スクラップした車の買取相場はいくら?使わない車をお得に処理しよう

スクラップした車の買取相場はいくら?使わない車をお得に処理しよう「愛車を廃車にしようと考えてるけど、スクラップって実際どうなの?聞いたことはあるけど具体的なスクラップの流れや価格相場などが分からないので、あらかじめ知っておきたい。」と考えているあなたへ。

そこで今回は【スクラップした車の買取相場】についてご紹介します!あまり聞きなじみのない「スクラップ」。この記事では、スクラップ後の買取相場をはじめスクラップと廃車の違い、スクラップ工場に売る際の流れなどを詳しく解説しています。
スクラップを知ってるか知らないかで車の処理のスムーズさやお得さが変わってくるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

スクラップと廃車の違い

車におけるスクラップですが、一度は聞いたことがあるもののイマイチ分からないですよね。そこでまずは【スクラップと廃車の違い】について解説していきます。

一見同じもののように見えるスクラップと廃車ですが、実は大きく異なるものなんです。まずはスクラップと廃車の基礎知識を確認しておきましょう。

スクラップは「解体」すること、廃車は「手続き全体の流れ」のこと

一見同じように見えるスクラップと廃車ですが、実は概念が少し異なります。

  • スクラップは「解体すること」

スクラップは「解体すること」を言います。スクラップという言葉自体は聞きなじみがあるかと思いますが、車においても、一般的にイメージできるスクラップと同じ意味があります。スクラップでは「スクラップに特化した業者」などによって、車としては使えなくても、リサイクルできる部品だけ回収したり、リユースしたり、はたまた車をプレスしたりします。

  • 廃車は「手続き全体の流れ」のことです。

よく「車を廃車にする」と表現するように、廃車とは事務的な手続きのことを言います。今乗っている車を廃車にするには「永久抹消登録」と呼ばれる手続きを行う必要があります。この手続きによって「この車は自分の車ではない」と証明することができ、以降の自動車税などが発生しなくなるわけです。要するに、車を廃車にしない限り、車の維持にかかる税金などを払い続けなければなりません。

スクラップと廃車並行できる

「スクラップと廃車ってどっちを先に行えばいいの?」と思うかもしれませんが、どちらも並行して進めることができます。スクラップの作業と廃車手続きをどちらも一緒に行ってくれる業者が多いからです。依頼するスクラップ業者や工場さえ見つかれば初めての人でも問題なく車を手放すことができます。
一方、自分で廃車手続きを行う場合は、運輸支局にて申告を行うかたちになります。ただ、スクラップと廃車を別々に行うのなら、必要書類の準備などから、スクラップを先に行ってその後に運輸支局に向かう必要があります。

スクラップ工場が買取してくれる理由

続いては【スクラップ工場が買取してくれる理由】をご紹介していきます。車を手放すときにぜひ覚えておきたいのが、スクラップ工場です。スクラップ工場では、基本的にどんな車でも買い取ってくれます。では一体なぜスクラップ工場で買取が実現できるのか。その理由を見ていきましょう。

どんな状態でも「ゴミ」ではなく「資源」

「スクラップした時点でゴミになるから価値が付かない」と考えがちですが、実は違います。スクラップ工場から言わせると、スクラップしようが何をしようが車は「ゴミ」ではなく「資源」です。

さらに噛み砕くと、スクラップ後の車は【貴重な鉄資源】と考えることもできます。一般的な業者から見ると単なるゴミだと思われがちですが、スクラップ工場では決してそんなことはなく、むしろ積極的に買い取ることができるのです。「ウチの車はもうボロボロだし価値が付かないだろう・・・」と考えている人でも、諦めずにスクラップ工場に持って行ってみるのが良いでしょう。きっと思っていた以上に価値が付くはずですよ。

鉄の塊でも現金化できるルートがある

スクラップ工場をはじめとする専門業者では「スクラップした鉄の塊を現金化するルート」を持っています。先ほど、スクラップ後の車はゴミではなく資源だと言いましたが、「資源」ということはお金になるということです。

お金などの価値を生まなければ資源ではなく単なる巨大なゴミと化してしまいます。スクラップ工場では、大きな鉄の塊をゴミとして終わらせるのではなく、それをリサイクルするための特殊なルートを持っているため、最終的に現金化することができるわけです。車を鉄資源にしたとしても、数千円~数万円の価値があると言われています。

パーツごとに価値が付く

一般的に車の価値は「走れなくなったら終わり」と思われていますが、スクラップ工場ではそうではありません。スクラップ工場では、車そのものの性能ではなく「パーツごとの価値」を見ます。全ての業者がパーツごとの買取を行っているわけではありませんが、パーツ単位での再販ルートを持っている業者であれば、どんな状態の車であっても、そこそこ高額な値段が付くでしょう。

例えば、何らかの衝突事故を起こして車が大きく損傷し、車としての性能が限りなくゼロになってしまった場合でも、損傷していない部分はリサイクルできるわけです。スクラップ工場では、それらのキレイなパーツだけを取り外してリサイクルに回し、利益を出します。ケースによって異なりますが、高いときではパーツだけで100,000円もの価値が付くこともあります。

スクラップにしたときの価格相場

それでは早速【スクラップにしたときの価格相場】を見ていきましょう。一般的に車を売るとなれば何となく想像できますが、スクラップとなるとあまり想像ができないですよね。スクラップした車は一体どれくらいの価格で売れるのでしょう。具体的に解説していきます。

鉄は製造業全般で使われるので高く売れる

資源として再利用できる鉄ですが、日本国内におけるさまざまな「製造業」で使えます。そのため、スクラップでの価格相場は思っているよりも高いです。車のほとんどは鉄で出来ており、1トンの車であれば500キロほどの鉄が使われているわけです。一般的な買取業者に持っていって「0円」と言われても安心してください。スクラップ工場に持っていけばプラス査定をしてくれる可能性が高いです。

1トン当たり約30,000円の価値

先ほど言ったように、車には重量に対して半分ほどの鉄が含まれています。日本鉄リサイクル工業会の調査によると、2018年時点でのスクラップの相場価格は29,600円/トンです。1トンあたり約30,000円というのはかなり意外な数字ですよね。
またスクラップの相場価格ですが、一年を通して「高い時期」「安い時期」というのは存在せず、基本的に安定しているのが特徴です。やや低迷する年もありますが、今では30,000円前後に落ち着いています。

参照:http://www.jisri.or.jp/market/kokunai/kokunai_h30.html

スクラップ後でも数万円の価値が付く

先ほどスクラップ後でも約30,000円の価値が付くとご紹介しました。車一台あたりの重量は、軽自動車で約800kg、普通自動車で約1,500kgです。それぞれ半分ずつ鉄が含まれていると考えると、軽自動車なら400kg、普通自動車なら750kgとなります。スクラップ後は1トンあたり約30,000円の価値ですから、最低でも10,000~20,000円の価値が付くと言えるでしょう。

スクラップ工場へ売る際の流れ

それでは最後に【スクラップ工場へ売る際の流れ】を説明していきます。基本的にどんな車でも価値を付けてくれるスクラップ工場ですが、実際に売るまでの流れとは一体どんなものなのでしょう。ざっくりとした流れさえ知っていれば、初めてでも困ることなく車を売却できますよ。具体的な流れは以下の通りです。

スクラップ工場に車を持ち込む

車をスクラップしようと思ったら、まずはスクラップ工場を探し、自分で工場まで持って行かねばなりません。インターネットで「車 解体」や「スクラップ 買取」と検索すれば工場や専門業者が出てくるはずです。

プラスして「住んでいる地域名」を入力して、スクラップ工場を探しましょう。気になる工場が見つかったら、実際に工場へと車を持ち込みます。ここで覚えておきたいのが、スクラップ工場に持ち込む際は「自分で持ち込まねばならない」ということ。買取業者であれば無料で取りに来てくれるケースも多いですが、工場の場合は自分で持って行かねばならないので要注意です。

工場が「パーツの取り外し」→「粉砕処理」を行う

実際にスクラップ工場に車を持ち込んだら、あとは工場が処理を行ってくれます。パーツの取り外し→粉砕処理という流れでスクラップを行います。パーツにはホイールやタイヤ、ナビ、オーディオ類などさまざまなものがありますが、これらは中古車市場にて再度販売されることも。エンジンも状態によっては再度市場に流されたり、海外へのルートに流されたりするのです。

また自動車リサイクル法によって、エアバッグやフロン類は取り外すことが義務付けられており、それらを取り外した後、粉砕処理がなされます。
パーツの取り外し作業が終わったら、車をプレスして粉砕します。プレス機によって車が圧縮され、最後には専用のシュレッダーにかけられ、車は細かく砕かれるのです。

値段が付けられる

スクラップの一連の流れが終わったら、スクラップ工場より現金を受け取ります。工場や業者によって価格は異なりますが、基本的には数千円〜数万円での買取が可能でしょう。スクラップ工場に持っていった場合は、価値がゼロになったり、こちらが支払いをしなけらばならないケースはないので、安心してください。

自分でスクラップ→廃車手続きを行うなら運輸支局へ

車を自分でスクラップ工場に持ち込んで処理を行った場合、その後の廃車手続きまで自分で行わなければなりません。廃車手続きは、「運輸支局」にて行います。ただ、運輸支局は平日しか営業しておらず、自宅から遠いケースもあるので要注意です。月末などは手続きに訪れる人で混んでいることも多いので、タイミングを見計らって行くのがおすすめです。

廃車買取業者に持ち込むのもアリ

車の状態にもよりますが、廃車買取などの専門業者に車を持ち込むのも良いでしょう。業者に依頼した場合、価値が付くかどうかは曖昧ですが、なかにはパーツごとの買取を行っている業者もあります。わざわざ業者に車を持ち込まなくても車を取りに来てくれるところもあるため、一度調べてみると良いでしょう。

また業者に依頼した場合、廃車手続きの代行も行ってくれます。全国展開している大企業ならサービスの質も高いです。もしスクラップを考えているのなら、工場に行く前に一度業者に見積もりを立ててもらうのも良いでしょう。

まとめ

スクラップした車の買取相場について詳しく解説しました!いかがでしたか?
あまり聞きなじみのない「スクラップ」ですが、実は意外と簡単ですし、誰でもスクラップを依頼することはできます。知っているか知らないか車処理のスムーズさに大きな差があるので、ぜひこの記事を参考にしながら、円滑に車を売りましょう!

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます