ローン残債があっても車は売れる?売却手順や高額で売るためのコツ

「愛車を売ろうと考えているけど、ローンが残ってる・・・。それでも車の売却ってできるの?もしできるのなら、具体的な手順や方法などを知りたい。」と思っている方へ。

そこで今回は【ローン残債が残っていても車を売却するための方法】を詳しく解説します!
普通は「ローンを完済しなければ売却はできないのでは?」と考えますよね。でも心配はいりません。ローンが残っていても愛車を売ることは可能です。

「高く売るコツ」もあるので、ぜひこの記事をスムーズな愛車売却に役立ててくださいね。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報

ローン残債があっても車の売却は可能?

ローン残債があっても車の売却は可能なのか……ずばり可能です。「全額返済が終わるまであと〇年もかかる……それまで我慢しなきゃいけないの?」と思っている人も大丈夫です。手続きはやや複雑になりますが、手順さえ知っていれば売却できます。

ローンが残っている車の売却には【所有権】が大きく関わってきます。これは法律で定められた権利となります。また「保管管理の責任」も問われます。一度購入して登録した車は、その所有者に全ての権利と保管責任が問われるため、売却できるのも所有者のみです。所有者が誰なのかは「車検証の所有者欄」で確認できます。

いざ売却する前に、きちんと確認しておきましょう!

所有者によって売却方法は異なる

車の所有者は、多くの場合「自分(本人)」になっています。ただ、ときに「家族」だったり、「ローン会社」だったりするケースもあるのです。その場合、手続きが少し複雑になります。あとで面倒な事態にならないためにも、以下のことをチェックしましょう。

名義人が「自分」「家族」の場合

車検証の所有者が「自分」もしくは「家族の誰か」になっている場合、ローンが残っていても特に問題なく車を売れます。ただ、家族になっている場合は少し手間がかかります。

例えば所有者が「父親」であれば父親の承諾・同意を得る必要があります。また、自分ではなく父親が売却の手続きを進める場合、【委任状】が必要になります。また、金融機関によるマイカーローンなどを契約している場合、機関によっては売却NGなところもあるので要注意です。

「ローン会社」などが所有者の場合

所有者が「ローン会社」や「ディーラー」の場合もあります。この場合【名義変更】を行う必要があります。また保管責任が問われるのも所有者なので、基本的には完済してから売却するのが原則となります。ただ、ローン残債が売却金額を下回っていれば売却は可能です。

その場合、売却金額からローンを引いて清算をします。

ローン残債がある場合の売却手順

それでは早速【ローン残債がある場合の売却手順】を詳しく解説していきます。基本的な手順は通常の車売却と同じです。ただ、ローン残債がある場合、名義変更をしなければならなかったり、ローン残高と車の売却金額との兼ね合いがあったりします。少し複雑になっているので、ここでしっかりと確認しておきましょう。

ローンがどれくらい残っているのか調べる

車を売るには「ローン残債<売却金額」であることが大前提です。なんとなく「ローンが残ってるけど古い車を売って新しい車が欲しい」と考えていると、後で後悔してしまいますら、そうならないためにも、まずはローン残高を調べましょう。

ローン会社によってローン残債の通知方法は異なりますが、基本的には年に数度の郵送で届いているはずです。届いた書類をチェックしましょう。もし書類がない場合や、今現在のローン残債を知りたい場合は、ローン会社に直接電話するのもひとつの手です。

ローン会社に問い合わせるのが面倒くさいという人は、自分でざっくりとローン残債を算出することもできます。「毎月支払ってる額」と「今までの支払い回数」さえ分かればOKです。

例えば2年前に60回払いで新車を購入し、毎月30,000円ローンを返済していた場合。毎月払いなのですでに24回が済んでいるため、残り36回の支払いとなります。つまり、30,000円×36回=1,080,000円がローン残高となるわけです。

車がどれくらいで売れるのか調べる

次に車の売却金額を調べましょう。「愛車がどれくらいの価格で売れるのか?」を調べる必要があります。だいたいの買取相場については、インターネット上にある「相場サイト」を使うのが良いでしょう。車のメーカーや年式を入力するたけで、ざっくりとした相場が分かります。ただ、正確性にやや欠けるのが難点です。

ローン残高が多く残っている場合は、そのぶん車も高く売らなければならないので、より正確な買取金額を算出しなければなりません。

その場合は【一括査定サイト】を使って実車査定に出すのが良いでしょう。こちらもインターネット上にある査定サイトで、一度に複数の買取業者に査定依頼を出すことができます。車の基本情報や個人情報を乗せることでアポイントを取り、電話やメールにて実車査定のスケジュールを決めることも可能です。

買取店まで車を持ち込んでの店舗査定、または自宅まで査定士が来てくれる出張査定ができる買取店もあるので、ぜひ有効活用しましょう。

売却の手続きを進める

ローン残高と車の売却金額が分かったら、売却手続きを進めていきましょう。ただ、「ローンが残ってるけど本当に手続きが上手くいくのかな・・・」と不安が拭えない人も少なくないはずです。でも大丈夫!

多くの場合、売却先のディーラーや買取店が分かりやすく教えてくれます。レクチャーに従えば誰でもスムーズに手続きが進められるので、固くなりすぎずリラックスしましょう。

名義変更するための必要書類を揃える

もし所有権が自分でなかった場合、【名義変更】を行わなければなりません。その際いくつか書類を提出する必要があります。具体的には以下の書類です。

車検証(自動車検査証)

車の所有者や使用者を証明するために重要な書類です。先述したように、ローン会社などによる所有権を解除すると、自分の名義となります。車検証は車内保管が義務付けられているので、おそらく助手席のダッシュボードに入っているはずです。

印鑑証明(新旧所有者どちらも)

実印が市区町村に登録されていることを証明する書類です。市区役所にて発行できますが、車の「新所有者」それから「急 旧所有者」どちらの印鑑証明も必要になります。手続きを自分だけで行う場合は、旧所有者のみで問題ありません。印鑑証明は発行から3ヶ月以内のものである必要があります。

委任状(新旧所有者どちらも)

自分で名義変更を行う場合は、旧所有者の委任状だけで問題ありません。ディーラーや買取店などといった業者に売却を依頼する際は、新旧どちらの委任状も必要です。

自動車税納税証明書

自動車税をしっかりと納めていることを証明する書類です。毎年5月末ごろに1年分を前払いするかたちになりますが、そもそも自動車税を納めていなければ車を売却することができません。

もし未納がある場合は、すべて支払った上で証明書を発行してもらう必要があります。

譲渡証明書

今の所有者から新しい所有者に車を譲り渡すことを証明する書類です。所有権をローン会社などから変更した場合、ローン会社の譲渡証明書が必要になります。直接送ってもらうのが良いでしょう。

また家族名義から自分名義に変更する場合は、旧所有者の押印も必要です。

車庫証明(新所有者)

車の保管場所を持っていることを証明する書類です。住んでいる地域を管轄する警察署にて発行できます。所有権をローン会社などから変更した場合は不要ですが、家族名義から自分名義に変更するときは必要です。

ローン残債額による売却事例

続いて【ローン残債額による売却事例】を見ていきましょう。ローン残債があっても車を売却している人はたくさんいます。また、以下の2つのパターンのどちらかになるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ローン残債<買取金額の場合

車を売って得た金額がローン残債を上回っていれば、特に問題なく車を売却できます。例えば、ローンが1,000,000円残っていたとして、買取金額が1,200,000円であれば、200,000円が利益として残ります。余った分は自分の利益として受け取れるわけです。しかし、買取業者によって買取金額はバラバラです。

高く査定してくれるところもある一方で、出来るだけ安く商品を仕入れようとグイグイ営業をかけてくる業者もあります。特に初めての人は詳しいことが分からないと思うので、安く買い叩かれないように注意しましょう。

ローン残債>買取金額の場合

次に【ローン残債>買取金額】となった時のケースです。ローン残債が買取金額を上回っていた場合、不足している分を何らかの方法で補填する必要があります。

例えばローンが1,000,000円残っていて、車の買取金額が800,000円だった場合、200,000円マイナスとなるわけです。もっとも分かりやすいのは「現金」で200,000円を補填する方法。ただ、すぐに200,000円もの大金を用意できる人はそこまで多くないでしょう。

一方で、あと2つ打開策があります。それは「ローンを組み直す」と「新車のローンに持ち越す」という方法です。前者では、不足した200,000円分のローンを新しく組むことで完済を目指します。ただ、後者の場合は、新たに車を買う予定のある人限定です。不足したローンを次の車に上乗せすることで、ローン完済を目指します。

ただこれらは、どこでも可能とは限りません。店や会社によっては不足分のローンを組めなかったり、次車にローン上乗せができなかったりするので、事前にしっかりと問い合わせておきましょう。

ローン残債がある車を高額で買取する方法

それでは最後に【ローン残債がある車を出来るだけ高く売る方法】をご紹介します。せっかく愛車を売るのなら、ただ売却するだけでなく「できるだけ高く」売却したいですよね。そこで、高く売るコツをいくつかピックアップしました。以下のことを実践すれば、きっと期待以上の金額で愛車を売れるはずです。

一括査定サイトを使う

高額査定を狙うコツとしてオススメしたいのが【一括査定サイト】です。文字通りインターネット上で一括査定ができるサービスのことで、車の基本情報と個人情報を入力するだけで査定を受けられます。

一度に複数の業者に査定依頼を出せるので、便利かつスムーズに査定額を知ることができますよ。最初に登録・依頼したら業者から連絡が来て、その後は直接見積もりを教えてくれたり実車査定のスケジュールを決めたりできます。

複数業者とアポイントをとることから、1社ずつ対応しなければならないデメリットはありますが、かなり便利なのでオススメです。

【最新2019年版】車の買取業者オススメ12社を徹底比較!

複数の業者で査定を受ける

やはり最大限高い金額で車を売りたいですよね。「何がなんでも買取金額がローン残高を上回らなければ!」と危機感を持っている人も少なくありません。

最大限車を高く売るのなら、複数の業者で査定を受けるのがマストです。複数を見ておくことで、買い叩かれるリスクを減らせたり、交渉を有利に進められたりするからです。

ひとつの業者しか見ていない場合、「相場感覚」が分からないため、たとえ安い金額でも、その買取業者が指定した額で売らざるを得なくなります。大手買取業者であれば問題ないですが、個人店だと低い金額を提示してくるケースもあるので要注意です。

一方、複数業者を見ておくことで、相場感覚もハッキリと分かりますし、一つ目の業者との交渉がうまくいかなくても二つ目の業者に乗り換えることができます。

日頃から車をキレイにしておく

高額買取を狙うのならやはり「第一印象」が重要です。ローン残高があるないに関わらず、車は「ひとつの立派な商品」として評価されます。

また実車査定においてはプロの査定士が査定を行い、正確な査定額を出すことになります。そのときに車の外観が汚れていたり、車内にゴミがたくさん落ちていたりすると、査定士から見ても印象は悪くなってしまうでしょう。そうならないためにも、日頃から車内シートやフロアマットの掃除、定期的な洗車を行いましょう。

オプションの有無

車を売る際は【オプションの有無】も大切です。プラス査定になるのは「純正オプション」です。カスタムを楽しんでいる人もいることでしょう。

なかには社外オプションをカスタマイズした車に乗る人もいますが、社外オプションは多くの場合プラス査定にならないので要注意です。最初に付けた純正オプションがあれば必ず揃えてから車を売却しましょう。

ディーラー下取りはスムーズだが買取金額が低い

車を買い替えようと考えているのなら【ディーラー下取り】を視野に入れても良いでしょう。売却と購入をひとつの店舗で済ませることができるので楽チンではあります。

また下取りは「新車の購入を前提とするサービス」なので、ローン残債での車売却における「所有権の解除」や「買取金額がローン残債額を下回る場合」でもフレキシブルに対応してくれます。

しかし、あくまで「下取り」なので「買取」と比べると利益が少なくなるのがデメリットです。少しでも愛車を高く売って利益を確保したい人にはあまりおすすめできません。

個人売買はやめた方がいい

車の取引はディーラーや買取業者によるものだけではありません【個人売買】で車を売ることも可能です。しかし、ローン残債がある場合、個人売買はやめた方が良いでしょう。

そもそもローンを全て返さなければ名義変更ができません。手続きや支払いのタイミングで揉める可能性が非常に高いため、個人に売るのは避けた方が良いでしょう。

ローン残債を軽くする為にも出来ることは全部やろう

以上のような方法によって車をより高く売ることは可能です。何度も言いますが、ローン残債がある場合、不安や危機感を覚える人も少なくないでしょう。

車の買取金額がローン残債を上回れば基本的には問題ないので、そうなるためにも出来ることは全部しましょう。複数業者に査定依頼を出したり、車を掃除したりと、やや面倒かと思いますが、あとで後悔しないためにも忘れずに実践することが大切です。

まとめ

ローン残債が残っている車の売却方法について詳しく解説しました!いかがでしたか?
「ローンが残ってたら車も売れなさそう・・・」と思っていたかもしれませんが、実はそんなことはないんです。

例えまだ支払いが残っていても、手続きさえ行えば売却できます。普通の車を売るのと比べるとやや面倒かもしれませんが、買取店のスタッフが親切に教えてくれるので大丈夫です。ぜひ今回の記事を参考にしながら、スムーズに愛車を売却しましょう!

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報