大切な愛車は1円でも高く売りたい!おすすめの方法とは!?

この記事を読んでくださっている読者の方の中には、車の買い替えだったり、郊外の戸建から都心の駅近のマンションに引っ越しだったりに伴い、愛車の売却を検討されている方も大勢いらっしゃると思います。まだ具体的に売却するとは決めていないけれど、売却した場合の価格や方法を参考までに知りたいと思われている方もおられるでしょう。

いずれにしても、思い入れのある愛車は、出来るだけ高額で買い取ってもらいたいですよね。この記事では、車の売却方法3種類と、それぞれのメリットとデメリットを解説します。大切な車を売却される際には、ぜひ参考にしていただけると幸いです。

車の売却手続きにはどんな方法があるの?それぞれのメリットとデメリットは?


車を売却するための方法には、大きく分けると3つの方法があります。
1つ目は、「買取を専門としている業者を探して、買取を依頼する方法」です。

2つ目は、「車の買い替えに伴う売却の場合、新しい車のディーラーに、下取りとして古い車を引き取ってもらうという方法」です。

3つ目は、「一括査定といって、複数の買取業者に相見積もりを取って比較するサービスを利用して、最も条件が良い買取事業者に買取を依頼するという方法」があります。

どの方法にもメリット、デメリットがあり、一概にはどの方法が優れているということはできません。時期、タイミング、手間、価格、どれにプライオリティをおくかによって、あなたに最適な方法は異なります。以下に述べるような特徴を把握したうえで、ご自身の状況にあったベストな方法を選択しましょう。

買取業者に買取を依頼する

1つ目の方法として、特定の中古車買取事業者に買取を依頼するやり方があります。
これについてのメリットやデメリットをご説明します。

中古車買取業者のほうが査定価格は高くなる

中古車買取業者に依頼するメリットとしては、後述する新車ディーラーに下取りをしてもらう方法に比べると、売却価格が数万円から数十万円単位で高くなる傾向があります。餅は餅屋という言葉がありますが、中古車の買取や売却については、やはり中古車専門の買取業者が優れた流通ネットワーク、査定技術、ノウハウを持っています。

トヨタ、ホンダ、日産などに代表される新車のディーラーの本業は、新たに車を製造販売することです。新車を買ってくれる顧客サービスの充実をはかるため、あるいはサブのビジネスとして、新車ディーラーも下取り事業を行なっています。しかし、実務としては、新車ディーラーは、下取り後には、車を中古車買取業者に転売して市場に流してもらっています。そのため、新車ディーラーや中古車買取業者にそれぞれ販売手数料やマージンが発生してしまうことになります。こういった手数料が乗らない分、消費者から中古車買取業者に直接に売却する方法の方が高く買い取ってもらえるのです。

1つの事業者に絞ると、買取価格が低くなることも

注意点として、特定の1つの買取専門業者に絞って買取依頼をしてしまうと、事業者間の価格競争が発生しないということがあります。その結果、後述する一括査を利用する場合に比べると、買取価格が伸びない可能性があります。

買取専門業者とひとくちにいっても、アップルやガリバーのように全国ネットワークを展開している事業者もいれば、特定の地域、客層、車種などに特化した事業者もいて、得意不得意がそれぞれにあります。車のような高額商品の売買には、営業マンのヒューマンスキルや知識、査定の経験値なども大きな要素になり、当たり外れもあります。場当たり的に1つの買取業者に依頼してしまうと、運不運に左右されて思わぬ損をしてしまう可能性もあるので、業者選びにあたっては、十分な情報収集をしてからにしましょう。

買取業者への買取依頼が向いているケース

査定額で比べると、新車ディーラー下取りよりは高め、一括査定よりは低めとなる買取業者への買取依頼という選択肢ですが、売主の状況によっては良い選択肢となる場合もあります。
具体的には、お願いしたい特定の買取事業者、たとえば、過去に買取依頼をした業者に今回も依頼したい場合、知人に買取事業者がいて融通がきく場合、近所に評判の良い事業者がいる場合などです。一括査定による相見積もりを利用すると、複数の買取事業者との交渉が発生しますが、一対一の売買取引であればそういった煩わしさを回避することができます。また、信頼関係のある事業者であれば、安心して大切な愛車の車を預けることもできますので、精神的にもメリットがあるといえます。

新車のディーラーの下取りを利用する

ディーラー下取りは手間が少ない

新車の購入に伴い、それまで乗っていた車が不要になったというときには、新車のディーラーに下取りを依頼する方法があります。新車のディーラーに依頼するメリットとしては、なんといっても手間がなくなり、楽であるという点です。新車の納車とともに、古い車をそのまま引き取ってもらえますので、車がダブルになって駐車場に困ったり、納車が遅れて車に乗れない期間が発生したりする心配がありません。

また、新車購入資金の頭金として下取代金を充当できるので、手持ちキャッシュの持ち出しが少なくて済むというメリットもあります。新車ディーラーとしても、売却時に手数料を得ることができますので、新車のオプションをつけてくれたり、割引をしてくれたりということもあります。

ディーラー下取りのデメリット

ディーラーに下取りしてもらうデメリットは売却金額が、中古車買取業者に売却する場合と比べて安くなってしまうという点にあります。ディーラー下取りを利用する方法は、時間をお金で買うというつもりで、なるべく手間がかからない方法を選びたいという方に向いているといえます。

一括査定業者を利用する

カーセンサー、ユーカー、カービューなどの一括査定業者や楽天、ヤフーなどの中古者査定サービスを利用し、複数の買取事業者から相見積もりをとり、条件のよい買取事業者と売買契約を結ぶという方法があります。

一括査定業者を利用するメリット

一括査定業者を利用するメリットは、何といっても数ある買取事業者を比較して最も良い条件で愛車を売却できるという点にあります。複数の業者に競わせることにより、市場の競争原理がはたらき、査定価格が高くなる可能性があります。一番売却価格が低くなるディーラー下取りと比較すると数十万円の差が生じる場合もありますので、高く売却したい方は利用しない手はないですよね。

中古車買取事業者が中古車の査定をする場合は、中古車のオークション市場に出すことを念頭に置いていますので、該当車種が最近落札された価格に手数料を乗せた額を査定額として算出します。したがって、オークション落札価格から大きくは乖離しないものの、どの程度の手数料をとるのかは事業者によって異なります。また、中古車は同じ年式の同じ車種でもコンディションによって個性がばらばらです。査定をする担当者や、重視する査定ポイントによって、査定金額は大きく異なることになります。

一括査定事業者を利用するデメリット

一括査定を利用すると、簡単に複数の買取事業者に査定が依頼できますが、実際の車の査定にたちあったり価格交渉を行ったりする際には、複数の業者の対応をする必要があり、手間がかかります。一括査定の申し込みを行なった途端、電話がいっせいにかかってきて困ったという話もよく耳にします。また、競争が働くということは、売却価格の交渉に有利な反面、強引な営業を仕掛けてくる担当者もいないわけではないので、対応に苦労することも考えられます。対応策としては、査定申し込みの際には、備考欄に電話不可、メールでの連絡のみと書いておく、査定先の数をある程度上位の候補先にのみ絞るというような方法があります。すべての強引な商談をブロックすることはできませんが、コミュニケーションコストは多少軽減されるでしょう。

おすすめの車の買取業者5選


ここまで読んでくださった読者の方は、愛車を高く売るためには、中古者買取事業者複数から相見積もりをとったうえで、条件がよいところに売却する必要があるということをイメージいただけたかと思います。また、中古車買取事業者との交渉の手間をリーズナブルな範囲とするためには、見積もり取得先を増やしすぎないことも大切だとご理解いただけたかと思います。

それでは、日本全国にたくさんある中古車買取事業者の中から、具体的にどの事業者に見積もりを依頼すればよいのでしょうか?

口コミサイトを複数みて参考にする

中古車買取事業者についての口コミサイトやいわゆるランキングサイトなども参考にしてみましょう。ただし、口コミやランキングは、担当者と投稿者の相性や同じフランチャイズでも店舗によって満足度にバラツキがあり平均すると実際の好感度と一致しない場合もあります。

必ずしも結果が正確であるとは限りませんので、あくまで参考にとどめつつ、実際の店舗にいったときの印象、メールやボイスメッセージを受けて担当者との相性などのご自身のフィーリングも大切にした方が良いでしょう。

おすすめの中古車買取業者5選

口コミやランキングサイトで評判の良い中古車買取事業者を5つご紹介します。

ビッグモーター

創業40年の老舗事業者で、全国に240店舗以上を持つ中古車買取事業者の大手です。査定申し込み件数は年間120万件以上、中古車販売数も2年連続一位と多くの人が利用しています。国産車外車ともに取り扱い実績が多く、大手ゆえに販売ネットワークも盤石ですので、査定額が高いという評判もあります。

アップル

アップルも、1989年創業の老舗、全国に228店舗を有するという点で、ビッグモーターに共通するところがあります。こちらも販売ネットワークの強さから、査定価格が高いという点では定評があります。一括査定業者が行なった消費者アンケートでは、特に関東地区の顧客満足度が高い傾向にあるようですので、関東地区にお住いの方は査定を申し込んでみられるとよいでしょう。

ガリバー

ガリバーはCMなどでもお馴染みの業者ですね。14年以上中古車の買取実績第1位という業界ナンバーワンの企業です。一方、口コミでは、店舗によっては対応が悪いというような評判も見られますので、実際にお住いの地域の店舗や担当者のと相性を確認してみたほうがよいでしょう。クレームガード保障といって、査定後に発見された車の問題点があっても、査定額が保障される契約となっているのも安心ですね。

オートバックス

カー用品販売店として全国に500店舗以上を有するオートバックスも、実は中古車買取事業に乗り出しています。オートバックスのメリットして、特許取得のタブレットを使った「査定Dr.」という査定技術により、店舗や担当者によるバラツキがない安定した査定が受けられることと、査定結果が5日間保証されるので、他の相見積もりとの比較でゆっくり決められる点があります。また、車検やカー用品の買い物のついでに愛車の相場が調べられるという手軽さも人気です。

カーセブン

カーセブンは、査定を申し込むとあるマイルや楽天ポイントがもらえたり、随時お得なキャンペーンを実施していたりするユーザーフレンドリーな事業者です。契約後欠陥が見つかっても減額はしない、売却後7日間解約可能など、消費者に有利な契約としているところも好感を持てます。北海道や東北地方の店舗の口コミが特によいので、該当地域の方はぜひ検討してみてください。

結局どこで売るのがお得?


口コミで人気がある買取事業者を5つご紹介しましたが、査定も対応も店舗の方針や、営業担当者によって大きく異なりますので、一概にどこの買取業者がお得とはいえません。たまたま買取強化キャンペーンを実施している業者があったり、お持ちの車種に強い業者があれば、ランキング外でもそちらの方がお得であることもあります。

複数の業者に依頼して実際に価格を比較してみよう

まずは、複数の業者に相見積もりを依頼して、実際に提示された価格を比較してみましょう。ネット上で行う簡易査定と実際に車の状態をみてもらっての査定額は異なりますので、いくつか候補事業者を決めたら実際に査定をしてもらいましょう。複数の業者から見積もりをとるのに便利なのは、やはり一括査定の方法です。

まとめ


いかがでしたでしょうか。車を売却する方法には、買取業者に買い取りを依頼する、新車ディーラーの下取りを利用する、一括査定サービスを利用するという3つの方法があることと、それぞれの方法のメリット・デメリットについて、ご参考になれば幸いです。
手間がかからないのは下取りですが、高額で買い取ってもらうためには、一括査定サービス等を利用して複数の買取業者に査定を依頼することが近道です。皆様の愛車について納得がいく売却につながることを心よりお祈り申し上げております。