レクサスLCの買取価格は?買取のコツをおさえて目指せ高額査定!

レクサスの最上級クラスの名に恥じないLCは、買取価格に期待が高まる1台です。レクサスLCの買取では、グレードやカラー、オプションなどの人気によって価格が左右しますので、人気について知っておくのがいいでしょう。そこで今回は、レクサスLCの買取価格について、高値がつきやすいポイントを交えて紹介します。

レクサスLCの特徴

レクサスが誇るフラッグシップモデル

レクサスLCは、レクサスブランドにおけるフラッグシップセダンとして登場しました。2017年10月にフルモデルチェンジを遂げ、躍動的なデザインが人気を呼んでいます。

また、レクサスの最上級モデルならでは上質なインテリアは、富裕層を満足させてきました。さらに、日本古来の技術と最新のテクノロジーにより、最先端の走りが楽しめる1台です。

レクサスの技術が詰め込まれた高性能な1台

レクサスLCは、新開発プラットフォームによる骨格を活かし、独創的なデザインへと仕上げられました。車両の運動性能を向上させる重要な位置づけとなる慣性諸元を突き詰め、旋回時や減速・加速時の滑らかさを実現させています。

これまでのプラットフォームの2倍となるボディ剛性をもち、サスペンションの着力点においても剛性が2~3倍向上しているのも特徴です。これにより、これまでになかった高剛性ボデイを手に入れています。

そのほかにも、LC500hに搭載されたマルチハイブリッドシステムや、LC500のV8 5.0LエンジンとDirect Shift-10ATはパワフルでリズミカルな加速を生み出しました。

低めでワイドな外観には、レクサスらしい個性が感じられます。スポーツカーのようなスタイリングも大きな武器でしょう。LFAの生産終了以来、高性能なスポーツカーを求めてきた世代からの注目を集めた1台です。

レクサスが誇るハイブリッド車

環境への配慮も忘れないレクサスは、ハイブリッド車にもこだわりを見せています。それでいて、ハイブリッドならではのトルク感をもち、静寂性と快適性を兼ね備えた車へと仕上がりました。そんなレクサスLCは、ラグジュアリースポーツカーならではの魅力が感じられるといえるでしょう。

LC500h

・全長4770mm、全幅1920mm、全高1345mm

・3.5L V型6気筒エンジン

ハイブリッドカーとして登場したLC500hのエンジンの最高出力は220kW/6,600rpm、最大トルク356Nm/5,100rpmです。

さらに、最高出力132kW、最大トルク300Nmのモーターが加わり、パワフルな走りを可能にしました。LS500hのハイブリッドシステムに使われているバッテリーは、大容量の「リチウムイオン電池」であるのも特徴です。

そのほかにも、エンジンの後ろの端に2個のモーターが設置され、その後ろには4段ギアも組み合わされています。これにより10段の疑似的な変速制御を可能にしました。

ハイブリッドであるからこその力強さを感じさせる1台であり、走りの爽快感が十分に楽しめます。そのうえ、の大型ボディでありながらも、低燃費を実現させました。JC08モードの走行燃料消費率が15.8km/Lというのも、ハイブリッド車ならではです。

LC500

・全長4770mm、全幅1920mm、全高1345mm

・5.0L V型8気筒エンジン

LC500は、パワフルなエンジンが魅力です。エンジンの最高出力は351kW/7,100rpm、最大トルクは540Nm/4,800rpmと力強く、爽快な走りが楽しめます。

エンジンをスタートさせた瞬間に感じるV8エンジンの重厚感や音とは対照的に、走り始めは非常にスムーズです。なめらかな走り出しに、感動を覚える人も多いでしょう。

さらに、モーターショーに展示されたコンセプトカーが、ほぼそのままのスタイルで市場に登場したのも特徴です。見事な美しさを持ったボディは多くのファンの視線を集めました。

流線型のクーペボディはスポーツカー愛好者の心をつかみ、高級車らしいインテリアが富裕層を満足させます。LC500hと同じサイズのボディをもつLC500の、JC08モードの走行燃料消費率が7.8km/Lです。

その車種の最新相場

中古車買取業界において大手であるガリバーが発表した最新相場を見ると、平成29年式で走行距離1万キロのLC500のSパッケージに976.6万円という価格がつけられています。カラーは人気のホワイトノーヴァガラスフレークであり、走行距離が少ないことから高値がつけられました。

平成30年式の白のLC500のSパッケージにおいて、同じく走行距離1万キロの分では、895.9万円の査定価格がついています。人気のハイブリッドモデルであるLC500 hのSパッケージは、平成29年式において836万円がつけられました。この1台もホワイトノーヴァガラスフレークであり、高値がつきやすい傾向がみられます。

ここから引用しています。

レクサスLCの人気グレードと残価率

レクサスLCは、LC500、LC500hの両方に3つのグレードが用意されており、ベースグレードに加え、L packageとS packageがあります。ただ、ベースグレードであってもL packageと同じ価格がつけられています。

なぜなら、ベースグレードとL packageはそれぞれスポーティーグレードとして扱われているからです。その2つは装備が異なるグレードであると考えましょう。

L package

ベースグレードとS packageはカーボンルーフですが、L packageにはガラスパノラマルーフが搭載されています。また、L packageはシートにセミアニリン本革を採用されました。ブリ―ジーブルーの内装が選べるのはL packageだけの強みであるといえるでしょう。

ベースグレードとS package

S packageは、CFRPルーフとCFRPスカッフプレートが搭載されているグレードです。ベースグレードとS packageのシートにはアルカンターラが採用されました。

また、S packageには時速80km以上で自動的にせり上がるアクティブリアウィングが採用され、ラグジュアリーなモデルとして人気です。

レクサスLCの新車価格は1,302万~1,435万円であり、1年落ちの残価率は70%台前後と非常に高い数値がみられます。LC500S packageであればおよそ80%と高く、LC500hでもおよそ68%の残価率です。

ハイブリッド車のLC500hに比べるとガソリン車のLC500のほうが、残価率は高いといえるでしょう。

より高額に買い取ってもらうポイント

 

人気のカラー

レクサスLCの標準カラーは9色です。この9色のひとつには、ベーシックでありながらも澄み切った白さをもつホワイトノーヴァガラスフレークがあります。ブラックは漆黒で艶があり、上品なカラーです。

また、ブラックに近いグレーであるダークグレーマイカは大人の魅力を感じさせます。マイカ仕上げは光の当たり方で色の見え方が変化しますので、さまざまな表情が楽しめるでしょう。

また、メタルな色合いを好む人にはソニックシルバーが人気です。汚れが目立ちにくいことも人気の秘密で、メカニックな見た目がかっこいいと高く評価されています。さらに、グラファイトブラックガラスフレークは透明感のある黒です。

大人っぽい赤が魅力的なガーネットマイカは、ジェントルな輝きを放ちます。落ち着いた印象のある深みをもつ赤は、年配の男性からも人気です。

渋いカラーとして知られているのはアンバークリスタルシャインでしょう。かつて大流行したスポーツカーを思わせるダークな色味は、スポーツカー好きをうならせています。さらに、魅惑的なブルーであるディープブルーマイカも人気のカラーです。

これら9色の中ではホワイトノーヴァガラスフレークやブラックといったベーシックカラーに人気が集まっています。そのため、買取でも高値がつきやすいといえるでしょう。

オションカラーも人気

また、レクサスLCにはオプションカラーとしてネープルイエローコントラストレイヤリングと、ラディアントレッドコントラストレイヤリングが用意されています。

なかでもネープルイエローコントラストレイヤリングは、スポーツカーらしいイエローカラーが人気で、高値がつきやすいといえるでしょう。輝度の高い色味は、スポーツカーとしての醍醐味でもありますので、査定において高く評価されています。

人気のオプション

レクサスLCはカラーのオプションを選ぶと高値がつきやすいのが特徴です。先ほども紹介したネープルイエローコントラストレイヤリングと、ラディアントレッドコントラストレイヤリングのオプションカラーは非常に人気があります。また、インテリアカラーに美しいブリージ―ブルーのオプションを選択している1台であれば、高く評価されるでしょう。

そのほかにも、運転中に前方のガラスに車速やレーン表示、簡易ナビゲーションなどが映し出されるカラーヘッドアップディスプレイも人気のオプションです。

ステアリングを暖める機能であるステアリングヒーターは寒冷地に人気であり、寒い季節でも快適なドライブが楽しめます。これらのオプションがつけられたレクサスLCは、高額査定の対象です。

まとめ

 

レクサスLCは高級車ならではの装備を持っていますので、ベースグレードでも高値がつきやすい車です。ただ、人気のカラーやオプションにがついている場合にはさらなる高値が目指せます。レクサスLCの売却を考えているのであれば、査定を依頼してみてはいかがでしょうか。