ミニバンの代表格ヴォクシーの相場は?高価買取してもらうコツ

トヨタのヴォクシーは、中型ミニバンの代表格と言っても過言ではないくらい幅広い層から支持されている人気車種です。室内空間が広く快適で、強固なエンジンと燃費の良さをあわせ持つバランスの良さが人気の秘密と言えます。スポーティーな外見からファミリー層だけでなく、走りにこだわる男性からの人気も根強い車です。

この記事では、そんな人気車種ヴォクシーを高価買取してもらうための売却方法や、相場価格について詳しく解説します。

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

ヴォクシーの特徴


ヴォクシーは、トヨタの5ナンバーミニバンの人気車です。トヨタが過去に販売していた<ライトエースノア>という車の後継車として<ノア>と共に開発されました。兄弟車であるノアとエンジン・プラットフォーム・基本的な内装などは同じで、外見が若干違います。その後、ワンランク高級な<エスクァイア>が発売され、兄弟車は3車種になっていますが、その中でもヴォクシーは断トツの一番人気です。

ヴォクシーは2014年にフルモデルチェンジ、2017年にマイナーチェンジをして、現行は3代目のモデル(80型)となります。高い天井と乗り降りしやすい低床でフラットな設計で、車内空間の広さ・快適さを実現しています。3代目からはハイブリッドモデルが発売され、燃費の良さも加わりました。

最大8人まで乗ることができる車種ですが、少ない人数の時には3列目をたたんで大容量の収納スペースが確保できます。3列目のシートは簡単に収納できる作りになっているので、女性でも無理なく車内環境を変えることが可能です。

オールマイティーなイメージのノアと比べて、スポーティーでクールなデザインのヴォクシーは若いファミリー層からの支持が高く、トヨタの販売店の中でもより若者向けのトヨタのネッツ店で販売されています。

また、ヴォクシーはノアと同じく家族向けのミニバンですが、デザインや走行性の良さから特に男性から人気があり、長く乗っていても高額買取が期待できる車です。

ヴォクシーの走行距離別における主な相場

ヴォクシーに限らず、買取査定額を決めるのは<走行距離><年式><グレード>などが大きな要素です。その他、外装や内装の綺麗さやオプションの有無などによっても値段は変わってきますが、【走行距離】によってヴォクシーの買取査定額にどのくらいの違いがあるのか目安をご紹介します。

500km未満:190万円~230万円以上
500km~2万km未満:160万円~250万円
2万km~5万km未満:100万円~230万円
5万km~10万km未満:50万円~130万円
10万km以上:~100万円

走行距離が5万キロを過ぎると価格が少し落ちますが、エアロパーツやオプションの有無、整備の状態などによっては査定価格は大幅に上がる可能性もあります。

ヴォクシーの相場がわかるオススメサイト


ウェブ上で一括査定などができるサイトもたくさんありますが、値段が出るまでに時間がかかる場合がほとんどです。また、営業の電話がかかってきて対応に困ることもあります。

ここでは、問い合わせをしなくても大体の相場がわかるサイトと、車の情報を入力すればすぐに査定価格がわかるサイトを紹介します。

ヴォクシーの買取価格相場がわかるサイト

・車選び.com
200社という多くの買取業者が提携している人気サイトです。クチコミでの評判も良く、中古車の買い取り相場を調べるための入力項目が少ないので手軽に利用できます。

実際に一括査定をする際には個人情報を入力する必要があるので、営業の電話がかかってくることがあります。

・カーセンサーラボ
リクルートグループのカーセンサーnetが運営する、中古車情報サイトです。わかりやすくて簡単な中古車検索、見やすくて理解しやすい中古車相場を謳っています。

・トヨタ下取り参考価格情報
ヴォクシーはトヨタの車ですので、トヨタが運営する査定サイトがおすすめです。入力項目もそれほど多くなく、膨大なデータから査定価格を表示してくれます。

ヴォクシーをより高く買い取ってもらうには?


ヴォクシーは、トヨタのミニバンの中だけではなく、年間の販売台数ランキングでも毎年トップクラスの人気を誇る車種です。ミドルサイズのミニバンは若者からファミリー層まで幅広い需要があり、中古車でもそれは同じです。特に人気のあるヴォクシーの査定価格は高め安定と言っても過言ではないでしょう。

しかし、グレードや車の状態などで査定価格も変わってきます。ヴォクシーをより高く買い取ってもらうためのポイントをご紹介します。

メンテナンスはしっかりと

中古車はグレードや走行距離も価格を左右するポイントですが、同じ条件でも高く買い取ってもらうには日ごろのメンテナンスが重要になってきます。定期的に整備や掃除をすることがメンテナンスのポイントです。

ボディの傷やへこみをそのままにしない

万が一ボディに傷がついてしまった場合は早めに修理するのをおすすめします。塗装が剥がれるくらいの傷は、そこからサビが生じてしまうことがあります。ひどくなると穴が開いてしまったり、見た目にも悪いので査定価格が下がる原因になります。

注意したいのは、すべての傷やへこみを直しても査定価格は大幅に上がらない場合もあることです。修理代に10万円かかったけれど査定は5万円しか上がらなかったら、結果的に損をしてしまいます。また、小さな傷を自分でタッチペンなどで修理すると、失敗して査定価格が下がることもあるので慎重に行いましょう。

こまめにワックスがけをする

外見の綺麗さを保つには、洗車とワックスがけをすることです。洗車をして汚れを落とし、ワックスがけをして塗装を保護したり汚れを付きにくくします。

洗車は、一番汚れているタイヤ・ホイールから始めます。そして、ボディは上から下にが基本です。ルーフから水をかけて、車全体のホコリや汚れを流します。その後に、一か所ずつ洗剤で洗い、水で流し、拭き取る、という工程を繰り返します。これは、他の場所を洗っている間に乾いてしまうのを防ぐためです。

ワックスがけのコツは、スポンジにワックスをつけすぎないことです。スポンジを濡らして固く絞り、ワックスを適量つけたら一定方向に向かってワックスがけします。スポンジを往復させたり円を描くように塗るとムラになりやすく、同じところを何度もこすることになるので傷が付きやすくなります。

ワックスの拭き取りは、まずはネル素材の布でざっと拭き、次に極細の繊維の布で残りを優しく拭き取ります。そして、風のない屋外に一時間ほど車を置き、最後の仕上げで超極細の繊維の布でなでるように全体を拭いて終了です。

車内の掃除も忘れずに

普通に車に乗っているだけで、車内は意外と汚れます。フロアマットには靴に付いた砂や小石が落ちますし、食べかすやジュースなどがシートやマットについてそのままにしておくとカビが発生する恐れもあります。また、ペットを乗せる場合は匂いや毛が付着することもあるので、定期的に掃除機をかけたり消臭にも気を付けましょう。

人気のグレード

トヨタヴォクシーにはガソリン車とハイブリッド車があります。トヨタの公式ウェブサイトの人気グレードランキングによると、ガソリン車で一番人気のグレードは、特別仕様車の<ヴォクシーZS”煌”>です。特別仕様車はエアロパーツを付けたボディにメッキを加えたゴージャスな見た目が男性に大人気です。次いで<ヴォクシーZS>、<ヴォクシーX>といった車種が続きます。

ハイブリッド車では、<ヴォクシーハイブリッドV>、<ヴォクシーハイブリッドZS>、<ヴォクシーハイブリッドX>が人気のグレードです。

人気のオプション

トヨタ公式ウェブサイトのオプションランキングでは、<ワンタッチスイッチ付きパワースライドドア>が一番人気です。次は<スペアタイヤ>、そして<リヤオートエアコン(リヤクーラー+リヤヒーター)>です。

人気のカラー

人気のボディカラーは1位が<ホワイトパールクリスタルシャイン>、2位が<ブラック>、3位が<イナズマパーキングブラックガラスフレーク>です。

ヴォクシーのオススメの売却方法


ミニバンの大人気車種で買取相場がとても高いヴォクシーですが、より高く売るためのおススメの売却方法をご紹介します。

ディーラよりも買取店へ!

ヴォクシーはとても人気の高い車種なので、ディーラーで下取りに出すよりも中古車買取店で査定をしてもらった方が高値が付くことが多いようです。オススメは、複数の買取店で査定をしてもらうことです。そうすることで買取店同士の競争が起こり、価格が上がりやすくなります。

初代ヴォクシー(R60型)2001年~2007年

初代ヴォクシー(第一世代)は一番新しいものでも10年以上前の車です。査定価格で重要な要素である<年式>では不利になります。現行のモデルは第3世代とモデルチェンジも行っており、国内での需要は少ないのが現状です。しかし、日本車は海外での人気が高く、特に多くの人数を乗せることができるワンボックスカーなどの大きな車は需要があります。

海外では日本の基準より年式や走行距離の基準がゆるいため、10年落ち・10万キロというのはまだまだ使える車という認識です。そのため、より見た目が綺麗な車が高く売れやすいです。

2代目ヴォクシー(R70型)2007年~2014年

第二世代のヴォクシーは、歴代のヴォクシーの中でも評価が分かれるモデルと言われています。エアログレードの<ZS煌><Z G’s><Z>は比較的人気のあるグレードなので高値の査定が期待できますが、その他のグレードは買取業者間でも査定に差が出るモデルです。一括査定をして、一番高く買取してくれる業者を探しましょう。

3代目ヴォクシー(R80型)2014年~現在

第3世代のヴォクシーは2014年にフルモデルチェンジをして、現在もとても人気のあるグレードです。年式も新しいので、1年に1万キロ程度の走行距離であれば査定価格も高値が付くことが期待できます。

さらに高値を期待するなら差別化のポイントは【色】です。これはどの車種にでも言えることですが、ボディカラーは【ホワイト】か【ブラック】が人気です。その他には高級感のある紫や落ち着いた紺もヴォクシーでは人気があります。

売却時に自分でできるメンテナンス


ヴォクシーを売却する際に、自分でできるメンテナンスの方法をご紹介します。

査定の前に車の掃除をする

車を業者に持ち込んだり、または出張査定をお願いする前には車を掃除しておきましょう。実は、車をいくら綺麗に掃除しても、実際の査定価格にはほとんど影響がないと言われています。その理由は、買取業者は車を買い取った後に改めてクリーニングをするからです。それでも、査定前には掃除をしておいた方が良いのは何故でしょうか?

それは、車が汚いと他の箇所もメンテナンスがされていないのではないか?という印象を業者に与えてしまうからです。業者も買い取った車のメンテナンスをするのは手間もコストもかかりますので、査定が自然と厳しくなってしまう可能性があります。それを避けるためにも、最低限の掃除はしておくことをおススメします。

最低限の掃除とは?
・車内のごみを捨てる
・フロアマットなどを外し、車内に掃除機をかける
・ホコリなどが無いようにダッシュボードなどを拭く
・コイン洗車などで洗車する
・タバコやペットの匂いがあれば消臭する

パーツやオーディオなど、自分で付けたものを外す

中古車は、純正に近い状態の方が査定価格が高くなります。車を購入した後に、エアロパーツやオーディオ、タイヤのホイールなどを社外品に付け替えている場合は純正品に戻しておきましょう。ただし、整備工場などに出さなければ純正に戻せないという場合は、無理に戻す必要はありません。純正の方が査定が高くなるとは言え、付け替えにお金がかかっては本末転倒です。

まとめ


ヴォクシーを高価買取してもらうための売却方法や相場をご紹介しました。ヴォクシーはファミリー層向けのミニバンですが、走りにこだわる男性や若年層からの人気も高い車種です。中古車市場でも需要は多くあり、高値買取が期待できます。

現行のモデルは特に人気が高く、買取価格も高値で安定している車です。売却の際には下取りではなく買取業者数社から見積もりを取って、少しでも高く売れるように最低限のメンテナンスを行いましょう。

大事な愛車を納得のいく価格で売却する参考にしていただければ幸いです。

 

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます