古い車でも高価買取してもらう方法をご紹介!オススメの業者は?

日本では一般的に10年落ちの車や走行距離が10万kmを超えた車は、廃車にするしかないというイメージが強いです。しかし実際はそのような車にも需要があり、買取してもらえる場合が多いです。

とはいえ、
「そもそもなんで需要があるの?」
「古い車の売る方法がわからない」
という方も多いと思います。

そこでこの記事ではそんな古い車の買取のお悩みを、ディーラーで働いていたこともある私の観点から解決します。

具体的には
・古い車に需要がある理由
・中古車買取店に買取できないと言われた時の対処法
・オススメの買取業者の紹介
の順番に重要なポイントだけをご紹介していきます。

5分くらいで読めますし、廃車にするしかないと思っていたあなたの車がお金になる可能性が高いので、まずはご一読ください。

古い車は需要があるのか


結論から申し上げると、古い車だけでなく動かない車にも需要があり、ほとんどの場合売ることができます。

海外では日本車というと品質が高く壊れにくいというイメージがあります。そのため走行距離が10万km以上の車でも需要があるのです。加えて特に東南アジア諸国や中東地域では車の走行距離が20万kmや30万kmを超えても乗り続けます。

動かない車であってもパーツや部品が他の車の修理に使えるので、パーツ自体にも価値がある、動かない車であっても値段がつきます。ではそのことについて次で詳しくご紹介していきます。

業者はなぜ古い車を買い取るのか


買取業者は次の3つの理由から古い車でも買い取ります。

  • 走る車としての価値
  • 海外ではまだまだ需要がある
  • 解体して部品や鋼鉄にリサイクルできる

走る車としての価値

最近の車は性能が高く、10年以上前の古い車でも走る車としての価値があるものが存在します。実はあなたが自分の車は売れないと思っているだけかもしれません。

古い車でも走行距離が少なかったり、保管状況が良くきれいな状態であれば、十分中古車としての価値があります。ちなみに一般的な走行距離の目安は1年で1万kmとされています。

また20年以上古い車であれば旧車としてプレミアがつき、高価買取してもらえる場合もあります。特に80~90年代のスポーツカーは海外での人気高騰からここ数年急速に販売価格が上昇しています。

これはアメリカの中古車の輸入規制と関係しています。新車登録から25年を経過した車は旧車扱いになり、排ガス規制などのハードルが下がり輸入しやすくなるのです。そのため年式が25年を超えると、その車の価値があがる可能性があります。

海外ではまだまだ需要がある

先ほども申しましたが、海外では10年落ちの車や10万km走っている車でもまだまだ乗れると考えられています。特に最近の日本車であれば、メンテナンスをしっかり行っていると20万kmや30万kmはあまり修理せずに乗ることもできるため、海外での需要は多いです。

解体して部品や鋼鉄にリサイクルできる

自動車メーカーは古い車の部品の生産をやめてしまいます。しかし古い車に乗り続ける人も少なくありません。そのため古い車に乗っている人は自分の車を修理する際、必然的に中古部品を使わざるを得なくなります。つまり古い車の部品やパーツ自体にも価値が生まれるのです。

先ほど紹介したように、特に海外では古い車でも動かなくなるまで乗り続ける場合が多いので、海外でも需要があります。一方売れない部品でも鋼鉄としてリサイクルすることで古い車をお金に変えることができます。こうした理由から古い車にも値段がつくのです。

買取店でも値段がつかないケースはある


なかには買取店でも値段がつかないケースがあります。そこで大半の方があきらめてしまいますが、日本の車で値段がつかない場合はほとんどありません。ではなぜ値段がつかないのか、それには2つの理由があります。

  • 買取店が車を輸出する販売ルートを持っていない
  • 廃車を鋼鉄としてリサイクルする場合は買取店ではなく廃車買取業者

このような理由があるため買取店では値段がつかない場合がありますが、廃車買取業者を利用することで、値段がつくことが多いです。ではこれから買取店で値段がつかない車両の特徴や値段がつかなかった時の対処法をご紹介していきます。

値段がつかない車両の特徴

買取店で値段がつかないと言われる車の特徴は以下の6つがあげられます。冒頭にも述べたような世間一般的なイメージどおりのものです。これは買取店が車を海外に輸出する販売ルートを持っていない場合が多いです。下記のような特徴の車はやはり国内では需要がないため、再販しても利益が見込めず値段がつかないということになります。

  • 年式が10年以上古い
  • 走行距離が10万kmを超えている
  • 修復歴がある
  • 動かない車や水没した車
  • 中古車市場で人気がないセダンタイプの車種
  • 車の色が純正ではない、もしくは人気のない色

0円と言われた場合は複数の中古車買取店をあたる

0円と言われた中古車買取店は先ほど述べたように、国内の再販ルートしか持っていない場合もあります。そのため買取店1社の査定が0円でもほかの買取店では値段がつくこともあるため、複数の買取店をあたるのが有効です。

もしすべてで値段がつかなかった場合は、廃車買取業者にあなたの車を持っていきましょう。そのことについて次で詳しくご紹介していきます。

廃車買取業者を検討する

中古車買取店で値段がつかなかった場合は、廃車買取業者を検討しましょう。基本的に廃車買取業者は中古車買取店で0円の車でも0円以上で買い取ってくれます。つまり廃車買取業者ではディーラーなどで廃車にする場合にかかる手数料がかからず、動かない車でも無料で廃車にすることができます。

そもそも中古車買取店とは違い廃車買取業者は、車を分解して部品やパーツを販売することが目的なので、動かない車にも値段がつけられるのです。車が動かなくてもタイヤやホイール、ブレーキ、トランスミッションなど使えるパーツがあり価値もあります。

また車のボディなどの鋼鉄部分も鉄やアルミに分けてリサイクルすることができます。このような理由から中古車買取店で値段がつかなくても、廃車買取業者では値段がつくのです。

ディーラーでの下取りはなぜだめなのか?


基本的にディーラーの下取りは、買取業者の査定より査定額が低くなってしまいます。これには次の2つが関係しています。

  • 新車を売ることが仕事なので中古車の高い買取が期待できない
  • 買取店に比べて下取りした車を再販する力が弱い

ディーラーは新車を売ることが仕事なので、中古車の下取りはおまけのようなサービスになります。正直に言うとディーラーの営業マンは下取りをしようがしまいが成績にあまり関係ありません。そのためディーラーは下取りにあまり力を入れていないのが現状です。

その上ディーラーは下取りをした車を再販する力が買取店に比べて弱いので、高値で再販することが難しいのです。高値で再販することが苦手なので、利益を出すためには必然的に査定額を低くする必要があります。

損をしにくい廃車買取業者


損をしにくい廃車買取業者を見極めるポイントは次の3つになります。

  • 廃車買取金額の内容
  • 廃車手続きが迅速に行われるか
  • 車が適切に処分されるか

廃車買取金額は廃車にする車の車両価格と、自賠責保険の払い戻し分、自動車税と自動車重量税の還付金の4つから計算されます。業者によっては税金を自分たちの利益にするところもあるので、買取金額の内訳をしっかりと提示してくれる廃車買取業者を選びましょう。

また基本的には自動車税などの税金が返ってくる場合がほとんどですが、廃車の手続きが迅速に行われない業者であれば還付金が減ってしまうので損をしてしまうことになります。加えてひどい場合は年度をまたいでしまい、次の年の自動車税の納税請求が来てしまう場合もあります。

さらに車が適切に処分されないと、自動車重量税の還付金を受け取れなくなります。そのため車の解体を自社の工場で行うことができ、さらに自治体の許認可を持っている全国規模の廃車買取業者に依頼するのがオススメです。

口コミで人気の高い中古車買取業者


口コミで人気の高い中古車買取業者はアップルです。アップルは車買取会社の口コミやレビューで順位をつけるランキングサイト(オリコン・車選び.com)の2つのサイトで1位をとっています。オリコンではアップルが5年連続で1位に位置しており、アップルの評判は良いです。

しかし買取査定をしてもらう場合は、アップル1社に絞らずに複数の買取業者に依頼しましょう。というのも複数の業者に査定してもらうことで、買取価格を引き上げる事ができるからです。もし複数の買取業者をまわる時間がない場合や面倒な場合は、次で紹介する一括査定を利用するのがオススメです。

1社ずつ比べるのは面倒な場合一括査定を利用する


1社ずつ査定額を比べるのが面倒な場合や時間がない場合は、一括査定を使うことでその手間と時間を節約できます。ではそんな一括査定について、次の2つに分けながらご紹介していきます。

  • 一括査定とは
  • 便利な一括査定サイトの紹介

一括査定とは

そもそも一括査定とは、1度の査定依頼で複数の買取業者に同時に査定を申し込むことのできるサービスです。そのため買取業者同士を競わせることができ、査定額を限界まで高めることができます。その上自宅に査定に来てもらうこともできるので、買取店を自分で回る時間も節約することができます。

便利な一括査定サイトの紹介

一括査定のデメリットとして多くあげられているのが、自分で日程を調整しなければならないことと、多くの買取業者から電話がかかってくることです。

しかしカーセンサーという一括査定サイトでは、自分で査定依頼を申し込みしたい業者を選ぶことができ、さらにメール連絡を希望すると入力すれば電話も減らすことができます。そのため一括査定サイトでは、カーセンサーが便利なサイトです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

以上が古い車でも高価買取してもらう方法のご紹介でした。どれだけ古い車でも価値がないということは、ほぼないので廃車買取などを利用しお得に買い取ってもらいましょう!

この記事があなたのカーライフを豊かにするお力になれれば幸いです。