愛車を少しでも高く売りたい!その方法や業者選びのポイント

大切にしてきた車というのは愛着があり、家族同然のように感じるユーザーも多いものです。そんな大切な愛車手放そうと思ったとき、少しでも高く売りたいと感じるのは当然。そこで今回は、愛車を高く売る方法や業者選びのポイントについて見ていきましょう!

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報

愛車を売るための方法

車を売る方法というのはいくつかありますが、これまで大切に乗ってきた愛車を売るのであればただ売るのではなく、しっかりとした業者を選びたいと思うのではないでしょうか。

ビッドちゃん
ここでは、これまで乗ってきた愛車を売るための方法について解説していきましょう。

ディーラーに愛車を売る

愛車を売る方法の一つ目として、ディーラーに売るという方法があります。ディーラーは基本的に車の買取のみはおこなっていません。ディーラーでは基本的に、新しい車を購入するという前提のうえで車を下取りし査定をおこない、車を引き取ります。

査定が終わった後の査定額ですが、確定した金額をそのまま新しい車の購入費用に当てるというシステムですので、下取りによって金額が手元に入るわけではありません。下取りはディーラーにて新しい車の購入が前提ではありますが、その前提から買取業者による買取よりも査定額が高くなる可能性があり、査定額の高さによって安く新しい車が手に入るというメリットがあります。

通説としては下取りよりも買取業者により買取金額の方が高い傾向にありますが、面倒な事務作業などを一任できるというメリットがありますので、考え方次第と言えるでしょう。

事務作業については、ユーザーはディーラーから提示された必要書類を集め提出するだけで良く、下取りした車の廃車手続き、売買契約といった専門的な事務を代行してくれます。慣れていないと事務手続きだけでも手間と時間がかかることが多く、その点を代行してくれるのは下取りの大きなメリットの一つと言えるでしょう。

もう一つのメリットとしては、新しい車が納車されるまで現在の車に乗り続けることができる点です。滅多なことがない限り、多くのディーラーでは納車と引き取りを同日におこないます。納車されるまで通勤など出かける際の足がない、といった事態を避けることができます。

買取業者に愛車を売る

愛車を売る方法の二つ目として、車買取業者に売るという方法があります。こちらはディーラーのように下取りではなく買取のみをおこなっています。

車買取の大きな特徴として、車売却までの時間が比較的短いというのが挙げられます。車買取業者は買取して中古車として卸すことで利益を得ていますので、一刻も早く買取りたいという理由があるためです。全国には多数の車買取業者があり、車を持ち込むことで査定を受けることができたり、予約をして出張査定を依頼することもできます。

車買取の場合、査定をして提示された買取金額は下取りとは違い、そのまま手元に入ります。多くは後日に希望する口座への入金という形をとっていますので、入金されたお金は好きに使うことができます。また、買取業者は自社で中古車販売を手掛けているところも多く、直接販売しているため、その分高額な買取価格で引き取られることは多々あります。

事務手続きについて、ディーラーの下取りは一括して事務作業を代行してくれますが、買取についてはそれはありません。専門的な部分は買取業者のほうでおこなってくれますが、基本は必要書類を集め事務作業をおこなう必要があります。

もしも車買取をしてもらった直後に新しい車を購入する場合ですが、多くの場合は納車と引き取りのタイミングがずれますので、場合によっては車が二台ある、納車より引き取りが早く車が無い状況が起こる可能性があります。納車が早く引き取りが遅くなると、もう一台分の駐車場も確保しなければならず、その分手間がかかってしまいますので注意が必要です。

車一括査定で愛車を売る

愛車を売る方法の三つめは、車一括査定を利用する方法です。車一括査定とは、一括査定サイトに登録している複数の買取業者に査定依頼をすることができるインターネットサイトです。車買取はこれまで一社一社査定依頼をして回るものでしたが、一括査定サイトはインターネット上で簡単な登録をするだけで査定依頼をすることができる、とても便利なサービスです。

また、一括査定サイトにて査定依頼をすると、登録している買取業者からある程度の査定額が提示されますので、査定額を見比べながらどの買取業者に依頼するか?選ぶことができるのが大きなメリットです。一括査定サイトに登録している買取業者は各々が競合となりますので、競合に負けず買取れるよう自然と買取価格が高くなりがちです。そのようなことから、買取業者に普通に売却するよりも高額な買取価格が提示されやすいというメリットがあります。

しかし、一括査定サイトに登録して利用すると、数分後には色々な買取業者から多くの営業電話がかかってきますので、最初は驚くかもしれません。しかし、買取業者の電話営業は登録されていない情報を確認したいだけの場合もありますし、日本自動車購入協会(JPUC)では夜の20時以降は電話をかけないよう買取業者に通達しています。このことから、電話営業に時間を取られてしまわないよう、事前に車情報をまとめておいたり、20時近くを見計らって一括査定を利用するなど、ちょっとした工夫で営業電話のわずらわしさを軽減できます。

このようなことを考慮したうえで、上手に一括査定を利用するのが良いでしょう。

個人間売買で愛車を売る

ディーラーの下取りや買取業者に依頼せず、個人間で契約をして愛車を売るという方法もあります。友人や知人へ愛車を売りたい場合、もしくはインターネットオークションに出品して売りたい場合など、ディーラーや買取業者を通さずにあくまで個人間で売買をしたいときに有効です。

ディーラーや買取業者は買取に伴う様々な事務手続きや契約など、専門的なことをおこなうため中間マージンが発生し、利益を得ています。しかし、個人間の売買ではそのような中間マージンが無いため、買取金額がそのままユーザーの手元に入るのが大きなメリットです。

しかし、買取手続きのすべてを自分をおこなわなければならないため、慣れていないとかなりの手間と時間がかかってしまいます。また、先に車や必要書類を買取希望の相手に渡していても、期日を過ぎても支払われないなど、支払いの関してのトラブルも多い印象です。また、買取希望の相手が名義変更をしてくれないと自動車税の支払い義務が残ってしまうため、支払い通知がくるなど受け渡しトラブルも発生しています。

個人間売買は中間マージンが発生しないなどメリットもありますが、トラブルが発生する可能性を考慮したうえで、利用を考えることが必要です。

愛車を高く売るためのコツ

これまで乗ったきた愛車、愛着もありますのでどうせなら少しでも高く買取って欲しいと考えるのは、とても自然なことです。しかし、愛車を高く売るためのコツをつかんでおかないと思ったような高値にならず、ガッカリしてしまう可能性があります。

ビッドちゃん
ここでは、愛車を希望に近い金額で売却するため、愛車を高く売るためのコツについて見ていきましょう。

春前の1月から3月、冬前の9月から10月に売却する

春前である1月から3月という期間は、就職や進学、転勤などに伴い引っ越しや異動が増える時期です。そのような理由から車の需要が高まり、車が最も売れるシーズンですので比較的高値で車を売却することができます。

1月から3月は黙っていても車が売れるため、買取業者も一台でも多く在庫が欲しいので自然と査定額も高まるのも特徴です。また、春先と同じく9月から10月の冬前にかけても転勤や就職の内定などが決まるシーズンでもあるので、車は売れやすくなります。

春先と冬前というのは買取業者や中古車販売店の決算や半期決算を控えていることもあり、売上目標に到達させるため、多少高値でも買取をするという背景もあります。

モデルチェンジ前に売却する

日本では人気車種の場合、1年から2年に一度マイナーチェンジがおこなわれ、4年から5年に一度フルモデルチェンジがおこなわれます。

所有している愛車が現行モデルの場合、モデルチェンジの情報が発信されたときに売却すると高値で売れやすく、逆にモデルチェンジが完了し販売された後は買取価格が下がってしまう傾向にあります。これは、モデルチェンジの情報が発信された直後でまだ販売前であれば、中古車市場に現行モデルが並んでいないので買取需要が高まるためです。

そして、モデルチェンジの情報が発信され販売が開始されると現行モデルから新車への買い替えが増え、中古車市場にて現行モデルの在庫過多が起こってしまいます。モデルチェンジの情報を常にチェックしておき、情報が発信されたら売却を考えるのが一つの方法と言えるでしょう。

走行距離が少ない段階で売却する

車を購入した年数に比べ、走行距離が少ないと多少ではありますが、買取価格が高まる傾向にあります。車はできるだけ走行距離が少ないほど故障をしていない、比較的新しいという観点で見られることも多く、走行距離の少なさは査定において高評価につながりやすくなります。

また、5万km、10万kmをという走行距離が一つの目安とされており、それを超えるか超えないかで査定額が変わるとも言われています。どちらかの走行距離に近づいているのであれば、売却を考える一つのタイミングであると言えるでしょう。

純正オプションパーツをつけて売却する

メーカーオプション、ディーラーオプションといった純正のオプションパーツは査定において高評価につながりやすく、ある程度高値での売却が期待できます。ETCやエアバッグ、カーナビやドライブレコーダーなどがこれに該当し、できるだけそのまま搭載しておくことが大切です。

また、社外品のカスタムパーツや社外ホイール、ハンドルといったものは、世間での人気は高くても査定での高評価にはつながりにくい傾向にあります。社外品のカスタムパーツを取り付ける際にも純正品のオプションパーツは残しておくのが良く、売却時に戻すことができるので査定での高評価が期待できます。

車内のニオイは残さないように売却する

タバコやペット、食べ物といった車内のニオイも注意すべきポイントであり、できるだけニオイ対策をすることが査定での高評価につながります。特にタバコのニオイは買取業者が買取った後、中古車として販売するときに喫煙・禁煙の区分があるため、大きく評価が分かれます。

ニオイが強く残っていると専門業者にクリーニングの依頼を考えることもありますが、場合によってはクリーニング代が高くついてしまい査定額よに見合わない場合もありますので、そのままの状態で売却するほうがお得です。

車内のニオイは普段からの掃除や換気、消臭スプレーを使い定期的な消臭を施すことでニオイが残りづらくなりますので、積極的におこなうと良いでしょう。

内装の色あせや外装の劣化を予防して売却する

内装の色あせに注意し外装もできるだけ劣化させず、キレイに保っておくことも査定時の高評価につながりやすくなります。日光や雨などが当たると知らず知らずのうちに外装は劣化してしまい、キズやヘコミのように簡単には修復できないものです。できれば外の駐車場での保管ではなく、屋内保管をすることで外装の劣化はある程度防ぐことができ、高額買取へとつながります。

また、車内のシートやダッシュボードなどは直射日光にさらされると色あせや変質を起こしてしまいますので、屋外での駐車には車内用カバーを取り付けておくことでそれらを防ぐことができます。

普段から洗車を心掛けて売却する

見た目というのは大切な要素であり、洗車が行き届いたキレイな車であればあるほど査定員の心証は良くなり、査定での高評価につながることがあります。普段から定期的に洗車をすることで、ボディについた汚れが固着してしまうのを防ぎ、洗車後のワックスで塗装の劣化を最小限に抑えることができます。

しかし、これは定期的に洗車をしていることが条件であり、定期的に洗車をしていないと汚れの固着や塗装の劣化は免れず、査定前に急に洗車をしても高評価にはつながりません。

傷やヘコミは直さずに売却する

車種や年式というのは高価買取につながる一つの条件ではありますが、それとは別に車の状態というのも重要な要素になります。査定では車をどのように維持してきたか、使用してきたか、というのも一つのチェックポイントになっていますので、普段から状態も気にしておく必要があります。

車の状態を良くしようと傷やヘコミを直すことがありますが、実は修理に出しても修理費が高くついてしまい、査定額でそれを回収できないことは多いものです。また、自分で研磨剤などを使い小さな傷などの修理を試みることもありますが、プロではないのでどうしても表面が粗くなってしまい、キレイに直すことはまずできません。

査定時には傷やヘコミもチェックしており、その際自分で直した跡があると減額につながってしまうことが多々あります。傷やヘコミがある場合は修理せず、できるだけそのままの状態で査定に出すほうが無駄な出費を抑えることができます。

愛車を高く売るための買取業者選びのポイント

愛車を高く売るために、高く売れるためのコツを実践することも大切ですが、実際に買取をおこなう業者選びも重要な要素です。買取業者とうまく意思疎通ができない、しっかりと納得できる対応をしてくれないなどが原因で損をしてしまう可能性もあります。

ビッドちゃん
ここでは、愛車を高く売るための買取業者選びのポイントについて見ていきましょう。

大手の買取業者でも最初から信用しない

車買取業者を選ぶ際、テレビやラジオ、雑誌などをチェックして大手の買取業者を選びがちですが、最初から全般の信用を寄せず様子を見ることは大切です。

従業員教育をしっかりしている買取業者はもちろんありますが、なかには大手であればあるほど買取に慣れてしまい、おざなりな態度であったり機械的なトークで接してくる従業員というのもいます。買取についての話をしていても、こちらの意図をくみ取らず一方的に話を進めていく可能性もありますので、そのような買取業者ではより良い関係性が結べるとは思えません。

大切に乗ってきた愛車を売るのであれば、どのようなことでも気軽に話せるような、信用と信頼のおける買取業者を選別する必要があるでしょう。

査定員の対応や人柄

車を売却する際、査定員が実際の愛車の状況を隅々まで確認し、査定額が決まります。

その際、査定員とコミュニケーションがうまくとれなかったり専門性はあるが横柄な人柄だとスムーズに査定が進みづらく、嫌な気持ちで査定を終える可能性があります。また、あまりに上から目線のもの言いや粗野な態度、質問に答えないなど、本当にしっかりと査定をしてくれているのか?不安になり、買取業者自体に不信感を感じてしまうでしょう。

専門性はもちろん大切ですが、気持ちよく買取をすすめるのであれば適度なコミュニケーションは大切であり、査定員の対応や人柄は買取業者選びにおいて重要な要素を言えるでしょう。

査定にかかる時間

査定員が実際に車の査定をおこなう所要時間はおおよそ少なくても10分から15分ほどと言われています。本来査定はエンジンルームやトランク、タイヤ、外装、内装といった箇所を見て回るので、しっかりとチェックしている場合には15分以上かかる場合もあります。時間をかけているのはそれだけしっかりとチェックしているからと言えるでしょう。

しかし、中には10分かからず査定を終えてしまう買取業者もおり、そのような買取業者は選ばないほうが賢明です。10分かからず査定が終わってしまうのは、査定員が流れ作業でおこなっている可能性があり、隅々までチェックしていない可能性があります。そうなると適切な査定額が提示されず、思わぬところで損をしてしまう可能性も否定できませんので、査定の時間はどの程度かかっているのか?というのもチェックしておくのも良い買取業者を選ぶポイントと言えるでしょう。

まとめ

これまで大事にしてきた愛車を少しでもちょっとでも高く売りたいと考えるのは自然な気持ちです。しかし、しっかりと高く売れるためのコツを把握して良い買取業者を選ばないと、後悔してしまう可能性もあります。

愛車をより良く高く売るためには、手間を惜しまず車の状態をチェックしながら良い買取業者を選別していくことが大切です。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報