ティアナの高額買取の実例を紹介!高く売れるカラー・グレードは?

日産<ティアナ>は大人の雰囲気を持つ大型セダンでありながら、買い求めやすい価格設定がなされているお得なモデルです。

今回の記事では「ティアナの最新の買取価格情報」と「高く売れるボディカラー・グレード」を紹介します。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報

日産ティアナの特徴

日産ティアナは2003年2月に登場し、2008年に2代目としてフルモデルチェンジ、2014年に3代目としてフルモデルチェンジを行い、2016年4月にマイナーチェンジを経て現在に至っています。

3代目としての登場から約5年、マイナーチェンジ後から約2年経過した日産ティアナの特徴をご紹介していきます。

エンジン

日産ティアナのエンジンは、初代および2代目まではV型6気筒エンジンと直列4気筒エンジンの2種類がありました。しかし、現行型の3代目からはV型6気筒エンジンが廃止され直列4気筒エンジンのみのラインナップとなりました。エンジンは全グレード共通になります。

  • エンジン形式:QR25DE型 2,488cc 直列4気筒DOHC
  • 最高出力:127kW (173PS)/6.000rpm
  • 最大トルク:234N・m (23.9kgf・m)/4,000rpm

トランスミッション

日産ティアナのトランスミッションは、全グレードに「エクストロニックCVT」が採用されています。

エクストロニックCVTとは、車速や負荷に応じてプーリー比を変える油圧を電子制御で滑らかにすることで、今までの油圧制御に比べてドライバビリティが大幅に向上しました。とくに坂道発進や車庫入れなどの微速走行をするときには、その効果をかなり実感できるでしょう。

燃費

日産ティアナの燃費は、エンジンおよびトランスミッションの改良により燃費性能は先代に比べて向上しています。

カタログの燃費数値はJC08モードで14.4km/Lで、実走行では平均12.7km/Lという燃費数値を記録しています。大型高級セダンとしては優秀な燃費数値でしょう。

ボディサイズ

日産ティアナのボディサイズは以下になります。

  • 全長:4,880mm
  • 全幅:1,830mm
  • 全高:1,470mm

日産ティアナのボディサイズは、大型高級セダンらしい大きなサイズになっています。さらにボディデザインが手伝って見た目ではサイズ以上に大きさを感じさせます。

日産ティアナは、オーナーに「大型高級セダンを所有している」という満足感を十分に与えてくれる車です。

室内空間

日産ティアナの室内サイズは以下になります。

  • 室内長:2,130mm
  • 室内幅:1,515mm
  • 室内高:1,215mm

日産ティアナの室内空間は、大型高級セダンにふさわしい広々としたサイズになっています。室内長が長いため身長175cmの人が適切なドライビングポジションのシート位置に設定ても、真後ろの後部座席の足元スペースには十分なクリアランスが保たれ、身長175cmの人なら足を組むことも可能です。

室内幅も広いため横スペースが十分あり、後部座席に大人3人が座ってもストレスを感じることなく乗車できます。室内高は高いとは言えませんが、身長175cmの人が乗車した場合にはストレスを感じない程度のヘッドクリアランスが確保されます。

インテリア

日産ティアナのインテリアですが、全体的な印象としては正直古臭さは否めません。特にインパネ回りやステアリングのデザインなど目に入るパーツで特に感じてしまいます。フルモデルチェンジから約5年、マイナーチェンジから約2年経過しているため仕方ないかも知れません。

現行型の日産ティアナのグレードは全部で4種類で、グレードによって内装色やシート地に違いがあります。

  • XV ナビAVMパッケージ:内装色はブラックかシルキーベージュを選択可能、シート地は本革
  • XL ナビAVMパッケージ:内装色はブラックかシルキーベージュを選択可能、シート地はスエード調クロス
  • XL:内装色はブラックかシルキーベージュを選択可能、シート地はスエード調クロス
  • XE:内装色はブラックかシルキーベージュを選択可能、シート地はスエード調クロス

また、フィニッシャーは内装色により決まってきます。ブラックを選択するとフィニッシャーはメタル調、シルキーベージュを選択するとフィニッシャーは木目調となります。

ティアナの買取価格例


ティアナの最新の買取事例をご紹介します。

2017年式 (平成29年)<ティアナ XL> 黒系
走行距離 1.4万km 新車販売価格 289.6万円 参考買取価格 141万円 残価率48%

2015年式 (平成27年)<ティアナ XL> 黒系
走行距離 4.4万km 新車販売価格 289.6万円 参考買取価格 118万円 残価率40%

2014年式 (平成26年)<ティアナ XE> 紺系
走行距離 4.6万km 新車販売価格 249.9万円 参考買取価格 86万円 残価率34%

日産ティアナの人気グレードと残価率

日産ティアナの人気グレードは「XV ナビAVMパッケージ」「XV」「XL」になります。この人気グレードを中心に買取価格の順位と残価率をご紹介します。

※「XV」は2019年4月現在では日産のウェブカタログには掲載がなく新車販売は終了しています。

グレード・年式 買取参考価格 新車価格 残価率
1 XV ナビAVMパッケージ
平成28年 L33
196~212万円 3,513,240円 56~60%
2 XV
平成28年 L33
177~193万円 3,197,000円 55~60%
3 XL
平成28年 L33
177~193万円 2,897,000円 61~67%
4 XV
平成27年 L33
170~186万円 3,197,000円 53~58%
5 XL
平成27年 L33
154~170万円 2,897,000円 53~59%
6 XV
平成26年 L33
138~154万円 3,132,000円 44~49%
7 XE
平成26年 L33
125~141万円 2,499,000円 50~56%
8 XL
平成26年 L33
120~137万円 2,832,000円 42~48%
9 250XV
平成26年 J32
113~129万円 3,542,000円 32~36%
10 250XL FOUR
平成25年 TNJ32 (4WD)
113~129万円 3,132,000円 36~41%

日産ティアナの人気グレードは残価率が高い

3年落ちの車の残価率は45%前後が平均的で、不人気車種になると40%前後、人気車種では55%前後と言われています。

日産ティアナの人気グレードで3年落ちの残価率を計算すると55~67%という数値が出ました。上記のランキングの中では買取価格第3位の平成28年式(2016年式)ティアナXLが残価率67%と最高数値を出しています。これから日産ティアナの購入をお考えの方はXLというグレードも選択肢に入れておくと良いでしょう。

一般的な3年落ちの残価率と照らし合わせると、人気車種の残価率である55%前後と同等かそれ以上となります。日産ティアナの人気グレードは本当に人気がある車種だと言えるでしょう。

日産ティアナをより高額に買い取ってもらうポイント

日産ティアナの人気ボディカラー

日産ティアナのボディカラーは全部で6色あります。人気ランキング形式で全6色のラインナップをご紹介します。

  1. ブリリアントホワイトパール(特別塗装色)
  2. ダイヤモンドブラック(特別塗装色)
  3. ブリリアントシルバー
  4. ダークメタルグレー
  5. ウォーターフォールブルー
  6. ラディアント レッド

日産ティアナは大型高級セダンという性質上、レッドやブルーと言ったカラフルなボディカラーには人気がなく、ボディが大きく見えて清潔感のあるホワイト系の「ブリリアントホワイトパール」や高級感を最高に演出できるブラック系の「ダイヤモンドブラック」、この2色が圧倒的な日産ティアナの人気ボディーカラーになります。

これから日産ティアナの購入をお考えであれば、ボディカラーは「ブリリアントホワイトパール」か「ダイヤモンドブラック」、さらに買取価格が下がりにくくアップの可能性があるシルバー系の「ブリリアントシルバー」がおすすめです。

※「ブリリアントホワイトパール」と「ダイヤモンドブラック」は特別塗装色となり新車で購入の場合は43,200円(消費税込)高となりますのでご注意ください。

日産ティアナの人気オプション

日産ティアナの人気オプションですが、日産公式サイトによると以下のようになっています。

  1. NissanConnect ナビゲーションシステム+アラウンドビューモニター+ステアリングスイッチ+6スピーカー+LDW(車線逸脱警報)+BSW(後側方車両検知警報)+クルーズコントロール
  2. ガラスルーフ(電動スライド&フロントチルトアップ、UVカット機能付プライバシーガラス、シェード付)
  3. ナビレコお買い得パック(MM518D-W)/(MM318D-W)+ETC2.0

1位と2位はメーカーオプションのため後付けはできませんが、3位はディラーオプションなので後付けが可能です。ただし在庫状況などで後付けできないこともありますのでご注意ください。

日産ティアナの10年以上落ちは買取価格がつくのか?

現行型の3代目日産ティアナは登場からまだ5年程度ですが、先代の初代と2代目は登場から10年以上経過しています。日産ティアナの10年以上落ちは買取価格がつくのでしょうか?

結論からお伝えすると、買取価格はつきます。ただし、全ての10年以上落ちの日産ティアナに買取価格がつくわけではありません。外観や内装のキレイさ、走行距離など次に売ることができる車かどうかで判断されます。参考程度に各年代でどれくらいの買取価格がつくのかをご紹介しておきます。

  • 2003年式、ティアナ 2.5 250JM FOUR 4WD 、3〜4万km、ブラウン:買取価格124,800円
  • 2004年式、ティアナ 2.3 230JM、6〜7万km、ブラック:買取価格102,400円
  • 2005年式、ティアナ 2.3 230JM、7〜8万km、ホワイトパール:買取価格130,000円

【購入検討者必見】日産・ティアナにかかる維持費を徹底調査!

まとめ

日産の代表的な大型高級セダン、日産ティアナの特徴や買取価格・残価率をご紹介しました。日産ティアナは新車価格がライバルより安く3年後の残価率が高い車種なので、購入でも売却でも「お得な高級車」でオススメできる車種でした。日産ティアナを売りに出そうとお考えの方はこの記事を参考にしてみてください。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報