人気車種【トヨタ・アクア】の高額買取方法を徹底調査!

直近1年間でも、新車販売台数TOP3を誇る【トヨタ・アクア】

アクアは2011年の販売開始直後からプリウスと比較されることが多く、プリウスより手頃な価格で買うことのできるハイブリッドカーとして人気を博し、それ以降はトヨタの主力車種として、未だ好調に売れ続けています。

そもそも【アクア】のつくりですが、車両のベースとしては、同じトヨタのコンパクトカーである<ヴィッツ>、そこに<プリウス>のハイブリッドシステムをコストダウンして搭載していている、言わば良いトコ取りの車両と言えるでしょう。

そこで根強い人気を誇るアクアの全貌を解明するだけでなく、初のフルモデルチェンジが噂されるアクアをで高値で売って新車に乗り換えたいといった皆さまの声にお応えして、高額査定に持っていく方法やその手段などを具体的にまとめさせていただきました。

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

アクアは高く買い取ってもらいやすい

なぜそこまでアクアは人気なのか、アクアの特徴をもとに書かせて頂きます。

低燃費

燃費性能は33~38km/L(実用燃費でも22~25km/L)とプリウス(30~32km/L:グレードにより異なる)を凌ぐ性能を実現しています。それに付随してハイブリッドという技術を取り入れている点も人気の理由です。

使い勝手が良い

空気抵抗の少ない車体デザインによって安全性の高い走行を出来る点、コンパクトカーならではの小回りが利く点を加味しても、老若男女問わず、幅広い層から支持を得られる要因でしょう。

常に最新の技術が装備されている

最近ではフルモデルチェンジが騒がれているものの、これまでのアクアについては一度もされたことがありません。初代のアクアに乗られていた方ならご存知かもしれませんが、この期間で2回のマイナーチェンジと小変更を数回したことで、安全装備や運転時の性能は格段に向上しています。

アクアで最も評価の高いシリーズ


最も最近のグレードでは、
【アクア クロスオーバー グラム】
店員:5名
燃費:34.4km/L
駆動方式:FF
価格:213万円

その他にも2018年だけで、(アクア名を省略)
・L
・S
・Sスタイルブラック
・クロスオーバー
・G
・Gソフトレザーセレクション
・G GRスポーツ
・G GRスポーツ・17インチパッケージ
これだけの種類が存在します。
私がここで紹介するのは、強化の高い2つ

アクアGsシリーズ

現在では販売は終了しているものの、最も高く売れるグレードと言えます。4年落ちの今でもリセールバリューは高価格査定を狙えるほどです。

X-URBANグレード

このグレードはSUVテイストが強く、「普通のコンパクトカーでは物足りない」というユーザーのための車と言えます。通常のアクアを購入するより、ハイブリッド+SUV仕様の外装を纏ったX-URBANはオススメです。

買取を検討するならできるだけ早めに


人気の車種と言えども時間的劣化には勝てません。アクアの場合、販売開始の2011年以降、数多くの新車販売をしてきました。さらに初代モデルからこれまでで2度モデルチェンジを繰り返しながら販売してきました。しかし最近になって「来年にはアクアもフルモデルチェンジ」という噂もあり、その性能が格段に良くなっているとの情報も飛び交っています。

そうなると型落ちのアクアの買取価格の下落は逃れられません。
新型が出てからでは既に遅く、噂が浮上するこの時期辺りが良い買取価格を提示してもらえる絶好の機会といえるでしょう。

オススメの相場サイト


ここではアクアの相場を知る上で、おすすめとなるサイトをご紹介させて頂きます。
今回は、筆者独自の見解と、多くのユーザー様からの評価が多いものをいくつか挙げさせて頂きます。参考にしてみてください。
・ナビクル

・ズバット

・価格.com

・車選び.comの一括査定

・ガリバー

アクアをできるだけ高く買い取ってもらうには

ここまでお話しさせて頂いた上で、より高くアクアを買い取ってもらう方法についてお話ししていきます。ここでは高く買い取ってもらえるポイントを大きく4つに分けて書かせて頂きます。

純正品に戻す

純正パーツや、ディーラー、メーカーオフションが多く付いている車両の方が圧倒的に人気です。またアクアには、純正アルミホイールを装着できるグレードが存在します。

これは燃費性能の向上だけでなく、見た目の良さなどから、多くの買取店で「高額査定の対象になる」との書き込みがあったので、この辺も頭に入れておくといいかも知れません。またトヨタには、TRDやモデリスタといったチューニングメーカーからのパーツを使ったカスタマイズ方法も存在します。こちらも先ほど同様高額査定が見込めますので併せて覚えておきましょう。

ボディーカラー

中古車市場で人気のある色は、「白」、「黒」と言ったスタンダードな色です。しかしアクアに関しては、幅広い層から支持されている車種になりますので、上記の2色でないからと言って大きく買取価格に影響を及ぼすことはありません。

ハイブリッドシステムは正常に作動するか

アクアを買いたい方は、コンパクトカーとして求めてくる方より、圧倒的にハイブリッド目当てにご購入される方が多く見受けられます。そのためハイブリッドシステムに異常があるようでは高額査定は不可能です。異常がある場合は、「ハイブリッドシステムチェック」と表示が出ますので、ディーラーでシステムをチェックされてから査定に出されることを推奨します。

アクア買い取りに強い専門店を探す

中高車販売店の中には、このような専門店も数多く存在しています。近年ではハイブリッドカーの需要は根強く、とても人気があります。そのためこういった専門店では在庫不良に陥ることもしばしばあるくらいです。なぜこのような業者は、他店より高い買取金額を提示出来るかについては、やはり「買いに来てくれるお客さんの購買意欲がそのくらい強いため、それでも利益が取れる算段がある」からでしょう。この点も見逃せません。

主な売却方法


ここでは主な売却方法として【ディーラー】【買取店】【一括査定】【オークション】の4つ方法を紹介させて頂きます。

ディーラーへ下取り

車を「売りたい」「乗り換えたい」と思い立ち、真っ先に浮かぶ選択肢が、ディーラーでの下取りではないでしょうか。しかしながらディーラーでの下取りは一般的に「安い・低い」といったイメージが定着されつつあります。主な原因としては、やはりディーラーの本業は新車の販売ですので、中古車については不得意分野と言わざるを得ないでしょう。

あくまで新車購入を前提にしているのであれば話は別ですが、買い取り単体でお話をさせていただく場合、この4点の中では最も買い取り価格が安く提示せれる可能性が高いと言えます。

ディーラー側としては新車販売に繋げるためのツールとして下取りをするわけですが、その車の販売ルート等を持っていないため、結局のところ業者間のオークションに出展するしか策がありません。そのためお客さんに提示できる金額もディーラー側が損をしない最低限の価格しか出せないため他の方法と比較したときに見劣りしてしまいます。

ただし、ディーラーでの下取りにもメリットは存在します。それはなんと言っても新車購入時の煩雑な作業の効率化や、新車を買う上での値引き交渉が可能になります。車にあまり詳しくない人であれば大きなメリットを享受できますが、高額買取を目指されるユーザー様ではやはり物足りない結果となってしまうことが多いのが現状です。

買取店へ持ち込み

最近ではこの選択肢自体も、ディーラーでの下取りと肩を並べるほど、ポピュラーな方法になりつつあります。それが中古車買い取り店への持ち込みになります。買取店とは主に、ガリバーやカーセブン、ビッグモーターなどの大手企業、地元の車屋、板金塗装会社などの中小企業などが該当し、大手であれば全国各地に、数多くの店舗を持つことでも一般的に認知されています。

買取店に持ち込む上でのメリットは、何と言っても、車を持ち込むため売却する手軽さと中古車販売の実績ではないでしょうか。買取店は、大手であるほど買い取り実績と販売ノウハウを持ち合わせています。また販売ルート・ネットワークといった専門店ならではの独自性もありますので、安心して買い取りを任せることが出来ます。

最近では買取方法も多様になっており、面倒な作業や手続きの代行、出張査定をしてくれるなど、より手軽に査定や買い取りを行うことが出来ます。

デメリットとして挙げるなら、各社独自の方法で査定価格を算出しています。このため、時間が経つにつれて、価格が目減りすることがあります。その為すぐに手放すことを求められることでしょう。買い取り店一社だけの価格提示だと比較することが出来ず、結果的に、提示価格が適正かを見極めることも不可能で、相手の言うままになってしまう恐れがあります。

評判や口コミの少ない業者もあまりオススメ出来ません。悪徳業者は現在でも存在しますし、トラブルも後を絶たない状況です。面倒やトラブルに巻き込まれないためにも前もって調査しておく必要があるでしょう。

一括査定

毎回業者に車を持ち込むのでは、時間も労力もかかり大変ですよね。その手間を省くことが出来る方法が【一括査定】になります。

そもそも一括査定が分からない方のために簡単に説明させて頂くと、個々で業者に依頼するのではなく、必要な情報を入力するだけで、複数の買取業者に査定を依頼することが出来て、その上で査定価格を競合させることが出来るサービスのことを指しています。

この方法であれば、一度に各社の査定額を知ること、見比べるが可能になり、人気車種であれば価格交渉することもでき一石二鳥です。

しかしデメリットも存在します。一括査定をする上で申し込み後に、各社からの営業電話や勧誘が強くなることが予想されます。これについてはサービス上、どうしようもない点ではありますので、一応ながらデメリットとして述べさせて頂きました。

オークション

この「方法は大手業者が信用できない」、「査定額の時より価格がさがっている」と多くの声から実現した方法になります。
それが、近年確実に実績を積み上げているサービス【オークション】です。

オークションとは何かですが、これまではディーラーや買取業者は、オーナーから車を買い取り、または下取りした車両を業者専用のオークションにだすことで利益を上げていました。そのため各社では、人気度や、品質、状態、手数料を加味した上で、オーナー側に査定や買い取り時に提示する金額を出してきました。この方法を、個人間でも利用できるようにしたものが、オークションという方法になります。

使い方が分からない方も多いかもしれませんので簡単に触れさせて頂くと、【ご自身でやっていただく】画期的なサービスになります。
知識がない方でも簡単に扱えるようにサポート制度も充実していますこのサービスに車両を登録しておくことで、買取店に出向く時間や、何度もかかってくる営業電話、契約時の面倒な作業からも解放されます。

それでもって買取価格も会社で競り合い、最高額で落札されますので、必然的に他社で買い取ってもらうより高値が付く傾向があります。これも買い取り時に発生していた業者を挟まないことで、中間マージンを削ることが出来たため実現した方法になります。

一番オススメの売却方法


私のオススメの方法は、【一括査定とオークションの併用】です。先ほど一括査定の際に書かせていたデメリットに中に営業電話とありましたが、ここには裏話があります。それは営業電話を減らす方法です。

最近では多くのサイト内に、「メール連絡だけを希望する」や「メールOK」と書かれたサイトも存在します。このデメリットを取り除いてあげると、一括査定のメリットが思う存分発揮されます。

それにも関わらずこの方法の他に【オークション】をプラスしたのは、やはり高額買取を実現するというミッションにおいては、この選択肢が最も有望と言えるからです。実例を拝見していると多くの方が「高額買取に成功した」との感想を見受けられたので、中間業者や手数料がない分、買取価格にもそれが反映しているといえるでしょう。

査定に出す前の自分で出来るメンテナンス

メンテナンスすることによって、実際に査定額が上がることはあるのかなど、少し具体的な点についてお答えしていこうと思います。

ここでは簡単ではありますが、【知っておいて損はない『見ておくべき点』】について載せておきますので、参考にしてください。

標準装備されたパーツ、付属品の点検や確認を行っておくこと

元々付属していた純正パーツや、メーカー・ディーラーでのオプションも高額査定の要因の一つです。キズや汚れ、紛失はマイナス要因になります。

普段使わない安全装備や、小さな付属品(室内シート)これらは、新車購入の際でしか付けることが出来ないものが多く、確認しておかないと取り外したまま忘れてしまっていたり、最悪の場合紛失してしまうことがあります。無くすことは当然マイナス要因に繋がりますので気をつけましょう。

車内清掃はこまめにしておくこと

近年喫煙率も減少傾向にあるので、多くの方はこういった点は敬遠されがちです。そのため、たばこの煙や臭いが車内に充満していたり、黄ばんでいるなどはやはり減点対象になるか、査定を行う上では買い取り店側に、あまり良い印象を与えません。もちろんペットなどの臭いも同様で、こういった臭いを嫌う人の割合も、多いというのが率直な感想になります。

これはアクアに限らず、全車両で共通して言えることになります。車両の第一印象として、室内が飲食時に出たごみで溢れていたり、カスやホコリ汚れているようだと減点の対象になります。もちろん業者側も、点検や販売する前には、一通り清掃を入れるので清掃の有無が直接査定金額に大きく影響を及ぼすことはないと言えるでしょう。

買い取り前の大規模な修理は必要ない!?

買い取り前になって気になるのは、やはりボディーのへこみやキズ、エンジンの不調などです。普段はご自身で乗られているので、あまり気にならないですが、買い取りとなると話は違ってきます。このような箇所があると、事実として買い取り査定額を大きく下げてしまう要因に繋がります。

しかしだからと言って、自分で手直しを入れることや、業者などのプロの方に依頼することも避けましょう。理由は簡単で、修理代に払う料金が、そのまま査定額に反映されることはないからです。一般的には、「どんなに良く仕上がっていても修理代の半分程度しか査定額はアップしない」と言われています。

このようなメンテナンスをしておきたい場合は、カー用品店で売っている簡易型の修理セットや研磨剤を使うか、そのまま査定に出してしまった方が、かえって良いかもしれません。査定される方もこの道のプロなので、下手な小細工などは通用しません。今回ここでプラス査定になると書かせていただいた点を再度見直されることをオススメします。

まとめ


冒頭でも紹介しましたが、フルモデルチェンジをする今から、買い替えどきを考える時期では無いでしょうか?

トヨタのラインナップの中でも、アクアはやはりダントツの人気を誇っています。もしこの記事を読まれて買い替えや売却を検討される方がいらっしゃれば嬉しい限りですし、その買い取りの際に高額査定が出ればなおさら嬉しい限りです。

 

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます