フーガで高額買取されるカラー・グレードは?最新相場を徹底紹介!

<フーガ>は日産自動車の誇るプレミアムセダン。堂々としたエクステリアに上質なインテイリアを備え、ラグジュアリー感満載のモデルです。

今回は、「フーガの高く売れるカラー・グレード」と「最新の買取価格情報」を紹介します。

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

日産フーガの特徴

日産フーガの特徴は、高級感あふれるエクステリアとインテリア、ストレスなく快適に走行できるパワーユニットやメカニズムでしょう。日産フーガの特徴をひとつひとつご紹介していきます。

パワーユニット

日産フーガのパワーユニットは、初代はガソリンエンジンのみでしたが2代目からは電気モーターをプラスした「ハイブリッドモデル」が追加されました。

ガソリンエンジンは3種類のうちVQ25HR型エンジンとVQ37VHR型エンジンがエンジンのみのパワーユニット、VQ35HR型エンジンはHM34型モーターと組み合わされハイブリッド仕様となります。それぞれのスペックは以下になります。

VQ25HR型エンジン

  • 最高出力:165kW (225PS) /6,400rpm
  • 最大トルク:258N·m (26.3kgf·m) /4,800rpm

VQ37VHR型エンジン

  • 最高出力:245kW (333PS) /7,000rpm
  • 最大トルク:363N·m (37.0kgf·m) /5,200rpm

VQ35HR型エンジン

  • 最高出力:225kW (306PS) /6,800rpm
  • 最大トルク:350N·m (35.7kgf·m) /5,000rpm

HM34型モーター

  • 最高出力:50kW (68PS)
  • 最大トルク:290N·m (29.6kgf·m)

トランスミッション

日産フーガのトランスミッションは、先代の5速ATから全グレードにマニュアルモード付フルレンジ電子制御7速ATが採用されています。

5速から7速になったことで、ギア比がクロス化(近づく)されたことでさらにスムーズな変速フィールとなり滑らかな加速が味わえます。さらにオーバードライブのギア比を高くすることができたことで高速道路などの高速巡回走行での低燃費化と静粛性向上を実現しています。

燃費

日産フーガの各グレードの燃費は、以下になります。

  • HYBRID VIP:17.8km/L
  • HYBRID(A Package):18.0km/L
  • 370GT Type S:8.9km/L
  • 370VIP:9.3km/L
  • 370GT:9.4km/L
  • 250VIP:11.2km/L
  • 250GT(A Package):11.2km/L
  • 370GT FOUR(A Package):8.9km/L

※JC08モード、日産カタログ数値

ボディサイズ

日産フーガのボディサイズは以下になります。

  • 全長:4,980mm
  • 全幅:1,845mm
  • 全高:1,500mm(VIP系は1,510mm、FOURは1,515mm)

室内空間

日産フーガの室内サイズは以下になります。

  • 室内長:2,090mm
  • 室内幅:1,535mm
  • 室内高:1,215mm(サンルーフ装着時は1,185mm)

インテリア

日産フーガのインテリアですが、グレードによって内装色やシート地に違いがあります。以下は標準装備の場合です。グレードによってはメーカーオプションで色や素材を選ぶことができます。

  • HYBRID VIP:内装色はブラウン、フィニッシャーは銀粉本木目、シートはセミアニリン本革
  • HYBRID:内装色はブラック、フィニッシャーは木目調、シートはネオソフィール/ジャカード織物
  • HYBRID A Package:内装色はブラック、フィニッシャーは木目調、シートはネオソフィール/ジャカード織物
  • 370GT Type S:内装色はブラック、フィニッシャーは木目調、シートはネオソフィール/ジャカード織物
  • 370VIP:内装色はブラウン、フィニッシャーは銀粉本木目、シートはセミアニリン本革
  • 370GT:内装色はブラック、フィニッシャーは木目調、シートはネオソフィール/ジャカード織物
  • 250VIP:内装色はブラック、フィニッシャーは木目調、シートは本革
  • 250GT(A Package):内装色はブラック、フィニッシャーは木目調、シートはネオソフィール/ジャカード織物
  • 370GT FOUR(A Package):内装色はブラック、フィニッシャーは木目調、シートはネオソフィール/ジャカード織物

VIP系のシート生地は基本的に本革で高級感を出しています。GT系は内装色が基本ブラックとなり精悍で走りを意識するようなカッコよさを演出しています。

フーガの買取価格例

フーガの最新の買取事例をご紹介します。

2017年式 (平成29年)<フーガ 250GT Aパッケージ> 白系
走行距離 2.4万km 新車販売価格 416.8万円 参考買取価格 217万円 残価率52%

2016年式 (平成28年)<フーガ 370GT> 白系
走行距離 4万km 新車販売価格 508.8万円 参考買取価格 148万円 残価率29%

2014年式 (平成26年)<フーガ 370GT FOUR> 黒系
走行距離 7.2万km 新車販売価格 497.6万円 参考買取価格 124万円 残価率24%

日産フーガの人気グレードと残価率

日産公式ホームページでは、日産フーガの人気グレードは「1位:フーガ HYBRID (2WD)」「2位:フーガ 370GT Type S (2WD)」「3位:フーガ 250GT (2WD)」となっています。この人気グレードを中心に買取価格の順位と残価率をご紹介します。

(表記は、グレード/年式/買取参考価格/新車価格/残価率の順番です。)

  1. HYBRIDクールエクスクルーシブ/平成27年/355~370万円/6,790,000円/52~54%
  2. HYBRIDクールエクスクルーシブ/平成28年/339~354万円/6,790,000円/50~52%
  3. 370GT タイプS/平成28年/307~322万円/5,712,120円/54~56%
  4. 370GT クールエクスクルーシブ/平成28年/306~321万円/5,610,000円/55~57%
  5. 250 VIP/平成27年/297~312万円/5,220,000円/57~60%
  6. 370GT タイプS/平成27年/272~287万円/5,712,120円/48~50%
  7. HYBRID/平成27年/261~276万円/6,295,320円/41~44%
  8. 250GT/平成28年/247~262万円/4,800,600円/51~55%
  9. 370GT タイプS/平成24年/199~215万円/5,712,120円/35~38%
  10. 370GT タイプS/平成23年/193~209万円/5,712,120円/34~37%
  11. HYBRID/平成25年/191~207万円/6,295,320円/30~33%
  12. HYBRID VIP/平成24年/181~197万円/6,964,509円/26~28%
  13. 370GT タイプS/平成25年/180~196万円/5,712,120円/32~34%
  14. HYBRID VIPパッケージ/平成23年/177~193万円/6,300,000円/28~31%
  15. 370VIP/平成25年/174~191万円/6,143,709円/28~31%
  16. 250GT/平成26年/174~191万円/4,800,600円/36~40%
  17. HYBRID/平成24年/169~185万円/6,295,320円/27~29%
  18. HYBRID Aパッケージ/平成26年/167~183万円/5,220,000円/32~35%
  19. HYBRID Aパッケージ/平成25年/155~171万円/5,220,000円/30~33%
  20. HYBRID/平成26年/150~166万円/6,295,320円/24~26%

※フーガではガソリンエンジンタイプとハイブリッドタイプで情報が分かれていたため、それぞれのベスト10を掛け合わせてベスト20としました。

日産フーガの残価率は人気車種レベル

3年落ちの車の残価率は45%前後が平均的で、不人気車種になると40%前後、人気車種では55%前後と言われています。

日産フーガの3年落ちの残価率ベスト3をまとめると54~60%という数値が出ました。上記のランキングの中では買取価格第5位の平成27年式(2015年式)250VIPが残価率60%と最高数値を出しています。これから日産フーガの購入をお考えの方は250VIPというグレードも選択肢に入れておくと良いでしょう。

一般的な3年落ちの残価率と照らし合わせると、日産フーガの人気グレードの残価率は人気車種と言われる残価率55%前後と同等レベルでした。日産フーガの人気グレードは人気がある車種だと言えるでしょう。ガソリンエンジンタイプとハイブリッドタイプで残価率を比較すると、ガソリンエンジンタイプの方が少し上回っている結果となりました。

日産フーガをより高額で買い取ってもらうポイント

日産フーガの買取価格を左右するポイントはボディカラーとオプションです。人気があればあるほど買取価格は上がります。日産フーガの人気ボディカラーと人気オプションをご紹介します。

日産フーガの人気ボディカラー

日産フーガのボディカラーは全部で7色あります。下記のランキングは、日産フーガが買取される場合の買取価格が高いランキングになります。

  1. ブリリアントホワイトパール(特別塗装色)
  2. スーパーブラック
  3. ブリリアントシルバー
  4. プレミアムブラウン(特別塗装色)
  5. ガーネットブラック(特別塗装色)
  6. ダークブルー
  7. ダークメタルグレー

日産フーガは大型高級セダンという性質上、ボディが大きく見えて清潔感のあるホワイト系の「ブリリアントホワイトパール」や高級感を最高に演出できるブラック系の「スーパーブラック」、この2色がフーガの人気ボディカラーになります。

これから日産フーガの購入をお考えであれば、ボディカラーは「ブリリアントホワイトパール」か「スーパーブラック」、さらに買取価格が下がりにくくアップの可能性があるシルバー系の「ブリリアントシルバー」がオススメです。

※特別塗装色は、日産フーガを新車で購入する場合に43,200円(消費税込)高となりますのでご注意ください。

日産フーガの人気オプション

日産フーガの人気オプションで、買取価格がアップする可能性の高いオプションは以下になります。

  • 電動ガラスサンルーフ(ワンタッチスライド・チルトアップ、UVカット機能付プライバシーガラス、挟み込み防止機構付)
  • BOSEⓇサラウンド・サウンドシステム(5.1ch サラウンド再生機能、16スピーカー、AUDIOPILOTⓇ2、CenterpointⓇ2、MP3/WMA再生機能付)
  • プレミアムインテリアパッケージ

全てメーカーオプションのため、後で付けたくてもつけることができないのが人気の理由かと思われます。

日産フーガの10年以上落ちは買取価格がつくのか?

現行の2代目日産フーガは2009年11月発売なので、2019年4月現在ではまだ10年以上落ちとはなりません。しかし、登場当初の日産フーガはほぼ10年落ちと言ってもいいでしょう。2009年式の日産フーガに買取価格はつくのでしょうか。

  • フーガ 370GT タイプS、4〜5万km、ホワイト:買取価格1,131,000円
  • フーガ 250GT、3〜4万km、ホワイト:買取価格914,400円
  • フーガ 370VIP、13〜14万km、ブラック:買取価格415,200円

調べたところ、上記のようにほぼ10年落ちの日産フーガでも買取価格がつくことがわかりました。

日産・フーガの維持費が得なのはガソリンエンジン?ハイブリッド?

まとめ

日産フーガの買取価格や残価率を特徴と一緒にご紹介しました。買取価格では新車価格が高いハイブリッド車が高いですが、残価率は少しだけですがガソリンエンジン車の方が上のようです。これから日産フーガを購入しようとお考えの方も日産フーガを売りに出そうとお考えの方も、是非この記事を参考にしてください。

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます