中古車一括査定の会社を選ぶポイントは?査定申し込み手順を解説

中古の車を一括査定で売りたいと考えている方に一括査定サイトの使い方を解説。どんな査定サイトがあるのか?どういった基準で選べばよいか?などについて紹介します。

中古車一括査定の基本的な流れ

中古車を売るなら一括でといわれるほど、知名度が高まっているのが車の一括査定サイトです。そこで、基本的な一括査定サイトの利用手順やその後、売却完了までの流れについて解説します。

愛車と個人情報の送信

中古車の一括査定はまず、ネットからWEB申し込みをすることが必須です。いわゆる一括査定サイトのページを開いて、愛車の情報と個人情報を入力して送信します。

送信までの手順

送信手順は会社ごとに異なります。トップ画面から一括査定の入り口となるところまで進むのが最初のステップです。次に、画面に記入する項目のあるページが表示されるので、個人情報や車の情報を入力します。

記入必須項目は会社によって違う

メールアドレスと郵便番号だけ入力すれば結果が分かるところや電話番号や住所までしっかり入力しないと査定まで進めない場合などあります。

車の情報は、詳細画面まで進めると、グレードや車種、メーカーだけでなく、排気量・年式・事故車・車検予定日まで入力が必須になっている項目の場合もあります。

申し込み後に完了メールが届く

申し込む業者の選択がある査定サイトならば、チェックを入れて情報を送信すれば、申し込みが完了します。申し込んだ後にメールが来て、その後電話がくるはずです。

一括査定に登録された業者からの連絡

メールでの連絡の後、業者から電話で連絡が来るのが一括査定では一般的です。多くの一括査定サイトでは、申し込みから電話連絡までがスムーズです。電話がかかってくる時間は業者によります。

ですが、営業時間内なら申し込みから数秒後~30分ほどで電話がかかってきます。希望する査定業者の営業時間外で申し込んだ場合は、翌日か次の営業時間まで電話を待ちます。

連絡が集中する

申し込んだ業者の数や連絡までのタイミングが一致すると、嵐のように業者から電話がかかってきます。しかし、地方の申し込みで買取を希望する業者が少ない選択だった場合、業者自体が少ないので電話もそれほどかかってくるわけではありません。

電話連絡の内容とは

電話では、ほとんどの業者が似たり寄ったりの事柄を聞いてきます。

1.売りたい車の車種やグレードなどの細かい車の状況
2.車を売る気があるのかどうか(査定から売却までを希望しているかなど)
3.出張買取で本人が契約している自宅や駐車場のみで査定できるか?(確認をとる目的)
4.同時査定を希望するかどうか?(同時査定ができない業者からは、別々の日程でないと査定を断られる)
5.最初の査定で売却を決めず、自社が査定するまで待って欲しい(先に成約しないで、自社の査定を待ってもうらう目的)

など主に4~5つの事項を中心に、業者が聴取項目としている部分を聞かれます。業者によっては、電話をかけてくる相手は、コールセンタースタッフや実際の査定員、業者のスタッフなどさまざまです。

電話で一通り確認をして、実際の日程や場所を決めて査定を予約する形です。日程調整は同時査定の場合は非常に重要です。別々の場合は、日時を調節して被らないようにする必要があります。

査定日時の決定

最終的に日時が決まったら、実際に査定に持ち込む、もしくは出張査定に来てもらうことになります。

もしかすると、業者によっては日時を変更したいと連絡してくる場合や同時査定を避けるために時間をずらしたいと希望するケースもあるようです。可能な範囲で対応するか断りましょう。

気に入った業者への売却

一括買取に申し込んで、査定額を比較した結果、どの業者に売りたいかを決めましょう。もちろん、必ず一括査定の場面で決めてしまう必要はありません。

また、今回査定してもらった中から必ず選ばなくてはいけないというわけではなく、別の業者に新たに依頼したり、やはり下取り出したいなど売却先変更の場合もあるでしょう。そのため、売る売らないの判断まで含めて、自分の気に入った業者へと売ることを優先しましょう。

1位カーセンサー

1位は名前が全国的に知られているカーセンサーです。中古車情報誌としての知名度があるカーセンサーは、これまでの中古車を取り扱った豊富な経験や実績から確かな会社として知られています。

全国1000社以上が提携する規模

カーセンサーは全国で1000社以上が提携する規模があります。一括査定を専門とする会社と比べてもこの数は国内トップクラスです。

買取店を指定できる

カーセンサーは査定の申し込み時に買取業者を指定できるタイプの一括査定会社です。複数の業者から買取の連絡が来ることを防げることや有名な会社にだけ依頼したいといった細かい要望をフォーム入力の段階で済ませられます。

車の入力データをもとに適した業者が選出される

年式やグレードに加えて、燃料・ミッション・駆動方式・排気量・カラー・走行距離・車検時期など必須項目を入力して、名前、電話番号とメールアドレスを入力すれば査定に進めます。

このときに入力した情報を元に、最適な業者が選ばれます。例えば東京なら近くの買取業者やコールセンターのリストを中心に選別されます。

やり取りをメール指定にすることも可能

フォームの最後に、「任意項目:売却希望時期など、ご希望がある場合はこちらをクリック」という欄があるので選択して、連絡希望時間帯の項目にメール指定(メール連絡のみ希望など)と書いてフォームを送信すればメールオンリーにできます。

ただし、提携している業者によっては、項目を無視してメールではなく電話をしてくる業者がいるので、絶対ではありません。

2位ユーカーパック

2位はユーカーパックです。

一括査定ではなくオークション代行

ユーカーパックは、一括査定ではなくオークション代行の形式を取ります。一括査定と入力項目や個人情報を渡す部分は一括査定サイト同様です。しかし、実質的には一括とは違う方式のオークションを提供する代理会社です。

個人情報が拡散しない

オークション代行のメリットの一つが、個人情報の秘匿性にあります。一括査定サイトの中には、業者から提携料金を集めている代わりに個人情報を渡して営業に使うといった流れが存在します。

そのため、知らないうちに、一括査定サイトから個人情報が業者に知られてしまい、どの業者が自分の個人情報を知っているのか分からないといったケースも存在します。ユーカーパックではそのような個人情報の拡散がなく、情報を取り扱うのはユーカーパックだけです。

電話番号や名前などの情報がユーカーパックに送られます。ですが、オークション制のため情報を保持しているユーカーパックだけが独立した状態で査定から売却まで進められるのです。

最大5000社による入札

入札は最大で5000社のため、他の一括査定サイトで売却した場合と比べて高値で競り落とされます。実際、一括査定サイトよりユーカーパックでオークションとして売りたいといった人が増えています。

3位かんたん車査定ガイド

3位はかんたん車査定ガイドがランクインします。一括査定といえば専門業者として知られるかんたん車査定ガイドです。

JADRI加盟団体のみで悪質業者との遭遇を回避!

一括査定サイトに申し込んだら悪質業者に出会ってしまい、トラブルになったというケースは少なくありません。

悪質業者の特徴は、電話連絡が要領を得なかったり、相場から大きく外れた査定額で難癖をつけて買取まで実行しようとしたりなど、さまざまなケースで知られています。

かんたん車査定ガイドは、提携している業者数は50社と少ないがその分JADRI加盟団体だけで厳選されているので安心して査定を依頼できます。

45秒で分かる査定相場

入力項目は簡略化されていて、メーカー・車種・年式・走行距離の4項目選択と個人情報の名前・郵便番号・アドレス・電話番号だけを入力するだけ。相場が分かるまで45秒で十分です。

4位ズバット車買取比較

4位はズバット車買取比較という一括査定サイトです。買取の査定サイトを専門に運営する会社です。

買取相場を知るのに適している

ズバット車買取比較では、時期によって変化しうる査定相場を現在と6ヶ月前・後の3つの時点から相場を提示します。そのため、メーカーやグレードから分かるその車の買取相場を参考に具体的な額として教えてくれます。

大手買取業者が多く参入

買取をする場合に絶対必要なのが大手の査定額を知ることにあります。全国的にどのくらいの査定で価格をつけているのかは、大手にしか分からないところがあります。

実際に査定してもらう場合にも参考価格や比較のための基準として多くの大手買取業者が参入しているところで申し込むことです。

査定会社の指定が可能

車と個人情報をフォームで入力した後に、確認画面と携帯番号の認証コードを送信してもらい、入力する画面が表示されます。その画面下部に「査定依頼先の選択」があるため、候補として挙がっている業者から査定を受けたい会社を選択もしくは選択解除できます。

5位楽天オート

5位は楽天オートで、ネット事業を展開することで有名な楽天の車買取部門のサイトです。

成約で楽天ポイントが1500ポイント付与される

楽天オートは査定から売却が成立した場合、成約による楽天ポイントが1500ポイント付与があるのが特徴です。

ポイントサービスは楽天全体で使えるものであるため、一括査定サイトを見まわしてもポイント還元されてショッピングで使える対象になるところは楽天くらいです。査定には費用がかからないので、査定で買取まで進めれば費用負担なくポイントの獲得が可能です。

買取店数は100社以上

楽天オートは全国で100社以上の査定業者と提携しています。査定会社によって提携している業者の数は異なり、30~50社あれば小~中規模といえます。楽天オートの場合は、100社を超えていることから、規模としては大きな一括査定会社です。多くの買取業者から一度に査定してもらえるので、価格の比較をしながら売りたい業者を探せます。

査定会社を選択可能

楽天オートを利用するメリットとして、査定会社を選択できる点です。査定してもらいたい会社があればその会社だけ選択しておけば、余計なところから連絡が来ることもありません。

ただし、わざわざ一括査定サイトを利用しているのに、1社だけでは査定額の比較ができないため、最低でも2~3社は選択しておくと良いでしょう。

一括査定サイトの加盟社数は多い方がいい

以上では、一括査定サイトの利用の流れやおすすめの会社について説明しました。ここでは、一括査定サイトを使うか判断する基準の加盟社数について詳しく解説します。

複数社が競い合ってはじめて値段がアップする

まず、一括査定の会社を判断する材料の一つがサイトと提携している提携会社の数です。すなわち、加盟社数にあたります。加盟社数は買取価格を高くするためには必要です。

買取の成約を狙う業者が、買取の価格競争の中でより高い価格を出すことを目指します。他社よりも高ければ買取値段もアップするという仕組みです。

業者によって得意分野が違うため

買取をしたい加盟している業者には、得意分野や不得意な分野がそれぞれにあります。例えば、地域ごとに買取して全国的に流通させるのが目的の会社では、買取場所に査定額を制限されることなく査定できます。

一方、特定地域に根を張った地方の小規模会社では、居住地域での相場こそが買取価格となりえます。逆もまた然りで、その地方でしか高い価格をつけて裁ける車種もあるので、「この分野が得意の業者」が必ず良いなど、絶対なわけではありません。

加盟数が絶対ではない会社もある

加盟数は多いほうがいろいろ選べて価格も高くなります。ですが、その分リスクもあるため、数で網羅する会社と一定の基準以外は排した加盟資格を限定した提携数の少ない会社です。おすすめで挙げた会社でその後者のやり方をしているのが、かんたん車査定ガイドの査定などです。

まとめ

今回は、中古車を一括査定する会社を使う場合の申し込みの流れやポイント、加盟数が多いことのメリットなどについて紹介しました。おすすめの査定会社を利用するかどうか、特徴やメリットなどから判断して選びましょう。