の値落ち率は激しいですし、車買取専門業者によって査定金額の差が大きく、全般的に輸入車の人気が低いというのが実情です。

少しでも高く売りたいなら外車専門業者か、一括査定サイトを使って複数の車買取専門業者で競わせる方法が最も高く売る秘訣です。年数や走行距離が延びると極端に査定額が下がっていくので、輸入車の買取を考えている人は、一刻も早く査定に出す事をオススメします!