安くて個性的な愛車は不人気車から探そう!不人気車12選を紹介

自分の好みを反映させることのできる持ち物はできるだけ個性的で理想的なものを選びたいですよね。車もその一つです。他人と被らず安く購入できて個性的な愛車は不人気車がおすすめです。不人気とはいっても性能が高くオーナーを満足させる車を12車種厳選して紹介します。

中古車を買うなら不人気車が狙い目

コスパの高い中古車を購入するために不人気車を狙う人が増えてきています。そもそも人気がないので中古車市場でも価格が低く販売されており予算内でできるだけグレードの高い車を購入できるのです。

不人気な理由が何であるかによって、自分の理想に合わせた好み通りの中古車を不人気車の中から探すことができます。デザインに特にこだわりがないのであれば不人気車の中でも選択の幅が広がるでしょう。

車の性能やエンジンなどの重要な部分は問題なく良好な車が、コスパ良く購入できるので不人気車の中古車はおすすめです。質の高い満足のいく不人気車を探すための3つのポイントを解説します。

ボディタイプはセダン

一つ目の不人気車を選ぶポイントはボディタイプです。最近では見た目がスタイリッシュなSUV車やクーペの人気が高いのですが、その反動でセダン車は人気が年々落ちてきています。

例えばSUV車のヴェゼルとセダン車のグレイスの中古車平均価格を比較して考えてみましょう。新車価格は10万円以上の差がなく、排気量も同じく1500㏄ですが、中古車平均価格になると30万円近くの差が生じます。

中古車価格
ヴェゼル:86~334万円
グレイス:45~230万円
https://www.carsensor.net/usedcar/souba

中古車として販売されるようになると、新車とは違い需要の少ない不人気車はかなり価格が下がります。売却する側として不人気車はデメリットの大きいものとなりますが、中古車を購入する側としては不人気車の方が気軽に購入を検討できる価格帯になっているのでおすすめです。

不人気の車種をチョイス

2つ目のポイントは車種です。ボディタイプを選んだらもっと絞るために不人気の車種をチェックして検討していきましょう。同じボディタイプの車でもデザインの違いによって人気の出具合がかなり異なります。

セダンの車種は不人気車の中でも遠くに狙い目のタイプです。ハイブリッド車や比較的新しく登場した車種は人気があっても、ベースグレードで長年あるセダン車はどんどん人気が落ちてきています。

例えば同じセダン車でもトヨタのプリウスと日産のティアナとでは中古車の販売価格が異なります。ベースグレードで比較してみましょう。

中古車価格
プリウス:6~498万円
ティアナ:4~273万円
https://kakaku.com/kuruma/used/maker

同じボディタイプでも、車種によって中古車価格が200万円近く変わることを考えると不人気車のコスパの良さが分かりますね。ボディタイプを選んだらその中で不人気の車種を選んでみましょう。

定番色以外のカラーで絞る

ボディタイプと車種を絞ることができたら、カラーで絞っていきましょう。中古車市場ではモノクロカラーやシルバーなどのベーシックなカラーが非常に人気があります。その反対に奇抜な色やデザインカラーは人気が落ちているので狙い目です。

特に、赤やブルーといった不人気カラーは中古車市場でも売れ残るので、安く購入できる可能性が高まります。現在の車の不人気カラーをチェックしてみましょう。

車の下取り・買取に不利になる不人気カラー
  • レッド
  • ブルー
  • パープル
  • グリーン
  • イエロー
原色系のカラーの車はなかなか人気が出ないので中古車市場では価値が低まりやすく購入できます。シンプルな原色の車は個性的で、自分の車に存在感を与えたい人におすすめです。カラーによっては風景になじんだり、汚れが目立たなかったりなどのメリットがあるので要チェック!

不人気車を購入するメリット


不人気車を選ぶメリットなどあるのでしょうか。不人気車を購入するメリット2つについて解説します。

  • 価格が安い
  • 性能がいい
では、それぞれのメリットについて詳しく説明していきましょう。

価格が安い

不人気車を購入する一番のメリットは価格が安いことです。できるだけ費用を出さずに車を一台購入しようと思うのであれば、まずは中古車を候補に入れることでしょう。中古車の中でも市場で特に人気が出ない車種は価格が下げられるので予算内に収まる車もたくさんみつかります。

不人気車は販売して新しいオーナーを見つけるためにどんどん価格が下落していく傾向にあります。新車よりも中古車、人気の中古車よりも不人気車が大きく値下がりしているのでコスパ良く性能の高い車を購入できますよ。

性能が良い

中古不人気車を購入する2つ目のメリットは価格が安いが性能は良いという点を挙げられます。不人気車になってしまう理由のほとんどはデザインです。トレンドマッチしていなくて、あらゆる世代に受け入れられるデザインではなかった場合、なかなか売り上げが伸びないということがよくあります。

不人気車は価格が安いからと言って性能が悪いという訳ではありません。それどころか人気の車種とそう変わりありませんし、同じ値段で購入できる人気車よりも性能が高い場合も考えられます。ですから、不人気車を中古車で購入することはコスパを考えた賢い選択と言えるでしょう。

不人気車を購入するデメリット

不人気車を購入することは非常に賢い選択と述べましたが、メリットだけの選択というわけではありません。不人気車を購入することによって考えられるデメリットや注意点を紹介します。

次のようなデメリットが考えられます。

  • 売却するときに価格が下がる
  • 好きなデザインやカラーが見つからない
  • 乗り心地に満足できない可能性がある
では、デメリットを一つずつ説明しましょう。

売却時に不利

一つ目のデメリットは不人気車は売却する際に高価買取を望めないということです。不人気車はそもそも売れないことを懸念して安い価格で販売されています。ですから、売却するときのリセールバリューはほとんどないことが予想できるでしょう。

購入よりも売却時を重視して考えるのであれば人気車の方がメリット大です。不人気車はいくら年数がたっても急に人気が沸騰するということはほとんどありません。ですから頻繁に乗り換えするための1台として不人気車を選ぶことはお勧めできません。

デザインにこだわりがなく、1台を乗りつぶすつもりであるなら売却するときの心配をしなくていいので出来るだけ安く中古車市場で人気のなく性能の高い一台を購入することをおすすめします。

好きなデザインを選べない

2つ目のデメリットは中古車全てにいえることですが、好きなデザインやカラーを見つけられない可能性が高いことです。特に不人気車はバリエーション豊富に中古車市場にでてくることはないため、好みのデザインやカラーとマッチする車種を探し出すのは困難です。

特にデザインが難ありの不人気車が多いので車の見た目を最重要視する空にとってはデメリット大といえます。カラーも黒や白などの人気カラーを選ぼうとすると不人気車種であっても割高になるので注意が必要です。

乗り心地が良くない可能性がある

3つめのデメリットとして考えられることは乗り心地と動力性能の劣化です。不人気車の中にはデザインよりも乗り心地が悪くて人気がないということもあります。実際に購入する前にできれば乗り心地を注意深くチェックしてみるのがおすすめ。

乗り心地チェック3項目
  • シートのクッション性はあるか
  • シート素材の質感は理想的か
  • シートは体にフィットするか
乗り心地が良いと感じるか悪いと感じるかは個人差があるので、車種によって一概に判断することはできません。また、乗り心地が悪いからと言って性能が悪いともいえません。

不人気車の中にはしばらく動いていないため、エンジンや足回りがさび付いてしまっている可能性もあります。どれほどの期間使用されていないのかという点と同時に乗り心地を確認してください。

不人気車なら高級車を購入しやすい

高級車や外車の中にも不人気な車種はどうしても存在します。新車や人気の高級車は購入できずに手が届かない…という方は不人気車の高級車や外車を探してみるのはいかがでしょうか。予算内でもステータスになる車を持てる可能性が広がります。

では、不人気ではありますがおすすめできる中古車をいくつかご紹介します。これから車の購入を検討している方は是非参考になさってください。

トヨタの不人気車

まずはトヨタから販売されているおすすめの不人気車を紹介します。

ハリアー

1999年から販売されているハリアー。

基本スペック
  • 駆動方式:FF
  • 排気量:2000㏄
  • 乗車定員:5名
  • 燃費:11km/L
ハイブリッドモデルが2005年に追加されて、2013年にはレクサスへ引継ぎされています。今では販売台数ランキングを常に上位獲得している車ですが、一時期不人気車と呼ばれた時期もありました。

特に2代目ハリアーは中古車市場で価格が下落傾向にあるので、お得に今では人気の高いハリアーをお買い得に購入できるのです。

中古車価格例
  • S:309.9万円
  • Z:417.8万円
  • プレミアム:289.9万円

マークX

不人気なボディタイプであるセダン車のマークX。

基本スペック
  • 駆動方式:FR
  • 排気量:2500㏄
  • 乗車定員:5名
  • 燃費:11.8㎞/L
セダン車ではありますが、スポーツタイプなのでスタイリッシュな見た目が魅力的です。走りを車に追及する人におすすめの車種。

生産終了の噂もあるほど、セダンの人気はどんどん加工しているので、今も新車販売が続いているアークXを中古でお得に購入するのはいかがでしょうか。

中古車価格例
  • 250S GRスポーツ:450.0万円
  • 250S ファイナルエディション:369.0万円
  • 350RDS:239.0万円

ブレイド

トヨタのブレイド。

基本スペック
  • 駆動方式:FF
  • 排気量:2000㏄
  • 乗車定員:5名
  • 燃費:13.4㎞/L
コンパクトなボディサイズからは想像できない3500㏄の排気量を持つエンジンを搭載しているハッチバックです。日の打ちどころのない走りをするため、走行性能を重視する人に押す末です。ナイスも豪華装備で高級感がしっかり得られる車。
中古車価格例
  • G:64.8万円
  • ブレイド:71.5万円
  • マスターG:119.9万円

アリオン

カローラの上級クラスであるアリオン。

基本スペック
  • 駆動方式:FF
  • 排気量:1500㏄
  • 乗車定員:5名
  • 燃費:16.4㎞/L
上質な見た目が特徴のアリオンは、存在感が中途半端であることが不人気の理由。コンパクトで少し高級感のあるセダンに乗りたいという人にオススメ。アリオンに限らずトヨタのセダン車は中古車で比較的割安に買えるものが多いので一度チェックなさってみてください。
中古車価格例
  • A15:205.0万円
  • A15 G+パッケージ:169.0万円
  • アリオン:179.0万円

ヴェロッサ

トヨタの名車の後継車種であるヴェロッサ。

基本スペック
  • 駆動方式:FR
  • 排気量:2500㏄
  • 乗車定員:5名
  • 燃費:9.4㎞/L
躍動感がある個性的なインテリアとエクステリアが魅力的な車です。不人気車となっていますが、一部の人からは熱狂的に愛されています。セダンタイプの車の人気は落ちていますが、ヴェロッサはスポーツセダンとしてカスタムしやすい車ですのでおすすめです。
中古車価格例
  • VR25:218.0万円
  • V25:194.0万円
  • 20Vパッケージ:35.0万円

マツダ

プレマシー

マツダの不人気車、プレマシーはコンパクトミニバンです。

基本スペック
  • 駆動方式:FF
  • 排気量:2000㏄
  • 乗車定員:7名
  • 燃費:14.4km/L
乗降性が高く、アイポイントが高めに設定されているため女性や背の低い人にも運転しやすい車です。ルックスもコンパクトで愛らしいので若い世代にも支持されています。1999年に誕生していますが、歴史の割には販売台数の少ない不人気車です。
中古車価格例
  • 20S スカイアクティブ Lパッケージ:171.0万円
  • 20C スカイアクティブ:129.8万円
  • 20C:130.0万円

ビアンテ

マツダが販売しているビアンテ。

基本スペック
  • 駆動方式:FF/4WD
  • 排気量:2000㏄
  • 乗車定員
  • 燃費:9.4~14.8km/L
世界初の14.0スカイアクティブテクノロジーで高圧縮比を実現させたミニバンです。3列シートになっており、最高8人が乗車できます。

エンジンには4WDシステムが組み込まれており、路面の状況に合わせてトルクパワーが適切量割り振られるようになっています。雪面道路など悪路であっても走行性能を高く発揮してくれるのがビアンテのエンジンです。

中古車価格例
  • グランツー スカイアクティブ:196.9万円
  • 20S スカイアクティブ:189.8万円
  • 20C スカイアクティブ:99.0万円

日産の不人気車

日産で販売されてきた不人気車を紹介します。

デュアリス

日本では不人気でも海外で絶大な人気を誇るデュアリス。

基本スペック
  • 駆動方式:FF
  • 排気量:2000㏄
  • 乗車定員:5名
  • 燃費:15㎞/L
世界を戦略する車として日産から販売されたデュアリス。エクストレイルとプラットフォームを共有しており非常に存在感のあるフォルムになっています。予算はあまり出さずにガラスサンルーフを装備した車を満喫できるのがデュアリスです。
中古車価格例
  • 20G:115.0万円
  • 20G:FOUR:98.0万円
  • 20G FOURアーバンブラックレザーⅡ:89.9万円

ラフェスタ

ミニバンの覇権争いの中現れた日産ラフェスタです。ユーザーを他のミニバンに奪われることによって戦いから退き不人気車となりました。

基本スペック
  • 駆動方式:FF
  • 排気量:2000㏄
  • 乗車定員:7名
  • 燃費:15㎞/L
他のミニバンに比べて販売台数は少ないですが、広い室内空間や3列シートは充実しているのでファミリーカーとしておすすめです。
中古車価格例
  • ハイウェイスターG:135.0万円
  • ハイウェスター:99.0万円
  • ハイウェイスターG スプレモ:127.6万円

ムラーノ

車体サイズが不人気の原因となってしまったフルサイズSUV。

基本スペック
  • 駆動方式:FF
  • 排気量:2500㏄
  • 乗車定員:5名
  • 燃費:11.6㎞/L
ムラーノは3500㏄という大排気量のSUV車です。プレミアムな装備が特徴的ですが、大きすぎるボディサイズゆえに人気が伸び悩んでいます。海外では日産を代表する人気車種ですが、モデル末期の年間販売台数が悲惨な結果となっています。

本革シートやナビゲーションなどの装備を標準設定されているムラーノは高級感を重視される方におすすめです。

中古車価格例
  • 250XVモード・ビアネロ:188.8万円
  • 350XV FOURモード・ロッソ:159.5万円
  • 250XL FOUR:129.8万円

その他の不人気車

その他の不人気車でおすすめの車yスを紹介します。

ホンダ【エアウェイブ】

2005年から5年か販売されているホンダのエアウェイブ。

基本スペック
  • 駆動方式:FF
  • 排気量:1500㏄
  • 乗車定員:5名
  • 燃費:18㎞/L
フィットをベースにしている広々としたエアウェイブ。低床設計になっているので小さいお子さんや高齢者の方も乗り降りしやすく、ファミリーカーとしてもおすすめです。開放的な車内空間も魅力的。
中古車価格例
  • M:23.0万円
  • M Sパッケージ:29.8万円
  • ST:46.8万円

不人気車は中古車販売専門店で探そう

車の種類にかかわりなく購入するにはディーラーや販売店、オークションなどを利用して目当ての車を探す必要があります。不人気車を探すための特別なルートがあるわけではありません。

不人気車を探そうとしておられる方は、まず中古車販売専門店にいってみてください。中古車を専門として扱っているのであればリーズナブルな値段で理想とする車を探してもらえる可能性が高まります。特にディーラーとのつながりがある業者は信頼できます。

中古車を購入する3つの注意点

不人気車は安く販売されていることが多いため、特に購入前のチェックを怠れません。ここでは3つの忘れてはいけないポイントを紹介します。

①修復歴・事故歴

1つ目のポイントは修復歴と事故歴です。中古車は「修復歴有・無」に分かれています。車の骨格となっている部分を修理している車は完全に元通りになっているわけではないので常に故障のリスクがともないます。

修復歴や事故歴のある車はできれば選ばない方がいいでしょう。事故歴があるとかなり価格が安くなるので魅力的に映るかもしれませんが、後々メンテナンス費用にかなりの額を奪われることになりかねません。

②年式の確認

2つ目の注意点は年式です。年式が古いからと言って100%悪いとは言い切れません。また、不人気車で年式が古い車はかなりの値下げを期待できます。しかし、古すぎるとエンジンや足回りが劣化してる危険性が考えられます。

綺麗な状態を維持して長年乗り続けたいのであれば、6年落ちまでの不人気車を探す余殃おすすめします。価格とのバランスを考えたいのであれば7~10年落ちの中古車がおすすめです。

③走行距離を確認する

3つ目の注意点は走行距離です。10年落ちや10㎞以上の走行距離の中古車は大幅に価格が値下げされます。故障のリスクが高まるからです。ですから、走行距離が10㎞を超えているものは極力避けたいものです。

しかし、できるだけ安く車を購入したいのであれば8~12万㎞の中古車を検索してみる事をおすすめします。

まとめ

コスパ良く個性的で性能の高い車を購入したいと考えている方にとって、不人気車は狙い目です。人気がないからと言って質が劣るわけではありません。デザインやカラー、ボディタイプに難ありの車は多いものの走らせる部分には何の問題もないのです。

逆に個性的でほかの人と被らない愛車をゲットできるかもしれません。おすすめの不人気車を参考に、費用を抑えて性能の良い中古車を探してみてください。