パレットの買取希望者必見!女性に人気のパレットの高価買取のコツ

2008年から2013年にかけて販売され、女性を中心に高い人気を誇ったパレット。スズキのトールワゴン型自動車であり、荷物が載せやすく快適な乗り心地が楽しめることから高く評価された車です。

コンパクトな外見とは裏腹な力強い走りも魅力であり、走りを楽しみたいユーザーからも選ばれることが多いでしょう。そんなパレットは、買取ではどのように評価されているのでしょうか。今回はパレットの特徴や買取状況について紹介します。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報

女性人気の軽自動車パレットの特徴

パレットはスズキのトールワゴン型軽自動車です。スズキが2008年から2013年に生産していた車種で、当時人気だったダイハツのタントの対抗車種として生まれました。

見た目の可愛さから女性人気が非常に高く、一世を風靡しました。さらに新車価格は111万円~177万円と、軽自動車ならではの値頃感も若者に受けたようです。

パレットの人気の秘密は、値段の安さや見た目の可愛さだけではありません。機能性も抜群で、軽自動車では初めて両側スライドドアを採用しました。子供の送り迎えや買い物などの需要にマッチしたことが、パレットの人気を大きく後押ししました。

さらに、トールワゴンという形状のおかげで天井が高く、フロントも広いため、広々とした車内空間が特徴です。フロントスタビライザーを標準搭載しているため、安定性が高く、乗り心地にも定評があります。

軽自動車という事で若干パワーに欠けるため、坂道などは苦手です。街乗りで平地であれば十分な性能ですが、パワフルな走りに期待すると、期待外れになるかもしれません。

また、加速力にも少々欠けるため、立ち上がりのスピードは遅めです。しかし、燃費もいいため街乗りはもちろん、ちょっとした遠出のドライブにも向いています。総合的には女性でも運転しやすい、バランスの取れた車と言えるでしょう。

積載性も抜群で、後部座席が広いため、ゴルフバッグやスーツケースなどの大きい荷物も乗せることができます。スライドドアもあるため、大きな荷物の出し入れもしやすいです。

買い物や子供連れで利用するのにちょうどいい車で、女性に人気が出たのも納得の使いやすさです。パレットの生産は2013年に終了しましたが、こうしたさまざまな利点から、今も中古車市場での人気が高いです。

パレットの特徴は後継のスペーシアに受け継がれています。デザイン面ではパレットを評価する声も多く、今後もパレットの人気は安定して続いていくでしょう。

スペーシア登場によるパレットの人気への影響は?

パレットは2008年から2013年まで販売されていましたが、2013年以降はスペーシアという車種に生まれ変わりました。スペーシアは今でも現行車種としてスズキの定番となっています。

スペーシアが登場したことで、パレットは生産中止となりました。そのため、新車が出回ることはないので、中古車市場は年々値下がりを続けています。

しかし、パレットの人気は根強いため、この先もしばらく大幅に相場が下落するという事はないでしょう。スペーシアはパレットの後継車種ですが、まったく同じというわけではありません。パレットとスペーシアの違いを比較しました。

新車時の価格は、スペーシアが141.2〜191.8万円で、パレットは111.3〜169.4万円でした。

それほど性能が変わらないにもかかわらず、パレットの方が新車時の価格が安かったため、年式の差を考慮しても、パレットの方が中古車市場での相場は安いです。

スペーシアの中古車相場は状態がいいもので200万円を超えますが、パレットは130万円程度で入手できます。

パレットとスペーシアは、車体のサイズはほぼ同じです。デザインも共通しており、トールワゴン型で大きなガラスウインドウが特徴の、広々と明るい雰囲気になっています。

軽自動車の規格内で実現できる最大のサイズを採用しているため、これ以上大きいトールワゴン型の軽自動車は作れません。

ただし、室内サイズに違いがあり、パレットよりもスペーシアの方が長さ、幅、高さ共に4㎝から15㎝程度大きくなっています。わずかな違いですが、パレットよりもスペーシアの方がより広さを実感できるようになっています。

また、スペーシアは両側スライドドアやスライドリクライニング機能付きリアシートが後席にあるため、パレット以上に乗りやすさがアップしています。

パレットとスペーシアの最も違いは、フロントマスクのデザインです。パレットはボンネット部分が長く、ヘッドライトが鋭角的でスタイリッシュな印象です。

スペーシアはボンネット部分が短く、パレットより丸みを感じさせる親しみやすいデザインです。スマートな印象のデザインが好きという方にとっては、パレットの方が人気です。

デザインの好みの違いで、スペーシアが主流となった今でもパレットを選ぶ方が多いというのも納得です。

カラーバリエーションもパレットの方が豊富だったため、外見にこだわる方には、パレットの方が選択肢が多くて選びやすいでしょう。

中古で購入するなら、性能やサイズがほとんど変わらない分、スペーシアよりパレットの方がコストパフォーマンスに優れています。

パレットの相場の推移


パレットは2008年から2013年まで販売されていた、比較的新しい車です。そのため、最も古いもので10年落ちになるため、中古車市場ではまだまだ相場が高いです。

パレットの新車時の価格はグレードによって111万円~177万円ですが、一番古い2008年式でも、40万円前後、走行距離が短ければ50~60万円程度の査定額が見込めます。

一番新しい2013年のモデルでは高いものでは100万円程度の買取も期待できます。しかし、後継のスペーシアが登場したことで、パレットの買取相場にも影響が出ています。

平均買取額はだいたい半年ごとに4,5万円ずつ落ちています。パレットとスペーシアはデザイン程度しか違わないため、やはり新しいスペーシアの中古車を狙う人が多いです。

既に生産終了しているパレットは、未だ根強い人気があるといえ、相場は今後も緩やかに下降していくでしょう。

中古車市場に出回っているパレットの平均走行距離は6.4万kmから7.1万kmです。このあたりの走行距離なら十分査定額は付くでしょう。

パレットの売却を考えているなら、状態がよく走行距離の少ない状態で早めに査定に出すのがおすすめです。

デザインだけではないエンジンへのこだわり

パレットは見た目の可愛さや使いやすさから女性に人気の車種ですが、エンジンへのこだわりも本物です。
直列3気筒DOHCエンジン搭載で、力強い走りを実現させました。また、柔らかいサスペンションで長時間の運転も快適です。

さらに、パレットには【パレットSW】という上級モデルがあります。パレットSWは専用エアロパーツを搭載していて、スポーティーな外観が特徴です。

女性に人気のパレットですが、パレットSWは男性からの人気も高く、内装もクールな印象になっています。パレットSWなら、遠出にも十分対応でき、さらに快適な運転が楽しめます。

パレットを高く買い取ってもらうには


パレットは既に生産中止となっている車です。年々相場が下がってしまうのは避けられず、高く買い取ってもらうには工夫が必要です。パレットの高額査定を狙うコツをご紹介します。

パレットの価格を左右するカラー

パレットは女性人気の高い車なので、ボディカラーも査定金額を大きく左右します。白や黒などの定番カラーが人気で、一番人気はパールホワイトです。

パレットは色が豊富で、ピンクやオレンジなど女性向けのカラーもあります。査定額を平均するとパール系が50万円、黒系は46万円と、一番人気が低いオレンジ系の32万円に比べて、やはり定番色の人気は圧倒的に高いです。

白、黒、ベージュなど、乗る人を選ばないカラーであれば、高額査定が期待できるでしょう。

パレットの人気のグレード「T」とは

パレットには様々なグレードが存在しますが、最も人気なのが【グレードT】です。Tはパレットの初期からあるグレードで、Tはターボを意味します。

DOHCインタークーラーターボエンジン搭載で、力強い走りと快適な乗り心地が特徴です。また、デザインも専用のフロントメッキグリルを採用し、廉価版のグレードよりも高級感がアップしています。

新車価格も150万近く、パレットの中では最も高級なグレードです。その分買取価格も高くなる傾向が強いです。

買取の際は車をきれいにしておく

パレットは女性ユーザーが多いため、車の綺麗さも査定で非常に重視されます。買取査定に出す際は、車の中の清掃や、洗車をしっかり行いましょう。綺麗に掃除されている車なら、大切に乗っていたのが伝わるため、査定をする人にも好印象が伝わります。

また、車を定期的に掃除したり洗車しておけば、細かい傷や錆を防ぐことができます。掃除や洗車はこまめに車の状態をチェックすることになるので、何か不具合があっても早期発見することができます。

日頃全く手をかけていない車と、掃除や洗車を丁寧にしている車では、同じ年式でも状態は大きく異なります。買取価格をアップさせるためにも、日頃からこまめな手入れを怠らないようにしましょう。

パレットの買取時期が高い時に売る

パレットが最も高く売れる時期は、毎年1月から2月頃です。

毎年3月から4月にかけて、入学や就職など、新生活を始める準備として需要が大きく高まります。特にパレットは女性に人気の車種なので、子供の入学などに合わせて購入するケースも多いです。

パレットは人気が高い車種なので、この時期に中古車市場に出ている車は売れやすい傾向があります。また、決算時期や4月から自動車税の課税があるなどの事情も重なり、春は中古車市場が動きやすい時期です。

春に車を販売するためには、買取業者はそれより前に仕入れをしておく必要があります。そのため、1月から2月に査定に出すと、最も高い値段がつきやすいのです。

中古車買い取り業者を利用する

パレットはスペーシアという後継があるため、売却ではなくディーラー下取りに持ち込む方も多いです。しかし、パレットは既に生産を終了している車種なので、ディーラー下取りではあまり値段が付かないケースがほとんどです。

パレットは中古車市場ではまだまだ人気のある車種です。
パレットを高く買い取ってもらうなら、やはり中古車買取業者を利用するのがいいでしょう。

パレットの場合、最も古いもので2008年なので、中古車市場から見ればそれほど古い車とは言えません。走行距離や状態が良ければ、10年落ちに近いものでも十分買取価格が付くでしょう。

パレットは手頃な価格で購入できて女性にも乗りやすいというイメージが強く、中古車市場ではかなり需要も多いです。

一括査定サイトを利用する

1社だけに絞って中古車買取業者で査定するより、一括査定サイトで複数の業者を比較したほうが、さらに買取価格が高くなる傾向があります。

1社だけだと比較対象がないため相場がわからず、業者の言い値で安く売ってしまって、後から損するケースが多いです。

一括査定サイトなら、それぞれの業者が競合するため高い値段がつきやすい上、複数の業者の査定額をまとめて比較することができるので、一番高い金額の業者を選べます。

また、中古車買取業者はそれぞれ得意とする分野があります。パレットのような大衆車なら、販路が広く多くのユーザーに見てもらえる、全国展開をしている買取業者がおすすめです。

しかし、自分でパレットに合った中古車買取業者を探すというのは、案外難しいものです。一括査定サイトなら、ネットから簡単な入力で複数業者に査定を手軽に申し込めるので、パレットの高価買取を狙うなら、一括査定サイトを利用するのが賢い方法です。

パレットの最新買取相場

パレットの最新買取相場を調べてみると次のようになりました。

<パレット SW リミテッドⅡ>
年式:平成24年(2012年) 走行距離:7万km カラー:ホワイトパール系
新車価格:149.0万円 買取価格:40.7万円 残価率:約27%

<パレット T>
年式:平成23年(2011年) 走行距離:6万km カラー:ピンク系
新車価格:138.0万円 買取価格:40.6万円 残価率:約29%

<パレット G 4WD>
年式:平成20年(2008年) 走行距離:10万km カラー:ブラック系
新車価格:123.0万円 買取価格:38.8万円 残価率:約31%

まとめ

パレットは女性を中心として人気がある車種で、後継のスペーシアが登場してからも、根強い人気を保っています。まだ比較的新しい車種という事もあり、買取相場も高値で安定しています。スペーシアの登場で買取価格は緩やかに下がっていますが、まだまだ高価買取が期待できる車です。一括査定サイトなど、パレットが高く売れるような工夫で、お得な買取業者を見つけましょう。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報