愛車の査定を簡単に知りたい!そんなときに使うべきサイト4選

「車を買取査定に出したいけど具体的にどのようにすればいいか分からない。それから、できるだけ個人情報を教えたくないけれど有効な方法があれば知りたい。」と考えているあなたへ。

今回は、車買取の査定を簡単に取得する方法をご紹介します。査定と聞くと小難しいイメージがありますね。「ハードルが高くてなかなか踏み切れない…」と思っている人も多いはず。でも基本的な知識さえおさえておけば、初めて査定を行う人でも心配はいりません。

匿名で簡単に買取相場情報を取得する方法

買取査定と聞くと「ディーラーや買取店に直接行かなきゃダメなんだよね?」と思いますね。確かにディーラーや買取店に赴いて査定してもらうのも有効な手ではありますが、忙しい人や外に出るのが面倒な人にとってはハードルが高いでしょう。
また「個人情報をできるだけ教えたくない……」と思っている人もいるはず。

結論から言ってしまうと、ディーラーや買取店に行かなくても買取価格を知ることはできます。しかし「完全に個人情報をシャットアウトして高額査定を受けるのは難しい」と言えるでしょう。それはどういうことなのかを具体的に解説します。

査定相場検索サイトを使う

ディーラーや買取店に直接足を運ぶのが面倒だという人は「査定相場検索サイト」がオススメ。インターネットがあれば、おおまかな買取価格を知ることができます。

検索エンジン上で「査定相場検索」と調べればサイトがたくさん出てくるので、気に入ったものを使ってみるのが良いでしょう。

何も入力せずに査定を進められるサイトは存在しませんが、売りたい車の情報さえ入力すれば買取価格を知ることは可能です。

自分が査定に出したい車の基本情報を入力するだけなので、ほとんど時間もかかりません。サイトの見やすさや機能差はあるので、いくつか試してみるのが良いでしょう。

車買取のリアルな査定額を簡単に取得する方法

それでは早速、車を簡単に査定できるサイトをご紹介します。数ある中から、特にオススメしたい4つのサイトをピックアップ。どれも個人情報を入力せずに簡単に査定できるサイトなので、初めての人でも安心して使えます。

トヨタの公式サイト

日本が誇るトヨタが運営している査定シミュレーションです。このサイトでは「下取り参考価格」を知ることができます。買取店での査定額ではなく、ディーラーに下取りを出した場合の相場価格を調べられるのが特徴です。

使い方の流れは簡単で、メーカーや車種など車の基本情報を選ぶだけです。全て選択方式になっているので誰でも簡単に使うことができます。またトヨタの公式サイトですが、トヨタ以外のメーカー車種でも相場を出すことができるので便利です。

メーカー選択でも「トヨタ、マツダ、ホンダ、ニッサン」などすでに選択肢が揃っています。例えばトヨタを選択した場合、次の車種名を入力するところで「FJクルーザー、カローラ、センチュリー、ノア、ハリアー……」と無数にトヨタ車が表示される仕組みになっています。最後に年式を選べばOKです。

トヨタの公式シミュレーションは他サイトと比べても、価格が高めに表示されるのが特徴。ただ、車の買取は「買取店での買取」の方が「ディーラーでの下取り」よりも高くなる傾向にあるので、その点もおさえながら、他サイトと比較してみるのが良いでしょう。

ガリバーの中古車買取相場

次にオススメしたいのが「ガリバーの中古車買取相場」。中古車の買取といえばガリバー、といっても過言ではないほど有名ですね。

ガリバーの中古車買取相場でも、個人情報を入力しなくてOK。ただひとつ注意しておきたい点があります。それは、ガリバーのサイト内には「おおまかな買取相場を知る」「詳しい査定価格を知る」の2つのカテゴリーがあることです。

個人情報を入力したくない場合は前者を選びましょう。後者は正確性に優れている一方で、名前と電話番号を入力しなければなりません。

まず「ブランド名を探す」のところで、トヨタやホンダ、ニッサン、ダイハツなどのメーカーを選択します。そうすると「各メーカーの人気買取車ランキングベスト10」が表示され、下に「それ以外の車種の買取相場」をクリックできる欄が表示されます。

年式を入力しないので正確性はやや劣りますが、デザインが見やすくて分かりやすいので初心者でも簡単に操作できます。また、各メーカー車の特徴の詳細も記載されているので基本的な知識も学べます。とにかくシンプルで見やすいのが特徴。

ガリバーのサイトからざっくりした相場を知って、その後に他サイトを使って詳しい査定額を調べてみるのもオススメです。

車を売りたい方必見!業界No.1【ガリバー】の特徴や実力を徹底調査

日産の公式サイト

トヨタと同じように価格相場を調べられる日産のサイトです。簡単な操作で相場価格を出すことができます。

使い方の順序としては「メーカー」→「車種」→「年式」→「グレードや仕様」→「シミュレーション結果」です。トヨタの公式サイトと同じように、まず各メーカーを選択すると、その後ずらりと車種が表示されます。次に年式を選んで、最後にグレードを選びます。

日産の公式相場シミュレーションはシンプルさが追求されており、選択画面もシンプルで見やすい作りになっています。初心者でもすぐに使いこなせるようになるでしょう。

また最初の画面に「下取りの基礎知識」という項目があり、下取りについての基礎知識を学ぶことが可能。併せて車下取りの知識を得ることもできるのでオススメです。ただ、こちらも「買取」ではなく「下取り」になっているため、他サイトと比較してみるのが良いでしょう。

ナビクルの下取り・買取相場シミュレーション

最後にご紹介するのは、ナビクルの下取り・買取相場サイトです。こちらも個人情報を入力することなく相場を調べることができます。

使い方はいたってシンプル。メーカー、車種、年式、グレード、購入年月、走行距離、を入力するだけです。車の価値は「走行距離」にも大きく左右されるため、サイト内で走行距離を入力することで正確性も高まります。

またナビクルの相場シミュレーションでは、現在の相場だけでなく、「過去」と「未来」の相場まで見ることができます。「過去と比べて今の相場は上がっているのか?下がっているのか?」「未来の相場はどうなるのか?」までチェックすることができるため、売るタイミングを計ることが可能です。

またナビクルのサイトはデザイン性にも優れています。選択するときに、各メーカーのロゴが表示されているので色鮮やかです。またそれぞれの車種の写真も掲載されているため、自分の車を一瞬で見つけることができます。

加えて正確性・具体性にも優れているため、かなり信頼できるサイトと言えるでしょう。査定が初めての人でも安心して使うことができます。

47秒で一括査定のナビクル!その仕組みやメリット・デメリットと評判とは?

査定相場検索サイトで注意すべきこと

最後に、査定相場検索サイトを使う上でいくつか気をつけたいところがあるのでご紹介します。

実際に買取価格が保証されるわけではない

サイト検索時に忘れてはいけないのが「あくまでも参考価格であり買取価格が保証されるわけではない」ということ。確かに、どのサイトも信頼度や利便性は高いものの、あくまでも参考価格での表示となっています。

実際に車を売るとなれば、多かれ少なかれ価格に誤差が生まれるでしょう。そのことも踏まえながら検索サイトを使うことが大切です。

車種や年式によって買取価格は大きく変動します。「買取価格が保証されるわけではない」ことを前提に調べるようにしましょう。

ボディカラーやモデルチェンジによって価格は変動する

検索サイト内ではあらゆるジャンルの車種を調べることができます。例えば「トヨタのプリウス」といっても、ボディカラーやグレードなど様々なプリウスが存在します。

買取価格はボディカラーによっても異なります。車種によっては、ブラックやホワイトなどの王道カラーは比較的高めに取引され、マイナーなカラーは安めに取引される場合もあります。

また、各メーカーは「モデルチェンジ」も行っており、何年かおきにモデルがグレードアップされます。そうすると古い型のモデルは安くなり、買取価格も下落してしまうので、それらの価格変動も踏まえながら検索サイトを使いましょう。

複数のサイトを使ってみる

データの正確性を高めるためにも、複数のサイトを使ってみるのが良いでしょう。ひとつのサイトだけだと、ざっくりとした相場感覚しか分からず、いざ車を売ったときに大きな価格差が生まれて後悔してしまう可能性が高くなります。複数サイトからデータを調べておくことで相場感覚を掴むことができます。

買取より下取りの方が安い

記事内で何度か言いましたが、車の売却は「買取より下取りの方が安くなる」傾向。下取りは基本的にディーラーに出すことになりますが、ディーラーは商売のプロ。

できるだけ安く商品を入手したいこともあり、下取りでは高値が付きにくいという現実があります。ただ、下取りでも買取と同じように高額で取引される場合もあるため、「下取り」「買取」の2つを視野に入れて調べてみるのが良いでしょう。

まとめ

車の買取査定を簡単に取得する方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?多少難しいイメージのある車の買取査定ですが、インターネットを使えば誰でも簡単に行うことができます。

個人情報を完全にシャットアウトすることは難しいですが、少ない情報だけで愛車を高額査定してもらうことは可能なので、ぜひ利用してみてください。
今回ご紹介したサイトを参考にしながら、スムーズに愛車を査定に出しましょう!