中古車の価格相場は?売却に適した時期はあるの?【売却まとめ】

車を売ろうと思ったとき、いったい自分の車はどのくらいの価格で売れるのか?気になるところではないでしょうか。

中古車には価格相場というものがあり、その価格相場によって現在所有している車の買取に違いが表れます。また、車を売却するには適した時期というのも関係しており、それにより価格相場は変動します。

ビッドちゃん
今回は、中古車の価格相場はどのようなものか、車売却に適した時期についてまとめてみました。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報

買取と下取りで金額の差はある?

ビッドちゃん
車を売却するには大きく分けて下取りと買取があり、手順や方法がそれぞれ異なります。

新しい車の購入予定があるか?ただ車を売却したいだけなのか?といった状況に応じた方法を選ぶ必要があり、おこなう手順が異なってきます。状況に応じてどちらを選ぶか必要になる下取りと買取ですが、金額の差というのはあるのでしょうか。

まず、良く言われることですが、下取りよりも買取のほうが買取価格は高い傾向にあります。下取りは基本的に新しい車をディーラーで購入することが前提条件となっており、売却から購入まで一括で手続きができるので手間が省ける分、買取価格は低くなるからです。また、純正品以外のオプションパーツを装着している場合は下取り価格が低くなる傾向にありますので、できるだけ純正品以外のオプションパーツは装着しないほうが無難です。

そして、下取りするディーラーは一つの自動車メーカーの看板を掲げていることがほとんどですので、他メーカーの車を持ち込んでも下取りできない、もしくは非常に低い下取り価格になってしまうことは多々あります。ディーラーは看板を掲げているメーカーには強いのですが、他メーカーとなるとわからないことも多いので、マイナスを補うため最初から他メーカーの車は下取り価格を下げていることも良くあります。

買取の場合ですが、ディーラーの下取りと比べ、買取価格は比較的高い傾向にあります。ユーザーから売却された車を買取業者が中古車販売店に卸したり、オークションに出品して利益を得るため、人気車種やグレードの高い車は高額買取が期待できます。

しかし、中古車市場やオークション市場の価格相場の変動に左右されますので、売却する時期によってはそれほど高額にならないこともあります。また、一括査定サイトなどを利用することで登録業者が価格競争をおこないますので、一番高い買取価格を提示した買取業者を選ぶこともできます。

下取りでは高値がつかない社外品のオプションパーツですが、人気のパーツだとプラス査定になることも多々ありますので、下取りに比べ取り扱いの幅が広いと言えるでしょう。

以上のようなことから、下取りに比べて買取は買取金額が高い傾向にありますが、時期によっての価格相場の変動に左右されてしまうという点があります。

下取りは買取と比べて買取金額は低い傾向にありますが、新しい車を購入するのに手続きを一括で請け負ってくれますし、ディーラーオプションなども扱っているので様々な相談をすることができます。

買取と下取り、金額には差がありますが、それぞれのメリット・デメリットを考慮しながら選ぶことが大切です。

買取価格の相場を知る方法

車の売却をするとき、買取価格の相場を知っておくことで買取業者との交渉に役立ち、有利にすすめることができます。しかし、買取相場を知らずに買取業者と交渉をしても足元を見られてしまい、買取相場よりも低い金額で引き取られてしまうこともあります。

ビッドちゃん
そのような損をしないよう、ここでは買取価格の相場を知る方法について見ていきましょう。

一括査定サイトを利用する

一括査定サイトは色々な種類がありますが、それぞれ複数の買取業者が登録をしており、一括で査定依頼をすることができます。必要事項を入力すると買取業者がそれぞれの査定額を提示しますので、見比べることでおおよその買取価格の相場を把握することができます。

ただし、査定依頼をおこなうからには各買取業者から営業電話がかかってきますので、対応するのがネックと言えるでしょう。また、より詳しく買取価格の相場をチェックするには少なくとも車種、グレード、走行距離、年式の項目があったほうが良いので、それに合わせたサイトを選ぶことが必要です。

中古車検索サイトを利用する

カーセンサーやグーネット、ガリバーといった大手の中古車検索サイトを利用して買取価格の相場を確認する方法もあります。メーカーや車種、年式、走行距離、カラーなど、現在所有している車と同じものを入力し検索することで、絞り込んで探すことができます。

中古車販売店の利益率は15~20%と言われており、検索して絞り込んだ車の販売価格に利益率外の数字を掛け算することで、買取業者の仕入れ値としてチェックすることができます。また、買取業者は買取価格の限界値を90%と設定しているので、仕入値と買取価格の限界値を掛け算すると買取価格の相場をなります。

例として、中古車検索サイトで検索し、表示された販売価格が仮に150万円とした場合、利益率が20%ですので利益率外の数字は80%となり、150万円×0.8=120万円が仕入れ値となります。そして、仕入れ値である120万円に買取価格の限界値90%をかけた数字、120万円×0.9=108万円でユーザーから買取している言えます。

計算によって割り出されたこの108万円が買取価格の相場となります。このように、中古車検索サイトから割り出すこともできるので、比較的簡単に買取価格の相場をチェックすることができます。

自動車業界にいる友人や知人に教えてもらう

周囲に自動車業界に勤めていたり仕事上関係がある友人や知人がいる場合、お願いをして買取価格の相場を教えてもらうという方法もあります。

例え友人や知人であっても買取価格の相場は社外秘となっていることが多く、あまり気乗りしない可能性があります。関係性を崩さないため、気乗りしていない場合は無理強いしないほうが良いでしょう。もし教えてくれることになった場合、相手は社外秘を教えてくれることになりますので、お礼の品などを準備しておくのが良いでしょう。

また、周囲に自動車業界に勤めている、関係性がある人がいない場合は、現在の車を購入したとき担当だった販売店の営業に聞いてみるという方法もあります。営業は一度でも購入してくれたユーザーを無下にはできませんので、ダメ元で頼ってみるのも良いかもしれません。

中古車売却に適した時期、タイミングとは

日々中古車の買取価格が変わるなか、少しでも高く車を買取ってもらうためには何をおこなえば良いのか?考えるのではないでしょうか。中古車の売却にはそれに適した時期やタイミングが存在し、うまくそこに合わせることで高額な買取価格を期待できます。

ビッドちゃん
ここでは、中古車売却に適した時期やタイミングについて見ていきましょう。

1月から3月、9月から10月が高く売れる

4月は就職した会社や進学した学校のスタートシーズンとなりますので、これまでと違った慌ただしい日常になります。

そして、4月の慌ただしさに伴い車の購入が最も増える時期が1月から3月です。新車だけでなく中古車の需要も一気に伸びますので、車を売却する時期としては最適と言えるでしょう。買取業者も1月から3月は車が売れるとわかっており、在庫の確保に力を入れるため売却には多少の融通が利きやすく、お得に売却できます。

ただし、3月に売却するのであれば気を付けなければならないこともあり、それは自動車税です。自動車税は4月1日時点で名義人となっている人に支払い義務が生じますので、所有権の移行がスムーズにおこなわれないと支払い義務が生じてしまう可能性があります。3月は中古車業界が繁忙期に当たるため所有権の移行に時間がかかることもあり、、ユーザー側も気を付けていないと数万円単位で損をしてしまいますので、気を付ける必要があります。

また、9月から10月も転勤や転職が増えるシーズンですので、同じように中古車の需要が高まり購入する人が増えます。9月から10月は自動車税も関係ありませんので、心配することなく高値の買取金額が期待できる時期と言えるでしょう。

モデルチェンジが発表されたタイミング

現在所有している車が現行モデルの場合、フルモデルチェンジやマイナーチェンジのタイミングも高額な買取が期待できます。

車は新しい車種や年式であればあるほど高額で買取されやすく、ニーズが高いためある程度の融通も効きます。しかも、モデルチェンジやマイナーチェンジがニュースなどで発表された時点であれば、買取業者もさらに高額な買取価格を提示することも多くお得です。

しかし、モデルチェンジやマイナーチェンジが発表され実際に車が店頭に並びだすと、買取金額自体が下がる傾向にありますので注意が必要です。これは、モデルチェンジによってこれまで現行モデルだったものは型落ちとなり、中古車市場に並び始めますが、同じタイミングで売却しようと考える人が多く飽和状態になってしまうからです。そうなってしまうと買取金額は下がり続けてしまい、売却のタイミングとしては適しているとは言えません。

モデルチェンジが発表された直後、まだ実際に車が店頭に並ぶ前が売却のタイミングでありポイントですので、しっかりと把握してから売却に臨むのが良いでしょう。

車検前のタイミング

車を売却するとき、車検前と車検後では車検後のほうがプラス査定になりやすく、有利な買取価格を期待できます。しかし、車検には数万円の費用がかかりますので、売却前に車検に出すとその分マイナスとなり、損をしている感覚になります。できるだけ車検の前に売却するのがおススメであり、車検の有効期限が近いのであればなるべく長く乗ってから売却するのが良いでしょう。

ただし、車検の有効期限ギリギリまで乗ってしまうと必要書類が集められなかったり書類に不備が発生したとき売却することができず、そのまま車検を迎えてしまう可能性があるので注意が必要です。

また、車検ギリギリではなく有効期限が13カ月以上残っている場合、プラス査定が期待できるといったメリットがあります。

年式や走行距離を考慮する

車の年式や走行距離も査定でチェックされるポイントであり、年式が新しく走行距離が短いほど高額な買取価格が期待できます。車の走行距離が多いとそれだけ車のエンジンなど精密な部分に負荷がかかっていると判断されますので、買取価格に影響を及ぼします。

また、良く言われることの一つに5万km、10万kmといった走行距離の目安があります。それぞれの走行距離を超えると途端に買取価格は安くなる傾向にありますので、買取を有利にすすめるためには超えない範囲で売却を考える必要があります。

中古車売却の手順・必要書類

実際に車を売却するとき、買取をスムーズに、そして有利にすすめていくには全体的な流れや手順を把握しておくことが大切です。また、それに伴う必要書類もあり、どれか一つでも書類が抜けていると売却できませんので、焦らずしっかりと揃えることが大切です。

ビッドちゃん
ここでは、中古車売却の手順と必要書類について見ていきましょう。

中古車売却の手順について

中古車売却の手順として、大きく分けて4つのステップから成り立っており、手順通りにすすめていけば、中古車の売却自体はそれほど難しいものではありません。では、1から4のステップごとに詳しく見ていきましょう。

【1】車の売却方法をどうするか決める

まず初めに、車をどのような方法で売却するのか?現在の状況を把握しながら決める必要があります。

車の売却方法には大きく分けて、ディーラーでの下取り、買取業者での買取、個人間売買という3つがあります。

ディーラーでの下取りは新しい車の購入が前提条件となっていますので、すぐに車を購入するのであればほぼ全ての手続きが一括でできるのでおススメです。しかし、買取業者の買取に比べると金額が低い、買取金額は新しい車の購入費用に当てられるため手元に入らない、社外品のオプションパーツは買取金額が下がる、といった特徴もあります。

新しい車に乗る予定が無く、車を売却だけしたいのであればディーラーの下取りではなく買取か個人間売買を選ぶ必要があります。

次に買取業者での買取ですが、こちらは下取りに比べて買取金額が高い傾向にあり、場合によっては社外品のオプションパーツも高値で買い取ってくれます。また、買取業者が集まっている一括査定サイトを利用することで、多くの買取業者に査定依頼をすることができ、提示された査定額から一番高い買取業者を選ぶことで、有利な買取が可能になります。

しかし、中には悪徳業者も存在しており足元を見られる可能性もありますので注意が必要です。

最後に個人間売買ですが、ディーラーの下取りや買取業者に依頼することで発生する中間マージンがありませんので、その分高額な買取価格を期待できます。車を買いたい友人や知人、ネットオークションなどで買いたい人を見つけ、金額などを提示して交渉をしていきます。

しかし、個人間売買でなにかと問題になるのは料金の未払いであったり、煩雑な事務手続きをすべて自分でおこなわなければいけないということです。特にお金に関してのトラブルは多く問題が指摘されていますので、そのあたりを考慮しながら選ぶ必要があります。

【2】契約に必要な手続きをおこなう

車の売却方法を決め査定をおこない、査定額に問題がなければ契約手続きに入っていきます。

契約手続きに必要なのが各種の書類であり、書類が揃わなかったり不備があると契約手続きができないといったトラブルになる可能性がありますので、事前に調べしっかりと揃えておくことが大切です。

下記は必要となる書類の一覧ですので、準備不足とならないよう早め早めに準備しておくのが良いでしょう。

必要書類

普通自動車

軽自動車

自動車検査証(車検証)

印鑑登録証明書

×

自賠責保険証明書

自動車納税証明書

×

軽自動車納税証明書

×

実印

×

印鑑(認印)

×

リサイクル券

【3】予約日に車両の引き渡しをおこなう

必要書類もしっかり揃え契約手続きが終わったら、お互いで取り決めた予約日に車両の引き渡しをおこないます。ディーラーにて下取りし、新しい車の納車がある場合は車両の引き渡しと納車の両方をおこなうことになります。

車両の引き渡しにおいて注意すべきことは、車内の私物は引き渡し当日までにすべて片付けておくということです。

車内に大切なものを残している場合、車両の引き渡しと同時に紛失してしまう可能性がありますので、余裕をもって片付けをすることが大切です。

【4】口座への入金確認をおこなう

車両の引き渡しをおこなったら、買取業者に事前に知らせておいた銀行口座への入金を確認しましょう。入金は車両の引き渡し当日にされることはまずなく、3日から7日の間に入金されるケースがほとんどです。

また、買取業者によっては事前に交渉しておくことで引き渡し当日、翌日などの支払いが可能なところもあります。必要に応じて確認し、希望する方法で入金をおこないましょう。

まとめ

中古車の価格相場は日々変動しており、車を売却する時期やタイミングによっては希望する金額よりも下回ることがあります。しかし、逆に言うとしっかりと時期やタイミングを見計らい、上手に準備をすすめていくことで高額買取も可能になります。

中古車の価格相場を常に把握しておき、ベストなタイミングで売れるよう、入念に準備をするようにしましょう。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報