中古車オークションとは?相場の調べ方から代行業者までをご紹介

中古車を購入する方法はいくつもありますが、その中で「中古車オークション」というものがあります。一般の人には馴染みがないためどんな内容なのか知らない人がほとんどだと思います。中古車オークションは、なぜ一般の人には馴染みがないのでしょう。もしかすると、中古車専門店などの相場よりも安く中古車を手に入れらるのではないでしょうか。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報

中古車オークションとは


中古車オークションとは、車買取業者などの車を売りたい業者が、中古車オークション会場に売りたい中古車を出品し、中古車販売店やパーツ専門店、輸出専門のブローカーなどが、オークションに出品されている中古車から気に入った車を落札する場です。中古車オークションの相場は、車買取専門店よりも売価が高く、中古車専門店よりも買値が安いのが特徴です。

車買取専門店よりも高く売れたり、中古車販売店よりも安く買えるのなら、個人でもぜひ利用したいものです。が、そう簡単にはいかないのが中古車オークションです。個人で中古車オークションに参加することはできるのでしょうか。

企業間の会員制取引

中古車オークションへの参加は、基本的に業者や企業といった法人のみとなり個人での参加は認められていません。中古車オークションへの出品にも落札にも参加することはできません。また法人だからと言ってすべての法人が参加できるわけでもありません。参加したい中古車オークション会場の会員になる必要があります。中古車オークションは、企業間の会員制取引となります。

参加できるのは認められた業者のみ

中古車オークションに参加するためには、会員になることが必要だとお話ししましたが、どんな業者でも会員になれるわけではありません。会員資格を有するには、中古車オークションごとに違いはありますが、以下のようになります。

  • 古物商許可証を取得後1年以上経過していること。
  • 不動産(土地)を単独所有している連帯保証人がいること。
  • 車を売買する為の店舗・事業所があること。
  • 法人の登記簿謄本、もしくは個人事業主の屋号があること。
  • 保証金10万円を収めることができること。

さらに中古車オークション会場によっては、だいたい3万円~5万円の入会金を収める必要があります。連帯保証人は、1人ではダメで社長を含めて2名必要であったりします。また、中古車オークション会場ごとに会員になるための審査があり、厳しさは会場ごとに異なります。

中古車オークションの相場を調べる

中古車オークションの相場を知ることができれば、車買取専門店に提示された買取価格が妥当なのか、また中古車販売店に提示されている販売価格は妥当なのかを知ることができます。これは中古車を売買する個人にとっては大きなメリットです。しかし、限られた業者だけしか参加できない中古車オークションの相場を個人が知れる方法はあるのでしょうか。

雑誌「週刊オークション情報」

中古車オークションの相場を調べるには、オークション専門雑誌の「週刊オークション情報」があります。「週刊オークション情報」は、全国約80の主要中古車オークション会場の落札データを直ちに収集・整理して刊行されており、全国の中古車オークション会場で落札された中古車相場を閲覧できる情報誌となっています。

しかし、この「週刊オークション情報」は、中古車販売店向けの雑誌となっており、さらに古物商の資格を有している業者しか買うことができません。

中古車オークション代行業者の検索システム

中古車オークションの相場を知る別の方法として、中古車オークション代行業者の検索システムを活用する方法があります。中古車オークション代行業者とは、オークションに参加したいけど参加できない個人や業者に代わって、オークションに代行で参加する業者のことです。

この中古車オークション代行業者の中には、中古車オークションの落札相場を公開していたり検索できるところがあります。登録不要の代行業者も存在するので、気軽に利用することができます。「週刊オークション情報」ほどのリアルタイムで正確な中古車相場ではないですが、おおよその相場を知ることは可能です。

相場検索システムの主な入力事項

中古車オークションのおおよその相場を知るために中古車オークション代行業者の検索システムを活用するには、相場を知りたい車の情報を入力することが必要になります。入力項目は中古車オークション代行業者によって多少の違いはありますが、だいたいは以下の項目になります。

メーカー

まず最初にメーカーを選択します。買取に出す、もしくは購入したい車のメーカーです。プルダウン式でメーカーを選択する方法や、一覧になっているところからメーカーを選択するなど、中古車オークション代行業者によって方法に違いはあります。国産メーカーはもちろん、海外の輸入車メーカーでも掲載されているメーカーがあれば検索可能です。

車種

次に車種を選択します。先にメーカーを選択しているので、そのメーカーに存在する車種名のみが表示されます。

グレード

指定するグレードがあればグレードも選択します。中古車オークション代行業者によっては、グレードはフリーワードで入力するところもありますので、事前にグレード名を調べておき、間違いないよう入力しましょう。特に指定するグレードがない場合は、未入力や未選択でも検索が可能な代行業者もあります。

形式

指定する形式があれば形式を選択します。こちらもグレードと同じで入力する場合は間違えないようにしましょう。また、未入力や未選択でも検索可能な代行業者もあります。

年式

年式は、単年だけでなく、2008年~2012年というように幅を持たせて入力することが可能な代行業者もあります。年式は不明では相場を知ることができませんので、年式は必ず入力もしくは選択しましょう。年式は間違ってしまうと、同じ車種でもモデル違いを検索することになりますので、年式は間違わないようにしましょう。

走行距離

走行距離は、10,000㎞~20,000㎞というように幅を持たせて入力します。走行距離は中古車価格に大きく影響する項目です。同じ車種、年式でも走行距離が少なければ高く、多ければ安くなります。安く購入したい場合は、検索する走行距離を多めに入力します。ただしその分、車の程度は悪くなりますので注意しましょう。

車検

車検の有無で検索することもできます。車検がない中古車の方が安く購入できますが、車検を受ける費用が必要になりますので注意しましょう。

シフト

トランスミッションの選択項目です。マニュアルトランスミッション(MT)なのか、オートマチックトランスミッション(AT)なのかを選択します。特にこだわらない場合は全てを選択するか、何も選択しなければどちらの相場も確認できます。

ボディーカラー

ボディーカラーも中古車価格に影響する要素のひとつです。価格が高めになるボディーカラーは白や黒、グレーといった無難な色です。年齢・性別にあまり影響しない無難な色は需要が多いためです。逆に乗り手が限られるような奇抜な色の車は相場より安くなる傾向にあります。

相場検索できる中古車オークション代行業者

中古車オークションの相場をおおよそで知ることができる中古車オークション代行業者をいくつかご紹介します。

オークサポート

オークサポートの公式サイトの相場を選択すると、「中古車相場検索」というページが出てきます。オークサポートの中古車相場検索の情報は、全国の中古車オークション会場での落札相場をもとにして作られています。リアルタイムなオークション落札相場ではないですが、かなり参考にできる情報になるでしょう。

中古車検索相場の検索方法は、「メーカー」「車種」「グレード」「型式」「年式」「色」「車検」「シフト」「走行距離」「排気量」「装備」「価格」の各項目を入力するだけで検索できるので、初めての人でも簡単に検索することが可能です。

カーオークション.jp

カーオークション.jpは、公式サイトのトップページに「最新相場情報検索」という欄があるのですが、ページのかなり下の方にあるためトップページにあるのにすぐに気づけないのが残念です。カーオークション.jpの最新相場情報検索は、過去1ヵ月(1万台)のデータから車種を絞り込んで検索することが可能になっています。

最新相場情報検索の検索方法は、「メーカー」「車種」「年式」「走行距離」「型式」「シフト」「評価」「カラー」「検索期間」の各項目を入力するだけで検索できます。方法はオークサポートとほぼ同じですが、入力項目が少ないため、検索のための入力段階では楽です。

グッバイマージン

グッバイマージンの公式サイトの上段に、「相場を見る」という項目があります。ここを選択すると、メーカーごとに代表的な車種名が一覧で出てきます。出てきていない車種名を見たい場合は「すべて表示」をクリックすると出てきます。見たい車種を選択すると、オークションの日付順(新しいものから)に相場情報が出てきます。

オークションの日付順以外にも、年式順(新しいものから、古いものから)、走行距離順(長いものから、短いものから)価格順(高いものから、安いものから)の6項目を選択できるようになっています。

もう一つ「無料情報配信」というものがあります。氏名や住所、電話番号などの個人情報の入力が必要になりますが、指定の車種についての相場情報を配信してくれるサービスもあります。

車選び.com

車選び.comの公式サイトの下の方に、「中古車価格相場」という項目があります。ここをクリックすると、日本をはじめ、ドイツやイギリスなど国別にメーカーが表示されます。メーカーを選ぶと車種選択に進みます。車種を選択すると、その車種の中古車相場が出てきます。

中古車相場は、過去6ヶ月間の小売実績データを掲載しており、データの基は「車選び.com」の加盟店約4,000社が利用する販売管理システムから指定車種の小売販売データです。販売管理システム直結のデータの利点は、諸費用を含めた正確な中古車小売実績データがリアルタイムに閲覧できることです。

中古車相場は、「販売月」「年式」「カラー」「車名・グレード」「走行距離」「車両販売価格」「販売総合計」の項目で表示され、「車名・グレード」以外の項目は並び順をソートすることができます。

買取相場との違い

車種によっては金額に大きな差ができる

買取業者やディーラーに買取を依頼しても、ほとんど値段がつかないような高年式の車や多走行の車でも、中古車オークションの場合なら、思いもよらない金額で落札される場合があります。落札する業者には、パーツ専門の業者もいるため、車としては価値がなくても、分解してパーツとして売れる車種などの場合、買取業者やディーラーよりも高値で落札されることがあります。

買取相場はオークション相場を参考にしている

買取専門店やディーラーの買取相場は中古車オークションの相場を参考にして、オークション相場より安い相場で買取をします。理由は利益の確保です。中古車オークションの相場よりも安く買取をすれば、中古車オークションに出品したときにほぼ確実に買取価格よりも高い値段で落札されます。買取相場は中古車オークションの相場よりも、およそ10~20万円ほど安く設定されます。

まとめ

個人で中古車オークションに参加できないのは残念ですが、代行業者を使えば参加することは可能です。しかし、すぐに落札されない場合は手放すまでに時間がかかったり、手数料がかさんだりするデメリットもあります。リスクなく少しでも高く買取してもらうためには、事前に中古車オークションの相場を知り、買取業者と買取価格の交渉をするのも一つの手でしょう。

 

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報