世界最高級セダン【7シリーズ】!高額査定を生み出すコツを大調査

美しく独創的なデザインを持ち、ワイドなボディで高級感を生みだす7シリーズ。VIPの車に使用されることも多く、ラグジュアリーさが詰め込まれた1台です。

今回は、高級志向のアッパークラスから好まれるBMWの7シリーズの買取価格を紹介します。さらに、少しでも高く査定してもらえる方法も併せて解説しましょう。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報

7シリーズの特徴

BMWの中でも最高級車に位置付けられるBMW 7シリーズは、どのグレードにおいても後部座席が非常に広いのが特徴です。基本性能も非常に高くVIPの送迎車としても人気の高い車です。

どのグレードにおいても、全長が5mを超える大きなボディサイズで、非常にゆったりとした居住性を楽しむことが出来ます。

BMW 7シリーズは、非常に多彩なグレード構成ですが、エンジン・排気量が異なり、同じ7シリーズにおいても、税金などを含めた維持費などでも、かなり違いがあるイメージです。

旧モデルでは、それらの要素にガソリン車とディーゼル車のどちらを選ぶかというのが大きな決め手でしたが、iPerformanceというプラグインハイブリッドのモデルも登場し、コストパフォーマンス面でも評価されています。

またスポーティな走りを体感したいユーザーに向けて、トランスミッションが8速スポーツATのM SportやDRIVER’S EDITIONというグレードも用意されています。そして、ロングサイズで後部座席によりゆとりある空間を実現したグレードもあり、それぞれのグレードで装備品や居住性も異なってくる印象です。

7シリーズのデザインについて

BMW7シリーズは、街で見かけると思わず振り返ってしまうような、美しく独創的なデザインが特徴的です。

インテリアは、どの部分においても妥協なく、高級な素材で仕立てられています。モダンかつラグジュアリーな雰囲気に、心地よい快適さを感じることができ、最上級のおもてなしを受けることができます。

またデザインに関しては、形状・素材・色などが大きな要素を占めますが、7シリーズはそれに加え、革新的なテクノロジーもデザインの一部とみなしています。快適装備をどのシートからでも、意のままにコントロールできることで、美しいデザインをより引き立たせます。

7シリーズのボディサイズ

7シリーズ歴代モデルのボディサイズをご紹介しますが、70年代・80年代の7シリーズは台数が非常に少なくなっているため、現在日本の中古車市場に多い3代目モデルからまとめています。

3代目7シリーズ

  • 全長:5.03m~5.18m
  • 全幅:1.9m
  • 全高:1.47m~1.49m

4代目7シリーズ

  • 全長:5.07m~5.23m
  • 全幅:1.9m
  • 全高:1.48m~1.49m

5代目7シリーズ

  • 全長:5.11m~5.25m
  • 全幅:1.9m
  • 全高:1.48m~1.49m

4代目モデル以降の全長は5mをオーバーするサイズで、前後にゆとりある設計となっています。そして5代目モデル以降は、高さも確保されより開放的な空間づくりが行われていることがわかります。

7シリーズの燃費性能

7シリーズの各グレードに搭載されているエンジンは、現代における最高の技術を結集したパワーを体感することが出来ます。圧倒的なパワーと静粛性を両立し、レスポンスの良さから、車と一体になったような走りを楽しめると評判です。

また、静粛性と燃費性能も旧モデルより大幅に向上しているので、ロングドライブのコストパフォーマンスが高くなったという声もありました。

7シリーズのカタログ燃費は、7.6km/L~15.6km/Lとなっています。特に、eDriveを搭載したグレードのパフォーマンスが素晴らしく、歴代モデルの中でも最高クラスの燃費性能となっています。

7シリーズの買取相場

続いては7シリーズの最新買取相場をご紹介します。

  • <750Li ベースグレード>
    年式:平成28年(2016年) 走行距離:8万km カラー:ブラック系
    新車価格:1691.0万円 買取価格:306.7万円 残価率:約18%
  • <750Li ベースグレード>
    年式:平成23年(2011年) 走行距離:10万km カラー:ブラック系
    新車価格:1330.0万円 買取価格:155.7万円 残価率:約11%
  • <740i Mスポーツパッケージ>
    年式:平成26年(2014年) 走行距離:3万km カラー:ホワイト系
    新車価格:1125.9万円 買取価格:166.0万円 残価率:約14%

7シリーズは人気の車ではあるものの、輸入車といった点がネックとなり、国産車のリセールバリューと比較すると、低い査定額となっています。

また、登録から5年が経過するタイミングでは買取相場が下がる傾向にあるといえるでしょう。7シリーズはあまりリセールバリューの高い車とは言えませんので、その結果が如実に反映された査定額がみられます。

7シリーズの人気グレードと残価率

7シリーズは、特別仕様車も含めると、現行モデルでは21グレードが設定されています。その中で市場での傾向を見ると、740eアイパフォーマンスや740iドライバーズエディションの人気が高いことが分かりました。

BMW7シリーズの各グレードにおいては、仕様や装備品の違いはあるものの、基本モデルのパフォーマンスでも十分に満足できると言った評価も多いことから、基本モデルの人気が高くなっているようです。

そして、BMW 7シリーズの購入を検討する際には、やはり予算が重要になってきます。新車価格ではどのグレードも1,000万円を超えていますが、中古車市場では安く7シリーズに乗ることが出来るため、長期的に見ても人気は輸入車の中では高いと言えるでしょう。

しかし残価率は低く、相場も国産車と比較すると下がりやすくなっています。新車価格が高く設定されていて、買取価格との差が大きい点も無視できませんが、モデルチェンジやマイナーチェンジのタイミングで、大きく相場が下がる可能性がありますので、注意が必要です。

7シリーズをより高額に買い取ってもらうポイント

続いて、7シリーズをより高額に買い取ってもらうポイントをご紹介します。

人気のカラー

7シリーズはカラーバリエーションも非常に豊富ですが、現行モデルのカラーバリエーションは下記になります。

  • アルピン・ホワイトⅢ
  • ブラック・サファイア
  • カシミヤ・シルバー
  • グレイシャー・シルバー
  • インペリアル・ブルー・ブリリアント・エフェクト
  • ソフィスト・グレー・ブリリアント・エフェクト
  • ミネラル・ホワイト
  • マンジェリン・グレー

アルピン・ホワイトⅢを除く7色は、メタリックカラーとなります。メタリックカラーは傷や汚れが目立ちにくく、お手入れが楽なメリットがあります。

そのため7シリーズのボディカラーは経年劣化も少ないので、普通にメンテナンスを行っていれば、長期的に保有していても色あせなどのリスクも少なくオススメです。

そして、7シリーズは、ブラック・サファイアやミネラル・ホワイトなどが人気色となっています。グレードによっては限定色を設定することも出来ますが、中古車の相場としてはやはり人気色が強い傾向にありますので、リセールバリューを考慮するのであれば、人気色を選ぶことをオススメします。

人気のオプション

BMW7シリーズは、上質な乗り心地と、スポーティな加速性能が持ち味ですが、外見のドレスアップや機能面を向上させるために、純正エアロパーツを装着した車は、査定額が高くなる傾向にあるようです。

また、エアロパーツ以外にもフロントグリルやサイドミラーなど、純正品とは一味違ったスタイリングを見せる純正オプション品も高評価されやすいようです。

純正オプションなので悪目立ちすることもなく、ボディと調和のとれたカスタムは、査定業者にも好印象を与えることでしょう。

また、サンルーフやステアリングヒーター、高性能なサウンドシステムなど、メーカーオプションは後から追加できることが出来ないので、これらのオプションも査定アップの要素となります。

10年落ちの場合値段はつくか?

7シリーズは非常に歴史のある車ですが、国産車と比較すると残価率は低くなっています。5年落ちの車は平均的には50%前後の残価率となりますが、7シリーズはさらにその半分くらいになっても珍しくありません。

しかし、残価率は低くても、もともとも新車価格が高いため、10年落ちの7シリーズも買取事例はたくさん確認できます。ただグレードが非常に多いこともあり、あまり詳しくない買取業者に査定を依頼することで、0円査定となる可能性も否定できません。

しっかり7シリーズの価値を把握している業者に出会うためにも、車買取一括サイトなどを利用し、複数の業者へアプローチすることをオススメします。

自動車工学の傑作BMW7シリーズ!幅広い維持費とは?

【BMWまとめ】高品質なスポーツタイプが勢揃い!人気車種12選

まとめ

今回は、7シリーズの買取情報をご紹介しました。BMWシリーズの最高級セダンとして、その地位は盤石なものとなっていますが、リセールバリューは少し厳しい状況になっています。しかし人気グレードや人気色を選択することで、下落率を抑えることができますので、ぜひ参考にしてください。

ただし、2019年6月24日にはマイナーチェンジ後のモデルが日本で発売されるようになりました。モデルチェンジは買取価格を左右しますので、早めの買取がいいでしょう。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報