マツダのワンボックスカー・ビアンテの買取価格と残価率を徹底調査!

マツダが2008年~2017年まで製造・販売していたミニバン、マツダ・ビアンテ。ワイドボディで室内空間の広さがウリでテレビCMでも大々的にアピールしてました。ボディデザインは保守的ではなく前衛的で独創的たったため好き嫌いが分かれるミニバンでした。

そんなマツダ・ビアンテの買取価格や残価率は現在どうなっているのでしょうか?マツダ・ビアンテの特徴や買取アップのポイントなども交えてご紹介していきます。

マツダ・ビアンテの特徴

マツダ・ボンゴフレンディの後継車種として誕生したマツダ・ビアンテは2008年7月に発売され2017年9月まで実に9年以上も製造・販売されましたロングランモデルでした。

しかし、フルモデルチェンジすることなく1代で生産終了となりました。そんなマツダ・ビアンテにはどんな特徴があったのかご紹介します。

エンジン

2008年のデビュー当初は2.0リッターと2.3リッターの2機種がラインナップされていました。その後、2013年のマイナーチェンジで2WD車の全グレードに高効率直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」が採用されました。

LF-VDSエンジン

  • 種類:水冷直列4気筒DOHC16バルブ
  • 総排気量:1,998cc
  • 最高出力:110kW(150ps)/6200rpm
  • 最大トルク:190N・m(19.4kg・m)/4500rpm
  • 搭載車種:マイナーチェンジ前までの2WD車

LF-VDエンジン

  • 種類:水冷直列4気筒DOHC16バルブ
  • 総排気量:1,998cc
  • 最高出力:106kW(144ps)/6200rpm
  • 最大トルク:184N・m(18.8kg・m)/4000rpm
  • 搭載車種:4WD車

L3-VEエンジン

  • 形式:水冷直列4気筒DOHC16バルブ
  • 総排気量:2,260cc
  • 最高出力:121kW(165ps)/6500rpm
  • 最大トルク:210N・m(21.4kg・m)/4000rpm
  • 搭載車種:マイナーチェンジ前までの2WD車

PE-VPSエンジン(SKYACTIV-G 2.0)

  • 形式:水冷直列4気筒DOHC16バルブ
  • 総排気量:1,997cc
  • 最高出力:111kW(151ps)/6000rpm
  • 最大トルク:190N・m(19.4kg・m)/4100rpm
  • 搭載車種:マイナーチェンジ後の2WD車

ボディサイズ

マツダ・ビアンテのボディサイズは以下になります。

  • 全長:4,715mm
  • 全幅:1,770mm
  • 全高:1,835mm(2WD)、1,855mm(4WD)

マツダ・ビアンテが登場した当時の他社ミニバンは5ナンバーサイズの1,700mm以下だった(三菱・デリカD:5を除く)中、全幅1,770mmとワンサイズ上の3ナンバーワイドボディを実現していました。

室内サイズ

マツダ・ビアンテの室内サイズは以下になります。

  • 室内長:2,990mm
  • 室内幅:1,545mm
  • 室内高:1,350mm

マツダ・ビアンテはテレビCMで「最広(サイコー)空間」とアピールしていた通り、当時の2,000ccミニバンの中ではクラストップの室内空間と容量を確保していました。

駆動方式

マツダ・ビアンテはFF(前輪駆動)ベースのミニバンで、駆動方式はFFの2WDと4輪駆動の4WDの設定があります。FFの2WDはマイナーチェンジ前の2.0リッター、2.3リッター、マイナーチェンジ後のSKYACTIV-G 2.0全てのエンジンに対して設定がありますが、4WDは2.0リッターエンジンのみの設定となっています。

ボディスタイル

マツダ・ビアンテのボディスタイルはとても独創的なため、好き嫌いがはっきり分かれています。特に特徴が出ているのがフロントマスクです。ヘッドライトからフロントフェンダー、そして三角窓まで一体的にデザインされている部分はとてもインパクトがあります。

好む人からは「笑顔」に見えるという意見、嫌いな人からは「虫みたい」という意見があったりします。

多くのミニバンのボディスタイルはどこか似通ったところがある中、マツダ・ビアンテだけが唯一、我が道を行くような印象です。そのため、他人と違うミニバンに乗りたいと思う人に受け入れられていました。

マツダ・ビアンテの最新相場

マツダ・ビアンテは、どれくらいの買取価格で取引されているのでしょうか。2019年に買取査定されたマツダ・ビアンテの買取査定額を調べてみました。

車名・グレード 年式 カラー 走行距離 買取査定額
2.0 20S スカイアクティブ 2013年 ブルー 5〜6万km 415,000円
2.0 20S スカイアクティブ 2013年 ブラック 5〜6万km 931,000円
2.0 アイストップ スマートエディションII 2010年 パープル 4〜5万km 547,000円
2.0 20CS 4WD 2011年 ホワイトパール 9〜10万km 481,000円
 2.0 20S 2010年 グレー 9〜10万km 122,000円
2.0 グランツ スカイアクティブ 2015年 5〜6万km 1,042,000円
2.0 アイストップ スマートエディションII 2011年 パープル 5〜6万km 424,000円
2.0 アイストップ スマートエディションII 2011年 パープル 5〜6万km 424,000円
2.0 20S リミテッド 2009年 ブラック 10〜11万km 109,000円
2.0 アイストップ スマートエディション 2010年 ホワイトパール 11〜12万km 120,000円

買取価格は年式が新しいほど高くなりますが、グレードの違いや走行距離、ボディの状態(キズや凹み)、インテリアの状態(汚れや破れ)などで買取価格は変わってきますのでご注意ください。

マツダ・ビアンテの人気グレードと残価率

マツダ・ビアンテには多数のグレードが存在します。

標準グレードの「20CS」、ディスチャージヘッドランプやリアルーフスポイラー、16インチアルミホイールなどを装着したスポーツグレードの「20S」、2.3リッターエンジンの「23S」をベースに特別仕様車などが多数派生しています。

「20S」をベースに電動両側スライドドア・アドバンスドキーレスエントリー&スタートシステム・ステアリング本革巻を装備した特別仕様車「20S Limited」、「20CS」をベースにアイドリングストップ機構「i-stop」や電動両側スライドドアなどを装備した特別仕様車「アイ・ストップスマートエディション(Ⅱ)」、「20S」をベースに専用のエクステリアパーツや17インチタイヤ&アルミホイールを装備した特別仕様車「GRANZ(グランツ)」。

2013年にマイナーチェンジが行われ2WD車はパワートレインを刷新し、PE-VPS型2.0リッター高効率直噴エンジン「SKYACTIV-G2.0」と高効率6速AT「SKYACTIV-DRIVE」が搭載されました。これらを搭載したグレードには「SKYACTIV」がグレード名につくようになりました。

この数多くのグレードの中でも人気のグレードは「SKYACTIV」ベースのグレードや特別仕様車「GRANZ(グランツ)」、「アイ・ストップスマートエディション(Ⅱ)」となっています。

グレード・初度登録年・型式 買取参考価格 残価率
グランツ-スカイアクティブ平成27年 CCFFW 170~186万円 64~70%
グランツ-スカイアクティブ平成25年 CCFFW 145~162万円 54~61%
20C-スカイアクティブ平成25年 CCFFW 123~139万円 53~59%
20S-スカイアクティブ平成26年 CCFFW 117~133万円 46~52%
20S-スカイアクティブ平成25年 CCFFW 116~132万円 45~52%
グランツ平成24年 CCEFW 115~131万円 45~51%
グランツ平成25年 CCEFW 113~129万円 39~44%
20C-スカイアクティブ平成26年 CCFFW 113~129万円 48~55%
アイ・ストップスマートエディションⅡ平成25年 CCEFW 106~123万円 47~54%
20S平成24年 CCEFW 98~114万円 39~46%

マツダ・ビアンテの残価率は良好

一般的に3年落ちの車の残価率は45%前後が平均的で、不人気車種になると40%前後、人気車種では55%前後と言われています。

今回調べたマツダ・ビアンテの人気グレードの買取相場は3年落ちの実例がなく4年~7年落ちになりますが最低で39%、最高で70%、平均では48%~54%となりました。残価率39%は不人気者の残価率レベルですが、これは7年落ちでの数値なので、決して悪い残価率ではありません。

逆に最高の残価率70%は4年落ちのグランツ-スカイアクティブのもので、人気車種の55%前後を大きく上回っています。マツダ・ビアンテの個々の買取価格を見れば3年落ちでも残価率40%を切るものもありますが、それらは走行距離が10万kmを超える過走行車や外装・内装の程度が悪いものです。

マツダ・ビアンテは他の自動車メーカーのミニバンと比べれば人気がない方ですが、外装や内装など車のコンディションを良好に保ち、走行距離が過走行でなければ、このように高い残価率を獲得できるでしょう。

マツダ・ビアンテをより高額に買い取ってもらうポイント

マツダ・ビアンテの買取価格を左右するポイントがあります。それは「ボディカラー」と「オプション」です。マツダ・ビアンテの場合の人気のボディカラーは何色なのか、人気のオプションはどんなものなのかご紹介します。

人気のカラー

マツダ・ビアンテのボディカラーで買取価格が高い人気のボディカラーは以下になります。

  1. スノーフレイクホワイトパールマイカ
  2. ジェットブラックマイカ
  3. アルミニウムメタリック

マツダ・ビアンテも他の車と同様に、ホワイト系、ブラック系、そしてシルバー系の買取価格が高くなるようです。他のボディカラーに比べて買取価格が数万円~十万円ほど高くなる傾向があります。

人気のオプション

マツダ・ビアンテのボディカラーで買取価格が高い人気のオプションは以下になります。

  • パーキングセンサー
  • オートミラー
  • アクティブバーグアラームシステム
  • ナビゲーション&オーディオ&ETC2.0(DSRC)/ETC

マツダ・ビアンテはミニバンという車種の性質上、購入を考える人の多くは快適性や安全性を求めています。それらをかなえてくれるオプションが最初からついていると買取価格アップの可能性は高くなります。

マツダ・ビアンテの10年落ちは買取価格がつくのか?

マツダ・ビアンテは2008年発売のため、10年落ちの車も存在します。10年落ちのマツダ・ビアンテに買取価格がつくのかどうか調べてみました。

  • 2008年式ビアンテ 20CS 、走行距離8〜9万km、ブルー、買取価格 232,000円
  • 2008年式ビアンテ 20S 4WD、走行距離14〜15万km、ホワイトパール、買取価格 93,600円
  • 2009年式ビアンテ 20S、走行距離9〜10万km、パープル、買取価格 144,000円

以上のようにマツダ・ビアンテは10年落ちでも買取価格がつくことがわかりました。走行が10万km以上でも買取価格がついている点は注目です。

しかし、どんな10年落ちのマツダ・ビアンテでも買取価格がつくというものではありません。中には買取価格がつかない実例も多数ありました。

10年落ちのマツダ・ビアンテでも買取価格がつくようにするには、外装や内装など車のコンディションを良好に保つことがポイントになってきます。

まとめ

マツダの代表的なミニバンでありながら一世代で姿を消してしまったマツダ・ビアンテの特徴、買取相場、残価率、買取価格を上げるポイントなどをご紹介してきました。

今の時代でも特徴的なデザインで「他のミニバンとは違う」と主張できるマツダ・ビアンテは大切に乗れば十分に高い買取価格・残価率がつくことがわかりました。

いつの日か愛車のマツダ・ビアンテを手放す時に少しでも高い買取価格・残価率になるように大切に乗ってあげてください。