カーローン支払い中の車を売るには?重要なポイントをおさえておこう!

車はその時々のライフスタイルに合わせて買い替えや売却をする必要があります。
例えば家族が増えた時や突然の転勤となった時など、その時の状況に合わせて車を買い替えたり売却をするという判断をしなければいけないことが多々あります。

しかし、いざ買い替えようと思った時に、まだ車のローンが残っていたらどうしたらよいのでしょうか?ここではローン支払い中の車でも安心して売却する方法を詳しく解説していきます。

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

ローン支払い中の車を売るには


まだローン支払い中の車でも売却をすることは可能です。しかし車は法律により<所有権>と<保管管理>がしっかりと定められているため、電化製品などと異なり簡単に売買できるわけではなく、車の所有者が誰なのかで売却の方法が大きく異なってきます。

車の名義が本人か家族であれば可能

所有者とは名義人のことですが、これが誰であるのかは車検証の中段に記載のある<所有者の氏名または名称>の欄で確認することができます。車検証に自分の氏名もしくは家族の氏名が記載されている場合の売却はそこまで難しくはありません。自分が名義人の車を売るときは自分の思うように自由に売却をすることが可能ですが、家族の車を売却する場合は名義人である本人の同意を得て委任状を用意することが必要となります。

ただし、銀行などのマイカーローンを利用している場合は少し注意が必要です。利用しているローンの種類によっては、所有者は本人名義となっていてもローン支払い中は車の売却を禁止している場合があります。マイカーローンを利用中で名義が自分の場合は今一度規約を確認することが必要となります。

所有権がない場合はそのまま売れない

車検証に記載されている<使用者>の欄が自分の名前だったとしても<所有者>の欄がディーラーやクレジット会社の名義となっている場合、その車の所有権は本人にはありません。つまり法律の上では所有権を有していない車ということになるので、そのままでは売却をすることができないのです。ローンがまだ残っている車の多くがローン会社やディーラーもしくはクレジット会社の名義になっています。

所有権がない車を売るために


では自分の名義ではない車を売却するにはどのようにしたら良いのでしょうか?

名義を変更しなければならない

前述した通り、車検証には<所有者>と<使用者>欄があります。この所有者と使用者が両方とも本人であれば問題ないのですが、所有者がローン会社やクレジット会社、もしくはディーラーの名義になっている場合は、まず自分の名義に変えて所有権を手にする必要があります。
名義変更の方法として最も分かりやすいのが、ローンを完済することです。ローンさえ払い終わってしまえば、何も問題なくクレジット会社などになっている名義を自分に変更することができます。しかし経済的に難しいという場合は、その車を売却して得ることになる代金をローンの残債に充てるという手続きを取ることも可能です。

しかし、もちろん注意が必要です。所有権のない車を例えば個人売買などで所有者の承諾を得ずに勝手に売却をしてしまうと、最悪の場合横領罪などの罪に問われてしまうこともあります。ですので、まずはディーラーや買取業者にローン残高と車の売却額を含めてきちんと手続きに関する相談を行う必要があります。

名義変更の為に必要な書類

名義変更を行う際に必要な書類は以下の通りです。

  • 自動車検査証(車検証)
  • 新旧所有者の印鑑証明
  • 新旧所有者の委任状
  • 納税証明書
  • 譲渡証明書
  • 新所有者の車庫証明

では、これらの書類について細かく解説をしていきます。

自動車検査証

自動車検査証(車検証)は車検が切れていないことをまずは確認してください。名義の変更が無事終わると所有者の欄が自分の名前に変更となります。

新旧所有者の印鑑証明

3ヵ月以内に発行された印鑑証明が必要となり、車検証の住所と印鑑証明の住所が異なる場合は住民票が必要となる場合があります。

新旧所有者の委任状

上記の印鑑証明と同一の実印が押印されている必要があります。

納税証明書

自動車税をきちんと納税していないと名義変更はできませんので、万が一延滞などをしてしまっている場合は完納してから納税証明書を発行する必要があります。

譲渡証明書

上記の印鑑証明と同一の実印が押印されている必要があります。

新所有者の車庫証明

同居している家族間での名義変更やクレジット会社からの名義変更の場合は、車検証の<使用の本拠の位置>が変わらないため必要ありません。離れて暮らす家族の名義を自分の名義に変更し、車検証の<使用の本拠の位置>が変更になる場合は必要となります。

車を売った後支払い中のローンはどうなるか


名義変更の手続きを無事に終えて売却できたとしても、元々残っていたローンはどうなるのでしょうか?もちろん名義が変わったからといってローンが消えてしまうわけではありません。ここで重要なポイントは「ローンの残高と車の売却金額ではどちらが高いか?」という点です。

ローンの支払いは引き続き必要

ローン会社への支払いは引き続き必要となりますが、前述したようにローンの残高と車の売却金額の比重が売却金額の方が高いのであれば、その売却したお金でローンの残高分を一括して払ってしまえば全く問題ありません。
しかもローンの残金を完済して手元に残ったお金は使い道が自由なお金ですので、新しい車の購入資金にしたり、家族で旅行に行ったりと自由に使えるのです。

可能な限り高く買取してくれる業者を探す

ですのでローンが残っている状態で車を売る場合に最も大事なことは「可能な限り高額で買取してくれる業者を探す」という点です。
売却後に新しい車を購入するのであれば、売却する業者はディーラーに下取りをお願いするか買取専門業者に査定依頼を行い買取ってもらうかのどちらかになると思います。この場合車種や年式、走行距離などで若干の差はありますが、ディーラーによる下取りと買取業者ではだいたい5~20万円程度の差額が出てきてしまいます。
より高い価格で売ることができるかできないかにより、その後の返済の負担は大きく変わります。例え完済できるほど高額で売れなかったとしても、より高く売却できればその後の負担を大きく減らすことができるのです。

ではディーラーと買取業者ではなぜそんなにも価格差が生じてしまうのでしょうか?ディーラーはあくまでも新しい車を販売することが仕事であり、下取りは付属のサービスという扱いです。更には特に他の買取業者等と競争することがないので、買取価格が通常より高くなるということは滅多にありません。

逆に買取業者に査定依頼をしてもらった場合、大手など1社だけに査定依頼をしてしまうとそこまでの高額買取は正直期待できませんが、<一括査定依頼>を使用して複数の買取業者に査定依頼を出すことで、業者ごとの競争も生じて価格が高くなる可能性が大いにあるのです。

もしローン残高を超える価格で絶対に売却をしたいという場合はWEBで複数の買取業者に一括査定依頼を行い、買取店同士で競争してもらうことをオススメします。

【最新2019年版】車の買取業者オススメ12社を徹底比較!

ローンが残っている場合の注意点


複数の買取業者に一括査定を依頼してより高額に売却をすることをオススメしてきましたが、それでもまだ車の売却金額がローンの残高に届かないという状況も想定しておかなければいけません。

ローンの残高が売却価格より高い場合

ここまで説明をした通り、ローンが残っている車を売却する際に重要なポイントは「ローンの残高と車の売却金額ではどちらが高いか?」という点です。ローンの残高よりも高い金額で車を売ることができれば全く問題はありませんが、逆にローンの残高よりも車の売却金額が少なかった場合はどうすればよいのでしょうか?

そのままでは名義変更できない

車の売却金額がローン残高よりも低い場合は、そのままでは名義変更をすることができません。この場合はもちろん残ったローンを支払う必要があるのですが、どのような支払い方法があるのか解説していきます。

不足分を埋める方法

ローン残高の不足分を埋める最も簡単な方法は残金を手持ちの現金で支払ってしまうという方法です。ローンの残りがあと数千円、数万円くらいでしたら現金払いが一番シンプルですが、10万円以上の不足分が出てしまった場合は、かなりの経済的余裕がないと厳しいですよね。

金融機関などから不足分を借りる

では足りない分を他の金融機関から新たに借りて補填する方法はどうでしょうか。一見手っ取り早い方法に思えますが、消費者金融などでお金を借りた場合は高い金利が発生してしまい、この部分で損をしてしまう可能性があります。

また金利が比較的安い銀行などのマイカーローンでは、使用用途が細かく決められていることがよくあり、ローン支払い途中の車の売却自体が認められていない場合も多々あります。

新しく買う車のローンに上乗せする

最もオススメで現実的な方法は「新しく買う車のローンに上乗せしてもらう」という方法です。実はこの方法が最もポピュラーな方法で、多くの人がローンの残額を新しく買う車のローンに上乗せしています。

ですのでまずは買取業者などに相談を行うことでプロとしてのアドバイスをちゃんとしてくれますので、まずは一度相談してみることをオススメします。

ローン中の車を売ることはよくある相談


車は今や生活の一部といっても過言ではないほど無くてはならない存在であり、生活にかなり密着しているものです。そのためライフスタイルが変化すれば例えローンの支払い中だとしても自分の新しいライフスタイルに合った車に乗り換えることは決して珍しいことではなく、ごく自然なことと言えます。

業者や所有者に気軽に相談した方がいい

ローンが残った状態で買取業者やディーラーに相談することは珍しいことではないので、自分だけで悩まずプロに相談し、より良い判断ができるように手助けをしてもらう方が後々のためにも良いと思います。

ただし相談をするにしても、自分の車のローン残高と売却金額をしっかりと把握したうえで相談に行かないと、的確なアドバイスとならない可能性もあるので、まずは一括査定依頼などで自分の車のおおよその売却金額は確認しておくことが必要となります。

高く売れればローンを完済できる場合もある

ここまでローン支払い中の車の売り方やローン残高と売却金額の比重によって取るべき行動を説明してきましたが、重要なポイントはローン残高よりも車を高く売ることができれば問題ないということです。
車を少しでも高く売るためには時期や年式、日々のメンテナンス、そしてなにより買取ってもらう業者の選定がとても重要になってきます。

時期的なことを言えば買取市場が最も賑わい、また多くの買取業者が決算期を迎える春先よりもちょっと手前の1~2月頃がオススメであり、年式で考えれば1年落ちてしまう1月1日よりも前に売却をすることが大事です。

また少しでも高く売ることを考えれば、日々の内装・外装メンテナンスも怠ってはいけないポイントです。そして買取ってもらう業者が最も重要なポイントであり、ここを間違えてしまうと数万円~数十万円の損をしてしまう可能性があります。

金額は気にせず手軽に済ませたいのであれば話は別ですが、高い売却額を考えるのであればディーラへの下取りや、大手買取業者一社だけに見積もりを取ってそのまま売却してしまうというのは間違いなのです。

少しでも高く売るためには複数の買取専門業者に一括査定依頼を行い、買取店同士で査定額の競争をしてもらうことが必要となってきます。これにより下取りに比べ5万円~20万円もしくはそれ以上の高い査定額が出ることも珍しくないのです。そうすればローンが残っていても安心して車を売ることができますね。

まとめ


ローンが残っている状態で車を売却しようとすることは全くおかしいことでも珍しいことでもありません。ライフスタイルの変化と共に生活に密着した車を買い替えるのは普通のことだと言えます。
しかしローンが残った状態の車を売却する際は、自分が所有者である車を売却するときに比べ注意するべきことが多く、事前に調べておくことやチェックしておくことが多々あります。

名義人を変更するために必要な書類や手続きはもちろんですが、一番重要なことは「ローン残高と車の売却金額ではどちらが高いのか」ということですので、まずはローンの残高をしっかりと確認して、その金額を超える額で売却ができるように考えなければいけません。

自分の車を一番高く売るためにはディーラーへの下取りよりも、一括査定依頼を行い複数の買取業者に買取価格競争をしてもらうことが、車を高く売るための最大の秘訣になるのです。
ローンが残っていたとしても安心して車を買い替えるために、事前の準備と少しでも高く売る方法をぜひ実践してみてください。

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます