廃車の買取相場はどう決まる?高値で売却するためのポイント

「どうせ廃車にするなら1円でもいいからお金にしたい」

今乗っている車を廃車にしようと考えている方のほとんどがそう思っているのではないでしょうか?そこでおすすめなのが、中古車の買取業者に廃車を買い取ってもらう方法です。
そして、いざ売るとなったときに気になってくるのが

「廃車がいくらで売れるのか」

ということについてでしょう。

「1円でもいいからお金にしたい」

と考えていたとはいえ、どうせ売るなら高く売りたいものです。そこで今回は、廃車の処分方法として売却を検討するときに知っておきたい、廃車の買取相場について詳しく紹介していきたいと思います。「廃車の買取相場はどういった要素で変動するのか」といったことはもちろん廃車を少しでも高く売るためのポイントについても紹介しているので、廃車の売却を検討中の方はぜひ参考にしてください。

廃車の買取相場は様々な理由で異なる


廃車を売却する場合の買取相場は、例え同じメーカーの同じ車種を売却する場合でもさまざまな要素によって大きく変動するものです。
では、具体的にはどういった要素で買取相場が変動していくのでしょうか?

人気度が高い廃車のモデルは買取相場が高い

売却を検討している廃車のモデルが人気の高いモデルであった場合、廃車の買取相場は当然ですが高くなります。それとは逆に、売却を検討している廃車のモデルがあまり人気のないモデルであった場合、廃車の買取相場がそれほど高くなることはありません。

これは当たり前と言えば当たり前で、廃車を買い取った後にまず再販を考える買取業者としては売れる可能性の高い人気のモデルの車は、多少買取価格を上乗せしてでも欲しいものです。売れることがわかっている人気モデルの場合、よその買取業者に取られてしまうとビジネスチャンスを逃してしまうことになるので、そうならないようにと他社よりも高い価格で買い取ろうとします。

そのため、業者の間で買取価格の競争が生まれ、買取相場も自然と高くなっていくわけです。逆に人気のないモデルになると、例え買い取ったとしても売れるかどうかがわからないので、どうしても買取価格が低くなってしまいます。

このようなことが理由で、車を購入するときには人気モデルの車を購入するべきだと言われています。
現在、買取相場が高めになっている人気モデルの車には、以下のようなものがあります。

メーカー ホンダ
モデル N BOX
タイプ 軽自動車
買取相場 65万円

メーカー スズキ
モデル スペーシア
タイプ 軽自動車
買取相場 60万円

メーカー トヨタ
モデル ヴェルファイア
タイプ ミニバン
買取相場 250万円

メーカー トヨタ
モデル アルファード
タイプ ミニバン
買取相場 250万円

メーカー ホンダ
モデル オデッセイ
タイプ ミニバン
買取相場 145万円

メーカー トヨタ
モデル ランドクルーザー
タイプ SUV
買取相場 200万円

メーカー トヨタ
モデル ハリアー
タイプ SUV
買取相場 190万円

メーカー マツダ
モデル CX-5
タイプ SUV
買取相場 130万円

メーカー トヨタ
モデル クラウン
タイプ セダン
買取相場 240万円

メーカー 日産
モデル スカイライン
タイプ セダン
買取相場 190万円

※こちらのデータは、2018年11月時点でのデータになります。

廃車の「走行距離」や「年式」により買取相場は高くなる

買取業者に廃車を買い取ってもらう場合、走行距離や年式によってその廃車の買取相場は高くなったり低くなったりします。走行距離が少なければ買取相場は高くなりますし、年式が新しい車の場合も買取相場は高くなります。逆に、走行距離が多い車の場合は相場が低くなってしまいがちですし、年式が古い車の場合も相場が低くなってしまいがちです。

走行距離や年式による相場の変動も当然と言えば当然で、走行距離が少ないということはその車はあまり使用されず劣化していないということになるので相場が高まりますし、年式が新しい場合も同じように考えられて相場が高くなります。

一方、走行距離が多めの車の場合、それだけその車は長い距離を走っているということになり、部品の劣化などによって故障のリスクが高まってくるので、走行距離が少ない車に比べるとどうしても相場が低くなってしまいます。年式の古い車の場合も、それだけ長い間使用されてきた車だということが考えられるので相場が低くなってしまうわけです。

つまり、走れば走るほど、愛用する期間が長ければ長いほど車の価値はどんどん下がっていってしまうということになるため、一日でも早く売ってしまった方が良いということになります。

廃車に付随したオプション内容で買取相場が変動する

車を購入する際、

・内装
・外装
・付属アイテム

など、さまざまなオプションをつけることができますが、このオプションも廃車の買取相場に影響をあたえるポイントの一つです。買取業者が廃車の買取についての査定をおこなう場合、車本体の状態に関する査定はもちろん、これらのオプションに関する査定もおこなわれます。

魅力的なオプションが付属されていればいるほど査定の評価が上がり、買取金額もアップしていきます。どういったオプションが魅力的なオプションなのかというと、ズバリ需要の高いオプション/です。車を購入するときにみんなが付けたがるオプションということです。

車を購入する際に多くの人がつけたがるオプションとしては、以下の順で人気が高くなっています。

①ETC車載器
②純正のカーナビ
③モニター
④ホイール
⑤スマートキー

これらのオプションが付いている車は付いていない車に比べて、廃車にする際の買取金額が高くなる傾向にあります。

廃車の買取業者によって買取相場は大きく変わる

廃車を売却する際、最も注意しなくてはいけないのがこの買取業者選びです。

車のモデルや搭載しているオプションによる買取価格の違いはその車を購入するときに元々決まっているという要素が強く、こちらでコントロールすることはできませんが、買取業者選びについてはコントロールすることができるので、積極的にコントロールしていくべき要素だと言えます。車の買取業者では、他の買取業者の買取情報などを積極的に集め、それらの競合と同等かそれよりも少し高めで買取価格を設定するように努力しています。

しかし、情報収集から価格反映までのプロセスが遅い買取業者だったりすると、競合の相場が高くなった場合でも自社の価格に反映するのが遅いため、買取価格が低いままで設定されてしまっていることがあります。
また、車を買い取る際には汚れやキズなど車の状態も価格に反映されるようになっていますが、

・キズがある場合どれくらい減額するのか
・汚れや臭いがあった場合どれくらい減額するのか

などは、買取業者によって異なるため、そこで買取価格に差が生まれてしまうこともあります。
業者によっては数万円〜数十万円ほど買取価格に差が生まれることもあるので注意が必要です。

少しでも高く売却するポイント3選


廃車の買取相場が変動理由について解説してきましたが、実際に廃車を売却する場合、どういった点に気をつけ、どういったことをおこなえば買取相場をアップさせることができるのでしょうか?ここからは、実際に廃車を売却するときに知っておきたい、廃車を少しでも高く売却するポイントについてみていきたいと思います。

1.買取業者を競合させる

廃車を高値で売却したいのであれば、買取業者同士を競合させましょう。

具体的には、さまざまな買取業者に査定を依頼し、実際にいくらで買い取ってもらえるのかを出してもらいましょう。そうすることでどの買取業者が一番高く買い取るのかを把握することができますし、その比較結果をもって、買取業者と交渉をおこなうこともできます。廃車を少しでも高く売りたいと思った場合、多くの方がその他の買取業者との比較結果も持たずに交渉をおこなおうとしますが、それだとほとんど相手にされません。
仮に交渉が成功したとしても、雀の涙ほどの額しか上がらないでしょう。

一方、複数の買取業者に査定してもらった比較結果を持って交渉をおこなえば、買取業者側はしっかりと対応してくれるようになります。というのも、買取業者は車の買取をおこなわないと売るものがなく商売にならないので、基本的には車を買取りたいからです。

そこで他の買取業者との比較結果を見せると、「ここで買取金額のアップを断ったら、他の買取業者に売られてしまうかも…。」という焦りを感じさせることができるようになるので、交渉に応じてもらいやすくなります。そのため、まずは複数の業者に査定を依頼し、交渉材料を揃えるようにしてください。

2.内装の汚れや悪臭を取り除く

多くの方が、車の買取では走行距離やボディカラー、年式などが重要視されるものと考えがちです。もちろんそれは間違いありませんし、実際に走行距離やボディカラー、年式によって買取価格は大きく変動します。

しかし、車の買取価格を決めるのはそれだけではありません。内装の汚れや臭いなども買取価格を決める大きな要素になってきます。買取業者にとって買い取った車は大切な商品になるので、そういったポイントもかなり細かくチェックをおこないます。

そのため、買取業者に査定を依頼するときには車内を清掃し、臭いを取り除くようにしておきましょう。何より、査定をおこなうときに車が汚れていたり悪臭がするというのは、査定員に対する心象が良くありません。査定員は厳正に査定をおこなうとはいえ心象を良くしておいて損することはありませんので、査定に出す前に車内の清掃と臭い取りはおこなっておくようにしてください。

3.高く売れる時期に売る

廃車を高く売りたいと思ったときに以外と重要になってくるのが、車を売る「時期」です。
実は車にも売るべきタイミングというものがあって、タイミングを間違えてしまうと本来の買取相場よりも安い価格で売却するはめになってしまいます。逆に、タイミング良く売却することができれば本来の買取相場よりも高く売ることができるので、廃車を売却するときはしっかりとタイミングを見極めて売却するべきです。

例えば、最も中古車の需要が高まる時期として有名なのが、1月〜2月の時期です。

実は車が最も売れる時期は3月〜4月の春先にかけてなのですが、そのタイミングで販売する中古車の在庫を確保しようとしても確保できない可能性があるため、中古車の買取業者は1月〜2月の時期に買取を強化し3月〜4月に販売するための在庫を確保しようとします。

つまり、1月〜2月は中古車の買取業者が中古車を最も欲している時期ということになるわけです。そのため、この時期には中古車の買取相場が全体的に上昇したり、買取キャンペーンがおこなわれ、お得に廃車を売却できるようになります。廃車を少しでも高く売りたいのであればこのタイミングを逃す手はないので、この時期に売却できるよう準備を進めておくようにしてください。

まとめ


廃車の買取相場はさまざまな要素によって大きく変動します。車のモデルや走行距離、年式、カラーなど、車の元々の要素によって決まるものもあれば、廃車の買取を依頼する買取業者など、ある程度こちらで選択できるものもあります。車の元々の要素によって決まるものの場合、売却するタイミングでどうにかすることは難しいですが、こちらで選択できるものや対応できるものであれば、可能な限り対応するべきです。

・より高値を付けてくれる買取業者さんに買取を依頼する
・複数の買取業者に査定を依頼し、買取相場を比較する
・複数の買取業者の査定結果を元に買取価格の交渉をおこなう
・車内を綺麗にし、臭いがある場合は取り除いておく
・中古車の需要が高まる1〜2月の時期に売るようにする

今回紹介してきたように、廃車をできるだけ高値で売却するためにこちらで選択できるものや対応できるものはこれだけあります。多少面倒ではあるかもしれませんが、これらを意識するだけで廃車の買取価格が数万円近く変わってくるのであれば、対応しない手はありません。なので、しっかりと対応し、高価買取を実現させましょう。