事故車の査定額はどうなる?高額査定を諦めないでいい理由

中古車を購入するときによく注目する箇所は事故歴です。事故車はできるだけ購入したくないというのが自然の願いでしょう。では、売却する側に立ったとき、事故車を買取してもらうことを躊躇するべきでしょうか。

事故車の査定額は減額されてしまうのか、高額査定は見込めないのかについてご紹介します。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報

事故車の定義

車の買取査定でもっともウエイトが置かれる部分は事故歴であるといっても過言ではないでしょう。事故車かどうかによって査定額が大きく変動します。しかし、多くの人は事故車かどうかを判断するポイントを誤解しているようです。

事故車とは事故に遭ったかどうかではなく、何らかの要因により車の骨格を修理もしくは交換したものを指しています。これは日本自動車査定協会で定められている基準です。次のような部分は車の骨格です。

  • フレーム
  • フロントクロスメンバー
  • フロントインサイドパネル
  • ダッシュパネル
  • ルームフロアパネル
  • トランクフロアパネル
  • ラジエーターコアサポート
  • ピラー
  • ルーフパネル

車の骨格を修理しなければならない事故は大きなものが予想できます。ですから、少しぶつけて修理が必要になったというケースは修復歴としては扱われない場合がほとんどです。

マイカーは事故車だと思い込んでいたけれども実は違ったということもありますので、今一度チェックしてみてください。

事故車の査定額はどれくらい下がる?

交通事故に遭った車で修復歴があり、事故車とみなされている車は査定では非常に不利な立場に置かれます。通常の相場では100万円ほどの査定金額がつくはずであった車も、事故車であるとなれば30万円近くは軽く減額されてしまうことでしょう。

事故車は一度事故を起こし本来のあるべき状態を保てていないため、安全性を確保できないという理由で減額されてしまうのです。いくらきちんと修理が施されているとはいえ、骨格に損傷をきたしているため直進走行が難しくなるなどの不具合が見られることもあります。

新車に近いほど減額率は上がる

事故車の中でも新車購入してからどれほど期間があいているかによって減額度合いが異なります。比較的最近発売された車を中古車で探している人が、あえて修復歴のある事故車を購入しようと思うでしょうか。事故車を購入するくらいなら新車を購入しようと考えるでしょう。

新車が発売されてから時間がそれほど経っていない車はなかなか中古車市場で需要が高まりません。ですから、査定の際に大幅に減額されてしまうのです。

ですから、新車に近い事故車はパーツ買取に着目したほうが良いでしょう。車本体としてではなく部品として売却すると中古車買取査定額よりも高い査定額を出してもらえるかもしれません。

査定額に1番影響するのは修復歴

さきほど、事故車の定義について説明しました。きっともうお分かりかと思いますが、車の査定額に影響を及ぼすのは事故に遭ったかどうかではなく、どこをどれほど修復したかです。車の骨格部分の修復歴が査定額に一番影響します。

ちょっとぶつけられた、対向車と接触したといた事故による擦れくらいの修復であれば事故車として扱われることはほとんどないでしょう。しかし、フレームなどの骨格部分を大きく損傷し修復したのであれば買取査定額は30万円以上下がってしまうかもしれません。

修復歴を隠すことは絶対にNG!

事故歴よりも修復歴が重要ということですが、では事故に遭ったことは申告しなくてもよいのでしょうか。そのようなことはありません。修復していないから事故歴を申告しなければ査定額が下がることはない、という安易な考えを抱かないようにしましょう。

事故歴や修復歴を隠して売却しようとすると後々責任を問われることになります。査定士は車のプロですから素人の目からは見えない部分でも事故に遭ったこと、骨格の損傷などに目ざとく気付くことでしょう。瑕疵担保責任や譲渡後解約・解除もあり得ますので、すべて正直に申告するよう強くおすすめします。

事故車の査定額を上げるポイントはインターネット

事故車は査定額を下げられてしまうのが事実です。だからといって高額査定をあきらめる必要はありません。ほとんどの中古車買取業者は事故車の買取に消極的ですが、インターネット上を見ると事故車を積極的に買取しようとする働きも感じ取れます。

もちろん、事故車を専門として扱っている中古車買取業者もよいのですが、一括査定サービスも活用できるでしょう。インターネットを使ってマイカーの基本情報と事故の状態を入力するだけで、簡単に大まかな査定額を知ることができます。

一括査定サービスのメリット
  • 複数の業者に査定依頼を出せる
  • 市場動向をつかむのに長けている買取業者が査定してくれる
  • リスクを想定している街中買取業者よりも査定額はアップする
  • インターネット上で少しでも条件のいい業者を探せる

ディーラーや地元にある街中の中古車買取業者では要求に応えてもらえないことがほとんどです。しかし、一括査定サービスを利用することにより、希望にできるだけ近い買取査定額を導き出せるでしょう。

事故車の高額査定をしてくれるのはココ!

修復歴のある事故車は査定で減額されることがほとんどです。しかし、中古車買取業者の中には事故車であっても、車そのものの価値や部品の価値を高く買い取ってくれるところもあるのです。一括査定サービスでもチェックできる業者を含んだ5選の中古車買取業者を簡単にご紹介します。

それぞれ特徴と店舗展開規模、買取事例を3〜5選、表で紹介

カーネクスト

  • 電話番号:0120-301-456
  • 対応地域:日本全国
  • 事故車の買取・引き取りは全国対応
  • 事故車のレッカー引き取りも追加費用一切なしで無料サービス
  • 日本の整備技術を付加価値として事故車を海外販売

買取事例

買取価格 車種 年式 走行距離 カラー
40,000円 スバル レガシィアウトバック 平成15年 58,000㎞ ホワイト
720,000円 マツダ CX-5 平成29年 15,000㎞ ブルー
450,000円 ホンダ ヴェゼル 平成31年 2,600㎞ ホワイトパール
15,000円 三菱 アウトランダー 平成18年 75,000㎞ ネイビー
120,000円 トヨタ ハリアー 平成10年 84,000㎞ ホワイト・ツートーン

クルマ選び.com

  • 電話番号:0120-994-996
  • 対応地域:全国
  • 一括査定サービスだから複数の見積もりを比較して最高額を選べる
  • 初めての売却でも安心できるJPUC車売却消費者相談室のサポート
  • 加盟店約4000社のデータからリアルタイムの相場を算出可能

タウ

  • 電話番号:0120-123-999
  • 対応地域:全国
  • 事故車買取業界3年連続No.1を獲得(楽天リサーチ調べ)
  • 世界100か国以上への販売ネットワークによる強い流通経路
  • 自動車ローンの組み替えも相談できる豊富なサポートが充実

買取事例

買取価格 車種 年式 エンジン エアバッグ
670,000円 トヨタ アルファード 平成26年 ×
360,000円 日産 エクストレイル 平成26年 ×
440,000円 ホンダ ステップワゴンスパーダ 平成24年 ×
330,000円 マツダ アクセラハイブリッド 平成27年 ×
260,000円 日産 デイズルークス 平成27年

リプロワールド

  • 電話番号:0120-3939-07
  • 対応地域:全国
  • 日本最大級オークションを保有しリアルタイムの高値相場を把握可能
  • 事故車専用キャリアカーで全国無料引き取り
  • 写真添付のみでの簡単な査定額チェックができるサービスあり

買取事例

買取価格 車種 年式
50,000円 スズキ ムーヴカスタム 平成25年
500,000円 トヨタ 86 平成26年
250,000円 スズキ アルトワークス 平成28年
30,000円 マツダ スクラムワゴン 平成19年
50,000円 トヨタ アクア 平成27年

タイロッド

  • 電話番号:東日本0120-814-505 西日本0120-454-814
  • 対応地域:関東・近畿
  • 年間5000台以上の取引実績をもつ事故車専門買取業者
  • 国内・アジア・アフリカ・南米の販売ルートを保有し最大限の高額査定が可能
  • 自社工場での事故車修理に特化した20年以上の実績あり

買取事例

買取価格 車種 年式
240,000円 トヨタ プリウス 平成25年
350,000円 メルセデスベンツ S550 平成20年
150,000円 スズキ キャリートラック頑丈ダンプ 平成28年
230,000円 トヨタ プリウスS 平成25年
720,000円 三菱 アウトランダーPHEV 平成25年

小さな傷は修理して査定額アップを狙うのもOK

事故車に限らず、車は乗っていると小さな傷や凹みができてしまいます。もちろん事故に遭って大きな損傷が生じた際は修復しなければなりませんし、査定時に正直に申告する必要があります。小さな傷に関しては、査定前に修理するかそのまま売却するかについて色々な意見があります。いずれにしても修理した場合は正直に申告するということが大切です。

車にステッカーの跡がついていたり、バッテリーやエンジンのオイルが切れているといった不具合が目につく際には少し修理しておくと査定時に金額アップを狙えるでしょう。ただし、高額修理になりそうな板金修理は買取業者にお任せしたほうが損をせずに済みます。

不動車は廃車にするしかない?

事故車の中でも特に買取を拒まれてしまいがちなのは不動車です。事故車であっても修復済みで車として機能していればば新しいオーナーに販売することもできますが、動かなければ需要が著しく下がるため買取は難しいでしょう。廃車の手続きには引き取り費用・解体スクラップ費用・廃車手続き代行費用などのお金がかかります。

では、不動車は自費で廃車にするしかないのでしょうか。最近では不動事故車の買取に力を入れている専門業者が増加しています。海外への独自販売ルートを持っている買取業者は不動車であっても販売し利益を得ています。

国内では需要がなく廃車にするしかないと判断されてしまう事故車でも、解体してパーツとして販売すれば高く売れるというケースも少なくありません。廃車にすることを決定する前に事故車や不動車を専門としている業者に査定依頼をしてみることをおすすめします。

もらい事故でも査定額は変わらない?

事故車は査定の際に不利になることは明らかです。しかし、交通事故と言ってもこちらに100%いつも非があるとは限りません。相手の過失により車の骨格が損傷を受けるということもあるでしょう。では、もらい事故でもマイカーが事故車になってしまった場合、査定額は減額されてしまうのでしょうか。

もらい事故の場合は、やり方次第で査定額ダウンを免れることができるケースもあります。

事故減価額証明書を発行する

自分が被害者側であり、相手側に100%の過失が認められる場合には自己減価額証明書を作成してもらうことによって査定減額を免れられるかもしれません。

自己減価額証明書は日本自動車査定協会が発行しているもので、相手側の事故により自分の所有している車が損傷しどれほど評価額が下がってしまったのかを算出して書類にしたものです。自己減価額証明書を作成するためには以下のものが必要となります。

  • 自賠責保険証
  • 整備手帳
  • 取扱説明書
  • 修理見積書
  • 車とキー

もらい事故に遭って、車の骨格が損傷し事故車になってしまった場合に限り、その後の対応を意識的に行えば売却査定時の損をできるだけ少なくすることができるでしょう。事故車になってしまったからもう買取価格をつけてもらえないと早々にあきらめてしまわないでください。

まとめ

事故車は査定の際に減額されます。この際にポイントは事故歴ではなく修復歴です。車の骨格となる部分を修理したコットがある車は事故車とみなされ、通常相場の30%近くカットされることでしょう。しかし、事故の状態や事故後の対応、買取業者の選び方次第では希望通りの査定額にしてもらうことも夢ではありません。

事故車だからと言って売却をあきらめることも、修復歴を隠すこともしないでください。正直に申告し自分にできることをしっかり行って、マイカーを最適な仕方で査定してもらいましょう。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報