廃車買取の高価買取は実現する?まずは流れ・手続き・査定基準を知ろう!

「廃車になった車を売ろうと考えている。でももう走れないので売れるのか分からない。廃車を買い取ってもらう方法はないの?もしあるのなら、具体的な流れや手続きについて知っておきたい。」と考えているあなたへ。

そこで今回は【廃車を高額買取してもらう方法】を徹底解説します!「廃車なんてどうせ売れない・・・」と諦めていませんか?まだ大丈夫です!たとえ廃車になろうと高額買取を実現することは可能です。

この記事では具体的な手続きや流れ、査定基準について細かく解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。廃車手続きの流れを少しでも知っているか否かで手続きの進捗も大きく変わってくるので、ここでしっかりと確認して、スムーズに廃車手続きを進めましょう!

廃車が売れる理由とは 

新しい車を買うとき、古い車を下取りに出したところ「価格がつきません・・・」と言われたことはありませんか?廃車をディーラーに出した場合、ほとんどは値段がつかず「0円買取」になってしまうのが現実です。むしろ費用がかかるケースもあります。

しかし、これはディーラー下取りに出した場合の話。ディーラーを含む販売店では「買った車を再販する」ことが目的なので、そもそも走れない廃車に価値をつけることができないのです。

一方で、廃車でも買取金額のつくお店があります。それは【廃車買取業者】です。文字通り廃車専門の買取を行なっているお店のことで、もう走れなく車でも値段をつけて買い取ってくれます。

では、一体なぜ廃車買取業者は廃車に値段をつけて買い取ることができるのでしょう?それは「車本体だけでなくパーツや中古部品の販売を目的にしているから」です。ディーラーでは車そのものの価値を見ますが、廃車買取業者ではパーツを重要視しています。

中古車として価値がなくても、タイヤやガラス、バンパー、バッテリー、ホイールなど利用できるパーツはたくさんあるのです。それらをキレイに洗浄して、テスターにて検査を行い、それに合格するとパーツを再販することができます。

また完成したパーツだけでなくボディの金属部分もリサイクルが可能です。「鉄」「アルミ」などのカテゴリーに分けて再利用することができます。
車そのものを再販売するのか、車を分解してパーツにして再販売するかで買取金額も大きく異なるのです。

廃車の流れと売却時の必要手続きについて

続いては【廃車の流れ】と【売却時の必要手続き】について解説します。廃車にする手続きはやや複雑になっているので、ここでしっかりと確認しておきましょう。

廃車にするまでの流れは?

まず廃車手続きには「一時抹消登録」と「永久抹消登録」の2つがあります。

一時抹消登録:一時的に車を廃車にする
永久抹消登録:永久に車を廃車にする

何かの理由で長期的に車を手放さねばならない状態であれば一時抹消登録が良いでしょう。一方で「もう二度と乗らない」と考えているのなら永久抹消登録でOKです。永久抹消登録をした場合、以降の自動車税を支払わなくて済みます。また過払いしていた税金の還付を受けることも可能です。

手続きはどちらも「陸運支局」(軽自動車の場合は「軽自動車協会」)にて行います。必要書類を準備して、陸運支局にて手続きを進めます。具体的な書類と流れは以下の通りです。

一時抹消登録 永久抹消登録
必要書類 車検証、実印、印鑑証明書、ナンバープレート、委任状(代理人が手続きをする場合)、住民票(印鑑証明書と車検証の住所が異なる場合) 車検証、実印、印鑑証明書、ナンバープレート、委任状(代理人が手続きをする場合)、住民票(印鑑証明書と車検証の住所が異なる場合)
手続き ①窓口にて申請書・手数料納付書を購入し記入

②ナンバープレートを返却

③窓口で必要書類を提出

④一時抹消登録証明書の発行を受ける

①窓口にて申請書を記入

②ナンバープレートを返却

③窓口で必要書類を提出

※自動車重量税の還付を受ける場合は「口座番号」が必要。最後に自動車重量税還付の申請書の発行を受ける

 

廃車の売却に必要な手続きは?

先ほどご紹介した廃車手続きは自分でも可能ですが、最初から廃車を売ろうと考えているのなら「廃車買取業者に代行」してもらった方が良いでしょう。廃車手続きから売却まですべて任せた方がコスト的にも時間的にも合理的です。ただ、廃車手続きには以下の書類が必要になります。

身分証明書

自分の身分を証明するために運転免許証などの証明書が必要になります。

車検証

車検を受けていることを証明する書類です。車検時以外はなかなか触らない書類なので、車内に保管している人がほとんどでしょう。売却前に車検証があるかどうかを確認しましょう。

自賠責保険証明書

車の所有者すべてに加入義務のある自賠責保険の証明書です。こちらも普段は触らない書類ですので、車内に保管している人がほとんどでしょう。もし紛失してしまった場合は、保険会社に問い合わせて再発行を受ける必要があります。

自動車税納税証明書

自動車税を納税していることを証明する書類です。自動車税は毎年5月に納付します。きちんと税金を納付していれば証明書も送付されてきますので、大切に保管しておきましょう。また、納税しすぎた自動車税は後ほど還付金として戻ってくるのでよく覚えておいてくださいね。

実印

廃車の売却には「実印」が必要になります。実印とは市区役所に登録されている印鑑のこと。「認印」は無効なので要注意です。

印鑑登録証明書

印鑑が実印として登録されていることを証明する書類です。市区役所にて発行することができます。廃車の売却時には、発行から3ヶ月以内の印鑑登録証明書が必要になります。

リサイクル券

売却した車のリサイクル料を支払っていることを証明する書類です。自動車リサイクル法にて納付が定められています。購入時に証明書を受け取っているはずなので確認しておきましょう。

廃車買取業者が決定する車の査定基準

それでは続いて【廃車買取業者での廃車の査定基準】をご紹介します。廃車を買い取ってもらうために以下のポイントを覚えておきましょう。

各パーツの状態で判断される

廃車買取での査定基準の最大のポイントは「各パーツの状態が再販できる状態かどうか?」です。車そのものが機能しなくても、パーツの保存状態が良ければ買取が可能になります。パーツといっても車のドア、エンジン、ホイール、ガラス、タイヤ、マフラー、カーナビなど多数あります。

たとえ事故車であっても、ドア一枚だけでも状態が良ければ買い取ってもらえる可能性が高くなります。パーツの中でいちばん需要があるのはエンジンで、エンジンが正常に動けば高額査定も狙えるでしょう。

またカーナビなどのオプションも重要な要素で、事故車でない限りカーナビが故障することは考えにくいです。使える状態のカーナビが残っていればプラス査定してくれるケースが多いので、良い状態をキープしておきましょう。

車両が大破していると厳しい

事故などで大破している車だと買取は厳しくなります。車全体が大きく損傷していると、パーツとして買い取ってくれる可能性も低くなります。もし大破した事故車を持ち込むのなら、廃車買取業者ではなく「解体業者」に持っていくのが望ましいでしょう。

廃車買取・事故車買取の5業者比較

それでは最後に、おすすめの廃車買取業者をご紹介します。数ある中でも5つの業者をピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

廃車本舗

廃車買取業者の中でもひときわ人気度の高い「廃車本舗」。創業17年を誇る老舗で、専任スタッフが一人ひとりに寄り添ったサービスを提供してくれます。

自社にリサイクル工場を構えていることから、流通における中間マージンが排除されており、高額査定が可能です。また廃車の「抹消手続き」「税金や保険料の還付手続き」も無料で行なっています。廃車売却を始めて行う人にはうってうけの業者です。

廃車ドットコム

ユーザー満足度が90%を超える人気業者「廃車ドットコム」。自社が開発した独自方式によって、あらゆるパーツにリサイクル処理を行います。

どんなパーツでも残すことなくリサイクル可能となっており「どうせ売れない」と思っている廃車にも希望を見出してくれる業者です。基本的に手続き代行などもすべて無料となっており、初心者でも安心したサービスを受けられます。

ビッグエイト

インターネット上にて車の解体状況を見ることができる「ビッグエイト」。買い取った車を業者やユーザー、海外へ販売している業者です。またオークション出品を行なっているなど販売方式も多彩。

ホイールやカーナビなどどんな部品でも買い取ってくれます。走行距離が100,000kmを超えた車でも難なく買い取ってくれるので安心です。ただ抹消手数料がかかるので要注意!手続きの費用においては他の業者よりもかさみます。

ハイシャル

全国で1000以上もの協力業者を抱える「ハイシャル」。提携業者が多いことから最適な販売ルートを選んでくれる上に「0円以上買取」を保証してくれるのが魅力です。

どんなに痛んだ車でもマイナスになることがないので安心ですね。また書類手数料などの費用もすべて無料となっています。ただ、税金の還付金については「還付金込み」で査定を出されるケースがあるのでやや注意が必要です。車の状態が悪くて買取を諦めている人はぜひ足を運んでみると良いでしょう。

カーネクスト

言わずと知れた有名業者「カーネクスト」。0円買取が保証されている上に、ETCやカーナビなどのオプションの取り外しがかのうとなっています。各種手数料が無料なのもありがたいところ。

ただ、自社にリサイクル工場を持っていないので廃車手続きにやや時間がかかってしまいます。また制約後にキャンセルをした場合3万円の違約金が発生してしまうので要注意です。

まとめ

廃車を高額買取してもらう方法について徹底解説しました!いかがでしたか?
「どうせ売れない……」と諦められがちな廃車ですが、実は廃車買取業者に買取を依頼すればまだまだチャンスはあるんです。

廃車になったからと言って諦めずに、ぜひお近くの店舗に足を運んでみてくださいね。想像以上の金額で買い取ってくれるケースもあります。今回ご紹介した5店舗もおすすめなので、ぜひ検索してみてください。