リースした車は買取りできる?リースのメリットとデメリットまとめ

リースした車に乗っているが、どうしても新しい車に乗り換えたい!でも契約の途中で解約したり、下取りに出したりできるの?そんな疑問にお答えします。また、これからリースをお考えの方にもリースのメリット・デメリットを解説します。

車をリースするとは


車をリースするとはそもそもどういうことなのでしょうか?その仕組みを簡単におさらいしましょう。
リースとは、リース会社等が購入した車を、契約者が使用し、その利用料を払うというものです。
リース会社等には、リース会社、クレジット会社、レンタカー会社、ガソリンスタンドなどが含まれます。この記事では便宜上、リース会社とさせていただきます。

リースの利用料金には通常、車検やメンテナンス、税金などの費用が含まれています。リース会社から車を借りて乗っている状態ということですね。

借りているというとレンタカーも車を借りて使用し、レンタル料金を払うのですが、両者は全くの別物です。
レンタカーは、比較的短い期間で必要な時に借りて使用し、不特定多数のお客が利用します。車検証上の所有者、使用者、保管場所のいずれもレンタル会社です。

一方、リースでは一人のお客が長期契約で借りることができます。車検証上の所有者はリース会社ですが、使用者、保管場所は借主となります。借りてはいるのですが、レンタカーの〈わナンバー〉のような区別もありません。

外から見ると、自己所有している車と見分けがつかないのです。そして、リースの契約期間が終了すると、車を返却する、契約を更新して同じ車に乗る、新しいリース車両に乗り換える、といった選択肢が待っていることもあります。

ここで返却することを前提にしているために、リースの利用料金には残価という考え方が存在します。
返却した時にその車に残っている価値のことです。リース契約の時点では、この残価を予想して決めておきます。精算時に増えていれば返却してくれますが、減っていれば支払いを求められてしまいます。

ローンを組むより安く車を持てる

リースの料金は、新車の購入代金から残価を引いた金額を車両代金とします。そのため、新車をローンで購入するよりも安く車を持てるのです。

しかも、ローンで購入してもメンテナンスや車検、税金はその都度支払わなければなりません。
リースであれば、それらの費用は利用料金に含まれるため、後から支払いに困ることが少ないのです。

車をリースするメリットとデメリット

車をリースするメリットは、次のようになります。
・新車をローンで購入するよりも安い。
・税金、車検等の費用の心配がない、月々の支払いは一定(ボーナス払いも選択可)。
・整備や車検の手配も心配しなくて良い。
・リース期間終了後に、自分のものにできる(契約内容による)。
・契約期間が終わるごとに新車に乗り換えることができる。

一方、デメリットは次のようになります。
・残価は乗り方によって変動してしまうため管理に気を使う。
・カスタム、ドレスアップ等が一切できない、又は返却時に元に戻さなければならない。
・万一、事故などで廃車になった時のリスクが大きい。
・どうしても乗り換えたくなった時の手続きが大変。

リースした車を買取する為に必要な要素


リースした車を、自分のものにしたい。又は、 車が必要なくなったので売却するために買い取ることはできないだろうか。
このように考えることがあるかもしれません。リースした車を買取する為に必要な要素を見ていきましょう。

買取可能プランに加入している

買取可能プランを設定しているリース契約というものがあります。買取に必要とされる費用を一括又はローンを組むなどして、リースした車を買い取ることが許されているプランです。

もし、買取できないプランと買取可能プランの両方を用意しているリース会社であれば途中でプラン変更ができる可能性もあるので確認してみましょう。

途中解約方法の確認

リースは、契約期間中には途中解約できるかどうかは契約内容によります。そもそも途中で解約する前提のない契約が多いようです。解約する時に残りの利用料金を一括で払うとする契約や、それと同等の違約金を用意しているケースが目立ちます。

リースした車を買い取ってもらう際の注意点


リースした車を手放したいと考えた時には、買取業社、個人売買、下取りなどを利用するのが一般的でしょう。
こうした所へ持って行く前に、買い取ってもらうために気をつけたい注意点をまとめてみました。

勝手に売買すると横領罪に

まず、 リースした車はリース会社の所有物だということです。
リースで借りているものを勝手に売却してしまうと、それは他人の持ち物を売ったことになります。自分で使用する分には自由なのですが、買い取ってもらうとなると別の話なのですね。

もし勝手に売ってしまうと、横領罪で訴えられてしまう可能性があります。悪質な場合には詐欺罪になってしまうかもしれません。

手続きはちゃんと踏まなくてはなりません。買い取ってもらうために必要なのは、名義変更です。また、順を追って買い取ったとしても、名義変更がされていないのでは意味がありません。どういうことかというと、リースにしても一部ローンの場合でも契約期間は、車検証上の所有者がその車の持ち主になっています。

買取プランやリース契約終了後の買取又はローン支払い終了時、ちゃんと名義変更をしていれば良いのですが、名義変更がされないままになってトラブルになるケースがあります。

買取などの手続きが終わった時に所有者名義が自分のものになっているかも確認するべきでしょう。

残価設定ローンもリース契約に含まれる場合あり

残価設定型のローン契約も新車に安く乗れる契約方法です。ローンを組んだのだから、購入したと捉えている方も多いと思います。

しかし、設定年数が過ぎた時点で、買い取るか、再びローンを組んで乗り続けるか、返却するかを選択しなければなりません。つまり、ここで買い取らなれば自分のものにはならないのですから、購入したというよりはリースに近い契約ということになります。

実際に、残価設定ローンもリース契約とみなされるケースもあります。契約時などに確認した方が良さそうです。

主なカーリース提供元別サービスの違い

・オリックス自動車
頭金0円、車両代、税金、車検代、自賠責がコミコミのサービスです。月々1万円代〜選べるようになっています。9年間の契約で、7年目以降は解約金を支払うことなく返却、乗り換えができます。しかも契約終了時に無料で自動的に車が自分のものになります。
メンテナンスに関しては、車検とオイル交換、オイルエレメントのクーポンでまかなえますが、そのほかの費用負担がありそうです。

・定額ニコノリパック
定額の1万円、2万円、3万円コースとわかりやすくしかも安価な価格設定です。残価精算時にお客がリスクを追わないクローズドエンドという契約方式を採用しています。対義語はオープンエンド方式です。
この契約形態では通常は、リース終了時に車を買い取ることができませんがニコノリパックではそれができるようです。
ただし、5年間の走行距離が60,000km以内と、契約期間中の走行距離が決められています。

・コスモスマートビークル
コスモ石油が展開するリースのサービスです。利用金額はその都度見積もりを出す方式を採用しているようです。特徴としては、メンテナンスパックと呼ばれるプランが3種類用意されています。
その1番手厚いゴールドパックは車検、整備はもちろんタイヤ、バッテリーなどの消耗部品、さらにいざという時のロードサービスまでついてくるのです。
しかもメンテナンスパックのランクに応じて、ガソリン代も値引き額も変動します。
ただこちらを選ぶと月々のリース料金が、軽自動車でも3万円を超える場合があるようです。

・トヨタレンタリース
トヨタでもカーリースを行なっています。ただこちらは法人向けのサービスのようです。リースは元々、会社の経営合理化のために考えだされたシステムといわれています。
法人つまり会社が車を購入すると資産として計上、減価償却の必要があります。ところがリースとなると、サービス料金となりますので基本的には資産計上の必要がありません。突発的な出費がなく、月々の支払いが定額というのは企業にとっても助かるのではないでしょうか。

リース車の買取で必要な費用


リース車を買い取ることができるのはわかりましたが、どのくらいの費用が必要なのでしょうか?
何も考えずに行動してしまうと、大きな出費になってしまう恐れがありますので事前に確認しておきましょう。

買取に必要な費用一覧

買取に必要な費用は次の通りです。
・車の買取金額
・名義変更登録料
・自動車税
・自賠責保険(リース会社に払う)
・リサイクル料金
・消費税
・任意保険(乗り続ける時)
・契約解除にかかる費用(違約金など)

車の買取金額には、今まで払ってきたリース料金の中の車体にかかる費用の残額プラス残価と考えましょう。契約時の残価設定が高いほど、月々の支払いは安く済みます。その代わり、買い取る時には残価が高いほど買取金額も上がってしまいます。

これは、契約終了後返却する場合や、買い取る場合でも同様です。残価が高いほどリスクが上昇すると考えましょう。

解約後は自分で保険と車検も手続き

リース契約を解約し、自己所有となった車は、保険も車検も自身で手続きをしなくてはなりません。今までリースだったために省略されてきた手続きの数々は、煩わしく感じるかもしれません。

しかし、この手間こそが、借り物と所有物との違いなのです。そして、維持費に関しても、リースをそのまま続けた場合と自身で行う場合とでは違うものです。 契約を進める前に、どちらがどのくらい安いのか必ず確認しましょう。

リース車を高く買取してもらうには


今まで見てきたようにリース車を買取してもらうまでには、大変な手間がかかりますね。せっかく様々な手続きを経て買い取ってもらうのですから、高く買い取ってもらいたいものです。 そこで、買取査定アップのためにやっておきたいことをまとめておきます。

車を綺麗にする

まず確実にいえることは、車は綺麗なほど評価が高いということです。
当たり前すぎると思われるかもしれませんが、これだけで数万円以上も評価が変わるとしたらどうでしょうか。やはり基本はしっかり押さえたいということでしょう。

車内を清掃

車の外装を綺麗にする洗車も大事ですが、車内の清掃も重要です。
車は外から眺める時間より、乗ってい運転する時間の方が長いですから、車内が綺麗な中古車の方が印象が良いかもしれません。

子供が飲み物をこぼしてしまったり、タバコのヤニが付いていたりするかもしれません。ヤニによる内装生地の変色やタバコの焦げ、長い間放置された飲み物のシミなどはどうしようもありません。
それ以外の軽微な汚れは、ある程度は落ちます。

そして、査定に持っていく前に綺麗にしていれば、綺麗に乗られていた車だと思ってもらえます。査定する人に、いかにも普段から大事にしていたように感じさせるかがポイントです。

安く済むなら自前で傷などの修理も

外装をよく見ていると、ドアの取っ手やバンパーの隅などに小さな傷がついていることがあります。本当に細かい傷であればポリマー系の洗車剤などで見えなくなってしまいます。多少大きめの傷も、塗るだけで修復できる薬剤やタッチペンでの修理なら自前で修理ができてしまいます。

ここは費用対効果が高いと思われるものだけを実践して、なるべく綺麗に仕上げたいところですね。

ディーラー下取りよりも一括査定がおすすめ

高く買い取ってもらうためには、車の状態以外にも気をつけなくてはなりません。
それが、買い取ってくれる相手選びです。

買取専門業者、ディーラーでの下取りが一般的でしょうか。ここはディーラーに下取りに出すよりも専門業者、さらにいうと、一括査定がおすすめです。

一括査定とは、複数の買取業者から同時に査定を取る仕組みです。利用方法も一括査定サイトなどから手軽に行うことができます。

そしてそのようなサイトに登録している業者は買取に力を入れているところだけです。業者は安い金額では買い取れないため、出来るだけ高い金額をつけざるを得ない仕組みになっています。このようなサービスを利用することでせっかくの車が安く買い叩かれるリスクを大幅に減らすことができます。

まとめ


リースしている車を解約し自分のものにし、その後買い取ってもらうにはそれなりの障害がありますね。
リース自体は、利用方法によってメリットのあるものです。

しかし、あくまでも借り物であること、長期間の契約であることに注意が必要です。つまり、途中で乗り換えるのに手間がかかり、場合によってはお金もかかってしまうのです。

ライフステージよっては、3年5年とかからずに車が手狭になったり、大きすぎると感じるようになることもありえます。

先のことはわかりませんので変化を視野に入れた上での選択が好ましいと思います。これからリースを選択する人はリースが自分に合っているのか今一度確認しましょう。

リースした車を買い取ってもらいたい、手放したいという場合にも、本当にその選択が最良かを考えてみてください。リースの良し悪しは人それぞれ違います。ただ、入り口が広くはじめやすいサービスなのに、出口は狭く途中でやめにくいのは確かなことです。車は大きな買い物ということを念頭に検討してみてはいかがでしょうか。