アウトランダーPHEVの高価買取のコツは?有利なグレードやカラーをチェック

世界中で大ブームを巻き起こしているSUV。その中でも、環境やお財布に優しいプラグイン・ハイブリッドカーの三菱のアウトランダーPHEVは、高い注目を集めている1台です。

そんなアウトランダーPHEVは中古車市場でどのように評価されているのでしょうか。そこで、アウトランダーPHEVの買取相場と、高く売れるグレードやカラーを紹介します。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報

アウトランダーPHEVの特徴

  • 新車価格:394~509万円
  • サイズ:全長4695㎜×全幅1800㎜×全高1710㎜
  • エンジン:4WD
  • エンジン排気量:2359㏄
  • 燃費:18.60㎞/L

日本では唯一のプラグインハイブリッドカーであるアウトランダーPHEVは、技術面でも車内空間においても、またSUV車として見た目も魅力がたっぷり詰まった人気車です。

アウトランダーPHEVは日本の道路でも走りやすいようにボディサイズが調整されており、電気で走ってくれるため環境にもお財布にも優しい車と言えるでしょう。エンジンがないため騒音を感じることもなく、電気がなくなることを考えなければ非常に快適な乗り心地を期待できる車です。

最近4WDの車の生産数は減っているようですが、アウトドアがお好きな方にとってこのエンジンは不可欠と言えるでしょう。

雪道が多い寒冷地でも安心してドライブを楽しめるSUV車です。世界トップクラスのプラグインハイブリッドカーでありながら、300万円台で購入できるというコスパの良さもアウトランダーPHEVに多くの人の目を惹きつける理由となっています。

アウトランダーPHEVの最新買取相場

アウトランダーPHEVは現在どれくらいの金額で買取されているのでしょうか。
<ガリバー>で最新取引されたアウトランダーPHEVの買取金額が掲載されています。その情報によるとアウトランダーPHEVの最高買取額は265.5万円となっています。

では、グレードや年式、走行距離などによってどのように買取金額が変動するのかを見ていきましょう。

  • <アウトランダーPHEV 2.0 G 4WD>
    年式:平成26年(2014年) 走行距離:6万km カラー:シルバー系
    新車価格:367.0万円 買取価格:60.0万円 残価率:約%
  • <アウトランダーPHEV 2.0 G セーフティパッケージ4WD>
    年式:平成30年(2018年) 走行距離:2万km カラー:ホワイト系
    新車価格:397.0万円 買取価格:309.3万円 残価率:約%
  • <アウトランダーPHEV 2.0 G ナビパッケージ4WD>
    年式:平成26年(2014年) 走行距離:6万km カラー:ブラック系
    新車価格:412.0万円 買取価格:103.0万円 残価率:約%

アウトランダーPHEVの買取価格は103万円~309万円となっていることが分かります。走行距離は5万㎞以上になると買取金額が110万を切るということもわかるでしょう。

2014年式と2018年式のアウトランダーPHEVの買取金額には差があり、年式や走行距離が非常に重視されているようです。人気のプラグインハイブリッドSUV車であるアウトランダーPHEVは中古車であっても100万円を超える金額で買取されるケースが多くみられます。

アウトランダーPHEVの人気グレード【Gナビパッケージ】と残価率

アウトランダーPHEVには全部で11種類のグレードがありますが、その中でも特に人気のグレードはGナビパッケージです。このグレードの新車価格は432.4万円となっておりアウトランダーPHEVの中級グレードに当たります。

アウトランダーPHEV<Gナビパッケージ>にはディスプレイメモリーナビゲーション、マルチアラウンドモニター、エレクトリックテールゲート、スマホ連携機能付きリモートコントロール機能などドライブをより快適に行い、安全性能を高める機能が標準装備されています。

AV機能や高音質なスピーカー機能は長距離の移動も苦痛に感じさせないGナビパッケージならではの魅力と言えるでしょう。電動開閉式のテールゲートは荷物が多いショッピングやアウトドア、旅行の際にとても便利です。スマホと連携させることによって車から離れていてもエアコンをつけたり、ヘッドライトを消灯させることができます。

アウトランダーPHEV<Gナビパッケージ>の残価率は約57.7%~58.2%です。

アウトランダーPHEV最上級グレードの<S>の残価率が約59.9%であることを考えると、Gナビパッケージは中間グレードでありながらかなりリセールバリューの高いものであるといえるでしょう。

アウトランダーPHEVをより高額に買い取ってもらうポイント

アウトランダーPHEVをより高く買い取ってもらうためには、走行距離や年式以外にも注目するべきポイントがあります。それはカラーとオプションです。人気のあるカラーや需要の多いオプション装備されているアウトランダーPHEVを持っているのであれば、買取の際にはかなり有利になるといえるでしょう。

アウトランダーPHEVの人気カラーは

アウトランダーPHEVには全部で7種類のカラーバリエーションが展開されています。

  • ホワイトパール
  • ブラックマイカ
  • スターリングシルバーメタリック
  • レッドメタリック
  • ルビーブラックパール
  • チタニウムグレーメタリック
  • クォーツブラウンメタリック

パール系やブラック系、メタリック系のカラーバリエーションとなっていますが、今最も世界で注目されているプラグインハイブリッドSUV車であるアウトランダーPHEVの人気カラーTOP3は何でしょうか?

1.ホワイトパール

アウトランダーPHEVの人気カラー1位はホワイトパールです。どの車種でもパール系のカラーは最も人気ですが、純粋で清潔感を与えるホワイトと高級感のあるパールの組み合わせは美しいアウトランダーPHEVのエクステリアにピッタリです。

ピュアホワイトともいえるホワイトパールは太陽の光に当たるとキラキラ光るため、光の反射による高級感の高さが魅力的です。どのメーカーでもどの車種でもカラーランキングTOPにあがるだけの魅力がある、ホワイトパールのアウトランダーPHEVなら買取金額も高くなるでしょう。

2.ブラックマイカ

アウトランダーPHEVの人気カラー2位はブラックマイカです。ブラックにもマットなものやソリッドタイプのものがありますが、メタリック調ではないブラックマイカは高級感がどのブラック系カラーよりも高く、ブラックマイカのアウトランダーPHEVに乗っているだけで優越感に浸ることができます。

アウトランダーPHEVを所有しているというアピール力が強いカラーともいえるでしょう。表面上の美しさだけではなく、キラキラとした光の反射による輝きはメンテナンスのし甲斐を感じます。買取金額に良い影響を与えてくれるようお手入れに力を入れておくと良いでしょう。

3.スターリングシルバーメタリック

まるでスターのようなきらめきのあるスターリングシルバーメタリックは、シルバー系の中でも特に高級感が高くメンズに人気のあるブルーがかったシルバー色です。

シルバーは高齢者のイメージが強いと感じる方もおられるようですが、アウトランダーPHEVのスターリングシルバーメタリックは光の反射や影の出来具合によって色の見え方が変わり、おしゃれ度の高いカラーといえます。シルバーの中でも特におしゃれでかっこいい色が良いという方に人気のカラーです。

アウトランダーPHEVの人気オプションTOP3

アウトランダーPHEVの中古車価値をもっと高めてくれる別のものはオプションです。安全システムをさらに強め、よりオシャレなスタイリングにするために良く選ばれているオプションとは何でしょうか。どのようなオプションがアウトランダーPHEVの買取に有利に働くのかをご紹介しましょう。

1.電動ガラスサンルーフ

レジャーシーンに出かけることが多い方にとって上部のに窓があるというのは大きな魅力となります。アウトランダーPHEVにはオプションで電動ガラスサンルーフを取り付けることができます。

太陽の光をしっかり浴びたり、森林浴をしたりすることができるのはこのオプションがあってこそです。約10万円の追加料金がかかるオプションですから、買取の際には強調して査定額を引き上げましょう。

2.本革シート

人気で高級感の高いハイブリッドSUV車であるアウトランダーPHEVの高級感をもっともっとレベルアップさせるためのオプションとして、本革シートにする方もおられます。

標準装備されているシートとは手触りやメンテナンスの方法が異なります。パワーシートがついているなら、シートヒーターがあるので、寒冷地でもドライブを温かく楽しめるでしょう。

3.+安全装備システム

アウトランダーPHEVにはもとからe‐アシスト機能が標準装備されていますが、プラスで安全装備をオプション追加することができます。誤発進抑制機能や後側方車両検知システム、後退時車両検知警報システムなどバック駐車するときなどに役立つオプションを追加できます。

これらオプションがついているアウトランダーPHEVはペダルを思いっきり踏んでも暴走するということを防げるので、運転に自信のない方にとっては非常に魅力的なものです。

アウトランダーPHEVは10年落ちグレードの場合値段はつくか?

アウトランダーPHEV最新買取相場では2016年式以降のものしか取り上げられていませんでした。では、2009年以前に生産販売された10年落ちのアウトランダーPHEVは値段がつくのでしょうか。

アウトランダーPHEVは、高額買取されている人気車です。2009年式以前のアウトランダーPHEVの中古車は買取査定相場が30万円から80万円となっています。

カラーや走行距離によってかなり査定額に差があるようですが、10年落ちしていても、また10万㎞以上走っていてもアウトランダーPHEVは買取してもらえることは明らかです。

三菱・アウトランダーはガソリンか?PHEVか?維持費と本体価格を検証!

まとめ

アウトランダーPHEVは国産車初のプラグインハイブリッドカーです。世界中で注目されている人気車なだけあって、中古車買取相場は300万円台のものもたくさんあります。

もし、人気グレードで人気カラーであり、人気オプションを搭載しているのであれば、年落ちしないうちに査定に出してみるのはいかがでしょうか。もちろん10年落ちしていても値段は尽きますが、より高い買取金額を狙うのであれば出来るだけ早い行動をおすすめします。

また、マイナーチェンジを繰り返してきたアウトランダーPHEVですが、2020年にはフルモデルチェンジの噂もあるのです。よって、現行モデルが旧モデルとなってしまう前の買取がいいでしょう。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報