中古車買取の相場はどのくらい?高く売れる車の特徴まとめ

「車を倍売却したいけど、どこに売れば一番いいのかわからない」「出来るだけ高く買い取って欲しいけど、どこにポイントをおけばいいのかな」というように、車の売却を考えているけども中古車買取の相場や高く売れるポイントがわからないという方は多いのではないでしょうか。

これまで乗ってきた車をどうせ売却するなら少しでも高く売りたいというのは当然の気持ちです。そこで今回は、中古車買取の相場や高く売れる車の特徴について様々な視点から見ていきましょう。

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

中古車買取とは

人によっては数年、場合によっては数十年乗ってきた車を売りたいとき、役に立つのが中古車買取です。

中古車の買取は業者に依頼しますが、買取業者も大きく分けて、

【1】買取専門店

【2】中古車専門販売店

【3】新車ディーラー

となっています。

買取専門店というのはその名の通り、買取のみの専門におこなっている業者であり販売店のように店舗を構えて販売はしていません。

買取った車を卸す先は主に中古車オークションとなっており、中古車オークションはスタッフの数も少なく車両を展示するためのスペースも無いためコストがかからない分、車を高く買取ることができます。

中古車専門販売店というのは、車の買取から販売までを一連の流れで手掛ける業者で、買取した車は点検整備され、チェーン店であれば買取った店舗もしくは系列店舗で販売されます。店舗で販売しないときはオークションに流通させることもあります。

チェーン店ではなく個人経営などの中古車専門販売店であれば、時にチェーン店とは違う高めの買取価格を提示されることもあります。

新車ディーラーというのはトヨタや日産、マツダといった各メーカーが新車のみを取り扱っている店舗のことです。新車ディーラーが中古車買取をするときは基本、新車の購入とセットになっており、下取りという形で買取られることがほとんどです。

買取られた車はメーカー系列の中古車専門販売店に販売される、もしくは中古車オークションに流通するという流れになります。

一概に比較することはできませんが、一般的に一番買取価格が高いと言われているのは買取専門店です。ただし、それぞれの業者には特徴がありますので、その時の状態や状況に応じてどの業者で売却するのが良いのか?選ぶことが必要です。

中古車を売る方法

いざ車を売ろうと決め初めて買取依頼をするとき、具体的になにをしたらいいのか?わからないことは多いものです。

車を売るときには色々な手続きをしなければならず、買取依頼をしてから実際に買取ってもらうまでの基本的な流れがあります。

その流れというのは大きく6つのステップに分けることができ、

【1】車をどこに売るのか決める

【2】買取査定前の準備

【3】買取査定を受ける

【4】売却に必要な書類

【5】車の引き渡し

【6】買取金額の入金

となっています。

ここでは中古車を売る方法について、上記の買取までの流れを含めながら見ていきましょう。

車をどこに売るのか決める

まず、車を売るとき一番最初に必要なことは「車をどこに売るのか?」決めることです。世間にはとても多くの車買取業者がありますので、一体どこに売ったらいいのか?迷ってしまうことも少なくありません。

上記の「中古車買取とは」でも述べましたが、車買取業者には買取専門店、中古車専門販売店、新車ディーラー、と大きく3つに分かれています。どの業者にもそれぞれ特徴がありますので、今の状態や状況にあった車買取業者を選ぶことが大切です。

買取査定前の準備

色々と試行錯誤して車買取業者を決めた後、次におこなうことは「買取査定前の準備」です。買取査定前の準備に必要なことは、内外装をキレイにするための洗車と清掃になります。

車の内外装をキレイにしておくことで査定額が上がるというのは有名な話ですが、それは業者が査定をする際に正確な査定をおこなうことが出来るから、という理由です。

洗車や清掃がおこなわれていない場合、そのままの状態で査定がおこなわれることになります。洗車されておらず細かな部分を見ることができないと傷やヘコミなどのチェックができず、適正な価格を提示することができないためどうしても最低価格に近い提示となります。

少しでも高い買取査定をしてもらうためには外装を洗車する、内装を清掃してキレイな状態にしておくことがベストです。

買取査定を受ける

買取査定前の準備が完了したら、いよいよ買取業者に査定を受けることになります。これまで乗ってきた車を安く買い叩かれたくない、できるだけ高い買取価格を提示して欲しい、というのが本音だと思います。

買取査定を受ける際、少しでも高い査定額を提示してもらうには、それに伴うポイントがあります。それは「買取れる限界額を提示して欲しい旨を伝える」ということです。

業者が査定をおこなう際、多くは買取の希望金額を聞かれます。その時に車の相場を知らない場合は希望金額よりも安く買い叩かれてしまうことがほとんどです。

例えば本来80万円で売れる車であっても、希望額を60万円と伝えてしまうとそれ以上業者は上げることがなく、結果的に損する形となります。そうならないよう、最初に買取の限界額を求めることで安く買取られるのを防ぐことができます。また、「現在他の買取業者にも依頼をしている」と伝えるのも査定を有利に進める上で有効です。

車買取業者は利益を出すため車を買取りたいので、他の業者が査定に入っていることがわかれば買取の限界額を提示する必要に迫られます。ちょっとしたコツではありますが、買取査定を受ける際には覚えておくと良いでしょう。

売却に必要な書類

買取査定が無事に終わり納得できる買取価格で提示された後、次におこなうことは車売却に必要な書類を揃えることです。必要な書類は5点ほどあり、

【1】自動車検査証

【2】自賠責保険証

【3】自動車税納税証明書

【4】印鑑登録証明書

【5】リサイクル券

となっています。これら5つの書類は最初に用意しておくと、買取交渉が終わったその場で売買契約を結ぶことができ、スムーズに話が進みます。

自動車検査証というのはいわゆる車検証のことで、車を売却する際に一番大切となる書類です。この書類は車検が切れていても必要になりますので、必ず事前に確認しておきましょう。

自賠責保険証は、車を所有する人が強制的に必ず加入しなければならない保険証券のことです。車検のたびに更新され、多くは車検証と一緒に保管されます。もし紛失してしまった場合には車を購入してディーラーもしくは車検に出した整備工場に問い合わせをしましょう。

自動車税納税証明書ですが、こちらは毎年自動車の税金を納めていることを証明するための書類です。自動車税の納付が終わっていないと車を売却することができませんので、必ず納付は済ませておくようにしましょう。

印鑑登録証明書は住民票がある地域の役所で発行できる書類であり、その印鑑の有効性を証明するために必要なものです。車を売却するときには「譲渡証明書」という重要な書類に実印が必要になり、それによって車の名義変更が可能になります。まだ印鑑登録をしていない場合、区役所で手続きができますので先に済ませておきましょう。

最後にリサイクル券ですが、こちらは自動車が最終的に処分されるときのリサイクルにかかる費用を先に納めていることを証明する書類です。今所有している車を廃車にせず香買取依頼をしている場合、先に払ったリサイクル費用は返金されます。リサイクル券を紛失してしまっても、すでにリサイクル費用を払っているのであれば問題ありません。

車の引き渡し

売買契約が完了したら、次はいよいと業者へ車両の引き渡しとなります。その際大切なことは、希望する引き渡し日を伝えすり合わせをしておくことです。

次の車の購入予定がないのであれば別ですが、購入予定がある場合は納車のタイミングに合わせないと車が無い期間が発生してしまいます。場合によってはとても不便な生活を強いられることになりますので、事前の打ち合わせはしっかりとおこなっておきましょう。

買取金額の入金

引き渡し日を決め、無事に引き渡しが完了したら契約時に指定した銀行口座に買取り金額が入金されます。

ただし、ローン支払い中の車を売却した場合には、買取金額からローンの残金を差し引いた金額が入金されます。また、買取金額がローンの残高に満たない場合は入金されませんので注意が必要です。

入金のタイミングは業者によって様々ですので、事前に入金日を確認しておくのが良いでしょう。

中古車買取の相場とは

中古車買取の相場とは、中古車市場において、その車に対しての需要と供給の割合によって決定する取引価格のことです。買取専門業者や中古車販売店に査定を依頼しこのくらいで買取ますよ、と提示されるのが中古車買取の相場になります。

中古車買取の相場は日々変動しています。これから車の売却を考えている場合は相場をある程度把握しておくことで安く買い叩かれることなく売却がスムーズに進みます。同じ車種でも年式やカラーリング、グレードが違うことで買取価格差が発生することは多々あり、条件の良いときに売却することで高値で売ることができます。

また、中古車買取の相場は季節によっても変動し、GWやお盆休み、正月休みなどの連休が重なるときはじっくりと車選びをしたい人が増えるので、中古車の需要が高まります。夏や冬のボーナスを考慮して買おうと思っている人も多いため、ボーナスシーズンも需要が高まる傾向にあります。

エコカーやコンパクトカー、軽自動車などは乗りやすく低燃費なので人気がとても高く、買取相場は高い基準を保ったままのことが多いものです。

そして、買取相場が下がる時期というのもあります。それは車のマイナーチェンジやフルモデルチェンジがおこなわれる時で、発表後に段々と下がっていき、発売後にはかなり下がる傾向にあります。現在所有している車種のモデルチェンジが発表されたら早めに査定依頼をするのが売却で損をしない方法と言えるでしょう。

高額で売れる中古車の特徴

これまで所有してきた車を買取に出すとき、できるだけ高く売りたいと願い感じるものです。車を高額で買取してもらうためにはいくつかの特徴があり、それらを意識して買取に出すことが大切です。

ここでは高額で売れる中古車の特徴について見ていきましょう。

人気の車種であるか

新車のときに人気があった車種は中古車になっても人気が高い傾向にあり、人気の車種は高額で安定した買取価格を提示されます。内装や外装、整備面などの条件が多少悪かったとしても、大きく買取り価格は下がらない傾向にあるので安心して買取を依頼することができます。

ボディーカラー

ボディーカラーが気に入って購入するという人も多く、人気のボディーカラーであることも高額で売れる中古車の特徴と言えます。安定した人気を誇るボディーカラーは白系か黒系が多く、清潔感や洗練されたイメージがあるので白系か黒系が多く選ばれます。人気の車種を選んでもあまりにも奇抜な色合いだと受け入れられることが少ないため、高額で売るのは難しい傾向にあります。

グレード

多くの車にはグレードがあり、グレードが高いほど新車での販売価格は高く、中古車でも高額で売却できることがほとんどです。高いグレードで新車では手が届かない販売価格でも、中古車であれば手が届くことが多いため、高い需要があります。

年式

商品というのは新しければ新しいほど価値が高く需要があるものですが、中古車においてもそれは適用されます。クラシックカーや一部のスポーツカーなどは古ければ古いほど価値が上がりますが、普通の車であれば年式が新しいほど人気が高く、需要は高まります。

修復歴

よく「事故車は買取でマイナス評価がつきやすい」と言われていますが、実は事故を起こしただけではそれほど査定に影響はありません。重要なのは、事故を起こしたことによって「修復歴があるか?」ということが大きなポイントになります。

修復歴というのは車の土台となる骨格(フレーム)の部分を修理したり取り換えた履歴があるか?ということです。車の骨格はその車の安全性にダイレクトに反映されるので、修復歴があるとどうしてもマイナス評価につながりやすくなります。

逆に修復歴が無ければ心配することはなく、その他の特徴において高く売れる可能性は十分あります。

中古車を高く売るポイント

車を高く売るにはちょっとしたポイントがあり、そのポイントを意識しているか、いないかによって買取価格は変わります。これは誰でも意識して実践することができますので、査定時の値段交渉でも役立つものです。

ここでは中古車を高く売るためのポイントについて見ていきましょう。

モデルチェンジ前に売却する

現在所有している車が現行の車種の場合、マイナーチェンジやフルモデルチェンジがおこなわれることで買取価格が下がってしまう傾向にあります。どうせならモデルチェンジされる車を買おうという動きが表れ、現行の車種の買い控えが起こるようになり、中古車市場でも人気が下がってしまうという理由からです。

モデルチェンジの情報が流れ始めた時点で売却に動きだすのが理想的であり、高く売るポイントでもあります。

屋内保管で色あせを防止する

車のボディーというのは直射日光や雨の影響を受け、大きくはありませんが少なからず劣化をしていきます。可能であれば屋外保管ではなく屋内保管をすることで、日光や雨などによる劣化を防ぐことができ、査定時の評価が上がります。ヘコミや傷と違い、ボディーの塗装というのは簡単には修復できず、手間と時間が大きくかかります。

また、内装も同様で直射日光を浴びやすいダッシュボードやシートは色あせたり変形してしまうことで、査定時にはマイナス評価になってしまいます。屋外に保管する場合にはウインドウの内側に貼る日光予防シートを使うなど、ちょっとした工夫が大切です。

洗車する頻度を上げる

見た目、外装がキレイな車は査定時の評価が上がりやすく、買取価格にも影響を及ぼします。

ただし、それは適度な頻度で洗車している場合であり、数カ月に一度などの場合には汚れの固着や塗装の劣化が目立ちやすくなります。出来れば二週間に一度、もしくは一ヵ月に一度という頻度の洗車が望ましく、常にキレイな状態を保つことができます。

車内の消臭対策をする

シートやダッシュボードの色あせや変形など車内で気を付けるポイントはありますが、意外に臭いというのは残りやすく、定期的なクリーニングをすることで臭いを残さないことも大切です。特にタバコやペットは臭いが残りやすく、何もせずそのまま放置しておくと臭いが染み込んでしまい、専門業者でないと取れなくなる可能性があります。

こちらも洗車同様、定期的に消臭スプレーを噴射したり換気をして風を通すことで臭いは残りづらくなりますので、積極的に消臭対策をするようにしましょう。

買取業者の一括査定を利用する

一社だけに査定依頼をしている場合、買取価格はその買取業者の範囲内で決まることが多く、一見高額な買取価格と思っても実は損をしているケースもあります。WEBサイトのサービスに「一括査定」というものがあり、これは複数の買取業者に査定依頼を出すことで、どの買取業者が一番高額での買取価格を提示するか?がわかるというものです。

また、買取業者は自分のところに車を仕入れたいので競合となる他の買取業者と競争しやすく、より高い買取価格を提示しようとする働きも期待できます。実は他の買取業者のほうが買取価格が高かった、と損をしないよう、一括査定を利用するのも中古車を高く売るポイントと言えるでしょう。

まとめ

中古車価格の相場や高く売れるポイントを押さえることで、買取交渉も有利に進めることができ、安く買い叩かれてしまうといった心配もありません。

逆に中古車価格の相場や高く売れるポイントを理解していないと大きな損をしてしまう可能性がありますので、日頃から意識しておくことが大切です。

これまで乗ってきた愛着ある車であれば、なおさら相場やポイントを理解しておくのが賢明と言えるでしょう。

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます