一括査定とディーラーの買取ってどう違うの?メリット・デメリットを解説!

車を売るとなるとどうしていますか?

初めて売る時に、困ったということはありませんか。
実際に知り合いに譲る以外では 普通に車の一括査定とディーラーによる買取のどちらかになると思います。
とちらがどういったことをするのか、肝心の車の買取価格について割と分からないことが多いですよね。

ここでは、この一括査定とディーラー買取の違いと、それぞれのメリットやデメリットについて解説します。

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

●中古車の一括査定とは?

一括査定は、車を複数の買取会社に向けて”一括で”査定をしてもらえるサービスです。通常はネットサービスで、有名サイトなどで一括査定が出来ます。

この一括査定、項目を埋めていくだけでそれほど時間もかからず労力は入力をしたり準備をするだけでまさにオートで一括で複数の買取屋さんに査定申し込みが出来てしまう点が特徴的です。

忙しい時、車をとにかく手放したい、売ってしまいたい時の相談に。そして実際に幾らで売れそうなのか、相場と呼ばれる流通価格などを知りたい時などに重宝します。なによりフォームに入力してしまえば複数の会社に査定を申し込みが一度で済んでしまい合理的です。

これまでAというディーラーに買取の査定を申し込み、今度はBというディーラーに買取の査定を申し込み、都度つど同じことを聞かれたり、記入をするといった、やや無駄に思われることを一気に解決してくれるウェブサービスです。

●車の一括査定で知っておきたい重要ポイント

車の一括査定サイトを利用する時におさえておきたいポイントとしては、査定の前の下準備です。備えあれば憂いなしとはよく言ったもので、この準備に一括査定の結果が左右されることもあります。

また、いざ一括査定をと思ったタイミングでいちいち入力を止めるのも気分的に下がります。査定を申し込む際に入力するべきことは、実際の売却の際にもチェックされるようなことなので、先にちゃんと準備をしておけば後からの手間も省けます。

一括査定やディーラー買取の申し込みをする前に知っておきたい、おさえておきたいポイントについて紹介します。

では、詳しくそれぞれを見ていきましょう。

車の一括査定時に必要な情報

一括査定の時に必要になる情報ですが、査定の段階では車検証ぐらいです。
※売却時にはまた色々な書類が必要になってきます。

他に一括査定サービスのフォームに入力する際に

  メーカー
  車名
  事故歴 ※ありの場合、修復済か未修復かを選ぶことになるので入念に。
  年式
  色
  グレード
  走行距離
  車検時期
  車の状態

などが必要になります。

入力フォームを開く前に車をチェックして必要な箇所はメモをとっておきましょう。
複数の車を一括査定したいという時は、メモ程度でも手元にそろえておくと後から確認をしに行かなくてすみます。

車の一括査定の利用料金

一括査定サイトを使うこと自体にはお金はかかりません。基本、無料のサービスです。もちろん一括査定を受けた後は売却の手続きに関連した料金、税金などを支払う義務がありますが、サイトの利用自体は基本、無料です。

車の一括査定サイト7選

車の一括査定が出来る、便利で有能なお役立ちサイトはいくつもあります。やっぱり安心な車の一括査定の有名サービスから見ていきましょう。

ズバット

ウェブクルーが運営する一括査定サイト、ズバット。車の一括査定の他に保険の比較サイトなども運営しています。車を売る際に気になる情報が掲載されている、初心者向けの、車の乗り換えマニュアルなどの読み物なども充実しています。

また、買取店として参加しているのは150社以上で、居住地域に合わせて最大10社まで一括査定を申し込めます。

一括査定サイト【ズバット車買取】とは?気になる口コミや評価を徹底解説

楽天オート

楽天グループが運営する楽天オート。ECサイトの楽天市場は日本人にとって馴染みがあり、なによりも安心感があります。全国100社以上から一括査定依頼が可能最大10社に一括査定!買取相場もすぐにわかる。スピード査定の時間は90秒と、まさに一分一秒も無駄にしたくない方にも便利です。

さらに、楽天のサービスを使っているとやはり馴染みがあり、使い勝手が良いと感じられるのが楽天スーパーポイントのプレゼントです。(※楽天会員のみ)

一括査定の申込時に5ポイント、そして車を引渡しした後の成約申請を行うことで楽天スーパーポイントが1,500ポイントもつきます。

今回は査定を依頼しない方には、メールで愛車の買取相場をお知らせすることも可能です。

車のパーツの販売、車検、自動車保険とカーリースといった車にまつわるサービスが網羅的に楽天オートのなかにパッケージングされているため、車を一括査定で査定や売却の申し込みをしながら、バイクや新車をチェックしたり車検や追加パーツまでワンセットで楽しめるというのも日本発最大級のECサイトとしてのダイナミックさがあります。一括査定サービスでは見られない楽天オートならではの強みです。

楽天で車買取ができるって知ってた?楽天オートの詳しい活用術とは

グー買取

査定の後の営業電話がこないのが好評のグー買取。買取データが即座に分かり、そのまま買取店を探したあとで、場合によってはそのまま買取をしてもらえるというほぼネットで完結するスタイルです。

車の買取データは同じくPROTOが運営する姉妹サイト・グーネット中古車から収集した情報を使っているため相場が分かりやすくなっています。さらに売りたい車種からの検索で、特定の車種の買取強化をしている買取業者も表示され、高く売りたい時、特定の車種を探している業者とのやり取りができるのでロスが少ないといった点があります。

電話での査定のオファーがないと書きましたが、提携買取業者からの査定のオファーメッセージは届きます。サイト上でのメッセージなので見て条件が合わないなとか、他からも連絡を待ってみようと思ったら放置でもいいところが気分が楽です。

査定相場がすぐ分かるグー車買取!メリット・デメリットや口コミを調査

カーセンサー

スタートは1984年、雑誌媒体からネットやアプリにも拡大している、リクルートが運営する中古車情報サイトのカーセンサー。古くから展開しているだけあって知名度の高さも抜群です。また大手情報サイトとしてカーセンサーと提携している買取店は全国で600社以上となっていて、かなりの規模です。

とりわけ注目したいのは、車のタイプ別人気中古車ランキングです。自分が売りたい車が複数あるという時は人気が高く、手放すのにお得なタイミングに売りたいもの。車のタイプ別検索ですばやく中古車の買取相場価格もチェックできます。

他にも車種によって買い取り・査定のポイントについて紹介されていて、車を得に美味しく売ることができるような情報があります。そこまでの情報は他サイトにはなかなか無いので、ユーザー目線で使い勝手のいいサイトともいえます。

査定申し込み後の欝ポイント、営業電話ですが、カーセンサーでは電話連絡かメールかを選べるようになっているためメールのみ(連絡)可とするとストレスが減ります。もちろん買取提携店によってはメール連絡に対応していないというお店もあるので完全シャットアウトではないのですが、申し込みフォームでちょっと注意するだけで電話連絡を受けずに済みます。

中古車情報満載のカーセンサー!買取を申し込むメリット・デメリットは?

かんたん車査定ガイド

42社の買取業者と提携する、かんたん車査定ガイド。一部、買取業者の”買取強化車種”や人気の買取車種などの買取相場(概算)そしてピックアップ更新情報などがTOPで分かりやすく表示されています。
査定時の入力項目も他のサイトと比べて少なく、最低限のことを入力すればいい(入力するのはメーカー名、車種、年式、走行距離)という感じで、まさにかんたんです。

シンプルながら、従来の車査定サイトのスタイルで買取業者から大量の電話がきてしまう、ということがあります。シンプルにどのくらいの相場なのか知りたいという時にも使えます。

車選び.com 車選びドットコム

車選び.comは名古屋の車の塗装などの事業を手がけているファブリカの運営です。

車選び.comの一括査定に応じてくれる買取店は約200社です。このうちから、買取業者でも最大8社に一括査定の依頼ができるようになっています。
単純に買取業者の数で考えると少ないように感じますが、車選び.comの場合は販売管理システムから得ている販売データを活用した車の買取相場が分かる点がメリットとも言われています。

買取価格と下取価格データを活用して得られた正確な取引データは、車の買取査定時の価格交渉に使えるということです。

また、JPUC車売却消費者相談室というユーザーへのサポート対応をする窓口を開設していて、買取業者とトラブルが発生した際にはサポート対応をしてくれます。

【最新2019年版】車の買取業者オススメ12社を徹底比較!

車の一括査定で連絡が来ても断って大丈夫?

一括査定は一括で複数の買取業者に査定の申し込みをすることができて便利です。反面、電話が大量にかかってくるので困るという声もよく聞きます。
極端な話、一括査定のフォームを送信してものの数十秒から数分で営業電話がかかってきます。
受電している間にも次々かかってきて着信履歴が大量についているという感じの営業攻勢ぶりです。
買取業者の担当者は特にこちらの事情はあまり考えてくれないため、病院の待合の外に出て受けた、他にすることがあるのに電話がひっきりなしだったという話もよく聞きます。

これが一括査定を使う時のデメリットの一つです。

この一括査定で問い合わせをした場合の電話連絡、断っても大丈夫かというと大丈夫です。
なぜなら、あくまでも幾らぐらいになるのか知りたいと思って査定を申し込んでいるのですから条件や希望に合わないなと思ったらお断りしていいのです。

一番にかけてきたからといって、すぐ決める必要はありません。もしかしたらもっと好条件での買取を提示してくれる業者が現れるかもしれないからです。

色々と忙しくて幾らで売れてもかまわない、とにかくすぐに引き取ってくれるならいいという場合は別ですが、できれば数万円程度は高く買い取ってもらいたい、高い条件を提示してくれた業者と取引をして一括査定の本当のメリットを受けたいものです。

そのためいったんは業者から幾らで買うか価格を聞くだけでとどめてしまって良いのです。待っていたらその車種を本当に探していた買取業者によって数十万程度は高く売れた、という話も聞きます。

車の走行距離や状態にもよりますが、いったんは電話で査定金額を聞いておいて冷静に判断する、また、いったんは保留にしても良さそうです。

一括査定で電話が来なくなる、その方法は?

基本的には一括査定を申し込めば電話はかかってきます。
ユーカーパックなど、最近の一括査定サイトは電話連絡がたくさんかかってこない方式にしてくれていますが、そんなにユーザー目線のサイトは、まだまだ少数派です。
メール連絡を選べる一括査定サイトもありますが、買取業者の側で電話連絡一択であれば意味がなくなってしまいます。

そのため、

●電話がかかってこない一括査定サイトを使う、もしくはメール連絡のみを指定する。

次に一括査定サイトにクレームを入れるか査定申し込みキャンセルの連絡を入れる。

場合によってはキャンセルは受け付けてくれないところもあります。
一括査定サイトに連絡すれば、たいていの場合、同じ業者からしつこくかかってくることはありません。

また、あとで詳しく書きますが業界団体のJPUCでは「しつこい勧誘電話」については止めるように勧告していますから、JPUCに相談をするという方法もあります。

直接、買取業者に対応する場合は、

– 売る気がなくなった(査定しなくていい)
– キャンセルしたい

と伝えても構いません。

– もう少し高い値段で売れるから、
– 他に決めたから

でも、そこで査定も売却もストップですから買取業者はそれ以上、しつこくすることはありません。
幾らになったのか、他の買取業者を聞かれることもありますが毅然とした態度で教える必要はないことを答えたり、場合によっては適当な価格や業者の名前を挙げても、とりあえず相手は引き下がります。

注意したいのは、相手がしつこいからといってエキサイトして強い口調になったり、電話をやめるように怒鳴ったりすることです。

相手はひるむかもしれませんし、電話も止まると思います。ただし、人間らしい大人の対応とは思えませんし、後々、自分もあまり気分が良くないからです。

一括査定で営業の対応に疑問

一括査定のサイトを利用した時に一番、やっかいなこととして挙げられる営業電話。それに加えての対応など、せっかく車を売ろうとしているのに嫌な気分になったり、電話での説明と違うということもあります。
主なトラブルは、しつこい勧誘の電話が繰り返しかかってくる、車の一括査定後の売却のキャンセルがあった(された)、そして売却の契約書の後の減額交渉などです。
普通に車を売ろうというだけなのに、買取業者の営業担当者や、買取店の対応に疑問を持つことも少なくありません。

売りたいという気持ちを見越して、強い横柄な態度で出てくるところもあるそうです。
らちが明かない、または売りたくない値段で強引に買取されそうになったということも含めて、トラブルに発展した場合は関連の協会などにサポート問い合わせをしてみましょう。

JPUC 一般社団法人日本自動車購入協会(英語名:Japan Purchase UsedCar Association)は2014年に設立された自動車購入に関わる団体です。

買取業者となにかあった場合。一括査定サイトも対応をしてくれない場合、最悪このJPUCに問い合わせて解決をしてもらうという方法もあります。できればトラブルなく終わらせたいのですが、もしもの時のために覚えておきたいですね。

車の一括査定で高く売れた? 安かった?

一括査定で高く売れたというケースには条件があるようです。
まず、人気の車種であること。
ただし、人気の車種でも、たまたま在庫があり買取相場で出されていた金額よりも安くなってしまうということもあります。

次に走行距離や状態が良いことです。
もちろん事故車でないこと、また整備されていることやキレイに乗っているかどうか?などです。
いずれにしても複数の業者に査定するのですから、相手の出してきた金額から検討して、よりよい条件で決めたいものです。

また、不幸にして思っていたよりも査定価格が安かったということもあります。
それはやはり、走行距離がいっていること、あまり需要がない車種であることなどが挙げられます。

一括査定のフォームに入力する時に状態を記入する場合は、所有者、つまり自分のチェックで自己判断です。時に自己判断で状態チェックはどうしても甘く見ることがあるので、査定を申し込んだ後にプロが厳しく見て、買取相場の金額通りにはいかない、安かったということもあります。

ところで、中古車の相場は半年ぐらいで変わってきます。
いますぐ売りたいとか、何か事情があってというのでなければしばらく様子を見て、買取相場の高値になったタイミングで一括査定を依頼しなおしてもいいかもしれません。

もちろん、売る時期が変わっても日ごろの整備状況や走行距離といったことは査定対象になるので、できるだけ乗らない(走らせない)ようにする、キレイにしておく、または修理を依頼しておくなどの準備をして高く売れるようにしておきましょう。

車の一括査定のメリットとデメリット

車の一括査定のメリットは

– 簡単に複数の業者に査定の一括での申し込みが出来ること
– 複数の業者の中から一番、条件のいいところを選べること

です。申し込みは簡単に、そして高く買ってくれる業者を選ぶところまでが一括査定のメリットです。

反面、一括査定のデメリットは

– 電話がたくさんかかってくる、それなりに時間がとられる
– 営業の対応に疑問、迷惑なこともある

です。

車を買う時は良くても、売るとなったら冷たいという声も聞かれます。
車の一括査定ではあちこちの業者に一括で査定を依頼できる反面、簡単さから邪険にあしらわれる、横柄な態度を取られることもあるようです。
解消方法はありますし、売りたくない値段や態度であれば査定も断ればいいので、じっくり向かい合ってうまく利用してください。

ディーラー買取とは?

カーディーラー(新車販売店)による買取ですが、中古車販売業者とディーラーの買取自体は、まったく違うといっていいかもしれません。中古車の買取はしてくれますが、ディーラー買取は一般的に買取店や一括査定よりも低いと言われています。

ディーラー買取で知っておきたい重要ポイント

ディーラーによる車の買取は一括査定での買取店での査定よりも低いと書きました。

それもそのはずで、新車の販売で利益が出ているため中古車の下取り(交換を含む)や買取にそこまで注力をしないという背景があるからです。ディーラーの場合、基本的に商売としては新車の販売をしたいため、下取りや買取に対しては安く仕入れることが出きれば扱うといったスタンスです。

そのため、新車販売店・ディーラーでの買取は一括査定の買取と少し雰囲気も違います。

ディーラーでの買取時に必要な情報

ディーラーでの買取の査定の際に必要なものを、ディーラーの元に行ってそのまま売却に進むという前提で見ていきます。
実は必要になる書類は、普通自動車と軽自動車とで少し違いますが、どちらのタイプであっても車の買取をしてもらう際に必要になるのは、

車検証(自動車検査証)、自動車税納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券が主な重要書類です。
また、手続きの際に必要となるのが、印鑑証明書や書類に捺すための判子(軽自動車は実印で、普通自動車は認印が求められます)です。
他に譲渡証明書や委任状(新車購入先に車の名義変更を委任することを記載)が必要になります。
車を持っていれば、車検証などの書類は渡されているはずなので関連するものは決まったファイルから出さずに入れておくと、後から探さなくていいですね。

車買取に必要な書類は?スムーズな買取のためのチェックリスト

ディーラーでの買取時の利用料金

現在は少なくなったようですが、ディーラーでの買取依頼の際に、下取り査定費用や下取り手数料を請求するところがあるそうです。
なぜか当たり前のように請求されていることがあるようなので、下取り査定費用や手数料的なものを言われた場合や見積書にある場合は、その場できちんと交渉してください。
でなければ、売る側に余分な費用を請求するようなディーラーは使わないようにしましょう。
最近は買取時の利用料金は請求しない流れにはなっていますが注意したいポイントです。

ディーラー買取で安かった。その理由は?

ディーラー買取で一括査定のサイトの中古車の相場よりも安かった、または、0円査定をされてしまったという話も聞きます。
最初に書いたようにディーラーは新車の販売を主におこなって利益を上げています。また、本来は新車の販売をしているため、中古車の買取をしても流すルートが少なかったり、買取をしても売れるアテ、要は転売できる可能性が低かったりということなどが主な理由です。
売れそうにないもの、在庫になってしまいそうなものをできるだけ仕入れたくないから、中古車買取相場より安く見積もったり、0円査定をして売り手にあきらめさせているのではという意見も多く見られます。

ディーラー買取のメリットとデメリット

ディーラーに車の買取を依頼する際にメリットは新車販売店なので安心感があること、そして新車を購入するタイミングでの旧車の売却であれば、交渉次第で新車の値引き拡大などの相乗効果も見込めます。

もちろん新車の値引きに買取査定価格が得があるのか分かりづらい説明をするディーラーもいるので、ある程度は調べておいてから交渉の席についてからもよく確認をしていく必要があります。

また、同じメーカーの車への乗り換えの場合、ディーラー、またはメーカーによって査定価格のキャンペーン対象となり、割引率か買取査定価格に上乗せが期待できるケースもあります。
いずれにしても、新車を購入する際に同時に旧車を売却するのであれば書類手続きの手間が一度で済みます。

ディーラー買取のデメリットは、やはり買取査定価格に不満が残る可能性が高いところです。
本来は新車の販売がメインであって、中古車販売の流通網が少ないところがほとんどなため、値段がつかない可能性もあるといった致命的なデメリットがあります。

一括査定とディーラー買取のメリットとデメリット

メリットとして挙げられる一番は、一括査定の方が高く買い取ってくれることです。
ディーラー買取よりも高額査定になることが多い、直接に買取店・買取業者とのやり取りになり、中間コストがかからないようになっているなどがあります。
反面、ディーラー買取は条件に応じてくれるかどうかといったやり取りになり消耗することや0円査定で心が折れそうになることもあります。

デメリットは、一括査定は複数の買取業者からの営業電話が多くなること、煩わしいことです。
解消する方法や手段はありますが、査定を申し込んでいる以上、電話での連絡がくるのは仕方がないともいえます。
価格面や営業電話の対応次第で売却を断ってしまう、またはかけないで欲しいと伝えることは出来ます。

まとめ

一括査定とディーラー買取の違いを知ってお得に車を手放そう

一括査定とディーラー買取、それぞれのメリットとデメリットがあります。
便利な反面、業者からの営業電話が大量にかかってくるなどとともに、対応にはそれなりに時間が取られます。
また、塩対応をする業者がいることもあるため、心が折れそうになることもあるようです。

うまく利用すれば一括査定でもディーラー買取でも思っていたよりも高く車を手放すことができます。

一括査定は一括で査定を申し込み、一番いい条件の業者に買い取ってもらうことがゴール。ディーラー買取でもいくらかでも自分に取っていい条件で話しをまとめてしまうことをゴールにするなどがあります。特に新車購入時の旧車の売却の際には、少しは有利に交渉ができる可能性があります。
一括査定とディーラー買取、それぞれの違い、メリット&デメリットから冷静に判断し、出来るだけお得に車を手放しましょう。

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます