愛車を買取してもらいたい!高価買取を勝ち取るコツ

長年乗り続けた車を買い取ってもらう方法は多岐に渡ります。たくさん方法があるため、どれが一番自分にあった買取方法なのかわからない……という人もいるはずです。

今回は、高額で車の買取をしてもらいたい人に向けて、買取方法のご紹介と高額で売れるポイントについてご紹介します。

車を買取ってもらうには

まずは車を買取ってもらう方法についてご紹介します。

オークションに出す

昔から中古車の流通はオークションを介して行われていました。車を買取したユーザーは、自分が販売できる見込みがなければ、買い取った車を中古車オークションに出品します。そこで改めて車の査定が行われ、他の中古車業者が車の状態を見極めて入札を行います。

このようにして、オークションでニーズのある業者と買取業者をマッチングさせることによって、中古車は次のユーザーへと繋がっていきます。

オートオークションへの参加は、一定の参加基準を満たした業者に限定されます。一般のユーザーは利用することはできませんが、近年では、手数料を払うことによってオークションへの出品を代行してくれる業者もいるようです。

また、誰でも気軽に参加できるオークションとしては、ヤフオクなどのネットオークションもあります。これらのメリットは、ほぼ全ての作業を自分で担当することになるため、中間マージンが発生しません。販売金額は大きな割合で利益となり手元に残ります。

しかし、オークションはデメリットも非常に多くなってきます。まず、確実に売れる保証がないため、ニーズのない車は売れるまでに時間を要します。そして、ネットオークションは個人間での取引となりますので、それぞれに自動車売買のノウハウが少なければトラブルに発展する可能性もあります。

ディーラーに下取りしてもらう

一番ポピュラーな方法だと言えるのが、車の買い替え時にディーラーに下取りしてもらう方法です。下取りは、車を買い替える際に今乗っている車を引き取ってもらい、その差額を新たな車の購入費に充てると言った特性を持っています。

ディーラーは車を買い取ることが目的ではなく、新車を売ることが目的の業者ですので、下取りに関しては重要視されていなく、あくまで新車を売るためのサービス方法の一つという側面が強いです。

下取りには、車の買い替えに関する手続きが一つの店舗で完結するために、手間と時間がかからないと言ったメリットがあります。車の入れ替えがスムーズにできることもあり、商談時には下取りを前提に話を進めている方も多いのではないでしょうか。

しかしディーラーの下取り価格については、買取相場が安いというデメリットもあります。下取り価格は、適正な相場にのっとって行われていますが、ディーラーが参考にしている相場は、日本自動車査定協会という適正な価格での取引を目的とした団体の公表する価格です。

適正な価格ではあるのですが、海外需要などが考慮されていないため、中古車市場価格と若干開きがあることも否めません。さらに、ディーラーでは下取り車を在庫として置く概念があまりないので、別の業者に転売されることが多いです。そうなると中間マージンも発生しますので、作業手数料も発生します。

以上のような理由から、全体的に下取り額は市場の相場よりは安い価格に収まるケースが多くなっています。

中古車買取業者に出す

中古車買取業者は、中古車の買取・売却ともに高いノウハウを持っています。高額査定を売りにしている業者も多くいますが、オークションや下取りと比較しても、一番確実に高い査定額を提示してくれる可能性が高いです。

中古車買取業者に買取を依頼するメリットとしては、買取価格の高さです。下取りとは違い、中古車買取業者は車種ごとの市場での人気を加味した相場が参考にされます。

市場での相場にプラスして、グレード・色の人気度や車の状態をチェックした上で査定額を提示してくれます。そして、中古車買取業者によっては、事前に注文を受けたり繁忙期に向けて在庫を揃えたかったりと中古車を買い取ることによって利益を見込んでいるケースが多くあります。

もし査定をした車が、中古車買取業者にとってどうしても欲しい車種であれば、相場より高い査定額がつく可能性も十分にあるのです。

ただし、ディーラーほどサービスの均一化がされていませんので、良い業者と悪い業者はピンキリだという状況も現実にはあります。そして中古車買取業者を探す手間も発生します。良い業者であれば、非常にメリットは高いと言えますが、中古車買取業者に出す場合には、そう言ったリスクも懸念しておかないといけないことを把握しておきましょう。

高額査定が期待できるのは買取業者

先ほどご紹介した買取方法の中では、一番安心かつ確実に高額査定が期待できるのは買取業者です。買取業者にも様々な特徴がありますので、下記を参考にしてください。

大手中古車販売店

大手中古車販売店は、全国にネットワークを持っていて、豊富な買取実績があることが強みです。車の売買は高額の取引となりますので、高額査定も期待したいところではありますが、安心感を求めたい方が特に、大手中古車販売店を選択する傾向が強いように感じます。

車の売買の流れだけでなく、手続きのスムーズさであったり、契約後の入金の確実さなど、安心かつ安全に取引できるのは、高く評価できるポイントです。そして買取価格についても、大手中古車販売店であれば、自社で販売できるノウハウを持っているため、様々な中間マージンがカットできる傾向にあります。

仕入れ・輸送・販売までの流れが、全て自社内で完結することによって、ユーザーに還元できることが強みとなっています。高額査定がつきやすく安心感も高い大手中古車販売店ではありますが、わずかにデメリットも存在します。

大手中古車販売店であれば、社員教育などで対応もある程度の高い水準となっていますが、営業担当者が非常に多いため、自分に合わない営業担当者に担当される可能性もあります。また良くも悪くもサービスは均一化されるので、アットホームで特別感のある対応を望むのであれば、違う業者を検討した方が良いでしょう。

車の買取専門店

車の買取専門店は文字どおりに車を買取ることを専門としています。中古車の販売も行っている店舗と違い、中古車を仕入れて転売することに特化しているため、買取実績や高額査定をつけるためのノウハウも豊富です。

大手買取専門店には、先述した大手中古車販売店と同様に中間手数料をカットできる独自のネットワークが形成されているケースが多く、買取額も非常に期待が持てます。中古車の査定額は日々変動があり、地域差も影響しています。大手の買取業者であれば、日本中に営業エリアを持っていることがほとんどですので、その車種の最適な相場が常に更新された状態です。

逆に大手でない買取専門店は、小回りの効くきめ細やかな対応がメリットとなります。買取業者も大手と地域密着型の業者がありますが、その地域に長年住んでいるのであれば、損をする可能性は低いので地域密着店を検討しても良いかと思います。

自分で最適な店舗を探す手間はかかりますが、良い買取専門店に出会うことができれば、必ず満足のいく取引ができるでしょう。

海外輸出専門業者

あまりニーズのない不人気者であったり、状態が悪い車であれば、海外輸出を専門にしている業者に依頼するのも一つの方法です。海外では日本者の人気が非常に高く、日本国内で人気のない車種でもニーズは非常に高いです。

また日本車の品質は高く評価されているので、過走行であったり事故歴があるような車でも、海外では売れる可能性が高いのです。年式が古く状態が悪くなっているような車でも、海外では日本と全く違う相場で販売されていると言ったことも珍しくありません。過走行であっても、1990年代以降に作られた車であれば、かなり活発に取引されています。

中間マージンをカットできるメリットもありますし、海外でのニーズも変動が激しいので、海外輸出専門業車に直接査定をしてもらえることで、思いもよらぬ高額査定が提示されるといった可能性も否定はできません。

車を高額買取してもらうコツ

続いては車を高額買取してもらえるコツについてご紹介します。

走行距離や車検のタイミングで出す

車の買取査定では、車の状態を細かくチェックされます。車の状態をチェックする上で、査定士が参考にしているのが走行距離です。

走行距離は、1年間で5,000~10,000km以内の範囲であれば、適正な状態だと判断されることが多いです。年間の走行距離が多いユーザーであれば、早い段階での買取を検討するのも一つの方法です。

また、車検の残り期間も査定ポイントとなります。税金の支払いなども関係してくるので、車検前に売るユーザーが多い傾向にありますが、車検の残り期間と車検に支払った金額を加味してくれる業者も存在します。

高額査定を望むのであれば、車検を通した場合の査定額をヒアリングしてから、売却時期を判断すると良いでしょう。

買取してもらえる業者を選択する

少し手間に感じるかもしれませんが、必ず買取してもらえる業者は自分で選択しましょう。車の買取業者には様々な特徴があります。同じ車種であってもニーズが異なる場合があるため、査定額が大きく変わる可能性が出てきます。

自分が買取業車に求めるポイントを明確にし、それに沿った長所を打ち出している店舗であれば、取引に対しての満足度は高くなります。口コミや周りの評判も参考にすると良いでしょう。

車を定期点検する

同じ車種であっても、車の状態によって査定額は前後します。愛車のコンディションを保つためには、セルフメンテナンスと合わせて、車検以外の定期点検も積極的に受けておきましょう。

ディーラーや修理業車では、定期点検時にメンテナンスシートを作成します。このメンテナンスシートがあれば、定期点検の記録も残り、車の状態がより分かりやすくなるために車の査定額にも反映しやすくなります。

しっかり手入れをしていることをアピールし、高額査定を勝ち取りましょう。

車を買取に出す前に掃除をする

車の各機能においての状態ももちろん重要ですが、査定時には外装及び内装の状態も重視されます。大きな傷などなければ、外装は多少汚れていてもマイナスにはなりませんが、査定士の印象を少しでも良くするためにも車内はきれいに清掃しておきましょう。

またニオイもタバコの匂いや強い芳香剤の匂いが残っている場合はマイナスポイントです。清掃に手間がかかる車だという印象を持たれやすいため、消臭するなどの配慮も見せたいところです。

他業社を競わせる

高額査定を勝ち取るためには、相見積もりが重要なツールとなってきます。一社だけで交渉を進めると、その店舗が限界まで出せる金額だったとしても、市場の相場とは異なるかもしれません。複数の業者に依頼することで、相場を把握することができ、査定額の比較検討もできます。

もしどうしても車を買い取りたいという想いを持った業者であれば、他業者の見積もり額を伝えることによって、限界以上の査定額を提示してくれる可能性もあります。業者同士を競わせることによって、査定額が自然とアップしていくことが期待できます。

車が高額に売れる傾向とは

最後に車が高額で売れる傾向についてご紹介します。

軽自動車は人気

軽自動車の多くは、国内の中古車市場で一定した人気があり、リセールバリューは総じて高い傾向にあります。軽自動車は車体価格の安さや税金の安さも魅力ではありますが、資産としての価値も非常に高いと言えます。

車体価格は安く設定されている一方で、中古車市場においても人気が高いため、5年落ちの車であっても、買取相場が新車価格の50%を超える車種も珍しくありません。普通車と比べて海外相場や為替の変動の影響を受けづらいので、買取業車も一番売れる見込みが高いのは軽自動車だと判断して、比較的高額査定を行うケースが多いです。

元々の車体価格が安いため、200万円を超えるような査定額は、よっぽどのプレミアが付いていない限りは期待できませんが、それでも新車価格や維持費なども考慮してのコストパフォーマンスは非常に高いと言えるでしょう。

白・黒・シルバーが鉄板

中古車の査定には、色が重要になってきます。人気の色ほど、中古車市場でも売れる確率が上がるため、値段が高い傾向にあります。そして買取においても、人気色であればあるほどプラスの要素になってきます。

車種ごとに人気色の傾向は若干変動はありますが、不動の人気色として、白・黒・シルバーが挙げられます。日本国内で登録されている車のボディカラーは、この3色が70%近くを占めているというデータもあります。

リセールバリューを考慮するのであれば、自分が好きな色であることも重要ですが、大衆的な人気色だということも考慮して選ぶと良いでしょう。

国産車は海外でも人気

リセールバリューの観点で考えると、圧倒的に国産車の方が得をする可能性は高くなります。日本でもベンツやBMWといった海外メーカーの人気は高く、一見リセールバリューも高いのではないかと考えられます。

しかし、中古車市場に関しては、海外メーカーのリセールバリューは総じて低い傾向にあります。その大きな要因としてはメンテナンスにかかる手間が挙げられます。

海外メーカーの車は国産車に比べると耐久性が弱く、部品も取り寄せになることから、メンテナンスに時間と手間と費用が余計にかかることが懸念されます。そのため、マニアックなファンでなければ、古い年式の海外メーカーの車は避けられる確率が高いのです。したがって買取価格の相場も国産車より低くなっています。

逆に国産車は海外でも非常に人気が高いため、国内・海外共に需要が見込めます。相場が急落するリスクは、比較的低いと言えます。

まとめ

今回は、高額で車の買取をしてもらいたいユーザーに向けて、買取方法のご紹介と高額で売れるポイントについてご紹介しました。車を買い取ってもらう方法や買取業者は、それぞれ違った特徴を持ちます。しっかり特徴を把握した上で、高価買取してもらえるコツも活用しつつ、車の査定に臨みましょう!