ハイエースオーナー必見!ハイエースの高額買取の実現に必要な知識

今回取り上げるテーマは、「ハイエースの高額買取を実現するには!?」というユーザーの方にとっては大事な問題になります。

トヨタの中で、1967年より50年以上販売される車、それが【ハイエース】です。トヨタでは、これほどのロングヒットセラーを続ける車両は、通算で60年を超える〈クラウン〉と、〈ランドクルーザー〉、そして〈ハイエース〉の3種類しか存在しません。

これだけでも、ハイエースの魅力はお分かりいただけると思います。もちろんこれまでの期間、多くの台数を世に出していますが、少しでも高額で買い取ってもらいたいというのは、ユーザーの方であれば共通の願いだと思います。

そこでこの記事では、ハイエースの具体的な特徴や、最新の相場事情、国内だけでなく、海外で高く買取してもらえるようにするにはどうしたら良いかなど、幅広い内容を添えて解説します。

ぜひ最後まで読んで、ハイエースの高額買取を実現させてください!

リセールバリューが高いハイエースの特徴

実は、ハイエースは国内だけでなく海外でも人気車両であることを知っていますか?
海外に赴くと、トヨタのハイエースが走っている風景をよく見ることがあります。

また、ハイエースは国内外問わず人気があるだけでなく、リセールバリューの高さにも定評があります。
そこでまずはじめに、なぜここまでトヨタのハイエースが愛されているのかお伝えるするとともに、高額買取が期待できるハイエースの特徴について解説していきます。

国内での多様なニーズ応えられる唯一無二の車両

ハイエースは国内ではよく、商用に利用されることが多い車両になります。
しかし、商用に問わず、仕事用を含む普段乗りや、一番使い方としてはかけ離れている家族乗りにも利用されることが増えています。

販売当初から、「貨物に常用の感覚を」とのコンセプトを持ち販売されたハイエースは、多くのユーザーのニーズを満たすことに適しています。そのため販売開始60年を超えても愛される車両に仕上がっています。

さらに、ハイエースには様々なバリエーションが存在します。同じハイエースといっても、車両の長さや、幅が異なります。

このことからも言えるように、多くのユーザーの要望に応えるが可能となり、結果として国内にある幅広いニーズをくみ取ることが出来ます。

ハイエースの室内空間はとても広く、乗車スペースも申し分なく、どんな用途、シチュエーションでも使うことが出来ます。さらにはシートアレンジや、カスタムなど、車両としての用途だけでなく、車としての深みもあるので、趣味目的に合わせて利用が出来ます。

これらの理由がハイエースが日本国内で圧倒的な人気を誇る理由ではないでしょうか。

海外での根強い人気

先ほどは国内での多様なニーズ、シチュエーションに合わせて活用できる点を述べさせていただきました。
しかし、日本国内よりむしろ海外マーケットでの方が人気があるかもしれません。
ハイエースは日本だけでなく、世界150ヵ国以上の国で販売されており、特に、アフリカや中東、アジアなどで高い人気を誇っています。

ハイエースが何よりも海外で人気を誇る理由が、「圧倒的な耐久性」と言えるでしょう。
「100万キロ以上の過走行に耐えられる設計」、「乗車数20人超の積載」とも言われるほどの耐久性を誇り、重い荷物を載せても、30万キロ以上を走行できるような車両は他にはありません。
後ほど詳細は後述しますが、乗用車では実現し得ない圧倒的な積載量も人気の特徴としていえます。

海外の一般道は、日本と比較してみたら、まだまだ舗装された道路は少なく、多くの道は砂利道や悪路と言われる道路が多いのが現実です。

また国によっては、自家用車が普及していない地域も多く、大人数が乗ることができるハイエースは、多くの人の生活の足となり活躍しています。(テレビ番組で、人がすし詰めになって車の中に乗っている光景が見受けられますが、ハイエースが使われていることが多いです。)

頑丈で丈夫な造り

先ほどの欄で、数十万キロの走行に耐えられる車両と言うのはお伝えしましたが、ハイエースは最新の車両と比較すると一つ一つのモデルサイクルが長期間と、裏を返せば現段階で多くのニーズ、用途に適していることを証明しています。

また、意外かもしれませんが、ハイエースのエンジンはトヨタの中でも旧式のエンジンを利用しています。最新のエンジンだと、燃費、パワー、環境性能といった今の時代を表す、いわば「オプション」が多く、新たな技術を組み込むことで、エンジン自体の頑丈さは多少なりとも低くなります。

しかし、旧式のエンジンを使用することで、故障率が少なく、耐久性に優れ、結果としてその実質性がハイエースの頑丈で強固なつくりを実現させています。

またエンジンと同様、車体自体も非常にベーシックな作りになっています。こちらでも 最新技術が採用されていないことが、かえって耐久性を上げることに繋がり「単純な設計」をもつハイエースが丈夫で長く使える点が評価されています。

「ヒト・モノ」を移送するのに大変優れている

ハイエースの魅力はやはりこの移送手段として優れている点が挙げられます。これまでも各所で述べてきました通り、室内空間が広いため、乗車スペースとしても、荷室にしても、十分の広さを確保することが出来ます。

ハイエースは、〈オーバーキャブ〉という形式の車両で、乗車位置がエンジンの上にある、いわばトラックと同じです。オーバーキャブであれば、ボンネットの長さが不要なので、その分を荷室に回すことが出来ますので、比較的に荷室が多いと言われるミニバンと比べても、ハイエースほどの広さは不可能といえます。

さらにハイエースは先ほど少し触れましたが、様々な種類があります。全長や幅、高さの変更、さらにはフロア形状、シート配列、スライドドアのタイプなど、多くのバリエーションを選択することができます。そしてどんな種類を選んでも、ハイエースは過酷な現実に対応できるように作られています。

これこそハイエースの最大の魅力であり、日本国内問わず、グローバルでも実用的に使うべく作られた車両になりますので、 圧倒的な品質だけでなく、信頼性、実用性ともにハイエースが選ばれている理由と言えるでしょう。

ハイエースの最新の相場

ハイエースを高く売るために気をつけなければならない点、それは最新の相場です。
ハイエースの高額買取相場は、現在海外マーケットが主な市場となっています。
先に結論から申しますと、ハイエースは通常の車両と異なり、海外輸出に依存しています。
そのため、日本国内のマーケットで査定や買取が行われるだけでなく、世界のバイヤーも参加して値段が決められています。
なので、為替や経済情勢、さらには各国間の規制によって大きな価格変動があることを忘れてはいけません。

そのため海外輸出におけるマーケットは日々変動しており、それに連動してハイエースの買取価格の相場も形成されておりますので、常に人気や、高い価格が維持されているかといって安心はしないようにしましょう。

カーセンサー

ハイエース(バン)
平均価格:216.8万円(前月比+2.8万円)
平均走行距離:78389.1km
平均年式:2014年式

車選び.com

ハイエース(バン)
平均価格:279.3万円
買取価格*:160万円

*全国の買取データを直近6ヶ月ごとに集計、解析し、算出した価格

グーネット

ハイエース(ワゴン)
中古車価格帯:28〜569万円
走行距離:1万キロ未満が最も多く、次に多いのが11万キロ以上
年式:2017年以降が最も多く、次は2006年以前

カーセンサー

平均価格:239.1万円
平均走行距離:78761.5km
平均年式:2012年

使い込まれたハイエースも高額買取のチャンスがある理由

先ほどまでは、新車のみならず、中古車のリセールバリューにおいても、ハイエースは人気があることをお伝えしました。
しかし通常の車両であれば、それは3年落ちや5年落ちだけと比較的新車に近い状態に限られてくるだと思います。
けれどもハイエースの市場はそうではありません。

なぜそこまでハイエースは、使い込まれた車両でも高額の買い取りチャンスがあるのかを解説していきます。

圧倒的な海外人気

最も大きい理由としては、やはりハイエースが日本の市場に限らず、グローバル市場にも広がっていることが言えるでしょう。

日本国内で車を買い取りするとなると、新車から10年以上が経過し、走行距離が10万キロを超えたことを境に、車両自体の価格が大幅にダウンすると言われています。しかし、先述しましたように、ハイエースは数十万キロ乗っても壊れない車と言われています。

また日本人特有かもしれませんが、モノを大切に使う文化や、ほとんどの道路が舗装済みの国柄などの条件も重なり、上記の条件を満たしたハイエースでも海外マーケットに輸出しても、驚くような高い価格で取引されるのです。

さらに海外では、日本車の高い品質や耐久性も安心材料となっています。発展途上国やアジアには、まだまだ裕福ではない国が多いのが現状です。

そのため、日本のように「数年や数十年に一度車を買い替える」ことは決してありません。そんな時に、 ハイエースのように実用性に優れ、丈夫で多少のことでは壊れないと言われている耐久性の高さが、ある程度日本で使い込まれたものでも高額買取される一番の理由となります。

ハイエースを売るなら海外ルートをもつ業者へ

これまで何度も解説してきたように、ハイエースは海外市場で人気がある車両になります。そのため、日本国内での高額買取を目指すより、海外マーケットに販売ルートをもつ業者へアプローチをかけた方が、高額買取が実現する可能性が圧倒的に高い現実があります。

ここではなぜ海外ルートを持つ業者へハイエースを売った方が良いのか解説していきます。

海外に販売ルートをもつ業者がなぜ良いのか?

先ほども先述したように、ハイエースの市場は主に海外と言われています。

一般的な車両の場合、オーナーから買い取った車両は、業者間のオークションへ出品されます。そこで、オークション形式で値段が決められ、結果的にハイエースを高く売ることが可能な買取店が落札し、それを海外輸出する方法が一般的でしょう。

しかし最初から海外に販売ルートをもつ買取店と、そうでない店舗では、査定金額にも大きな開きが生まれます。それは取引にかかる中間マージンや、手数料などが差し引かれ分が実質ハイエースオーナーのもとに反映してきます。

このような仕組みが最初から把握できていれば、ハイエースを海外に輸出する販路を持たない買取店を通すことは避けますよね。

もし手間暇かけても、自分の愛車でもあるハイエースを、高額買取してもらいたいと願うのであれば、 海外に販路を持つ業者を選択されることをおすす めします。

海外ルートをもつ業者を見つけるには

海外に販売ルートを持つかどうかで買取価格が変化することがお分かりいただけたところで、実際に業者を見つける方法について解説します。

無料一括査定

「ハイエースを出来るだけ高く売りたい」と思ったら最も効率的なのはやはり無料一括査定です。
一括査定であれば、ガリバーやビックモーターなどの大手だけでなく、ハイエース専門店や、輸出買取専門店など専門的に取り扱っているお店と、複数の買取店から査定金額を知ることが出来ます。
これであればハイエースに対する知識がなくても、高額査定を出してくれる買取店を知ることが出来ますし、海外に販路を持つ業者を絞り込むことも可能です。

直接的に専門店を探す

ハイエースが海外で人気の車両という事は、車が好きな人や、業者の間では周知の事実として広がっています。そのため近年では「ハイエース専門店」や買取店によっては、「ハイエース買取特設ページ」とハイエースに特化した店舗が多く見受けられます。

これによって一括査定を通さずとも、直接的に高額買取をしてくれるような買取店を探すことが出来ます。ただしこれには注意が必要です。

それは「ハイエース専門店=高額買取」が絶対ではないということです。専門店であれば事実として、ハイエースの相場の動向に常に注視していたり、中間マージンがかからないため、その分高く買い取りしてもらえるといったメリットがあります。

しかし、他社との比較は必ず行いましょう。多少の手間ではあると思いますが、高額買取を実現させるためには、このような行程を省くことなく行うことが最も近道と言えます。

海外輸出に適したハイエースとは

ハイエースといっても輸出に適したものと、国内に適したものがあります。
果たして海外輸出に適したハイエースはどんなものなのか、詳しく解説していきます。

輸出に適しているハイエース

一般的に輸出に強いとされているのが、ハイエースのバンタイプやコミューターと言われるタイプです。

年式や走行距離が浅いものといった比較的に新品に違い車両であれば国内マーケットに適していますが、反対にヘコみやキズがあるもの、修理歴がある車両に対しては海外にへの輸出が最適です。また10年以上経過していたり、走行距離10万キロといったハイエースも海外向きといえます。

またコミューターは、乗車定員が多く、輸送手段(バスなど)の用途で多く使われる海外では、非常に人気です。

また海外の場合、ハイエースに乗り心地を求めているケースが少なく、あくまで耐久性を重要視しているため、ワゴンタイプのハイエースはあまり海外には向いていません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ハイエースの特徴から、高額買取の可能性まで説明させていただきましたが、ハイエースにおいては最初から最後までいいとこ取りであったのではないでしょうか。

実用的かつ機能的であり、耐久性も申し分ない。また国内問わず、海外マーケットでも人気と、これほどまでに新車のみならず、中古車になっても引き合いの強い車はそうはありません。

今現在ハイエースに乗られている方や、これからハイエースのご購入を検討される方は、是非今回解説してきた内容を頭に入れつつ、ハイエースに乗られることをおすすめします。

そしてお売りの際は、今回説明させてもらったポイントを忘れることなく行って、高額査定を実現させてください。