トヨタ86の最大のライバルは兄弟車!スバルBRZの買取相場

スバルBRZは、スバルとトヨタの共同開発によって2012年3月に販売が開始されたスバル初の市販FRスポーツカーです。兄弟車のトヨタ86と基本的な設計も生産工場も同じスバルBZRですが、両車を比較しつつスバルBRZの買取について紹介します。

スバルとトヨタの共同開発BRZの特徴

スバルBRZは、スバルとトヨタの共同開発によって誕生したFRスポーツカーですが、一般的なOEM商品とは違って全体的なデザインと企画はトヨタが行って、開発から設計まではスバルが行っています。

BRZの車としての特徴

低重心がコンセプトのスバルBRZなので、低重心化を実現する為、スバル伝統の水平対向ボクサーエンジン・FB20型に、燃料噴射技術はトヨタの直噴技術・D-4Sを組み合わせた、素晴らしいエンジンに仕上がっています。

スバルBRZと兄弟車のトヨタ86は共に、スバル群馬製作所本工場にて生産されて、販売開始日も2012年3月と両車共に同じ日となっています。スバルBRZの名前は、スバル伝統エンジンでもあるボクサーエンジンの【B】、リア駆動車の【R】、英語で究極の意味を持つ【Z】の3つを合わせて【BRZ】と命名されました。

スバルと言えば、オフロードやラリーカーをイメージする人が多く、ハイパワー4WDのイメージが強いのですが、スバルBRZはこれまでにない純粋なFRスポーツカーとなっている事が最大の特徴です。スバルBRZユーザーは、価格帯が少し高い事も原因なのか、若い年代よりも40歳~50歳代から高い支持を受けています。

スポーティーで安定した走行で普段使いに人気

スバルBRZは、スポーツカーですがセカンドカーでは無く、ファーストカーとして購入して勤や通学の普段使いに使用しているオーナーが多いようです。

ノーマルの場合、立体駐車場へも普通に駐車する事も出来ますし、燃費も良く、軽快な走りでストレス無く買い物にも通勤にも利用する事が出来るのも人気の理由になっています。SUVよりもかえってスバルBRZのようなスポーツカーの方が、普段使いには便利なのかもしれません。

BRZの「兄弟車」トヨタ86との違い

スバルBRZとトヨタ86は、基本的な作りは殆ど同じですが、細かく調べてみると両車ともそれぞれ個性が強く、色々と違う面を見つける事が出来ます。

TVアニメの頭文字Dで、「オーナーを育ててくれるのが86」と言う有名なセリフもありますが、スバルBRZに関しては難しい運転技術は必要なく、安定感があるので誰が乗っても楽しめる車になっています。兄弟車でもコンセプトが両メーカーとも違うので、サスペンションやグレードなどを比較してみました。

サスペンションの違い

スバルBRZもトヨタ86も、サスペンションに関しては大きな変更はしないで同じ足回りで発売する計画が当初はあったようですが、トヨタ側からの提案でサスペンションのセッティングを差別化するように提案されたとの事です。サスペンションのセッティングは車の挙動に大きく関わる事なので、両メーカーの目的がハッキリと分かれます。

トヨタ86は、後輪を滑らせるドリフト向きのセッティングに対して、スバルはFRなのにお得意の4WD向けのセッティングになっています。

トヨタ86は、フロントサスペンションを柔らかくする事で、後輪をを滑らせて駆動力をコントロールしやすいセッティングに、スバルBRZは逆に後輪のサスペンションを柔らかめにセッティングする事で車体の安定性を重視して、4WDのような乗り味にする事で誰が運転しても安定したドライブが行えるようにしています。

一概にどちらが良いかは判断しにくいのですが、トヨタ86のドリフト仕様のセッティングは、初心者やドリフト運転を知らない人には後輪の挙動がシビアなので慣れるまでは戸惑うかもしれません。FRを存分に楽しむならトヨタ86、安定した走行を楽しみたい人にはスバルBRZが良いでしょう。

グレードとオプションの組み合わせの違い

スバルBRZとトヨタ86を、グレードとWEB上で設定出来るオプション品をそれぞれ比較してみましたので紹介します。尚、市販車として実用性の乏しい競技用グレードのスバルBRZ・RARacingとスバルBRZ・RCustomizePackageは除きます。

スバルBRZ・Rとトヨタ86・Gの装備比較

【スバルBRZ・R標準装備】
・17インチアルミホイール
・本革巻きステアリングホイール
・本革巻きシフトレバー(AT車)
・本革巻きシフトノブ(MT車)
・アルミパッド付スポーツペダル
・ドアトリム
・ステンレス製サイドシルプレート

【トヨタ86・G標準装備】
・16インチアルミホイール
・デュアルエキゾーストテールパイプ
・ウレタンシフトレバーノブ&パーキングブレーキレバー
・ウレタン3本スポークステアリングホイール
・樹脂ペダル
・コンビネーションメーター(黒文字盤)
・ワイヤレスドアロックリモートコントロール+盗難防止システム
・マニュアルエアコン

【スバルBRZ・Rオプションパーツ】
・フルフロアアンダーカバー
・リヤスポイラー

【トヨタ86・Gオプションパーツ】
・マクファーソンストラット式フロントサスペンション
・brembo専用17インチアルミホイール
・スペアタイヤ

スバルBRZ・Rとトヨタ86・Gの比較結果

スバルBRZ・Rとトヨタ86・Gは、スバルBRZとトヨタ86の基本となる標準グレードです。スバルBRZ・Rの方が、トヨタ86・Gと比べて標準グレードにも関わらず、本革巻きステアリングホイールなどが装備されていて内容は格段に良いのが特徴です。

スバルBRZ・Sとのトヨタ86・GTの装備比較

【スバルBRZ・S標準装備】
・17インチアルミホイール
・LEDフロントフォグランプ
・ウェルカムライティング
・クルーズコントロール
・フルオートエアコン
・TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ付メーター
・キーレスアクセス&プッシュスタート
・フレームレスインナーミラー
・フルフロアアンダーカバー

【トヨタ86・GT標準装備】
・17インチアルミホイール
・LEDフロントフォグランプ
・デュアルエキゾーストテールパイプ
・本革巻きシフトレバーノブ&パーキングブレーキレバー
・本革巻き3本スポークステアリングホイール+ステアリングスイッチ
・スポーツアルミペダル
・コンビネーションメーター(白文字盤)
・スマートエントリー&スタートシステム+盗難防止システム
・左右独立温度コントロールフルオートエアコン

【スバルBRZ・Sオプションパーツ】
・リヤスポイラー
・レザー&アルカンターラパッケージ

【トヨタ86・GTオプションパーツ】
・マクファーソンストラット式フロントサスペンション
・brembo専用17インチアルミホイール
・スペアタイヤ

スバルBRZ・Sとのトヨタ86・GTの装備比較結果

スバルBRZ・SはスバルBRZ・Rをベースとして、トヨタ86・GTはトヨタ86・Gをベースとした上級グレードの位置付けです。装備的には両車とも殆ど変わらず、充実した装備で最も人気のあるグレードです。

大きく違う点は、スバルBRZ・Sはリヤスポイラーやレザー&アルカンターラパッケージがオプションで選べるのに対して、トヨタ86・GTは選択不可です。又、スバルBRZ・Sはリアブレーキディスクは15インチですが、トヨタ86・GTのリアブレーキディスクは16インチが採用されています。

スバルBRZ・GTとトヨタ86・GT”LimitedBlackPackage”の装備比較

【スバルBRZ・GT標準装備】
・LEDフロントフォグランプ
・ウェルカムライティング
・クルーズコントロール
・フルオートエアコン
・TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ付メーター
・キーレスアクセス&プッシュスタート
・ニーパッド
・フレームレスインナーミラー
・フルフロアアンダーカバー
・17インチアルミホイール(専用装備)
・SACHSダンパー(専用装備)
・brembo製4輪ベンチレーテッドディスクブレーキ(専用装備)
・リヤスポイラー(専用装備)
・本革×アルカンターラシート(専用装備)

【トヨタ86・GT”LimitedBlackPackage”標準装備】
・本革×アルカンターラシート
・リヤスポイラー
・brembo専用17インチアルミホイール
・brembo製4輪ベンチレーテッドディスクブレーキ
・LEDフロントフォグランプ
・デュアルエキゾーストテールパイプ
・本革巻きシフトレバーノブ&パーキングブレーキレバー
・本革巻き3本スポークステアリングホイール+ステアリングスイッチ
・スポーツアルミペダル
・コンビネーションメーター(白文字盤)
・スマートエントリー&スタートシステム+盗難防止システム
・左右独立温度コントロールフルオートエアコン

【トヨタ86・GT”LimitedBlackPackage”オプションパーツ】
・マクファーソンストラット式フロントサスペンション

スバルBRZ・GTとトヨタ86・GT”LimitedBlackPackage”の装備比較結果

スバルBRZ・GTは、スバルBRZ・Sをベースに、トヨタ86・GT”LimitedBlackPackage”はトヨタ86・GT”Limited”をベースにした走行性能・安全性能全を更に追求した上級グレードです。内装面では両車ともにスエードのような肌触りが特徴の本革アルカンターラシート(シートヒーター付き)が標準装備されています。

両車とも標準装備品には大きな差はありませんが、スバルBRZ・GTには、SACHSダンパーが標準装備されていますが、トヨタ86・GT”LimitedBlackPackage”は上位グレードにも関わらず標準装備はされていません。

スバルBRZ・STISportとトヨタ86・GRSPORTの装備比較

【スバルBRZ・STISport標準装備】
・brembo製4輪ベンチレーテッドディスクブレーキ
・ウェルカムライティング
・キーレスアクセス&プッシュスタート
・フレームレスインナーミラー
・リヤスポイラー
・フルフロアアンダーカバー
・215/40R18ハイパフォーマンスタイヤ&18インチアルミホイール(専用装備)
・STIチューニングSACHSダンパー&コイルスプリング(専用装備)
・STI製フレキシブルVバー(専用装備)
・STI製フレキシブルドロースティフナーフロント(専用装備)
・本革×アルカンターラシート(専用装備)
・ドアトリム(専用装備)
・ステンレス製サイドシルプレート(専用装備)
・STI・Sport専用フロントバンパー+エンブレム(専用装備)
・STIロゴ入りフロントフェンダーガーニッシュ

【トヨタ86・GRSPORT標準装備】
・専用フロントスポイラー+専用フロントバンパーサイドフィン
・GRSPORT専用エンブレム
・brembo専用17インチアルミホイール
・専用サイドステップ
・専用リヤスポイラー
・電動格納式リモコンドアミラー
・フェンダーガーニッシュ
・トヨタエンブレム
・専用小径本革巻き3本スポークステアリングホイール
・専用コンビネーションメーター
・専用オープニング画面
・専用スタートスイッチ
・専用剛性アップパーツリヤサスペンションメンバーブレース
・SACHSダンパー
・brembo製17インチ対向フロント4ポット・リヤ2ポットベンチレーテッドディスクブレーキ

スバルBRZ・STISportとトヨタ86・GRSPORTの装備比較結果

スバルBZR・STISportは、BRZ量産車の中では最上級グレードの位置付けで、スバルのチューニングブランドSTIとの共同開発でGTをベースにチューニングされた車両です。トヨタ86・GRSPORTもエンジン以外は専用開発されたパーツが使用されていて、トヨタ86の中でも最上級グレードGRのエントリーモデルに位置づけされています。

両車ともスバルとトヨタの技術がギッシリと盛り込まれた究極のFRスポーツカーと言って良いほどの仕上がりですが、トヨタ86・GRSPORTが17インチアルミホイールに対して、スバルBZR・STISportは18インチアルミホイールが専用装備されています。

BRZはグレードごとによる値段の振れ幅が少ない

スバルBRZは、競技用車両を除くと4グレード用意されていますが、標準グレードと最上級グレードでも車両本体価格の差が¥1,000,000-以内で、グレード間の車両本体価格の差が小さい事もBRZの特徴でもあります。

スバルBRZのグレード別車両価格

スバルBRZのグレードは、標準グレードのRと、RをベースとしたS、Sをベースとして本革アルカンターラシートやSACHSダンパーにbrembo製17インチベンチレーテッドディスクブレーキなどを装備したGT、18インチアルミホイールやSTIによる専用チューニングが施された最上級グレードのSTISportがあります。グレードごとに車両本体価格を調べてみましたので紹介します。

スバルBRZ・R

6MT:¥2,678,400-

6AT:¥2,737,800-

スバルBRZ・S

6MT:¥2,970,000-

6AT:¥3,029,400-

スバルBRZ・GT

6MT:¥3,315,600-

6AT:¥3,375,000-

スバルBRZ・STISport

6MT:¥3,531,600-

6AT:¥3,591,000-

希少価値が高いBRZは高額買取が期待できる

2012年3月からスバルBRZとトヨタ86の販売が開始されましたが、兄弟車にも関わらず販売台数にはかなりの開きがあります。販売当初の2012年2月~2013年3月までの販売台数を紹介します。

スバルBRZとトヨタ86の2012年2月~2013年3月までの販売台数比較

トヨタ86 :26,157台

スバルBRZ: 7,252台

資料参考サイト:https://minkara.carview.co.jp/userid/1840419/blog/29908835/

単純に比較してもトヨタ86の販売台数は、スバルBRZの約4倍もの台数を販売している事がわかります。兄弟車でこれほどの差が出るのは珍しい事ですが、今後の中古車市場を考えた時にスバルBRZの方が希少性が高く、買取評価も高くなる可能性を秘めています。

台数の多いトヨタ86よりも装備面でも充実していて尚且つ、新車での車両価格が安いスバルBRZは、リセールバリューではトヨタ86よりも優れていると考えて良いでしょう。

BRZを高く買い取ってもらうには

スバルBRZを高く売る方法は、人気グレードと人気ボディカラーに加えて、6速ミッション車でなければいけません。スポーツカーなので、修復歴車は嫌われますが、ミッション車じゃないと査定で高い評価を受ける事は出来ません。

これからスバルBRZの新車や中古車の購入を考えている人は、人気グレード+人気ボディカラー+6MT車+修復歴無し車を購入するようにして下さい。

人気のカラーはBRZとイメージさせるブルー系

他メーカーでは、圧倒的にホワイトパールとブラックパールに人気が集中するのですが、スバルBRZの人気ボディカラーは、CMなどでもお馴染みのイメージカラーでもあるブルーパールです。

さすがマニアックなファンが多いスバルらしい結果ですが、インプレッサでもブルーが人気だったので、スバリストとしてはブルーがスバルのイメージカラーなのかもしれません。

BRZの人気グレードはS

スバルBRZの人気グレードは、スバルBRZ・Sです。一般的に考えたらグレードによる車両本体価格の差が小さいので、標準装備が充実しているスバルBRZ・GTを選びそうですが、スポーツカーを購入する人にはそれなりの考えがあるからです。

スバルBRZ・GTには、SACHSダンパーやbrembo製4輪ベンチレーテッドディスクブレーキや本革×アルカンターラシートが標準装備されています。

車好きな人は、車高調やブレーキなどは社外パーツを取付ける事が前提にあるので、装備は充実している方が良いけど、余分なパーツを排除した車両本体価格の安いグレードを好むからです。

また、シートもレカロシートなどに交換する為、本革アルカンターラシートも当然、不要になってしまいます。そういった理由から装備は充実しているけど、余分なパーツが付いていないスバルBRZ・Sが人気グレードになるのも理解が出来ます。

オプションも高額買取のポイントになる

他の自動車と同じで、スバルBRZの場合もオプションパーツが沢山付いていれば買取査定の価値は上がります。
スバルの車を好む人は、自分の好きなパーツを付けて楽しむ人と、スバル純正パーツを付けて楽しむ人とに分かれます。

後者の場合は、純正オプションパーツが出来るだけ沢山付いているのが好ましいので、オプションパーツが沢山付いているスバルBRZは査定価値も高くなります。純正オプションパーツは、取付の仕上がりも綺麗で作りもしっかりとしているので、スバリストには大変人気があります。

まとめ

スバルBRZをトヨタ86と比較しながら紹介してきましたが参考になりましたか?トヨタ86に比べてスバルBRZは、グレードも簡素化して車両本体価格もグレード間で、それほど大きな差がないのは好感が持てます。

しかし、スバルとトヨタの共同開発をした後世にも語り継がれるスポーツカーなので、最低限の標準装備だけにしてトッピングのように付けたいパーツだけを選べるシステムにした方がもっと自由度があって楽しめる気がします。販売台数がトヨタ86の4分の1ほどのスバルBRZ。希少価値が今後も上がる車両なので、高額買取査定を狙うには絶好の車種と言えます。