マツダ・アクセラセダンの買取の鍵はガソリン車?買取価格を大公開

2003年にファミリアの後継車種として登場した<マツダ・アクセラセダン>。3代目のマツダ・アクセラセダンからはマツダの最新技術となる<SKYACTIV(スカイアクティブ)>が採用され、爆発的な人気を獲得しています。

そんなアクセラ・セダンは、買取ではどのくらいの価格で取引されているのでしょうか。買取価格や残価率などに影響する人気のカラーやオプションなども交えて紹介していきましょう。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報

マツダ・アクセラセダンの特徴

ボディデザイン

マツダ・アクセラセダンのエクステリアの大きな特徴は「魂動(こどう)デザイン」で造形されたボディスタイルです。躍動的で生命力あふれるこのデザインは、スタイリッシュでとてもカッコよく多くの人に受け入れられました。

それまでのマツダ車は正直人気があまりありませんでしたが、この魂動デザインを採用してからマツダ車はとても人気が出ました。

マツダ・アクセラセダンも当然例外ではなく、人気車種となっています。魂動デザインは、ボディカラーもデザインの一部という発想を持ち、「匠塗 TAKUMINURI」という塗装技術も取り入れています。

魂動デザインと匠塗 TAKUMINURIのとても鮮やかなボディカラー「ソウルレッドクリスタルメタリック」の組み合わせは特に人気があります。

ボディサイズ

マツダ・アクセラセダンのボディサイズは以下になります。全幅は5ナンバー枠の1,700㎜をオーバーし3ナンバーサイズと大柄になっていますが、思いのほか市街地などの運転でも苦になりません。

  • 全長:4,580mm
  • 全幅:1,795mm
  • 全高:1,455mm(2WD)、1,465mm(4WD)

室内サイズ

マツダ・アクセラセダンの室内サイズは以下になります。身長175㎝の大人4人がゆったり乗車できるスペースが確保されています。3ナンバーサイズとワイドボディ化されているため横幅は特にゆとりがあります。

  • 室内長:1,845mm
  • 室内幅:1,505mm
  • 室内高:1,170mm

エンジン

マツダ・アクセラセダンのエンジンは「ガソリンエンジン」と「クリーンディーゼルエンジン」の2種類がラインナップされています。

ガソリンエンジン

ガソリンエンジンは「SKYACTIV-G 1.5」と呼ばれる水冷直列4気筒 直噴DOHCエンジン1種類のラインナップです。

排気量は1.5リッターと小排気量ですが、直噴や高圧縮比などマツダの最新技術がふんだんに盛り込まれており、市街地など日常の走行で多用する低回転域のトルクを大きくすることでキビキビとした気持ち良い走りを実現しています。

SKYACTIV-G 1.5

  • 排気量:1,496cc
  • 最高出力:82kW〈111PS〉/6,000rpm
  • 最大トルク:144N・m〈14.7gf・m〉/3,500rpm

クリーンディーゼルエンジン

クリーンディーゼルエンジンは「SKYACTIV-D 1.5」と「SKYACTIV-D 2.2」の2種類をラインナップしています。どちらも水冷直列4気筒 直噴DOHCディーゼルターボエンジンです。マツダのディーゼルエンジンは、今までのディーゼルエンジンとは違い排気ガスがとてもクリーンなので「クリーンディーゼルエンジン」と呼ばれています。

また、ディーゼルエンジンのデメリットである「ガラガラガラ」というディーゼルエンジン特有の大きなノック音を「ナチュラル・サウンド・スムーザー」という新技術を採用することでディーゼルエンジンとは思えない静かさを実現しています。

SKYACTIV-D 1.5

  • 排気量:1,498cc
  • 最高出力:77kW〈105PS〉/4,000rpm
  • 最大トルク:270N・m〈27.5kgf・m〉/1,600-2,500rpm

SKYACTIV-D 2.2

  • 排気量:2,188cc
  • 最高出力:129kW〈175PS〉/4,500rpm
  • 最大トルク:420N・m〈42.8kgf・m〉/2,000rpm

燃費性能

マツダ・アクセラセダンの燃費性能をグレード別にご紹介します。

15S L Package/15S PROACTIVE/15S/15C(ガソリンエンジン)

  • 20.6km/L(AT/2WD)
  • 17.8km/L(AT/4WD)

15XD L Package/15XD PROACTIVE/15XD(クリーンディーゼルエンジン)

  • 21.6km/L

22XD L Package/22XD PROACTIVE(クリーンディーゼルエンジン)

  • 21.4km/L(MT/2WD)
  • 19.6km/L(MT/4WD)
  • 19.6km/L(AT/2WD)
  • 18.0km/L(AT/4WD)

※マツダ公式サイト、JC08モードの数値

マツダ・アクセラセダンの最新相場

現在、マツダ・アクセラセダンの買取価格はいくらで取引されているのでしょうか。最新の買取相場は以下の通りです。

<アクセラ 15S プロアクティブ >
2017年(平成29年)式 カラー:紺系
走行距離:2.0万km 新車価格:214.0万円 買取価格111.6万円 残価率:約52%

<アクセラ 20E-スカイアクティブ >
2011年(平成23年)式 カラー:グレー系
走行距離:4.0万km 新車価格:205.0万円 買取価格41.6万円 残価率:約20%

<アクセラ 20E >
2009年(平成21年)式 カラー:黒系
走行距離:7.0万km 新車価格:205.0万円 買取価格22.4万円 残価率:約10%

※車の買取価格は、基本的に年式が新しいほど高くなりますが、グレードの違いや走行距離、ボディの状態(キズや凹み)、インテリアの状態(汚れや破れ)などで買取価格は変わってきます。

マツダ・アクセラセダンの人気グレードと残価率

マツダ・アクセラセダンは、ガソリンエンジンで4グレード、クリーンディーゼルエンジンで5グレード、合計で9グレードが存在します(下記参照)。さらに各グレードにはトランスミッションの違いや駆動方式の違いなどでさらに区別すると16パターンに分かれます。

ガソリンエンジン

  1. 15C
  2. 15S
  3. 15S PROACTIVE
  4. 15S L Package

ディーゼルエンジン

  1. 15XD
  2. 15XD PROACTIVE
  3. 15XD L Package
  4. 22XD PROACTIVE
  5. 22XD L Package

マツダ・アクセラセダンで中古車買取の人気グレードは、下記の買取価格ランキングで見ると「15S」「15Sツーリング」「15C」となっています。マツダ・アクセラセダンの現在のグレードラインナップは2017年8月以降のため、中古車買取ではその前に存在したグレードでのランキングとなっています。

「15S」と「15C」は現行型でも存在していますが、「15Sツーリング」は2014年~2017年まで存在していました。

特徴は、スマート・ブレーキ・サポート(SBS)、マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)、アクティブ・ドライビング・ディスプレイなど、先進の安全装備を充実させたグレードとなっています。

グレード・初度登録年・型式 買取参考価格 新車価格 残価率
1 15S・平成27年・BM5FP 122~138万円 192万円 64~72%
2 15Sツーリング・平成27年・BM5FP 115~131万円 213万円 54~62%
3 15S・平成26年・BM5AP (4WD) 113~129万円 213万円 53~61%
4 15S・平成25年・BM5FP 109~125万円 190万円 57~66%
5 15Sツーリング・平成26年・BM5FP 105~122万円 213万円 49~57%
6 15S・平成26年・BM5FP 102~118万円 192万円 53~61%
7 15C・平成26年・BM5FP 88~104万円 176万円 50~59%
8 15C・平成27年・BM5FP 75~89万円 176万円 43~51%
9 20E-スカイアクティブ・平成24年・BLFFP 69~82万円 205万円 34~40%
10 20C-スカイアクティブ・平成24年 BLFFP 59~69万円 190万円 31~36%

マツダ・アクセラセダンの残価率は

一般的に3年落ちの車の残価率は45%前後が平均的で、不人気車種になると40%前後、人気車種では55%前後と言われています。

マツダ・アクセラセダンの3つの人気グレードの場合、3年落ちの残価率の平均を出すと53~61%という比較的高い数値が出ました。

上記の表にある全ての残価率の平均を取っても49~56%とこちらも平均より高い数値になっています。平成27年式の15Sではなんと最高で72%という驚異的な残価率が出ています。

マツダ・アクセラセダンは3年落ちはもちろん、6年落ちでも走行距離がそこまで多くなくボディやインテリアがキレイに保たれていれば高い買取価格をゲットすることが可能でしょう。

マツダ・アクセラセダンをより高額に買い取ってもらうポイント

マツダ・アクセラセダンの買取価格を左右するポイントに「ボディカラー」と「オプション」があります。マツダ・アクセラセダンの場合の人気のボディカラーとオプションをお伝えします。

人気のボディカラー

マツダ・アクセラセダンには全部で8パターンのボディカラーが存在します。その中でも買取価格が高い人気のボディカラーは以下になります。

  1. スノーフレイクホワイトパールマイカ
  2. ジェットブラックマイカ
  3. ソウルレッドプレミアムメタリック

車の買取価格が高くなるボディカラーはホワイト系もしくはブラック系と言われています。他の色よりも大体3万円~5万円、時には10万円ほど買取価格が高くなる場合があります。マツダ・アクセラセダンでも、ホワイト系やブラック系の買取価格が高くなるようです。

唯一、違うところはレッド系のボディカラーに人気があることです。これは「魂動デザイン」×「ソウルレッドクリスタルメタリック」という組み合わせの人気が影響していると思われます。

人気のオプション

マツダ・アクセラセダンの買取査定で有利に働くと思われる人気のオプションは以下になります。

  • スマート・ブレーキ・サポート(SBS)&マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)
  • 360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)
  • CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー(フルセグ)

買取価格が高くなる人気のオプションの特徴は「安全で快適なドライブ」をサポートしてくれるオプションのようです。そこそこ高額で最初からついていると嬉しいオプションは買取価格アップに大きく関与してくれるでしょう。

まとめ

マツダ・アクセラセダンの気になる買取価格と残価率、そして買取価格をアップさせる人気のボディカラーやオプションをご紹介しました。

買取価格のベスト10全てがガソリンエンジン車でした。推測される理由は新車価格にあると思われます。

ガソリンエンジン車はクリーンディーゼル車に比べて約50万円ほど新車価格が安いです。クリーンディーゼルエンジンはガソリンエンジンよりコストがかかってしまうからです。そのためガソリンエンジン車のマツダ・アクセラセダンが多く流通し、買取価格のランキング上位がガソリンエンジン車になっているのだと思われます。

クリーンディーゼル車は新車価格が高い分、買取価格も高くなる可能性があります。燃費もガソリンエンジン車よりも良いので残価率も期待できます。ただし、キレイに乗り続けて価値を下げないようにすることが大切です。

また、マツダ・アクセラセダンは、2019年5月4日には4代目となる新型が誕生し、Mazda3と改名されました。新型の誕生によって、これまでの3台目の買取価格は下がることが予想されます。そのため、早めの買取も高値をつけるポイントです。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報