コンパクトカーの人気車種7選!コンパクトカーのメリットは?

使いやすくてコスパの優れたコンパクトカー。おすすめの人気車種7選を紹介します。コンパクトカーを選ぶメリットや中古車を購入するときの選び方も解説するのでぜひ参考になさってください。

目次

コンパクトカーとは

普通自動車の中でもコンパクトなサイズ感で、排気量も少ない「コンパクトカー」。コンパクトカーにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

コンパクトカーのメリット
  • コスパが良い
  • 普通自動車の中で最も小回りが利く
  • ハイブリッドモデルがある
  • 軽自動車よりも安全・快適

では、コンパクトカーを選ぶメリットを一つずつ解説していきます。

コスパが良い

コンパクトカーの一番のメリットはコスパの良さです。普通自動車ですが本体価格が200万円以下の新車もたくさん販売されています。

コンパクトカーの需要が高まっている日本では、各メーカーでコンパクトカーの生産に力を入れているため種類が豊富です。

比較的安値で、維持費が安いため、初めての車購入におすすめなのがコンパクトカーなのです。

小回りが利く

コンパクトカーは最小回転半径が、他の普通自動車に比べて短く小回りが利きます。狭い道や狭い駐車スペースでも扱いやすいです。

普通自動車のサイズ感は身に余る、運転とくに駐車が苦手だと感じている方にとってコンパクトカーはおすすめです。運転に不慣れな方でも安心して扱えるでしょう。

ハイブリッドモデルを選べる

ハイブリッドカーを購入したいと考えている方にとってもコンパクトカーはおすすめです。コンパクトカーのラインナップなら、本体価格200万円以下のハイブリッドモデルを購入できます

マイルドハイブリッドを搭載している軽自動車とは違い、EVだけで走行可能なハイブリッドモデルを選べます。

軽自動車に比べて安全性・快適性が高い

車体サイズが小さい点で言えば、軽自動車の方が維持費は安く済みます。しかし、車内空間をできる限り広げるために車高を高くした軽自動車は横風の影響を受けやすいことが難点です。

コンパクトカーは普通自動車ですから、「コンパクト」とはいえ車内空間に余裕を持たせると同時に安定感もあります。

充実した予防安全性能が搭載されているという点でもコンパクトカーの安全性は軽自動車よりも優れています。

コンパクトカーの人気車種7選

では早速、コンパクトカーの人気車種7選を紹介しましょう。

これからコンパクトカーに買い替えようと検討中の方は、それぞれ車種の基本スペックやおすすめポイントを参考になさってください。

ノートe-POWER

ノートe-POWERの基本スペック
  • 新車価格:202~218万円
  • 最小回転半径:4.9m
  • 燃費:34.8/38.2㎞/L
  • 全長4,045㎜×全幅1,695㎜×全高1,505/1,520㎜

低燃費×静かな走行性能

ノートe-POWERの最大のメリットは低燃費と静粛性の両立です。動力エネルギーを作っているのは100%電気モーターですから、電気自動車に匹敵する静粛性を実現しています。

エンジンの作動時間は短く、必要な時に必要なだけ発電するため低燃費です。独自の発電システムにより高い燃費性能と、静寂な走行性能がノートe-POWERの魅力となっているのです。

外部電力からの充電は必要ない

電気自動車とは違い、バッテリーの電源を使いはたすことはありません。走行中もガソリンエンジンを使って充電できるので、外部電力から充電する必要がないのです。

力強くスムーズな加速性能

e-POWERに限らずノートはスムーズな加速性能が魅力です。しかし、アクセルを踏んだ時の加速感が良いのは電気自動車です。

ノートe-POWERは電気自動車のようにモーターで動力を得ているため、アクセルを踏み込んだ時の加速感が優れています。高速道路などでストレスなく扱えるでしょう。

日産ノートの高額買取はe-POWERが鍵?ノートの買取のコツ!

 

スイフトスポーツ

スイフトスポーツの基本スペック
  • 新車価格:201~208万円
  • 最小回転半径:5.1m
  • 燃費:16.6/17.6㎞/L
  • 全長3,890㎜×全幅1,735㎜×全高1,500㎜

大人っぽい国産コンパクトスポーツカー

スイフトをベースとしたボディですが、溶接個所を増やし、エンジンにターボ6速MTを採用し、ブレーキサイズを拡大するなどのスポーツカーとして高性能なコンパクトカーになっています。

チューニングカーではなく、大人っぽいコンパクトスポーティカーとして本物感があるのは今のところスイフトスポーツのみです。

アクセル踏みこみに俊敏レスポンス!

スイフトスポーツに搭載されているエンジンは1.4L直噴ターボです。アクセルを踏み込んだだけ即反応してくれる俊敏なレスポンスが魅力。加速時の心地いサウンドはスポーツカー好きにはたまりません。

最新モデルらしい充実した安全装備

軽量で高剛性なプラットフォームが採用されているスイフトスポーツ。運動性能だけではなく安全性能も充実しています。

他のメーカーのスポーツモデルには設定されにくい安全支援技術も登載されています。前後誤発進抑制機能やブラインドスポットモニターなどが含まれた「スズキセーフティサポート」を標準装備している点もスイフトスポーツの大きなメリットです。

スイフト高額で買取されるグレードとカラーとは?最新の相場も紹介!

フィットハイブリッド

フィットハイブリッドの基本スペック
  • 新車価格:199~253万円
  • 最小回転半径:4.9m
  • 燃費:30.8~38.6㎞/L
  • 全長3,395㎜×全幅1,695㎜×全高1,515/1,540㎜

視界の爽快感を実現したフロントビュー

極細なフロントピラー設計で、ドライバーの視界が広がっています。水平貴重なインパネやワイパーの配置などにより、爽快感のあるフロントビューが特徴です。

外の景色を存分に楽しめるので、長距離ドライブやレジャーシーンで乗る人みんなが心地よく感じられるでしょう。

ボディ―スタビライジングシートを採用

フィットハイブリッドはフロントシートにボディ―スタビライジングシートを採用しています。

ボディ―スタビライジングシートとは
人の骨格を研究して作られた快適なシート。

背中からお尻にかけて包み込むように設計されたシートです。しっかり背面を支えてくれるので長時間のドライブも快適に過ごせます。

加速の爽快さと静かな走りを両立

2つのモーターを使ったハイブリッドシステムを搭載しているフィットハイブリッド。爽快な加速感と静粛性を実現しています。

走行シーンに合わせて3つのモードに切り替えて走行できます。路面の凹凸による細かい振動も抑制してくれるので安定した走行性能を期待できるコンパクトカーです。

【2019年最新版】国民的人気のホンダフィット!最新買取相場は?

ソリオ

ソリオの基本スペック
  • 新車価格:158~214万円
  • 最小回転半径:4.8m
  • 燃費:21.8/22.4㎞/L
  • 全長3,790㎜×全幅1,645㎜×全高1,745㎜

新型プラットフォームを採用

ソリオは2台目以降、新型軽量高剛性プラットフォームを採用しています。車重量は900kgなのに対し、車内スペースが広々としているコンパクトカーです。

車内にはウォークスルーを取り入れ、コンパクトカーとは思えない快適で過ごしやすい車内空間を実現しています。邪魔なでっぱりがないフラットなシート設計は使い勝手抜群です。

パワーユニットの効率化で高い燃費性能

ソリオはデュアルジェットエンジンやマイルドハイブリッドを搭載しているコンパクトカーです。必要に応じて発電機でパワーアシストすることにより高い燃費性能が期待できます。

さらに、ソリオには本格フルハイブリッドモデルもあります。60㎞/h以下の低速走行であれば、EV走行も可能となり、ガソリン代を大幅に節約できます。

センターウォークスルーを実現

先ほども軽く触れましたが、コンパクトカークラスにして無理のないセンターウォークスルーを実現しています。いちいち外に出て移動するのは面倒なシーンで、ウォークスルーを使えば便利です。

【ソリオ買取】高く売る為に知っておきたい3つの事!最新相場は?

ヤリス

ヤリスの基本スペック
  • 新車価格:139~249万円
  • 最小回転半径:4.8m
  • 燃費:16.1~30.1㎞/L
  • 全長3,940㎜×全幅1,695㎜×全高1,500㎜

TNGAプラットフォームを採用

ヤリスは「軽く、小さく、扱いやすく」をコンセプトに設計されています。コンパクトカー発、TNGAプラットフォームを採用することによって、無駄がそぎ落とされたシンプルなボディ形状が特徴です。

視認性が高いので運転しやすく、ハンドステアリングも安定しています。ハイブリッドモデルは30㎞/Lを超える高い燃費性能を実現しているのも新型プラットフォームに起因します。

ムダを削ぎ落したアクティブスタイリング

ヤリスのエクステリアデザインは無駄をそぎ落としたアクティブスタイリングです。全体的に引き締まった印象を与え、日常に躍動感をプラスしてくれるコンパクトカー。

インテリアデザインは上質で、機能性や快適性の点で妥協を見せないヤリスの室内空間はドライブに感動を持たしてくれます。

荷物に合わせたデッキボードの調節機能

ヤリスの荷室は2段階に調節できるアジャスタブルデッキボードになっています。乗せる荷物のサイズや形に合わせて荷室床面の高さを調節できるので便利です。

デッキボード下にも収納できるようになっています。コンパクトカーではありますが、荷物の収納力にも優れている点もメリットです。

ゴルフ

ゴルフの基本スペック
  • 新車価格:261~590万円
  • 最小回転半径:5.2m
  • 燃費:18.1/19.1km/L
  • 全長4,265㎜×全幅1,800㎜×全高1,480㎜

ユーロNCAPで最高ランクの安全性能

ゴルフはユーロNCAPで最高ランクの安全性能を装備しているコンパクトカーです。予防安全・衝突安全・二次被害防止という3つのステージそれぞれで安全性能「Volkswagen オールイン・セーフティ」を搭載しています。

長時間乗っても疲れない快適性

ゴルフは悪くいうと「真面目すぎる」と評価されるほど質実剛健な外車です。しかし、荷物の積載量が多くても、毎日高速長距離移動をしてもドライバーに疲れを感じさせない設計になっている点が最大のメリット。

タイヤ、シート、パワートレイン、運転アシストなどさまざまな面で高水準な性能が期待できます。最新のメーターディスプレイを採用して先進的なインテリアを装備しているのがゴルフです。

ロードノイズは非常に静か

ゴルフは安定した動性能に優れているコンパクトカーです。カーブの多い道でもボディ揺れのおさまりが早く、静粛性も優れています。

【ゴルフの買取を希望する人必見!】高額査定のポイントを大公開

MAZDA3ファストバック

MAZDA3 ファストバックの基本スペック
  • 新車価格:222~397万円
  • 最小回転半径:5.3m
  • 燃費:
  • 全長4,460㎜×全幅1,795㎜×全高1,440㎜

シンプルワイドな外装デザイン

「ありのままに生きる自由人」というコンセプトイメージのもと、シンプルワイドなエクステリアになっています。ドイツデザイン賞最高賞を受賞しているデザインです。

ファストバック専用の存在感が増したデザインはマツダらしい塊感を出しています。滑らかで軽量感のあるホイールも力強さが強調されています。

人間にフィットする安定した走行性能

MAZDA3は「スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー」が搭載されているため、長時間のドライブも快適です。

スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャとは
人間の足の代わりに路面からの力を伝え、人間にフィットした走りをするためのシャシー。

カーブの多い道も、すぐに直進状態に戻せるようぎじゅ搭載されています。車両の動きを安定させて疲れにくくドライバーが運転を楽しめるコンパクトカーです。

全グレードに充実した安全装備

MAZDA3には全グレードに「i-ACTIVSENSE」というマツダトップクラスの次世代型安全技術パッケージが標準装備されています。

さらに、優良グレードには前側方接近車両検知やクルージング&トラフィックサポートなどの運転支援システムも装備されているので、運転の負荷をできるだけ少なくできる車です。

コンパクトカーの選び方

コンパクトカーを選ぶときは価格だけに注目するのではなく、様々な面を考慮して自分が満足できる車種か慎重に検討しましょう。2つのポイントを解説します。

価格だけでなく全体的に満足できる性能か

コンパクトカーはコスパ抜群の普通自動車です。だからといって価格だけに注意を向けると、必要な機能が装備されていなかったり、満足できる質感を得られない車を選んでしまうかもしれません。

購入前にいくつかのコンパクトカーを試乗してみるのはいかがでしょうか。実際に載ってみて乗り心地を体験すると、選びやすくなります。

新車か中古車か

コンパクトカーを購入するときは新車にするか中古車にするかも選ばなければなりません。最新のコンパクトカーは燃費性能が高く、ハイブリッドモデルが登場しているのでおすすめです。

購入時の費用をできるだけ抑えたいのであれば中古車を検討しましょう。その際は、購入後の維持費を考えて修理保証がついている中古車を選ぶことをおすすめします。

まとめ

おすすめのコンパクトカー人気車種7選を紹介しましたが、気になる車は見つかったでしょうか。もしいくつか候補が出てきたのであれば、自分のライフスタイルや利用シーン、予算に合わせて絞り込んでいってください。

また、購入する際には現在乗っている愛車を買取・査定に出しましょう。愛車を丁寧に査定して、高額買取してくれる業者を見つけて、コンパクトカーとの良い出会いにつなげられるといいですね。