ミライースの買取相場が知りたい!高く買取してもらうポイントも必見

<ミライース>はダイハツが販売するセダンタイプの軽自動車。エコを重視して「低価格」「低燃費」を追及したモデルです。

今回は「ミライースを高く売るためのポイント」と「最新の買取相場の情報」を紹介します。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報

ミライースのスペックと基本価格

赤色のミライース

ダイハツ ミライースは、環境意識や低価格志向の高まりを受け、2011年に「第3のエコカー」というコンセプトの元に販売されました。

当初は2WD車4グレード、4WD車2グレードという計6グレードで販売され、CMキャラクターにブルース・ウィルスを起用するなど話題を集めました。

2017年にフルモデルチェンジをおこない、現在は2代目として多くの新たなファンをつかんでいます。

ミライースの基本スペック

まずはミライースの基本スペックについて見ていきましょう。ミライースは低燃費と低価格という2つの軸に徹底的にこだわり、低燃費車を広く普及させるというきっかけを作りました。

大人4人がゆったり乗れる5ドアハッチバックの室内空間は快適で、普段の買い物からちょっとしたドライブまで問題なくこなせる実力車です。

ミライースには「D」「L」「X」「G」という2WD車4グレード、「Xf」「Gf」という4WD車2グレードという計6グレードのラインナップがあります。また、2011年に登場した初代L300系と、2017年にフルモデルチェンジをおこなった現在の2代目L350系があります。

ミライースの搭載エンジン

ミライースには【KF型水冷直列3気筒DOHC12バルブエンジン】というエンジンが搭載されており、このエンジンは初代から変わりなく安定感のある走りが評価されています。

また、燃費性能においても元々軽量である「ミラ」をベースとしているのはもちろん、「10・15モード」「JC08モード」という2つのモードの搭載により、10・15モードで32.0Km、JC08モードで30Km(どちらも2WD)といった低燃費を実現しました。

ミライースの安全性能

ミライースは軽量ながら安全性能にも力を入れており、様々な機能が装着されています。初代ミライースには「TAF」という衝突安全ボディを採用。

SRSサイドエアバッグ、凍結していたり滑りやすい路面に対して走りの安定性を高める車両安定制御システム「VSC」といったアクティブセーフティを積極的に採用しています。

2017年の2代目ミライースにはこれまでの機能の他、衝突回避支援システムである「スマートアシストIII」が搭載され、注目を集めました。80%を上回るユーザーが「スマートアシストIII」搭載車を選択するなど、ミライースになくてはならない安全装置として支持され続けています。

ミライースのエクステリアとインテリア

初代ミライースL300系

エクステリアは無駄を排した知的なスタイリングが特徴です。シンプルでありながらも洗練され、空気抵抗を重視した滑らかな面構成となっています。

目力のある個性的なヘッドランプ、シャープでしなやかなサイドラインに加え、使いやすい大型リヤハッチバックドアを採用。洗練された中にも機能的な要素が盛り込まれています。

インテリアは大人4人がラクに乗り降りできる快適な室内空間を実現。ロングホイールベースによる優れた居住性が、ゆったりとした快適さを演出します。

キーフリーシステム、プッシュボタンスタートといった快適装備、シートリフターとチルトステアリングを備えた見晴らしの良い運転席は快適な走行を後押しします。

2代目ミライースL350系

エクステリアは初代のシンプルさとはうって変わり、鋭角に映えるボディデザインを採用。力強くこれまでにない存在感を演出しています。

フロントマスクは高い存在感があるシャープなLEDヘッドランプ、伸びやかで張りのあるサイドビュー、立体的でワイド感が強調されたリヤバンパーとリヤバックドアなど、質感が高くモダンなデザインを採用しています。

インテリアはブラックとライトグレーの落ち着いたカラーを採用。圧迫感がなくすっきりとしたフロントパネル、軽量骨格シート構造により肌触りが良く高級感溢れるシート、チルトステアリングとシートリフターが最適なドライビングポジションを叶えます。

前方の視認性が高く、運転のしやすさに重点をおいたコックピットデザインが特徴。また、大人4人が快適にくつろげる室内空間、シートヒーターやオートエアコン、キーフリー連動のオートドアミラーなど、実用性の高い快適な装備が充実しています。

ミライースの基本価格

新車になりますが、ミライースの基本価格についてグレードごとにご紹介していきます。グレードによって価格にバラつきがあり、また2WDと4WDでも価格に10万円前後の違いがあります。

  • 特別仕様車 G“リミテッド SA Ⅲ”:(2WD)1,225,800円(4WD)1,347,840円
  • G “SA Ⅲ”:(2WD)1,209,600円(4WD)1,339,200円
  • 特別仕様車 X“リミテッド SA Ⅲ”:(2WD)1,096,200円(4WD)1,218,240円
  • X “SA Ⅲ”:(2WD)1,080,000円(4WD)1,209,600円
  • L “SA Ⅲ”:(2WD)939,600円(4WD)1,069,200円
  • L:(2WD)874,800円(4WD)1,004,400円
  • B “SA Ⅲ”:(2WD)907,200円(4WD)1,036,800円
  • B:(2WD)842,400円(4WD)972,000円

ミライースの買取価格例

水色のミライース 街中
ミライースの最新の買取事例をご紹介します。

  • 2017年式 (平成29年)<ミライース G SAIII>FF 茶系
    走行距離 1.5万km 新車販売価格 120.9万円 参考買取価格 74万円 残価率61%
  • 2015年式 (平成27年)<ミライース L SA>FF 白系
    走行距離 1.9万km 新車販売価格 96.6万円 参考買取価格 34万円 残価率35%
  • 2013年式 (平成25年)<ミライース G SA>FF 銀系
    走行距離 4万km 新車販売価格 118万円 参考買取価格 23万円 残価率19%

ミライースの高く売れる人気グレード

黄色のミライース 背面

ミライースの人気グレード

ミライースの人気グレードは「L SAⅢ」と「X SAⅢ」になっており、リセールバリューの観点から見るとおすすめのグレードは「L SAⅢ」となります。

自動ブレーキ装着の「L SAⅢ」は安心感が強く、保険の意味でいざというときには自動ブレーキがあると便利と思う人が多いのでしょう。

ミライースを高く売るためのポイント

水色のミライース 正面

ミライースを高く売るためのポイントとしては、大きく分けて4つあります。

  1. ディーラーの下取りは損してしまう確率がとても高いので、買取業者に査定を依頼する
  2. 旧型は3年落ちから5年落ちの値下がりが少ない傾向にある
  3. 海外需要が高いので、事故修復歴や過走行車であっても高値で買取をされている
  4. 3年落ち以内は高値で売れるので3年落ち以内の売却を考えると良い

ミライースは海外の需要が高いというのが強みであり、国内の相場を大きく上回る金額で売れるというメリットがあります。
そのためディーラーだけの査定ではなく、必ず複数の買取業者や輸出業者で査定をしてもらうのが安心です。

また、ミライースはモデルチェンジやたった1年の年式の違いだけでも買取相場が大幅に変わるという特徴があるので、売却するタイミングには十分気をつけたいところです。
売却を検討する際は、前もってリアルタイムの買取相場をチェックしておくと安心ですね。

最初にできるだけ高値の希望額を提示し交渉をすすめましょう。そうすることで、希望額には届かなくても、それほど低い金額にはならないようにすることはできるでしょう。

【新・みんなのエコカー】ダイハツのミライースの維持費は年間どれくらい?

まとめ

ミライースの買取相場やリセールバリュー、高く売るためのポイントなどをご紹介してきました。

ミライースは低燃費と低価格がコンセプトですので買取価格は高くないかなと思いがちですが、海外需要があるので比較的高値で安定しています。
これまで乗ってきた愛車を納得いく価格で売りたいとき、今回ご紹介した内容をお役に立てください。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報