廃車の手続き時に必要なことって?費用・流れ・必要書類まとめ

愛車を廃車処分する際には、様々な手続きが必要となります。車は使用者と所有者を登録する必要があり、ナンバープレートを交付されることによって、初めて公道で乗ることができますが、廃車をするときには登録を抹消しないといけません。

そこで今回は、廃車の手続きについて、廃車の種類から手続きの方法と流れ、廃車の手続きに必要な書類をご紹介します。

廃車手続きの前に知りたい廃車手続きの種類

廃車の手続きについてご説明する前に、廃車手続きの種類についてご紹介します。実は一口に廃車といっても、手続きの方法は一つだけではないのです。普通自動車の場合を基本に、廃車手続きの種類について、見ていきましょう。

永久抹消登録

永久抹消登録とは、車を永久的に使用しない場合にとる手続きです。すでに車を解体状態にしているか、何らかの事情で走行不能な場合に、この方法をとります。また、事前災害や盗難など、車が回収不能な状態にある場合も、こちらの手続きが必要となります。

永久抹消登録された車は、手続きが済み次第、2度と公道を走ることはできません。また、もし動かない状態の車でも、この永久抹消登録の手続きを取らない限りは、自動車税を毎年払う必要がありますので、注意が必要です。

一時抹消登録

もし、動かない状態でも愛車を手元に置いておきたい、いつかは修理をして乗りたいと考えている方には、一時抹消登録という手続き方法を取ることをオススメします。

この一時抹消登録の手続きを行うことで、一時的に自動車税の支払いを止めることができます。そして、再度申請すれば、また公道を走ることも可能です。しかし、永久抹消登録と違って自動車重量税の還付がないので、しっかりデメリットも把握しておきましょう。

解体届出

解体届出とは、車を解体した時や2度と使用できなくなった状態となった後に、必要な手続きです。一時抹消登録中は、手続きの必要がありませんが、先々にやはり2度と使用しないとなった時にはこの解体届出をして、永久抹消登録と同じ状態にする必要があります。

どちらにしても、リサイクル業者から解体が通告されてから、15日以内に届出をしないといけません。そして、使わない車に関しては、必ず手続きが必要となります。

抹消登録を行う場所

車の廃車時には、抹消登録を各運輸支局で手続きを行います。永久抹消登録と一時抹消登録、両方ともこちらの運輸支局が管轄となります。運輸支局は、国土交通省が管轄する局となります。元々の陸運事務所と海事事務所が統合されたものが多く、その名残から陸運局という名前でも、広く呼ばれています。

そして、運輸支局は各都道府県と北海道の主要都市に置かれています。ただし、兵庫県と沖縄県には運輸支局はありません。兵庫県は神戸運輸監理部が、そして沖縄県は沖縄総合事務局運輸部が実質的な運輸支局としての機能を持っています。
そして、抹消登録を行う場合は各都道府県の運輸支局で手続きを行います。

ここで一点注意したいのが、転居をした場合の対応です。もし、転居をしたなどで、他県に引っ越した場合、車検証の所有車欄の住所が変更されていなければ、その県では原則手続きができません。車検証の所有車欄、ナンバープレートに記載されている地名の、都道府県のみが手続きを行える対象となります。

したがって、住民票を届け出していても、所有車欄の住所変更届を行なっていないと、その県では抹消登録手続きはできません。特に長期的な転居になる場合は、車の所有車の住所変更手続きも、忘れずに行なっておきましょう。

自分で永久抹消登録を行う方法と流れ

ここでは、自分で永久抹消登録の行う場合の、流れについてご説明します。少し煩雑に感じるかもしれませんが、参考にしてください。

永久抹消登録の費用

永久抹消登録には、まず廃車の引き取り費用が発生します。動かない車であればレッカー代、もし自分で持ち込む場合には、費用は無料です。そして、持ち込んだ後に業者での解体費用は、0~30,000円が相場となります。そして、永久抹消登録の申請書が必要となりますので、運輸支局で40円を支払います。

また、2005年以前に購入された車で車検を受けていなければ、2005年に施行された自動車リサイクル法による、リサイクル料金も発生します。こちらは車種や排気量によって、料金が異なりますが、7,000〜20,000円となります。

永久抹消登録の実際の流れ

永久抹消登録をするには、まず車が解体されて、動かない状態であることが前提となります。そのため、まだ動ける状態にある車は、解体処理をする必要があります。

その後、必要書類の準備を行い、管轄の運輸支局で手続きを行います。運輸支局では、まず必要書類の記入を行います。その後廃車の前後2枚のナンバープレートを返却します。そして、必要書類を提出し、不備がなければ手続きは終了です。

最後に、運輸支局内の税申告窓口にも必要書類を提出し、還付金の手続きを行う場合もありますが、都道府県によって対応が違う場合もあるので、税申告窓口へ事前に確認をしておきましょう。

永久抹消登録に必要な書類

永久抹消登録時に必要な書類は、多岐に渡ります。自分で行う場合には、下記の書類が必要です。

1. 所有者からの委任状(所有者の認印の押印があるもの)
2. 登録識別情報等通知書(もしくは一時抹消登録証明書)
3. 「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」が記載されたもの
4. 手数料納付書
5. 永久抹消登録申請書及び解体届出書

1〜3については、当日スムーズに手続きを行うために、事前に準備をしておきましょう。4と5の書類は、手続き当日に運輸支局で配布を受けることができます。また、車検が1ヶ月残っている場合には、自動車重量税の還付がありますので、そちらの必要書類の確認も忘れずに行いましょう。

自分で一時抹消登録を行う方法と流れ

続いて、自分で一時抹消登録の手続きを行う方法をご紹介します。

一時抹消登録の費用

一時抹消登録にかかる費用は、基本的には一時抹消登録手数料350円のみです。地域によっては、印鑑証明書が必要となり、発行費用が発生する場合もありますが、300円〜400円となっています。また自動車の盗難などによる一時抹消登録の場合は、登録事項等証明書交付手数料の300円が必要となります。

一時抹消登録の実際の流れ

永久抹消登録と違い、廃車の解体をする必要がないため、必要書類の準備が済み次第、管轄の運輸支局で手続きを行えます。運輸支局では、必要書類の記入・作成を行い、登録手数料の支払いを行います。その後、前後2枚のナンバープレートを返却し、窓口に書類の提出をします。

そして、この後が永久抹消登録と違うのですが、登録識別情報等通知書の交付を受けます。最後に、運輸支局内の税申告窓口へ、登録識別情報等通知書も含めた必要書類を提出し、申告を行います。これも都道府県によって異なりますので、事前に確認しておきましょう。

一時抹消登録に必要な書類

一時抹消登録を行うためには、下記の書類が必要となります。

1. 所有者の印鑑証明書(発行日から3ヵ月以内)
2. 所有者の委任状(所有者の実印の押印があるもの)
3. 車検証
4. 手数料納付書
5. 一時抹消登録申請書

永久抹消登録と同じく、1〜3は事前準備が必要で、4と5の書類は、手続き当日に運輸支局で配布を受けることができます。

また自動車が盗難された場合には、別途で下記の書類も必要です。

1. 廃車の登録番号を控えたもの
2. 車台番号を控えたもの
3. 申請者の身分証明書
4. 登録事項等証明書交付請求書

これらは事前に準備をしておきましょう。

解体届を行う場合に必要な書類

一次登録抹消後に解体届出を行う場合、下記の書類が必要となります。

1. 所有者の委任状(所有者の実印の押印があるもの)
2. 登録識別情報等通知書(もしくは一時抹消登録証明書)
3. 「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」を控えたもの
4. 手数料納付書
5. 永久抹消登録申請書及び解体届出書

もし、災害等によるものであれば、3の代わりに罹災証明書が必要となります。

そして、車検が1ヶ月以上残っている場合は自動車重量税の還付を受けることができます。必要な書類は下記になります。

1. 所有者のマイナンバーカードか通知カード、または個人番号の記載がある住民票(コピーでも可)
2. 重量税還付金を受領する金融機関情報(金融機関名や口座番号など)
3. 重量税還付金の受領権限に関する委任状(所有者の押印と署名があるもの)

以上のように、事前に準備する書類も当日記入する書類も、多岐に渡ります。一つでも不備があれば、もちろん廃車に関する各種手続きができません。特に自分で行う場合には、チェックリストを作成し、一つずつ記入方法も確認しながら、漏れのないように進めましょう。

手続きの方法がよく理解できない場合は業者を利用

先ほど、永久抹消登録と一時抹消登録の手続き方法をご紹介しましたが、かなり煩雑な印象です。作業も手間がかかりますし、書類もたくさん記入する必要があります。時間があれば、自分でチャレンジをしてみても良いかと思いますが、難しく感じる場合は、時間も手間もかからない業者に依頼すると、良いでしょう。

手数料は発生しますが、時間効率でいうと間違いなく業者の方がお得です。そして、必要書類に関してもかなり作業量が減りますので、時間をかけたくない方は、特に業者に依頼することをオススメします。

廃車手続きに対応してくれる業者としては、下取り店のディーラー、廃車買取業者、中古車販売店などが一般的です。ガソリンスタンドや行政書士も代行する場合がありますが、コストを極力かけたくなく、永久抹消登録を前提に考えているのであれば、廃車買取業者が良いでしょう。

販売店での下取りに関しては0円査定がつくことがほとんどです。ただ、廃車買取業者では部品やパーツが目的となるため、手続きに関する費用が場合によってはプラスに転じる可能性もあります。自分で廃車手続きをとることを検討している方も、作業に取り掛かる前に一度廃車買取業者に問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は廃車時の手続きについて、ご紹介しました。廃車には永久抹消登録と一時抹消登録があり、目的に応じた手続きをとる必要があります。廃車の手続きは、各管轄の運輸支局で行いますが、都道府県によって若干の違いもありますので、しっかり確認をしておきましょう。

また、廃車の手続きは流れも書類の準備も少し複雑に感じるかもしれません。もし難しそうであれば、速やかに廃車買取業者などに代行してもらうことも検討しましょう。車は、購入するときも廃車にするときにも届出する義務が生じます。どちらの時にも、手続きに不備がないように、事前に確認をしておくことをオススメします。