ディーラーで車を売るのは得をする?下取りVS買取論争に終止符!

新車の購入の際には、ディーラーで車を売る<下取り>が選ばれることが多くみられます。ただ、ディーラーで車を売ると本当に得をするのでしょうか。少しでも高く売れると、その分だけ新車が安く購入できるため、気になる人も多いでしょう。

そこで今回は、ディーラーでの下取りについて解説します。

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

車を売る方法には2種類ある

車の売却を考えるとき、気になるのは、どこにどんな方法で売れるのかという点でしょう。車を売る方法は大きく分けると2種類あり、それぞれに違った特徴があります。そのため、それぞれの特徴を知り、自分にぴったりの方法を選ぶのがおすすめです。

車を売る方法は以下の通りです。

  • ディーラーでの下取り
  • 中古車買取店での買取

ここからは、これら2つの方法について詳しく紹介していきます。

ディーラーでの下取り

車を売ると考えたとき、ディーラーでの下取りを思いつく人も多いでしょう。ディーラーでの下取りは、昔ながらの方法であり、極めてポピュラーです。

しかしながら、車を売却する方法がほかにも登場するようになり、ディーラーでの下取りをする人は少なくなっています。なぜなら、ディーラーの下取りにはデメリットも多いからです。

中古車買取店での買取

これまでポピュラーであったディーラーでの下取りですが、それとは別の売却方法もあります。それが、中古車買取店での買取です。買取店は、車を買取ることを専門としているのが特徴でしょう

中古車買取店はユーザーから買い取った中古車を、オークションや自社店舗などで転売することで利益を上げる会社です。いいかえると、車を買取ることで利益を生み出していますので、1台でも多くの車を買取る必要があります。

そういった理由から、買取額が高くなる傾向にもあるでしょう。さらに、買取店ばかりを集め、一括で査定が依頼できる一括査定サイトなども登場しています。

ディーラーで下取りをするメリット

ディーラーで下取りをすると、以下の3つのメリットがあります。

  • 手間が省ける
  • 値引き額が交渉できる
  • 価値がない車にも値段がつきやすい

これらは具体的にどのようなメリットなのでしょうか。詳しく解説していきます。

手間が省ける

新しい車を購入する際には、これまでの古い車を処分する必要があり、車の処分には非常に面倒な手続きが必要です。そのため、ディーラーでは下取りとしてユーザーの車の処分を代行し、車の処分にかかる面倒な手続きの手間を軽減しています。

車の処分の手続きが面倒な理由は、車は財産として考えられ、法律で所有権が守られていることにあります。そのため、簡単に処分できず、いくつもの書類が必要です。これは、車を廃車にするだけでなく、車の売却の際にも必要となります。

車に乗り換える際の面倒な手続きをディーラーが引き受けることで、ユーザーの手間が省けるようになるのです。また、新しい車の購入に必要な手続きと同時に進められることでも、かかる時間の節約になるでしょう。

さらに、書類のやり取りなどもすべてひとつの店舗で完了できることから、安心して任せられるのも魅力です。

値引き額が交渉できる

下取りは車を売却することでお金を手に入れるものではありません。下取りでついた金額は、そのまま次の車の購入資金となるのが特徴です。

下取りでついた金額は、新たに購入する車から値引きされる形で還元されますので、下取り価格が上がると、新車価格からの値引きが大きくなります。

そのため、新車価格の値引きが難しい場合でも、下取りによって値引き額を増やすことが可能です。下取りの交渉次第では、新車が安く購入できるようになるともいえるでしょう。

また、レクサスなどの場合には、原則値引き販売を行っていません。値引きをしたとしても数万円程度に収まることも多く、実質値引き難しいカーブランドだといえるでしょう。

そんなレクサスでも、下取りによって値引きが可能になり、新車が少しでも安く買えるようになります。

価値がない車にも値段がつきやすい

ディーラーでは、新しい車を購入する人にこれまでの車の処分を下取りという形で行っています。新しい車を購入してくれたユーザーへのサービスの一環でもあることから、価値がない車にも値段をつけてもらうことが可能です。

買取の場合には、転売を目的としていることから売れない車には値段がつきません。一方で、ディーラーでは新しい車の購入代金からの値引きという形で、値段をつけてもらえるのです。

そういった理由から、走行距離が多すぎる車や、年式が古すぎる車は下取りに出すことで高値での売却が可能になるでしょう。

ディーラーの下取りにはデメリットもある

メリットの多いディーラーの下取りでしたが、やはり、デメリットも存在します。ディーラーの下取りのデメリットは以下の3つが挙げられるでしょう。

  • 査定額が低くなりやすい
  • 出張査定がない
  • 下取りで得たお金を自由に使えない

査定額が低くなりやすい

下取りは、先ほども説明した通り、ユーザーの車の処分にかかる手続きを簡単にする目的のもと、車を購入してもらうサービスの一環として行われています。そのため、それほどまでに高い査定額がつくことはありません。

買取などでは、転売を目的としているため、ライバルである他の業者と競いながら査定金額を提示します。一方で、下取りにはライバルが存在しませんので、車 査定でも競う必要がないでしょう。

そういった理由から、査定額が低くなりやすい傾向にあります。

出張査定がない

買取のサービスには出張査定があり、自宅にいながらにして査定が受けられます。しかし、ほとんどのディーラーでは出張査定を行っていません。

ディーラーでは、店舗に持ち込んで査定を受けるのが一般的です。書類などの面倒な手続きは軽減されますが、車を査定に持ち込む手間はかかると考えましょう。

下取りで得たお金は新車の購入代金以外に使えない

下取りでついた値段は、次の車の購入代金として値引きされます。下取りでたくさん値段がつくと、購入代金が増えることになるため、お得に車を購入できるといえるでしょう。

ただし、下取りで得たお金を現金として受け取ることはできません。自動的に新車の購入代金として値引きされることから手元に渡ることもないのです。

よって、下取りで得たお金は自分の好きなように使えないと考えましょう。

ディーラーを選んだほうがいい人

ディーラーでの下取りに向いている人は、余計な心配や手間をかけたくない人です。本当に車が売れるのか、どれくらいの手間が掛かるのかといった点が気になる人は、ディーラーを選ぶと安心だといえるでしょう。

また、車に興味があり、話題のモデルや新型車の購入を望んでいる人もディーラーでの下取りタイプです。話題のモデルや新型車はディーラーでも値引きが難しい車です。そういった車を少しでも安く購入する方法として、下取りを利用する人も多いでしょう。

さらに、目に見える金額だけでなく、手続きなどをふまえた全体像で価値を判断するのが好きな人にもディーラーでの下取りはぴったりです。下取りの場合には現金が手に入りません。しかし、新車が安く購入でき、面倒な手続きも軽減されるのです。

そういった点を踏まえてトータルで考えると、ディーラーでの下取りに価値があると感じる人もいるでしょう。そのため、総合評価で物事を考えるタイプの人はディーラーでの下取りがぴったりです。

買取店を選んだほうがいい人

ディーラーでの下取りに向いている人がいるように、買取店での買取が向いている人もいます。まず、少しでも高く売却したい人は買取店を選ぶのがいいでしょう。

買取では、買取った車を転売することで利益を得ますので、車は商品として扱われます。また、売れる車は少しでも高く買いたいという買取店も多いことから、高値がつきやすい傾向にもあるのです。

さらに、改造車などのディーラーでは値段が下がりやすい車でも、独自の販売ルートを持っている買取店では、車の高価買取ができます。

得をすることには自ら進んでチャレンジしたいという人にも買取が向いています。下取りは次の車を購入するディーラーに持ち込むだけで簡単ですが、買取では自分で買取店を見つけなければなりません。

少しでも高く売るためにいくつもの買取店に査定を依頼することもあり、手間もかかるでしょう。しかしながら、頑張れば頑張っただけ高く買取ってくれる買取店が見つかることが多いのです。

そのため、少しでも高く売るために自分で動きたいという人には買取がぴったりだといえるでしょう。

買取を依頼する前にしておくこと

車 買取を依頼する前には、しておくべきことがいくつかあります。これらをしておかないことには高値での売却は難しいともいえるでしょう。ここからは、買取り前にしておきたいことを紹介します。

査定前に相場を調べる

車の売却をする前には、その車がどのくらいの価格で売れるのかを知っておくのがいいでしょう。そうすることで、ある程度の基準が判断できます。買取業者のなかには悪徳業者などもあり、極めて安い値段を提示してくることもあります。

1社目に悪徳業者に出会った場合には、その価格が適正だと感じてしまうこともあるでしょう。しかし、相場を知っていれば悪徳業者に引っかかることがありません。

売却価格の相場を知りたい場合には、インターネットの買取相場検索サイトなどを確認してみましょう。また、無料査定に出すことでも相場がわかります。一括査定を利用し複数の買取店に車 査定を依頼する方法も便利です。

買取業者を選ぶ

買取において非常に重要なのが買取業者を選ぶことです。先ほども説明した通り、業者の中には悪徳業者も含まれますので、しっかりと検討してから決める必要があります。

また、気持ちよく買取ができるよう、接客や売却後の対応などを調べておくのがいいでしょう。インターネットなどには口コミや評判などが載せられていますので、事前に確認しておくことが大切です。

買取に必要な書類は?

車の買取にはいくつかの書類が必要です。買取直前になって慌てないよう事前に用意してくのがいいでしょう。買取に必要な書類は以下の通りです。

  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書
  • 印鑑
  • 印鑑登録証明書(発行日から3カ月以内)
  • 振込口座情報
  • リサイクル券

ここからは、それぞれの特徴や注意点などについて紹介していきましょう。

自動車検査証

自動車検査証は、車検証という名前で知られています。下取りであっても買取であっても車を売る際には車検証は必要です。しかし、車検証は車のダッシュボードに入っている人も多く、急いで用意する必要はありません。

まずはダッシュボードを確認し、入っているかを確かめておきます。万が一、ダッシュボードにない場合には再発行をしましょう。再発行は運輸支局でできますので、早急に連絡をしておきます。

車検証の再発行には再交付申請手数料や車検証再発行代行料などが必要です。

自賠責保険証明書

車の購入時に強制的に加入させられる保険として自賠責保険があります。事故を起こした際には、自賠責保険に加入していることを示す、自賠責保険症が必要です。そんな自賠責保険証も車を売る際には提出が求められます。

自賠責保険証明書は車検証と一緒にダッシュボードに入っていることがほとんどでしょう。自賠責保険証明書が見つからない場合には、整備工場やディーラーに問い合わせる必要があります。

自動車納税証明書

自動車税は、毎年4月1日に車を所有している人全員に発生する税金です。自動車税を納めると、自動車納税証明書が送られてきます。車を売る際には、自動車税を納めていることを証明する自動車納税証明書が必要です。

自動車納税証明書を紛失した場合には各都道府県にある都道府県税事務所で再発行ができます。

実印

印鑑には実印と認印の2種類があり、印鑑登録証明された印鑑が実印です。実印は信用性が高いため、車の売買などの重要な書類に使用します。

一方で認印は、宅急便などのそれほど重要でない書類に使用するものであり、重要な書類には使えません。

印鑑登録証明書

車を売る際に必要となる印鑑が自分のものであることを示す書類が印鑑登録証明書です。これは、役所で登録することで発行できます。印鑑登録は車の売買だけでなくさまざまな重要な場面で必要となりますので、持っている人も多いでしょう。

ただし、車を売る際の印鑑登録証明書は発行から3カ月以内のものと決められています。そのため、3カ月よりも前に取得した印鑑登録証明書は使用できません。

準備しておいたのに使えないということにならないよう、時期を見計らって発行しましょう。

振込口座情報

買取が成立すると、お金は指定した銀行口座に振り込まれますので、買取業者に振込口座情報を伝えなくてはなりません。そのため、買取の際には振込口座がわかるものを用意しておきましょう。

口座情報が間違っている場合には、どれだけ待っても買取金額は振り込まれません。そのため、振込口座情報を間違えずに伝えることも非常に重要です。

リサイクル券

車の購入時には車を廃車するときに必要となるリサイクル料金を前もって支払います。そのリサイクル料金を支払ったことを証明するのがリサイクル券です。

リサイクル券も車の売却の際に必要となります。車検証と一緒にダッシュボードで保管している人も多いため、確認しておくのがいいでしょう。

まとめ

車を売る方法には、ディーラーでの下取りと買取店での買取があります。ディーラーの下取りでは、新車が安く変えるといったメリットが期待できるでしょう。ただし、高値で車の売却を望むのであれば、買取が有利です。

買取では、高く売ることができる以外のメリットもありますので、相談してみるのがいいでしょう。車を買取に出す際にはビッドナウ車買取が便利です。

ビッドナウ車買取では、しつこい勧誘もなく高値で売れる買取店が見つかります。車の売却はビッドナウ車買取に相談してみましょう。

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます