中古車ベンツはなぜ安い?5つの理由とおすすめの車種「Sクラス」を解説

ベンツにあこがれはあるものの、新車で買うと高いイメージがあるため手に入れるのは夢だと感じている方は少なくありません。意外に思われるかもしれませんが、ベンツの中古車は安く購入しやすいのです。

中古車市場でベンツの価格相場が安い5つの理由を紹介します。ベンツの魅力とともに中古車を買うときの注意点も解説するので、購入前にぜひ参考になさってください。

中古車ベンツが安い5つの理由

「外車=高級車」というイメージがついていて、自分の年収では手が出せないと早々に断念してしまっている方もいます。しかし、ベンツなどの知名度の高い人気外車であっても中古車なら意外と安いのが現実です。

自分でも購入できる!と思わせる価格設定になっているのはなぜなのでしょうか。中古ベンツが安い5つの理由を一つずつ解説いたします。

中古車台数が多い

中古ベンツが安い一つの理由は中古車市場に出回っている台数が多いからです。どんな高級車であっても市場に数多く出回っていれば価格は下がり気味になります。

ベンツは法人の節税や社用車として利用されることが多いため、新規モデルが発売される時期には古いモデルが中古車市場に急増します。そのため、最新のベンツを買い求めなければ中古車で安く手に入れられるのです。

安い中古車ベンツを購入したいのであれば、モデルチェンジが行われる時期を見計らって相場をチェックすることをおすすめします。

状態が悪く価値が低い

2つ目の理由は購入前に慎重にチェックしなければならないポイントでもあります。長期間・長距離乗りつぶされていて状態が悪いので安くなっている中古ベンツもあります。

年式があまりにも古いベンツは状態が悪いものが多いため注意しましょう。試乗した時の走行状態に不具合がないかをチェックしてください。

マフラーのさび具合やシートの乗り心地、ボンネットのスムーズな開閉ができるかなど細かい部分までチェックして状態を確認しましょう。

中古外車の引受先が少ない

中古外車に目を付けるオーナーが少なく、次のオーナーがなかなか見つからないためにどんどん価格が下がっていく場合もあります。

引受先が少ないとオークションにかけられたり、中古車販売店に売却したりしますが、高値で売れること自体が珍しくなっているので中古ベンツは安いのです。

国産車は世界中で需要が高いため、中古車でも海外に輸出されたり代車やレンタカーとして利用されています。それに比べて外車の中古車は次のオーナー探しで困ってしまうということが多く、値下がりしている中古ベンツが多いのです。

故障した場合の費用が高い

中古車ベンツを購入して万が一故障した場合の修理や部品交換費用が高くつくため購入したがらない人が多いという点も中古ベンツだ安い理由です。

ベンツのフロントバンパーが故障すると国産車の倍の修理費用が掛かります。新車購入していればメーカー保証で修理してもらえますが、中古車は保証期間が切れているため実費で修理しなければなりません。

古いほど故障しやすく、部品の調達が難しいためリスクが高いと言えるでしょう。

新車でないと見栄を張れないと考える人が多い

外車にあこがれを持っていても新車でないと意味がない、と考える人は多いです。ですから、ベンツを維持できる経済的な余裕がある人は新車を購入しようとするでしょう。

その結果、中古車市場に大量に出回っているベンツは需要がなく、価格が安くなるのです。しかし、中古であってもベンツの魅力は有存しています。

狙い目の中古車ベンツは「S」

ベンツは維持費が高く、壊れた場合の修理費用が高くつく車というイメージが強い方にとって中古車ベンツは遠慮したいかもしれません。しかし、安い中古車ベンツでも魅力はたっぷりあります。

安い中古車ベンツは国産コンパクトカーと同じ値段で買えますから、かっこいい高級外車に乗りたいという理想があるなら中古車で叶えるのはいかがでしょうか。

おすすめはベンツSクラスです。「メルセデス・ベンツ Sクラス」の新車価格は1,192~2,449万円。では中古車価格はどうでしょうか。

Sクラスの中古車価格例
  • S350ブルーエフィシェンシ―:173.9万円
  • S350ブルーエフィシェンシーグランドED:197.0万円
  • S550:119.0万円
  • S550ロング:138.0万円

このように、新車で1,000万円を超えるベンツSクラスが中古車なら100万円台で購入できるのです。では、Sクラスについてスペックや魅力をさらに詳しく紹介しましょう。

Sクラスベンツのスペック

全長×全幅×全高(㎜) 5,125×1,900×1,495
排気量 3,000㏄
車両重量 2,000~2,150kg
燃料タンク 70L
燃費 12.5~14.2㎞.L

Sクラスベンツの魅力

メルセデス・ベンツの中で最上位クラスの「Sクラス」。そんな高級外車の魅力とはいったい何でしょうか。

Sクラスの魅力
  • 運転の楽しさを教えてくれる乗り心地
  • ラグジュアリーなインテリア・内装
  • 洗練されたエクステリア
  • 先進的な安全装備

ベンツで1972年から販売されているセダン車「Sクラス」。ボディサイズは存在感があり、運転手付きのオーナーにとっても、ドライブを水から楽しみたいオーナーにとっても最高峰の魅力を持つ車です。

パワフルなエンジン×シャシーの組み合わせにより、機敏な動きも可能な安定感のある走りを見せてくれます。インテリアの素材は一つ一つが高品質で、特別なリラックス空間を生み出しています。

安全装備や先進装備で定評のあるベンツならではの充実した装備も特徴。12.3インチのコックピットディスプレイが用意され、「PRE-SAFEサウンド」と呼ばれる安全装備が搭載されています。

安い中古車ベンツの注意点

高級外車として世界中で認識されているベンツ。あこがれを持つがゆえに中古車でできるだけ安く購入してステータスにしたいと考える方もいるでしょう。

しかし、安いベンツを購入するときには注意するべき点もあります。中古車ベンツを購入するときにチェックしたい6つのポイントを紹介します。

年式

古すぎる年式の中古車は状態が悪いためおすすめしません。安い中古車ベンツを購入するときには年式をチェックしてください。年式によってデザインも変わっているベンツは年式が古くてもプレミアがついて高い相場になっていることもあるので注意が必要です。

部品の生産が終了しているほど古い年式のベンツは、修理に対応できないため故障した際には最悪車の買い替えとなりますので購入は控えましょう。

走行距離

中古車ベンツを購入するときには走行距離もチェックします。長い距離を走っているほど車は劣化しています。部品も消耗しているものが多く、故障リスクが高まるので注意しましょう。

一般的に中古車市場では走行距離が10万㎞を超えると一気に価格が安くなります。ただし、走行距離が多いからと言って必ず状態が悪いという訳ではありません。

適切なメンテナンスが行われていれば、引き続き点検を入念に行いながら乗り続けることができます。リスクは抱えるものの絶対NGではありません。

修復履歴

安すぎる中古車のほとんどは修復歴があります。事故車や故障者は一度修復していると見た目は元の状態に戻って変化に気づきにくいものです。しかし、車のフレームが一度損傷している車はいずれ不具合が生じる可能性が高いためおすすめしません

特にベンツは修理費用が高額になるため、修復歴のあるベンツを選んで後々、不具合ゆえに修理が必要になるというパターンを避けたいと思われることでしょう。販売店には細かい点まで車の状態を説明してもらいましょう。

装備

中古車ベンツの標準装備とオプション装備をチェックしましょう。標準装備のうちカスタムによって取り外され閉まっているものはないでしょうか。全ての装備は正常に動作するでしょうか。

遠くに、安全装備は重要なチェックポイントです。自動ブレーキ、ドライビングアシスト機能も同に問題がないかどうかをチェックしてください。

後々、ナビやドライブレコーダーを利用したいと思っている方は、既存している中古車ベンツを選ぶとコスト削減できるのでおすすめです。

外装・内装

修復歴の有無とも関係する点ですが、万が一販売店が修復歴を隠しているという状況でも、状態の悪い中古ベンツをつかまされてしまわないために外装・内装の状態を確認しましょう。

外板と色が変わっている箇所があると、修復歴がある疑いが高いため要注意です。ドアがスムーズに開閉するかどうかや、エンジンをかけた時のイオン、オイルの滲みなども確認しましょう。

前のオーナーによって内装の状態の良し悪しが決まります。シートの汚れや劣化、タバコの臭いなど気になる点はないかどうか現車をしっかり見て確認してください。

車検の有効期限

中古車を購入するときに見逃してしまいがちなチェックポイントが車検の有効期限です。公道を走行するには車検を通している必要があります。

安い中古車ベンツは車検が切れていることが多く、購入時に車両本体代+車検代も支払わなければなりません。購入時の予算をできるだけ節約したいのであれば車検期間が多く残っている中古ベンツを探しましょう。

認定中古車のベンツを選べば安心

中古車ベンツを購入するときにできるだけ安心できる車を選びたいのであれば認定中古車がおすすめです。

認定中古車とは?

正規販売店が定めている厳しい条件を満たした質の高い中古車。

第三者機関が査定を行い、入念な整備が行われている中古車を販売しているので、質が補償されています。認定中古車は通常の中古車市場に出回っているベンツよりも相場が高めに設定されていますが安心感は抜群です。

また、販売店による保証・アフターサポート付ですから、修理リスクが減り安心して乗れる車を購入できます。

車に関する知識があまりなく、よく知っているプロ目線で安心できる車を購入したいと思っている方は中立な立場で太鼓判が押されている認定中古車がおすすめです。

お得に中古車ベンツを購入する4つの方法

出来るだけ初期費用を抑えて、中古ベンツを購入したいと考えておられる方のために4つのポイントを紹介します。

中古車販売店を利用する

中古車販売店でベンツを購入すれば、他のどこで購入するよりも安くベンツを手に入れられます。販売店独自のサービスを受けられますし、購入後のメンテナンスも便利です。

中古車販売店では、売却とともに買取も行っているため、今乗っている車を乗り替える際には、買取してもらって購入費用を抑えることができます。

キャンペーン実施中に購入する

中古車販売店によっては期間限定でキャンペーンを実施しているので、お得に中古ベンツを購入できます。中古車販売店の値下げ情報やキャンペーン情報をしっかりチェックしておきましょう。

購入を悩んでいるうちにキャンペーンが終了して、お得に購入できる時期を逃してしまうこともありますのでこまめにキャンペーンをチェックしながら購入意欲を高めていきましょう。

車を買い替える

先ほども簡単に触れましたが、今乗っている車を売却することによって中古車購入の費用を確保することが可能です。また、売却と買取を同じ中古車販売店でできるなら、購入契約に入る前に買取も希望していることを伝えておきましょう。

現在乗っている車を売却することを前提に、中古車ベンツの購入費用をシミュレーションすることが可能です。また、予想できる買取価格+自分で出せる金額を決めて、ベンツ購入予算を決めることもできます。

ローンを組む

いくら国産コンパクトカー並みの金額で中古ベンツを購入できるとは言え、手元に一括払いできる現金がないのであれば銀行のマイカーローンや、ディーラーのオートローンなどを利用しましょう。

初期費用を抑えられますが、金利には注意してください。また、ローン審査がありますので、誰もが必ず利用できるわけではありません。中古車ベンツを購入したいのに一括で払えない場合は慎重にローンを検討しましょう。

まとめ

「ベンツを購入したい」「出来るだけ安い中古車で憧れのベンツを見つけたい」と考えておられる方にぴったりの情報を紹介しました。ベンツは中古車市場に数多く出回っているため、意外と安く購入できます。

中古車だからこその注意点はありますが、ベンツならではの高級感や存在感を楽しめます。中古車販売店のサービスや車の買い替えを利用してお得に中古ベンツを購入しましょう。

現在乗っている愛車は高額買取に出して、少しでも中古ベンツを購入する費用の足しになるといいですね。