ローン中でも大丈夫?金融車を買取ってもらう際の注意点

金融車と一口にいっても様々な車が存在します。ここでは、ローン中の車を金融車として買い取ってもらう際のメリット、デメリット、注意点をまとめました。安心・安全に取引するために何が必要なのか確認しましょう。

金融車とは


はじめに金融車とはいったいどんな車なのでしょうか?金融車という言葉には明確な定義はありません。一般的に通用している言葉ではありますが、使われる状況によって複数の意味があるようです。その共通する事項をまとめると、金融関係の事情により名義を変更できない車ということになります。

自動車検査証(車検証)には、所有者と使用者の欄があります。ローンで車を購入した場合は、所有者がローン会社、使用者が購入者になるっていることがあるのです。そして、名義変更には所有者の譲渡証明などが必要になります。

所有者名義をローン会社にしておくのは、購入者がローンを払えなくなった時には車を返却しなければならないようにしておくためです。よほどのことがない限り車を引き上げられることはないそうです。無事にローンを返済すれば、所有者の名義変更が認められます。ですから、現在乗っている車がローン中だからといって直ちに金融車ということにはならないのです。

担保実行された車

車を購入した時点でローンを組んで購入したとします。その購入者が、ローン中の車を担保にお金を借りて、しかも支払いできなくなった場合、どうなるでしょうか。

車を担保にお金を貸した側は、担保にされた車を引き上げて売却しそのお金を返済に当てます。これが担保実行です。そして、担保実行されてしまった車は金融車と呼ばれます。

名義変更できない状態の車も指す

担保実行されてしまった車は、元の所有者(ローン会社)が売却することを承諾していません。そのため、名義変更ができないのです。

ローン中の車を買い取ってもらう場合も同様に名義変更ができません。

金融車を買取してもらうメリット


次に金融車を買取してもらうメリットをみていきます。今現在乗っている車が金融車である場合には、専門の買取業車でなければ断られてしまう可能性があるので注意が必要です。
ローン中の車を金融車として専門業社やネットオークション等に出品する方法でも買い取ってもらうこともできます。

ローンが残っている車を売れる

現在ローンが残っていて支払い義務がある車を買い取ってもらうケースを考えてみましょう。

買取業車に買取を依頼すると、ローンを解約して名義変更をすることになります。しかしこれだと、ローンの残額全てを一括で返済しなければなりません。

急遽まとまったお金が必要な時には、これだとあまり意味がありません。そこで金融車買取業車やネット掲示板、オークションで金融車として売買をする方法が増えているようです。

こちらのメリットは、ローンが残っている車を売れるということです。ただし、車を売却してお金を得ることは可能ですが、ローンの支払い義務があるのは変わりません。

買取金額でローンを一括返済できるのならよいのですが、そうでないと車はなくなってもローンの支払いは残ることを念頭におきましょう。

すぐに現金が手に入る

金融車専門の買取業車は、その場で現金買取してくれます。書類も通常の買取より少ないため手続きが簡単だと感じるかもしれません。どうしてもすぐに現金が必要な時には助かるのではないでしょうか。

インターネットを経由した個人売買の方法でも、必要な手続きだけですぐに現金を手にすることができるのがメリットといえるでしょう。

ローンを完済すると新しくローン購入可能

車を売却してローンが残ってしまっても、ローンの支払いが終われば新たにローンを組むことが可能となります。車の売却代金を車の購入資金にあてられないという時は、ローンの完済まで待てば再び車を持てることになります。

金融車を買取してもらうデメリット


金融車を買取してもらうにはデメリットもあります。こちらは深刻な事態に陥るケースもあるので、よく検討した方がよさそうです。

査定価格や流通相場が安い

金融車を購入する場合は、かなり安く購入できますが同時に買取してもらう時の査定額も安いということです。

同様の車種の中古相場の半値ぐらいで取引されてしまいます。そのため買取の査定金額も通常の査定額の半分以下になってしまうと考えましょう。

また、インターネット経由の買取でも買主やオークション入札者が、中古車市場相応の値段で取引してくれることはあまりありません。

なぜなら、それだったら最初から中古車販売業者から購入すればいいからです。逆に、ネット掲示板などで変に高値で買い取ろうとしてくる人は怪しいと思いましょう。

売却後のトラブル

金融車に乗っていて、金融車専門の買取業車に買い取ってもらったケースでは、トラブルはほとんど起こらないでしょう。ただし、買取業車の中には悪質な者もいるので注意は必要です。

自分がローンを組んで買った車を売却したケースではトラブルになってしまう事例もあります。まず、売却後にローンを払っていけるでしょうか?もし、ローンの支払いが滞ってしまうとローン会社に車を引き上げられてしまいます。買い取ってくれた人に迷惑がかかる上に、賠償等のトラブルは避けられないでしょう。

また、買い取ってくれた人がオービスや駐車違反をして放置した場合には所有者つまりローン会社に連絡がいきます。ローン会社に買取の事実を知らせることはないので売却後でも請求が来てしまう可能性があります。

ローンを組んだ相手と裁判沙汰に

そもそもローン中の車を売却すること自体が契約違反の可能性があります。仮にその事実を知っていても、ローンの支払いをしっかりしていれば問題にはならないでしょう。所有者がローン会社になっているのはあくまで、支払いができなくなった時のためだからです。

しかし、支払いができなくなった時には車を引き上げる等の法的手段に出てくるかもしれません。そうなった場合に、車を売却しているとどうなるでしょうか?

ローン会社に所有権があることから、買い取ってくれた人から車を引き上げようとします。それができなければ、その責任も一緒に取らなければならなくなります。

さらに他人の所有物を勝手に売ってしまったのですから、横領や詐欺等の罪に問われるかもしれません。裁判沙汰になってしまうこともあるようです。

いずれにしても裁判になったら勝ち目は薄く、ローン残額の支払い、ローン会社への賠償、買い取った人への賠償、裁判費用などの請求が来てしまう恐れがあります。

犯罪に使われることも

個人売買では、相手がどのような人物かも重要です。名義変更ができないことをいいことに交通違反をしても放って置かれて請求が回ってきてしまうこともあります。

それだけではなく、名義変更ができないからこそ最初から犯罪に使う目的で購入する相手がいるかもしれません。自分の車が犯罪に使われるのも気分的によくありませんが、さらに最悪の事態も予想されます。

警察から犯人と疑われたり、共犯者と間違えられることもあり得ます。教唆・幇助(きょうさ・ほうじょ)といってその犯罪をするようにそそのかしたり、手伝ったりした罪に問われる可能性があります。

個人売買では、相手の身元がきちんと確認できるかどうかも重要なポイントです。

金融車買取は専門の業者に依頼


デメリットのことを考えると、ネットオークションや掲示板による個人売買よりも専門の業者に買い取ってもらう方が得策といえそうですね。専門の業者は金融車を取り扱うプロですから、ノウハウを持っています。

ただし、専門業車ならどこでもいいかというとそうではないようなのです。専門業車に依頼しても後々トラブルになっているケースもあります。ベストな業者を見分ける方法はあるのでしょうか?

良い業者の特徴

良い業者は、ホームページなどの広告に金融車の売買にリスクがつきものであることを明記しています。その上で、トラブルにならないためにどのような対策をしているのかも公表しているのです。

専門業車も長く商売を続けるためにお客様にトラブルを起こして欲しくないのです。トラブルに繋がりそうな車は初めから買い取らないというスタンスを持っています。

店舗所在地を明記している

専門業者の広告を見る時に重要な要素として、店舗所在地を明記しているというのがあります。買取の査定を店舗ではない場所で行うまたは出張買取をしているところは特に注意です。

トラブルが起こってもお構いなしという業者の中には店舗を持たないで営業しているところもあります。何かあった時に逃げられるようにしているのでしょう。

更にホームページでは、嘘を書くことが簡単にできます。念のため、そこに店舗が本当に存在するのか確かめた方がよいでしょう。近所なら見にいくのが確実ですが、遠方の場合にはグーグルマップ等でも確認できます。

固定電話の回線あり

固定電話の回線があるかどうかもポイントです。固定回線を持つにはそれなりにお金がかかるため個人事業者では携帯電話を営業用にしているところもあります。

それら全てがよくないという意味ではありませんが、金融車専門の買取業車をちゃんとやっていこうとしているところは、店舗をきちんと構えて固定電話の回線を持っているはずです。

また、広告には店舗が記載されていても、電話番号が携帯電話という事業者は本当に店舗があるか疑う余地があります。

アフターフォローあり

金融車買取に関するアフターフォローを明記している広告はあまりありませんが、売却後のトラブルに対処してくれるところはあります。
また、業者を見分けるポイントとして、金融車販売に対してのアフターフォローはあるでしょうか?しっかりとした業者は、金融車にまつわるリスクを熟知しています。ですから、車を販売した後もきちんと面倒を見てくれる用意があれば安心ということです。

具体的には、その業者から金融車を買った後に、返金保証や買取保証、任意保険への加入や整備、車検などを行なってくれるかどうかです。

金融車の中には車検を通せないものもあります。そのような車を買い取ったり、売ったりするような業者が整備や車検を受け付けるはずはないでしょう。

悪徳業者もいる

ここまで見てきたように、金融車専門の買取業車の中には悪徳業者もいます。買取後に連絡を取ろうとしても電話が繋がらない、ホームページに記載の店舗が存在しない。などの事態に陥ると問題解決に余計な労力と時間、お金を費やすことになりかねません。

必ずしっかりとした業者の特徴をよく調べて、もう一歩踏み込んだ情報収集をしてから依頼するようにしましょう。

金融車買取に必要なもの


実際に金融車の買取の手続きをするのに必要な書類にはどのようなものがあるでしょうか。事前に確認して用意しておきましょう。

必ず用意する3つの書類

次の3つの書類は必ず用意しましょう。金融車の買取では売却後、万一のトラブルがないとは言い切れませんのでこれらの書類はコピーを取っておくと安心です。

車検証

一般に車検証と呼ばれる自動車検査証は、前回の車検を通したことを証明する書類です。これは車の売買においても重要な役割を果たします。車に備え付けておくことが義務付けられているので、ダッシュボードの引き出しの中や車の中に入っているはずです。

リサイクル券

リサイクル料金が収められていることの証明になります。車検証入れの中に入れておくのが一般的ですが、紛失した場合には自動車リサイクル料金の委託状況のページを印刷することで代用できます。
http://www.jars.gr.jp/gus/exju0010.html

自賠責保険

車の強制保険、自賠責保険の証明書も必要になります。こちらも車に備え付けることになっていますので車検証と一緒になっているでしょう。

その他用意しておくとよいもの

必須ではありませんが、用意しておくと便利なものもあります。

本人確認書類

業者によっては免許証の提示を求められる場合があります。店舗に出向くのであれば車を運転しますので忘れにくのですが、出張買取で来てもらう時はしまったままだと慌ててしまいます。

また、個人売買で金融車を買い取ってもらうのでしたら、取引相手の免許証のコピーをとらせてもらうようにしましょう。万が一連絡がつかなくなった時に役立ちます。

残一括照会依頼書(残債照会)

ローンの残高が半分以下になっているのでしたら、ローン会社に残一括証明依頼書の発行を受けておきましょう。
ローンが後どれくらいで終わるのかを証明する書類です。コピーを取るなどして持っていくと買取査定に有利に働く可能性があります。

まとめ


金融車の買取にはどうしてもリスクが避けられません。名義変更ができないということは、車の責任が自身に残ったまま相手に売ることを意味します。買取相手との信頼関係に依存した買取方法といえます。

専門の買取業車も、そこから買った買主も全てが真っ当な人であれば何も問題も起きないはずですから、どうしても金融車として車を売らなければならないのであれば、相手をよく調べて間違いのないところに依頼しましょう!