【損しない買取】ウェイクを高額売却するためのポイント!相場情報も

<ウェイク>はダイハツが販売する軽トールワゴン。広大な室内空間と多彩なシートアレンジが特徴のモデルです。

今回は「ウェイクをより高額に買取してもらうポイント」と「最新の買取相場の情報」を紹介します。

ウェイクの特徴

ウェイクは2017年11月に登場したダイハツの軽自動車です。企画段階から様々なシーンで幅広く活用できる車となるように45種類の使用シーンが用意されていました。座った状態でも見晴らしが良いように高い位置に座席が設計されています。視界を広く取り、積載量も多いダイハツウェイクは長年愛用者が多い人気車です。

新車価格:135万円〜184万円
サイズ:3395mm×1475mm×1835mm
エンジン:KF/直列3気筒DOHC
エンジン排気量:658cc
燃費:25.4km/L

ダイハツウェイクはファインビジョンやウルトラスペースといった快適な車内空間を確立するためのコンセプトのもと企画販売されています。軽自動車の中でも室内の高さがトップレベルであるため乗り降りがしやすく、身長の高い人でも快適に過ごすことができるでしょう。

車内での着替えもスムーズに行うことができるほど、広い室内空間はレジャーシーンにもってこいです。さらにLEDヘッドランプやクリアランスランプを全車標準装備しており、ありきたりな軽自動車の風貌とは全く違う個性的な顔が魅力と言えます。

2017年には改良が加わり、〈スマートアシストⅢ〉や〈リヤコーナーセンサー〉、〈パノラマモニター〉などの安全性能を高める装備も追加されています。より安全に、そしてより快適にドライブを楽しめるようにこれからの成長も楽しみにできるダイハツの軽自動車と言えるでしょう。

ウェイクの買取価格例

ウェイクの最新の買取事例をご紹介します。

2017年式 (平成29年)<ウェイク Gターボ レジャーエディション SAIII>FF 緑系
走行距離 4.6万km 新車販売価格 171.7万円 参考買取価格 110万円 残価率64%

2015年式 (平成27年)<ウェイク G>FF 黄系
走行距離 5.5万km 新車販売価格 170.6万円 参考買取価格 76万円 残価率44%

2014年式 (平成26年)<ウェイク L SA>FF 赤系
走行距離 7.6万km 新車販売価格 156.6万円 参考買取価格 46万円 残価率29%

ウェイクの人気グレード2つと残価率

ウェイクには様々なグレードがありますが、その中でも特に人気のある2種類のグレードをご紹介します。それは〈GターボSA2〉と〈LSA2〉です。ノンターボエンジンとそうでないグレードとではリセールバリューも異なるため、その点にも注目して紹介いたします。

ウェイクの人気グレード<GターボSA2>

まず、ウェイクのグレードの中で最も人気の高いGターボSA2です。このグレードではターボエンジンが特徴的です。

ウェイクは車本体が重いためターボエンジンの強力な牽引力が必要であると考える方たちにとってGターボSA2は特に魅力的なグレードであるといえるでしょう。このターボエンジンが採用されているグレードの残価率は70%以上です。

また、GターボSAⅢにはスマートアシストやLEDヘッドライトランプ、ワンタッチスライドドアなどの上級グレードならではの機能が標準装備されています。外装や安全装備だけではなく、メッキオーナメントやシルバーの飾りがついた高級感あふれる内装も魅力的です。

ウェイクの人気グレード<LSA2>

ノンターボエンジンのウェイクで人気なのはLSA2です。このグレードの1つ下になるとかなり簡素な装備になるため、少し値段は張りますがLSA2を選ぶという方は少なくありません。

ノンターボグレードでは残価率が60%〜65%となっていますが、カラーや走行距離などを考慮するとさらに10〜25%は値上がりすると考えられます。

ウェイクの中間グレードではありますが、落ち着いた外装とキーフリーシステムの標準装備な快適で便利な機能に申し分のないグレードであると言えます。ワンタッチオープン機能・予約ロック機能・マルチフレクターハロゲンフォグランプなどがLSA2の魅力的な標準装備です。

ウェイクをより高額に買い取ってもらうポイント

アクティブなダイハツのスパーハイトワゴンであるウェイク。できるだけ高価買取してもらうために知っておきたいポイントをいくつかご紹介しましょう。それは人気カラーと人気オプション機能です。

現在も新型のウェイクが登場していますが、中古車でも新車以上の相場を打ち出すほどの魅力があります。では、ウェイクを高価買取してもらえるカラーとオプションを3つずつご紹介しましょう。

ウェイクの人気カラー

中古車を選ぶときにも新車を選ぶときにも車の色は重要なポイントとなります。選ばれやすいカラーであれば買取価格も高くなることでしょう。ダイハツの人気軽自動車ウェイクのカラーバリエーションは単色9種類と2トーン5パターンの計14種類あります。では、その中でも特に人気のあるカラーは何でしょうか。

1. パールホワイト

1番人気があるカラーはパールホワイトです。清潔感と高級感のあるキラキラとしたパールホワイトは美しさを感じさせてくれます。パールが入っているため視認性が高く、夜でもまるで宝石のように輝いてくれることでしょう。

ホワイトならではの上品な輝きは年齢を問わず多くの人に人気があります。誰もが選びやすいカラーですので中古車買取の際に大きな利点となること間違いありません。

2. ブラックマイカメタリック

ブラックマイカメタリックはメタリックと名称に付けられている通り、高級感のあるきらめきが特徴的です。光沢があるので、存在感を強調してくれます。

深みのあるブラックマイカメタリックのウェイクは年齢や性別問わずどんなシーンにも連れて行きたくなるカラーと言えるでしょう。大人っぽさやシックでクールな雰囲気がお好きな方に人気のカラーと言えます。

3. トニコオレンジメタリック

一見派手に思えて敬遠されがちだろうと想像されるかもしれませんが、意外と人気のあるウェイクのカラーがトニコオレンジメタリックです。

光沢感が程よくありおしゃれで落ち着いた印象を与えてくれるオレンジカラーのウェイクは人気があります。車の印象にゴージャスを求める方に人気があるカラーです。

ウェイクの人気のオプション

続いて、ウェイクの人気オプションをご紹介しましょう。車中泊や車の中での着替えが簡単に行えるほどの居住スペースが確保されているハイパートールワゴン軽自動車にさらにオプションを付け加えるとすれば何が良いでしょうか。メーカーでしかつけることのできない買取価格に大きな影響を与える人気オプションを3つご紹介します。

1. LEDパック

まず、最も人気のあるウェイクのメーカーオプションはLEDのパッケージオプションです。〈LEDヘッドランプ〉と〈LEDフォグランプ〉がセットになっています。ウェイクにもともと標準装備されているものはマルチリフレクターハロゲンヘッドランプと同じ種類のフォグランプです。

LEDライトはそれらよりも、もっと明るく長持ちするため人気があります。LEDライトを使えば夜間や悪天候の際のドライブも安全性を高めて楽しむことができるでしょう。

2. ドライブパッケージ

2つめの人気オプションはドライブをサポートしてくれるパッケージオプションです。このオプションには上級グレードに設定することができるものです。

〈チルトステアリング〉〈シートリフター〉〈Dアシスト切替ステアリングスイッチ〉という3つの機能をパッケージ使いすることができます。

ウェイクは車両の重量が重いため、Dアシスト切替ステアリングスイッチをオプション追加しておくと快適なドライブを楽しめるようになります。軽自動車とは思えない排気量アップを感じさせてくれるオプションは中古車買取価格を高めてくれるでしょう。

3. ナビアップグレードパック

標準装備されている純正ナビをグレードアップすることもできます。〈ステアリングスイッチ〉〈スピーカー〉〈バックカメラ〉という3つの装備をオプション追加すれば、快適で安全なドライブを楽しめるでしょう。

ナビの利用やオーディオを活用する方は少なくないため、こうしたオプションは中古車の価値をアップしてくれると期待できます。

アウトドアに重宝するダイハツ・ウェイク!その気になる維持費を緊急調査

まとめ

ウトドアの相棒になるハイパートールワゴン車としてウェイクは長年愛され続けています。驚きの積載量や最新のスマートアシスト機能はこれからも進歩していくことでしょう。

新型が次から次へと登場して今乗っているウェイクがどんどん型落ちする前に、高く買い取ってもらうのがおすすめです。

ウェイクは発売され始めてからまだ5年も経っていない車ですから、リセールバリューも高く、ターボエンジン搭載グレードであれば70%を上回っています。さらに人気カラーやオプションを考慮に入れて高価買取を目指してくださいね!

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報