オシャレな軽ワゴンスペーシアの買取価格は?査定アップするポイントに注目!

<スペーシア>はとてもスタイリッシュで女性に人気の高い、スズキの軽ワゴン車です。女性だけではなく、男性ユーザーも満足させるモデルとして<スペーシア カスタム>と<スペーシア ギア>がラインナップされており、今ではスズキの軽自動車の中核をなす車種になっています。

今回は<スペーシア><スペーシア カスタム><スペーシア ギア>の最新の買取相場の情報と、査定でプラスになりやすいグレード・ボディカラーやオプションをご紹介します。

スペーシアの特徴


<スペーシア>はスズキの代表的な軽ハイトワゴンで、2013年まで生産されていた軽自動車<パレット>の後継として開発されました。

<スペーシア>は販売開始当時からキュートな外観に高い燃費効率を誇る実力のある軽自動車でしたが、<N-BOX>や<タント>などの人気車種に販売台数で差を付けられていたのです。

そのような経緯があり、2017年のフルモデルチェンジではユーザーの声を元に、基本的なコンセプトの部分から大幅に刷新されました。

まず<スペーシア>のメインターゲットを女性に設定。デザイン面で徹底して<スーツケース>のイメージを使う事により、ユーザーがダイレクトに<スペーシア>のコンセプトを体感できるようになっています。この徹底的に女性にターゲットを絞った戦略は功を奏し、今では日本の軽自動車販売台数でも上位に位置する人気車種になりました。

スズキセーフティサポート

<スペーシア>にはスズキの最先端の予防安全技術<スズキセーフティサポート>が装備されています。

車線逸脱警報機能

道路を走行中にドライバーの不注意などで車両が車線を出てしまいそうになると、ブザー音などで警告してくれる機能です。

ハイビームアシスト

ヘッドランプのハイビームを点灯しての走行中に、対向車や先行車、明るい場所を検知すると、自動でロービームに切り替わります。

スペーシアのボディサイズ

軽自動車の車体でありながら車高を高くする事により室内は十分なスペースが確保されていて、使い勝手の良い車になっています。

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,785~1,800mm

スペーシアのボディデザイン

ボディサイド部にはスーツケースを想起させる凹凸を設置。フロントマスクも女性的な意匠が施されていて非常にかわいらしい外観になっています。

スペーシアの内装

助手席の前にある「インパネ収納ボックスのふた」のデザインはまさにスーツケースそのもの。「ただ漠然としたかわいらしさ」ではなく、内外装を一貫して「スーツケース風」のイメージでデザインを統一したところが多くの女性に受け入れられたポイントと言えるでしょう。

リヤ部には両側にスライドドアを装備。リヤステップの高さも345mmに抑えられていて、子供や高齢者の乗降も楽に行うことができます。また、カーゴスペースの積載量も大きく、リヤシートを収納すれば27インチの自転車も無理なく積み込む事が可能です。

スペーシアの燃費

全グレードに、「走行時の動力で貯めた電力」を使用するモーターでエンジンを補助する<マイルドハイブリッドシステム>を標準装備。維持費を安く抑えらえる、高い燃費効率を持っています。<スペーシアカスタム>のターボエンジン付きグレードでは燃費効率が低めです。

  • 0.658L 水冷4サイクル直列3気筒ハイブリッドエンジン 2WD 28.2~30km/L
  • 0.658L 水冷4サイクル直列3気筒ハイブリッドエンジン 4WD 26.4km/L
  • 0.658L 水冷4サイクル直列3気筒ターボ付ハイブリッドエンジン 2WD 25.6km/L
  • 0.658L 水冷4サイクル直列3気筒ターボ付ハイブリッドエンジン 4WD 24km/L

スペーシアの最新買取相場

  • 2014年式(平成26年)<スペーシア G レーダーブレーキサポート装着車 >FF 黄色系
    走行距離 3.6万km 新車販売価格 130.6万円 参考買取価格 45.7万円 残価率 34%

この車両は2013~2017年に販売されていた<初代スペーシア>。当時はレーダーブレーキサポートの搭載は別グレードとされていました。<レーダーブレーキサポート装着車>であっても査定相場ではあまりプラス要因にはなりません。フルモデルチェンジ前のモデルなので査定額も厳しめです。

  • 2017年式(平成29年)<スペーシア X >FF 青系
    走行距離 1.6万km 新車販売価格 138.2万円 参考買取価格 79.2万円 残価率57%

<X>は<スペーシア>の人気グレード。2年落ちで車両の状態も良いため、高額査定が出ました。<スペーシア>には4WD仕様車もありますが、FF車と査定額にあまり大きな差は出ません。

  • 2018年式(平成30年)<スペーシア カスタム HYBRID XSターボ>白黒
    走行距離 3.7万km 新車販売価格 178.7万円 参考買取価格 108.7万円 残価率 60%

<スペーシア カスタム>のターボエンジン搭載車は人気が高く、リセールバリューの高いグレードになります。ボディカラーも人気の2トーンカラーで、高額査定が出ました。

  • 2013年式(平成25年)<スペーシア カスタム TS>黒
    走行距離 6.5万km 新車販売価格 174.5万円 参考買取価格 63.7万円 残価率 36%

2017年のフルモデルチェンジ以前の車両。エンジンがハイブリッド化される前のモデルですが、<TS>はターボエンジン搭載の最上位グレードです。6年落ち車両としてはまずますの査定額でした。

スペーシアの人気グレードと残価率

HYBRID G

<スペーシア>のベースグレードです。<衝突被害軽減ブレーキ>の非装着を選択すると、車体価格をかなり抑えられます。

HYBRID X

<HYBRID G>に各装備を充実させた上位グレード。<助手席シートベルト警告灯>< 助手席シートベルトリマインダー><後方視界支援ミラー>が標準装備として追加されました。<LEDヘッドランプ[ロービーム、オートレベリング機構付]><LEDポジションランプ>のオプションは<HYBRID X>でしか発注できません。

リヤのスライドドアも両側とも<パワースライドドア>となっており、乗り降りも快適です。<スペーシア>では売れ筋のグレードで、残価率も高くなります。

スペーシ アカスタム HYBRID GS

<スペーシア カスタム>は、グリルとバンパーのデザインを男性的に変化させた<スペーシア>のスポーティモデルです。<HYBRID GS>は<スペーシアカスタム>の標準グレード。パワースライドドアが後席左側のみの装備になっています。

スペーシア カスタム HYBRID XSターボ

<スペーシア カスタム>の上級グレードである<HYBRID XS>。そこにさらにターボエンジンを装備したのが<HYBRID XS ターボ>です。

<スペーシア カスタム>のユーザーは走行性能にこだわる人が多く、<HYBRID XS ターボ>は中古車市場で人気があります。<スペーシア>の中でもかなり残価率の良いグレードになっています。

<HYBRID XS ターボ>は<HYBRID GS>には無い、<LEDイルミネーション(フロントバンパー)><メッキドアハンドル><15インチアルミホイール>を標準装備。内装でも<本革巻ステアリングホイール><本革巻シフトノブ>を採用し、内外装の高級感が大幅にアップしているグレードです。

スペーシア ギア

2018年12月に販売開始された、SUV風の<スペーシア>。アウトドア的な雰囲気のエクステリアを持ち、カーゴスペースにも防汚仕様を施すなど、レジャーやスポーツなどでの利便性を高めてあります。

グレードは<HYBRID XZ>とターボ付きの<HYBRID XZターボ>の2つをラインナップ。新しいだけにまだまだ高いリセールバリューの望めるモデルです。

スペーシアをより高額に買い取ってもらうポイント

スペーシアの人気のカラー

ピュアホワイトパール

新車販売、中古車市場ともに一番人気のカラーです。やはり白を求める人の絶対数が多いため非常に売れやすい色で、買取業者の欲しがるボディカラーです。

オフブルーメタリック

<スペーシア>の広告にメインで使われていたイメージカラー。薄い緑っぽいブルーで、<スペーシア>のかわいい外観に良く似合います。買取査定額の上がりやすい色です。

ピュアホワイトパール ブラック2トーンルーフ

ボディ部は<ピュアホワイトパール>、ルーフ部が<ブラック>になっている2トーンカラー。8万円以上もする非常に高級なオプションカラーです。確実に人気のあるカラーですので業者も確保したがるでしょう。査定額アップを交渉してください。

スペーシアの人気のオプション

フロントグリル

<スペーシア>のフロントマスクがよりおしゃれになるクロームメッキのグリル。オプション品である事を主張しましょう。

サイドドアガーニッシュ

<スペーシア カスタム>のサイド下部に設置するクロームメッキのガーニッシュです。特に黒などの濃い系のボディカラーに装着すると、より一層クールなイメージになります。

カータープ

<スペーシア ギア>のルーフを使って設営できるカータープ。老舗アウトドアブランドの<OGAWA>と<SUZUKI>のコラボ製品です。アウトドアレジャーは<スペーシアギア>の得意分野なだけに、ユーザーにとっては確実にうれしいオプション。買取査定ではプラスポイントを望めます。

まとめ


今回は<スペーシア>の買取査定の情報をお伝えしました。2017年に販売開始された現行の<ステージア>は非常に人気の車種で、どのグレードでも十分に高額査定が望めます。

フルモデルチェンジ前の先代の<スペーシア>は刻々と価格が落ちてきていますので、早めの売却を検討しましょう。