最上級高級車ボルボXC90!最新の高額買取り価格とそのポイントとは?

歴代の名車であるボルボXC90、その生まれは2002年までさかのぼります。2003年には、北米トラック・オブ・ザ・イヤーやモータートレンド誌が発行するスポーツ・ユーティリティ・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。

当時、アメリアで最も人気のある車種として、一時はボルボの売上の25%を占めるモンスターヒットを記録しています。

ボルボXC90は、マナーチェンジを繰り返し、2019年現在でも生産が継続しているボルボを代表する車種になっています。では、そんな人気のボルボXC90、最新の買取り市場はどのようになっているのでしょうか、徹底的に調べてみました。

ボルボXC90の特徴

北欧スウェーデン生まれのボルボXC90は、ボルボ初となるSUVの中型高級車です。初代ボルボXC90は、ボルボP2の伝統を受け継ぎ、2002年から販売が開始されています。

2005年に販売したボルボXC90 V8TEには、ヤマハ製の4.4Lエンジンが搭載されて話題になりました。日本では輸入車のみの販売で、当時はすべてが左ハンドルでした。その後、様々なマイナーチェンジを繰り返し、2016年1月に初めて日本仕様の全車AWDが販売されました。

2017年には、RJC カー・オブ・ザ・イヤー・インポートを受賞しており、北欧の最上級SUV車として人気を集めています。

ボルボXC90は、控えめでありながら圧倒的な存在感をコンセプトに、高級感を大切にファーストクラスの価値を追求した高級車を運転することにとことんこだわっています。

北欧のスカンジナビアンなデザインは、乗る人すべてに快適な移動時間と空間を約束し、最高の癒しを与えます。車体フォルムや車内インテリアなどすべてにおいて妥協せず、常に最上級を目指した1台です。

2019年に販売されているボルボモデルで最も高額な販売価格が設定されています。

XC90の車体サイズ

ボルボXC90は、初期型から時代を経てマイナーチェンジが行われていますが、2019年現在販売されている主な車種は、基本車体サイズは統一されています。

  • 全長:4,950 mm
  • 全幅:1,930 mm
  • 全高:1,775 mm
  • 車体総重量:2,445 kg

XC90のカラー

現在、ラインナップされているボルボXC90は、最上級車である風格を損なわないカラーバリエーションが用意されています。ボルボの基調となるアイスホワイト以外はすべてメタリック系を採用しています。

通常の車種である場合、これらメタリック系を選択すると追加の費用がかかりますが、さすが高級車といったところで、どの色を選択しても追加費用はありません。

カラーバリエーションは、ブラック系、ブラウン系、グレー系、シルバー系、ブルー系、パール系など、12種類が用意されています。

XC90の燃費

ボルボXC90には、直接4気筒エンジンDRIVE-Eが搭載されており、排出ガスを抑えた環境適合技術が注がれ、燃費効率を向上しています。最新のモデルについて各車種における燃費についてまとめました。

XC90 T5モデル

  • XC90 T5 AWDモメンタム:12.9 km/L
  • XC90 T5 AWDノルディックエディション:12.9 km/L

XC90 D5モデル

  • XC90 D5 AWDモメンタム:非公開
  • XC90 D5 AWDインスクリプション:非公開

XC90 T6モデル

  • XC90 T6 AWDインスクリプション:12.5 km/L

XC90 T8モデル

  • XC90 T8 Twin Engine AWDインスクリプション:13.7 km/L
  • XC90 T8 Twin Engine AWDエクセレンス:13.7 km/L

ボルボXC90のガソリン車であるT5、T6、T8の燃費は、およそ13 km/L程度であり、車体総重量あたりの燃費効率で比較すると若干良いようです。
ボルボXC90初のディーゼルエンジンを搭載したD5モデルについては、燃費が公開されていないため不明ですが、ディーゼルの特徴を活かして燃費が高いと予測できます。

ボルボXC90の最新相場


2002年から販売されているボルボXC90は、最新モデル以外にも多数の中古車が市場で販売されています。では、最新の買取り評価はどのようになっているでしょうか、過去6ヶ月の買取り実績を調査してみました。

  • 2016年式(平成28年)<XC90 T6 AWDインスクリプション>4WD ブラック
    走行距離2万km 新車販売価格919.0万円 参考買取額446.5万円 残価率49%
  • 2017年式(平成29年)<XC90 T6 AWDインスクリプション>4WD ホワイトパール
    走行距離4万km 新車販売価格919.0万円 参考買取額437.0万円 残価率48%
  • 2016年式(平成28年)<XC90 T5 AWDモメンタム>4WD ブラック
    走行距離1万km 新車販売価格774.0万円 参考買取額370.2万円 残価率48%
  • 2010年式(平成22年)<XC90 V8 Rデザイン>4WD ホワイト
    走行距離8万km 新車販売価格739.0万円 参考買取額82.5万円 残価率11%
  • 2008年式(平成20年)<XC90 3.2 Rデザイン>4WD ブラック
    走行距離4万km 新車販売価格699.0万円 参考買取額64.1万円 残価率9%
  • 2007年式(平成19年)<XC90ベースグレード>4WD ホワイト
    走行距離8万km 新車販売価格598.0万円 参考買取額19.3万円 残価率3%

以前のモデルであるボルボXC90については、販売から10年以内の買取り査定実績を確認すると、60万円~120万円程度と、一般的な車種に比べるとかなり高額査定になっています。これは高級車としての価値が認められている証拠です。

ボルボXC90の人気グレード

最上級車であるボルボXC90は、一度は乗ってみたい車種で間違いありません。ここでは最新のモデルについて紹介し、最新の買取り市場から人気のあるグレードについて解説してきます。

XC90 T5 AWD

XC90 T5 AWDは、水冷直列4気筒DOHC16バルブを搭載し、インタークーラー付きターボチャージャーを標準装備しています。総排気量1,968cc、最高出力187からターボ時254psを可能にしています。

電子制御全身8段階オートマチックトランスミッションによりパワフルで、スポーティーなドライブを楽しめる1台です。

  • XC90 T5 AWD モメンタム:新車7,890,000円
  • XC90 T5 AWDノルディックエディション:新車8,390,000円

XC90 T6 AWDインクリプション

エンジンは、XC90 T5と同型のDRIVE-Eを搭載し、さらにスーパーチャージャーを内蔵することで高いアクセルレスポンスを提供、最高出力235~320psを可能にしています。そのため加速にパワーを感じ、爽快感のある走りを楽しめます。

  • XC90 T6 AWDインスクリプション:新車9,540,000円

最新の買取り調査では、ボルボXC90 T6 AWDは非常によく見かける人気のグレードです。

XC90 T8 Twin Engine AWDシリーズ

ボルボXC90 T8は、DRIVE-Eエンジンの他に、高出力電気モーターをリアに配置することで、パワフルかつ効率の良い走りが実現します。エンジンの性能だけでなく、車内インテリアやオプションにとことんこだわったXC90で最も高級な車種になります。

  • XC90 T8 Twin Engine AWDインスクリプション:新車10,840,000円
  • XC90 T8 Twin Engine AWDエクセレンス:新車13,090,000円

XC90 D5 AWDシリーズ

ボルボXC90 D5 AWDは、2019年3月に発売されたばかりのXC90で初のディーゼルエンジンを搭載モデルになります。最大出力235ps、最大トルク480Nmを持つディーゼルエンジンは日本初で導入されます。燃費などの情報が非公開であり、今後の動向が気になります。

  • XC90 D5 AWDモメンタム:新車8,590,000円
  • XC90 D5 AWDインスクリプション:新車9,440,000円

ボルボXC90を高額で買い取ってもらうポイント


人気のボルボXC90、2019年に新たなD5モデルの販売が開始され、さらに注目度があつまりそうです。中古車市場には、現在のモデル以前の車種が多く出回っていますが、査定評価は、新車価格の20%以下が相場になりそうです。

人気のグレード

最新の6ヶ月の買取り調査では、ボルボXC90の高額査定が見られる車種は、XC90 T6AWDやT5 AWDと最新モデルが上位を占めています。2~3年落ちで買取り金額は、新車の40~50%とかなり高額査定がついています。

最新の高級車であるため、エンジンだけの評価ではなく、車内インテリアやオプションにも価値が生じています。

以前のモデルでは、XC90 3.2RデザインやV8 Rデザイン、3.2 SEなどのモデルが上位に見られます。ただ買取り評価は低く、2010年モデルになると、100万円を下回る価格で売買されています。

しかし、高級車であるボルボの人気は高く、買取り業者によっては思わぬ高額査定がありますので、何社かに見積もりを取ることが大切です。

人気のカラー

最新の買取り市場に出回るXC90の調査では、人気のカラーはホワイトやブラックが多く見られています。

ホワイトカラー
ボルボ車の代名詞と言えば定番のアイスホワイトがあります。ボルボの全車種に標準装備できるカラーなので、ボルボ車を代表するカラーです。XC90の場合、ホワイトパールなどの人気カラーを追加料金なしで塗装することができるので、市場にもよく見られます。

ボルボのホワイトは、光にあたると鮮やかな白を反射して、車体の高級感を一層高めてくれます。白に魅了されている方も多い人気のカラーです。

ブラックカラー
ボルボ車の高級感をぐっと引き上げるブラックが人気です。最近では、より光を反射するメタリック系のブラックが人気を集めています。

XC90を購入する時、吸い込まれるような漆黒か、磨き上げられた黒(メタリック)にするか悩む方も多いようです。どちらのブラックも太陽の光が反射し、乗る人の心を豊かにしてくれます。

カラーバリエーションは黒やホワイトが人気です。最新のモデルでは、グレー系カラーよりも、ホワイトやブラック系の方が20~50万円程度の高額査定がつきそうです。

10年落ちの場合値段はつくか?

最高級車であるボルボXC90は、10年落ちであってもその価値がゼロになることはほとんどありません。2003年式から2009年式あっても6万円~60万円程度の査定評価を受けることができます。

高級車に一度は乗ってみたいという欲求から中古車市場での人気が衰えないのが要因ではないかと言われています。

より高額査定を狙うならば、外車に強い買取り業者を探すことが良いようで、実際の査定金額は大きく変わってきます。

まとめ

2002年から販売がスタートしたXC90、未だにその人気は衰えず、ボルボの最上級SUVとして、その存在感を高めています。2019年に新型D5の販売開始からまだまだ人気が持続しそうです。

なかなか新車を購入するには経済的な余裕が必要ですが、中古車ならば購入を考え、1度は高級感を堪能したいと思わせる車種です。