どんな車でも買取してくれる?車をお得に買取ってもらえる方法を徹底解説!

どんな車でも買取してもらえる?


車を売却する際は、損することなく買取してもらいたいですよね。車の売却は誰しも何度も経験するものではありません。今回は、車を売却したいけどどんな車でも買取してもらえる?という疑問に、車の売却が初心者の方にもわかりやすく解説します。

査定額0円の車もあきらめない

車を売却したいときに、中古車業者による買取査定を依頼しますが、車の状態が悪かったり車種の年式が古い場合などに査定額が0円という判断をされる場合があります。車の状態が悪いから仕方がないとあきらめてしまう人もいますが、0円と査定額を出されてもあきらめてはいけません。

廃車として買取も視野に

車を処分したいときに、車の状態などによりどうしても下取り査定額が0円にしかならない場合があります。今まではそういう場合は車を廃車にするしかなく、高額な廃車手続きの費用がかかっていました。

しかし最近は廃車買取業者が廃車にするしかない車を買取してくれるので廃車としての買取も視野に入れておきましょう。廃車買取業者が買取してくれることにより、今までかかっていた廃車手続き費用を支払うことなく車を処分できるようになりました。

廃車するしかない車を買い取ってもらえることを知らない方も多くいますが、、廃車買取業者は、査定額0円の車でも0円以上で買い取ってくれるのでおすすめです。

少しでも買取の可能性がある車とは


「車の状態があまり良くないから」とか「故障車だから売れるのか心配」等、車の売却について悩んでいる方は意外と多いです。そもそも、少しでも買取の可能性がある車とはどのような車なのでしょうか。ここでは、車を少しでもお得に買い取ってもらために、ご自分の車が買取の可能性があるかどうかチェックする項目についてご説明します。

車の保証をチェック

新車購入から数年間は、車の機能や部品が壊れた場合の保障がついている場合があります。車に故障している箇所があれば保障内で修理をしてから売却することができます。また、保証期間内に車を売却する場合は、保証継承という手続きをすることによって、車の保障を継承することができます。

車を売却する際には車の保証をチェックすることを忘れずに行い、保証期間内に売却する場合は、保証継承の手続きを忘れないようにしましょう。

車検が長く残っているか

車検がほとんど残っていない車と車検が長く残っている車では、車検が長く残っている車の方が査定額が高価買取となります。車種やグレード、車のカラーが同じでも、車検が長く残っている車の方が高い査定額がつきます。

車検を取ったばかりの車なら、中古で買っても2年ほど先まで車検費用がかからないので、買い手にとってとてもお得だからです。

自動車税還付の対象期間か

自動車税は毎年4月1日に課税され、翌月5月末日までにその年の4月から翌年3月までの1年分の自動車税を納めることになっています。車を3月に買取してもらう場合は、自動車税還付については気にすることはありませんが、年度の途中で車を買取してもらう場合は、自動車税還付について買い取り業者に確認する必要があります。

車を廃車にする場合は、残っている期間分の自動車税は還付金として返金されます。廃車せずに車を売却する場合は、ほとんどの買取店が還付金を算出して車の買取価格に上乗せして支払うことになります。車を購入する際に支払ったリサイクル料金も、買取価格として戻ってくるので、その点も買取業者に確認しましょう。

海外で人気がある

買取業者が買い取った車は、海外へ輸出されることがあります。日本車は世界中で人気が高く、たくさんの中古車が海外に輸出されています。日本車が海外で人気がある理由は、年式が古くてもしっかり走り、状態が良く信頼性が高いからです。

国によって人気がある車種はさまざまで、海外で人気がある車はニーズが高いため買取業者は高額で車を買取することが多いです。海外で人気がある日本車の車種の一例としては、トヨタのプリウスや、ハイエース、セレナなどのミニバンやワゴン車も人気が高いです。

部品の価値が高い車

新車登録してから10年以上の車や、10万キロ以上の走行距離の車などは、中古車としての査定額がほとんどつかないことが多いです。その場合は、車を廃車買取業者に買い取ってもらうことをおすすめします。

廃車業者は、廃車予定の車の部品を再利用して利益を得るため、中古車としては販売できない車でも、部品の価値が高い車は高価買取をしてくれることが多いです。価値が高い部品とはなんなのでしょうか。それはタイヤやアルミホイール、ETC車載器、カーナビ、カーオーディオなどです。また、エンジンやマフラー、カーシートなども海外にも多くの需要があります。

買取不能の車とは


車を売却する際どんな車でも買い取ってもらえるとは限りません。どうしても買い取ってもらえない車もあります。では、具体的にどんな車が買取不能なのでしょうか。ここでは買取不能の車について解説します。

全損事故車

全損事故車とは事故後に修理することが可能だとしても、修理するよりも同じ車を買った方が安い状態の車のことです。中古車業者が修理をしたとしても、赤字になってしまうため全損事故扱いの車は買い取ってもらうことができません。

水没車

水没車は洪水などの被害により、車室内に泥水が浸水しその痕跡があることで車の価値が下がり買取不能となります。室内やエンジンに泥水が浸水した場合、車の部品を全てばらして清掃しなければなりません。放っておけば金属部分にはさびが出て、シートなどはカビが発生して悪臭が出てしまいます。水没車は車に影響が出ると言われており、全損扱いとなる場合が多いため、修理代も高額となるので買取不能となります。

被災車

地震などの自然災害で利用できなくなってしまった被災車も、買取不能となる場合が多いです。「自動車保険の車両保険に加入しているから」と安心している方もいますが、自動車保険では被災車となった車の保障はありません。一般的な保険会社も被災車に対する修理代の実費を全額保障する保険商品は販売されていません。被災車は高額な修理代がかかるため買取も不能となってしまう場合が多いです。

どんな車でも買取してくれる店の特徴


事故車や故障車、走行距離が多い車、新車登録後10年以上過ぎた車などでも買い取ってくれるお店があります。それはどんなお店なのでしょうか。ここでは、どんな車でも買取してくれる店の特徴について解説します。

買取店ごとの強みに注目

買取店ごとの強みに注目して買取業者を決めましょう。買取店ごとの強みとは、日本全国に店舗がある大手、海外にも流通のルートがあるなど中古車販売に関して幅広いジャンルを取り扱っているお店など、車検や修理、中古車の買取や販売などをトータル的にやっている買取店などはお店の強みがあり、迅速丁寧でコスパが良い買取をしてくれます。

海外へ車を輸出するノウハウがある

海外へ車を輸出するノウハウがある車買取店は高額査定をしてくれます。日本車は海外でのニーズがとても高く、特に海外で人気のある車種の場合はかなりの高額査定がつくことも珍しくありません。車を買取してもらうときは、海外へ車を輸出するノウハウがある車買取店を選ぶと良いでしょう。

特別なキャンペーンを行っている

車を買取する際にお店独自の特別なキャンペーンを行っている場合があるので見逃さないようにしましょう。例えば、買取の際に買い取り費用が20,000円アップする記念クーポン券の配布をしていたり、インターネットで査定をして成約すると、抽選で最大10万円の現金キャッシュバックがあるなど、買取店ごとの期間限定の特別なキャンペーンを行っている場合があります。そういったキャンペーンを利用することも、お得に車を売却できる方法の1つとして利用するとよいでしょう。

買取してもらえない場合の最終手段


車を売ろうと思っても、車の状態が悪すぎるなどのさまざまな理由から値段がつかないことも多いのが車の買取査定というものです。しかしどんな場合もあきらめてはいけません。ここでは、車を買取してもらえない場合の最終手段についてご説明します。

スクラップ業者と解体業者に依頼

車の買取業者が買い取ってくれない場合は、スクラップ業者と解体業者に依頼しましょう。その時点で車は鉄くずという扱いとなり、その時の鉄の買取価格によりますが、日本車1台でおよそ2万円弱の買取価格となると考えてよいでしょう。業者が故障車を取りに来てくれますが、運搬費用は有料となる業者が多いのでその点は、業者に依頼する際に確認することを忘れないようにしましょう。

売る際の注意点

車を売る際の注意点についてご説明します。車を売る際にディーラーに依頼する人がいますがそれはおすすめできません。ディーラーは新車を売ることをメインとしているため、買取価格も高くありません。

車を売る際は必ず中古車買取専門店に依頼しましょう。中古車買取専門店は、新車を販売するディーラーより、さまざまな中古車のノウハウや販売ルートがあるので、ディーラーより高額な買取をしてくれまます。

さらに、車を売る際の注意点として、車の査定は一括査定に出すことをおすすめします。車を高く売りたいなら、見積もりを一社だけにするのは避けましょう。一括査定をすることにより、さまざまな車の買取業者が競合するため、よりお得な条件で車を買い取る業者を選択することができるからです。

まとめ

今回は、どんな車でも買取してもらえる?という疑問についてご説明しましたが、いかがでしたでしょうか。中古車買取業者が買い取らないような状態の車も、最終的にはスクラップ業者と解体業者に依頼することができ、車を乗り物ではなく鉄くずとして買い取ってもらうことができるということがわかりましたね。どんな車でも買取してもらえる可能性があるので、決してあきらめることなく車の状態や自分の希望に合った買取方法を見つけてくださいね。