ミラージュの買取で高額査定額を叩き出すには?人気グレードや色を解説

今回は、中古車市場でも人気があり、コスパ優秀なコンパクトカーとして注目を浴びているミラージュについてご紹介していきます。高価買取してもらうための人気グレードや色とは?また、ミラージュの高額査定額をたたき出すポイントをチェックしておきましょう。

ミラージュの特徴

新車価格:138~150.7万円
サイズ:全長3795㎜×全幅1665㎜×全高1505㎜
エンジン:FF
エンジン排気量:1192㏄
燃費:23.8km/L

ミラージュは2013年に販売開始された三菱の自動車です。米国市場では初めから好調な売れ行きとなり、1432代の販売台数を記録しています。そんなミラージュは、資源やエネルギーをできるだけ使うことなくドライブを楽しめるエコカーという思想を基本とし、狭い場所でも小回りが利くコンパクトなサイズの車です。

最近では改良が進み、予防安全技術e-アシスト機能、コースとストップ機能、エンジンフリクション低減などがミラージュの特徴であり、燃費性能が高いため環境にもお財布にも優しい車として人気があります。

また、エクステリアのデザインも一新され、フロントやグリルなどに高級感のある上質な素材を使用しています。さらに減速エネルギー回生システムが搭載されることによってエネルギーを蓄積して発電力をさ得るというエコな作りも魅力の一つと言えるでしょう。

ミラージュの最新買取相場

ミラージュは現在でも進化の途上にある車ですが、中古車市場でも注目されています。現在の中古車買取相場では、ミラージュの最高買取額は約50.7万円です。
では、年式や色、走行距離やグレードによって買取相場はどのように変化するのでしょうか。下記の最新買取額一覧をご覧ください

グレード 年式 走行距離 買取価格 カラー
 2017年式  2万km走行  46.2万円 パール
 2016年式 3万km走行 31.5万円
2014年式 2万km走行 14.3万円 パープル
1.2G 2015年式 2万km走行 22.8万円 シルバー
 2016年式 4万km走行 14.0万円
 2016年式 3万km走行  28.7万円 パール
 2014年式  5万km走行  18.1万円
 2012年式  2万km走行 20.0万円
2013年式 2万km走行 13.3万円 シルバー

 

このように、ミラージュの買取相場には年式によって大きな開きが見られます。まだ10年落ちはしていないものの販売開始された2013年式のミラージュは10万円台が相場と言えるでしょう。ミラージュの買取額には年式とカラーが大きく影響していることが良くわか理ます。

ミラージュの人気グレード【M】と残価率

ミラージュの中で最も人気があるものは中間グレードのMです。ミラージュMは3気筒エンジンであり燃費は27.2㎞/Lとなっており、排気量が多いワンレベルアップした車種よりも燃費性能の点で優れています。

フロントは角ばっており、ルーフラインはやや後ろ下がりに滑らかになっています。ミラージュMならではの標準装備されている大型ルーフスポイラーはスポーティーな見た目を好む方に人気のあるデザインと言えるでしょう。絞られたキャビンやスポイラーの大きさなどは燃費性能の良さとは裏腹に見た目の良さを重視しているかのように感じさせる高級感のあるエクステリアです。

ミラージュの各種グレードの中で最も残価率が高いものもこの<M>です。ミラージュMの残価率は約41.6%となっています。グレードが1つ落ちると約28.5%となっていますので高価買取を狙うのであれば人気グレードであるミラージュMは有利です。

ミラージュをより高額に買い取ってもらうポイント

ミラージュの買取金額を左右するものとしてカラーやオプションがあります。年式が古くても走行距離が多くても人気オプションが搭載されていたり、人気カラーであれば高価買取を狙えるでしょう。

ミラージュの人気カラーTOP3

ミラージュはカラーバリエーションが豊富なことでよく知られています。オーソドックスな定番カラーから個性的で自分らしさをアピールできるカラーまで様々です。ミラージュのカラー全8色は以下の通りです。

  • ブラックマイカ
  • クールシルバーメタリック
  • セルリアンブルーマイカ
  • チタニウムグレーメタリック
  • レッドメタリック
  • ワインレッドパール
  • サンライズオレンジメタリック
  • ホワイトパール

では、これら美しい8色のカラーバリエーションのうちよく選ばれる人気カラーTOP3はどれでしょうか。

1.ホワイトパール

まず誰からも愛される人気カラーといえばホワイトパールです。どの車種に関しても言えることですがホワイト系・パール系は非常に人気の高いカラーです。マットではなくパールホワイトですのできらきらとした高級感があり夜間でも視認性の高いカラーと言えるでしょう。

年齢や性別にかかわりなく選びやすいので、ファミリーカーとしても人気のあるカラーです。コンパクトなサイズ感でありながらホワイトパールによってやや膨張して見えるため、他の車に近づかれ過ぎる心配も抑えられるでしょう。

2.ブラックマイカ

ブラックマイカも三菱の自動車カラーバリエーションの中で人気ランキングTOPに常にランクインしているカラーです。メタリックではない漆黒カラーです。光は反射しすぎることなく、ボディの高級感を高めてくれるものです。

クリスタルのような艶やかな輝きは若い世代に人気がありますが、老若男女関係なく選びやすいカラーです。

3.ワインレッドパール

オーソドックスなホワイトやブラック以外にも個性的でおしゃれなカラーバリエーションがあるというのがミラージュの魅力です。その1つであるワインレッドパールはミラージュの人気カラーです。レッドよりも上品で大人のイメージを与えるカラーですのでボディに高級感をもたらしてくれます。

女性が乗っていれば色気が出る雰囲気という表現がぴったりです。しかし、男女関係なく選びやすい嫌みのない色調が人気の理由です。ミラージュに高級感をプラスしたい時に選ばれるカラーといえばワインレッドパールでしょう。

ミラージュの人気オプションTOP3

ミラージュのオプションとして何が追加されていれば、買取の際に有利に働くでしょうか。ミラージュの人気オプションを3つ厳選してご紹介します。

1.SRSサイド&カーテンエアーバッグ

ミラージュに標準装備されているエアバッグや一般のエアバッグは、万が一事故にあったとき、車が衝突してしまったときに正面から運転手を守ってくれます。しかし、横から衝突された場合にエアバッグが発動せずに命を失ってしまうということがあります。

そのような危険を少しでも防止するために、カーテンエアバッグというオプションを追加することができます。側面からの大きな衝撃があった際にはすぐに作動し、前からも横からも運転手を保護してくれるのです。また、運転手だけではなく、乗っている人たちが窓ガラスが割れて怪我をしたり、頭部を強く打ち付けて怪我をするということを避けられるでしょう。

2.寒冷地仕様オプション各種

地域によってはあった方がうれしいオプションというものもあります。その中でも特に寒冷地に便利なオプションは人気があります。例えば、ターンランプ付ドアミラー、ヒーテッドドアミラー、スタートアップヒーター、クーラント濃度アップ、シートヒーター機能などは寒冷地でも快適なドライブを楽しむためのオプションとして人気です。

シート自体を温めたり、天候や気温に左右されて曇ったり凍ったりしやすいドアミラーを見やすくして安全性能を高めてくれる機能などをオプションとして付けることができるのです。

冬の寒さが厳しく運転や乗る人の健康に影響を与えてしまう地域では寒冷地仕様オプションがついているミラージュは高く買取してもらえることでしょう。

3.イルミネーション

イルミネーションオプションは好き嫌いが分かれるものですが、オプション付きの方が高く買い取ってもらえる可能性が高まります。車をパートナーのように考えている方にとっては、ミラージュの内装やライトなどにもこだわりを持つからです。

夜間に足元を照らしてくれるものや、シフトレバーを見やすくライトアップしてくれるものなどをオプション追加することがきます。なければ不便ということはありませんが、あった方がおしゃれで扱いやすくなるという点で人気です。

まとめ

ミラージュは米国市場ではかなり人気が高く売れ行きも伸びましたが、日本中古車市場では20万円から50万円ほどの相場で買取されています。
現在も新型が登場しモデルチェンジしていく中でミラージュを高く買い取るには、年式や走行距離だけではなくどれだけ手入れし丁寧にメンテナンスを行ってきたかが重要になるでしょう。

人気カラーや人気オプション、グレードを意識しておけば交渉次第で最高買取額を叩き出せる可能性もあります。